2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ヌケ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ヌケ
外国語表記 Nuke
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 富田耕生(マジンガーZ)
緒方賢一(グレートマジンガー)
梅津秀行(マジンカイザー)
吉開清人(真マジンガー)
菊池正美(INFINITY)
種族 地球人(日本人)
性別
所属 光子力研究所科学要塞研究所
テンプレートを表示

ヌケは「マジンガーシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

本名不明。ムチャと共にボスの子分を務める。気が弱くマイペースな性格だが、名前に見合わず良い意味でも悪い意味でも結構抜け目がない。実は幼稚園の頃、ボスをいじめていた。

何故かスキーが上手かったり、『真マジンガー 衝撃! Z編』では酔拳の日本チャンピオンだったりと、意外に運動神経は良いようだ。

漫画版『マジンガーZ』やOVA『マジンカイザー』では常に鼻水を垂らしている。

セルフリメイク作品『Zマジンガー』では、ボス&ムチャが原作同様に「甲児の友人」というポジションで活躍するのに対し、彼のみ「抜田」という考古学者役で登場している。

登場作品と役柄[編集]

そのあだ名からの連想か、脱力を覚える事が多い。作品によっては脅威の消費SP10のみで脱力を使える。TV版設定で声付き作品に登場する際の声優は『グレート』準拠の緒方賢一氏。

旧作版設定[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
南アタリアルートでムチャと共にアジトの留守番をさせられていることがボスの口から語られる。
第2次スーパーロボット大戦α
この作品からムチャと共にボスの専属サブパイロットとして登場。レベル80を超えると強力な精神コマンドを4つ覚える。戦闘台詞はエコーがかかり既存の台詞によるボスとの掛け合いになっている。
第3次スーパーロボット大戦α

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
ボスボロットの専属サブパイロット。なんとボロットダイナミックスペシャルでカットインがある。……が、他の2人とは違って全くやる気のなさそうなカットインである。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
初登場作品。今作では通常のパイロットとして登場(ボス同様の本作のみ音声のエコーなし)。しかし、マジンガー系の機体が足りていない上に本人も強くないのであまり使われることはない。
精神コマンドは支援系のものが充実しており、育成することを推奨している攻略本もあるが、熱血も命中系コマンドも覚えないので簡単にはいかない。レベル46で補給を覚えるが、幸運を持たない彼をそこまで育てるにはサザビーなどの大ボス級の敵を倒させる必要があるため、諦めた方が無難。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦MX
女性にモテない事を悔しがるボスへ「顔の差」と要因をキッパリ指摘し、激昂した彼から2度ほど締め上げられる。性能としてはレベル80まで信頼根性のみという超大器晩成型だが、消費5の激励および消費10の脱力を覚えるため、何とかしてここまで来るとMAP内のパイロットの気力は彼の掌の上となる。
スーパーロボット大戦NEO
スーパーロボット大戦X-Ω
ボスボロットのサブパイロットとしてゲーム初期から登場。

マジンカイザー版設定[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
スーパーロボット大戦W
スーパーロボット大戦L

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
今回はボスボロットの専属サブパイロット。精神コマンドを覚えるレベル自体は普通だが、そうは問屋が卸さずどんなに平均レベルを上げていてもレベル10固定でスタートする。

真マジンガー版設定[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
この作品ではヌケとムチャの声が逆になっている。(メッセージウィンドウのセリフも逆)

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
廃止された「偵察」に変わり「てかげん」を覚える。ヌケの技量はサブパイロットゆえ未設定だが、メインパイロットのボスはいつも通り最低ランクの技量なので、かなり補強しないと死に精神。
スーパーロボット大戦X
『V』と同じ。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

相方同様、超大器晩成型なのは全シリーズ共通。

第2次α第3次αJWGCXO
信頼応援ひらめき必中努力脱力
Z
信頼必中鉄壁幸運かく乱
第2次Z再世篇
偵察脱力かく乱
K
信頼ひらめき努力必中脱力かく乱
L
信頼応援ひらめき努力脱力
BX
偵察ひらめき脱力鉄壁かく乱
隠れ身脱力激励加速友情補給
MX
信頼根性激励必中友情脱力
激励の消費SPが僅か5というのは史上最小記録か?
NEO
信頼かく乱
VX
てかげん脱力かく乱

人間関係[編集]

ボス
親分。今でこそ彼に従っているが、幼年期ではでかい図体の割には泣き虫だったため、『グレート』9話の回想では、同じ保育園に通っていた彼を、ムチャと一緒にいじめてよく泣かしていた。
ムチャ
仲間。相方的存在。イケイケドンドンが過ぎるボスとムチャを諫めることもあるが、気弱さが災いしてか止められた試しはない。
ブロッケン伯爵
敵。『真マジンガー』で彼の首を奪い合うフットボール作戦に参加する(永井豪の漫画版では不参加)。

他作品との人間関係[編集]

レッド・ウィンドウ
BXでは一番星コンテストの間、共に裏方で働く。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

αシリーズ[編集]

「ボロットで学んだメカの腕、信用してちょうだい!」
第3次α』エンディングより。不在の間、マジンガーZ及びマジンカイザーの整備をボス達に頼んだ甲児への返答。一見、物凄く不安であるが、甲児が直々に頼んでいるのと、ボロットの特異性を考えると一応それなりの腕は持っているのだろう。

単独作品[編集]

「そうだ、そうだ ボロだけど、ヘッポコじゃないぞ」
』第26話「新たなる力」より。スーパーボスボロットへのうっかり出た本音(?)。
「何か、1年ぐらい前も同じ話をしてたような気がしゅるな~」
MX』第10~12話「操られた魔神」より。「大船」「ドロ船」というSRW恒例の掛け合いに対するツッコミ。
「それよか、あれ…1体ぐらい持って帰れねえかな?」
『MX』第38話(『PORTABLE』では第39話)「かつて誓った平和のために」に於ける量産型グレートとの戦闘前会話より。上述の呟きに、ボスは名案とばかりに「お持ち帰り」を決意する。
「いや!『真』がよかったよ!真・グレートマジンガーって強そうだし」
『MX』第46~48話(『MX PORTABLE』では第47~49話)「一輪の花と緑の星と」より。『元祖』グレートマジンガー騒動で、鉄也が発する怒気に気付かず告げた『元祖』へのダメ出し。やめときなさいってば。
なお、今回不参加のあの作品かを想定したものと思われるが、後年本当にマジンガーにも「真」がつくことになるとは彼も予想していなかっただろう。この作品グレートの愛称を意識していたのかもしれないが。
(ボ、ボス…。敵よりも、身内の方が怖いような…)
ムチャ(これじゃ助っ人っていうより、飼い主ですよ、ボス!)
ボス(だ、だけどよ…出て行ってくれなんて言えねえし…)
『V』第26話「降臨するもの」より。ボスボロットの初戦闘前会話より。ボロットに同乗しているくろがね五人衆から、負けは許さないとプレッシャーをかけられて。飼い主とは言い得て妙である。

携帯機作品[編集]

「くろがね屋の宿泊代金を踏み倒したおいら達に、拒否権はありませんよ~」
『BX』第26話「三つの星が集う時」より、ボスをなだめて。
「考えてみれば、チョコをもらうよりも一緒に作る方が真の勝ち組だったかもしれないッスね」
『BX』キャンペーンマップ「チョコレートカーニバル&フェスティバル」より、ウェンディの頼みでチョコ作りの手伝いをし、女性陣に囲まれたキオをうらやむボスに相槌を入れて。確かに女性陣と一緒にいられるという意味では真理である。

搭乗機体[編集]

ボスボロット