超合金Z

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

超合金Z(Super alloy Z)とは、『マジンガーZ』『マジンカイザー』『真マジンガー 衝撃! Z編』に登場する超合金。

概要[編集]

マジンガーZの装甲や、内部フレームからネジ一本に至るまで用いられている有名な合金で、極めて堅牢とされている。 その頑丈さは、どんな攻撃も容易に弾くだけに留まらず、逆に攻撃に使用された武器が砕け散るほどである。

日本の富士の裾野にしか存在しないジャパニウムという鉱物から生成される。また、ジャパニウム鉱石を超合金Zに精錬する際に抽出されるエネルギーが「光子力エネルギー」であり、マジンガーは装甲にエネルギーを蓄えているといえる。

上述の通り極めて堅牢で、他作品のロボットの装甲と比較されることも多い。しかし、ミケーネ帝国の戦力や、OVAの『マジンカイザー』版では冒頭の戦闘で容易に破壊されてしまっており、これでもマジンガーシリーズ内で言えば脆い部類に入ってしまう。

強化発展型としてグレートマジンガーの装甲材として使われ、後にマジンガーZの新たな装甲材としても用いられる「超合金ニューZ」、特殊変異型にはマジンカイザーの装甲材として用いられる超合金Zシリーズ最強の超合金「超合金ニューZα」がある。

また、アフロダイAの装甲材として使われ、他の超合金と異なって燃焼する(Dr.ヘルの台詞より)超合金Zの不完全版「合金Z」なるものが存在する。漫画版では、逆に合金Z製のアフロダイAの攻撃をびくともしないマジンガーZを見た弓教授が、「合金Zを超えている」という意味で「超合金Z」と名付けた。

一方『マジンガーZERO』では頑丈さがより顕著で、あらゆるものを一瞬で蒸発させる高出力レーザーを何百発も同時に浴びて尚、超合金Zが温まる程度である他、マジンガーZが米粒に見える程の巨大質量での叩き付けや、押し潰しにも耐えてみせた(この時のマジンガーZは、先の戦闘の修理が間に合わず、装甲の至る所に穴が空き、ヒビが入っている状態である)。しかし『真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』ではやはり容易に破壊されてしまっているが、攻撃の前に特殊な波長の振動で分子結合を綻びさせた前提があったためである(実際にこの振動を無効化できるグレートには全く通用しなかった)。

登場作品[編集]

消費アイテム扱いの作品[編集]

「ちょうごうきんZ」表記。

スーパーロボット大戦
使用するとぼうぎょが1アップする。
第2次スーパーロボット大戦
使用するとぼうぎょが1アップする。ショップにて購入可能。価格は3000G。

強化パーツ扱いの作品[編集]

作品名 効果
F完結編64αCOMPACTCOMPACT2A HP+1000、装甲+300
COMPACT3 HP+1000、装甲+300、運動性-5
α外伝第2次α第3次αRDJGCXO HP+1000、装甲+200
MX HP+1000、装甲+150
HP+750、装甲+200、運動性-12、移動力-2(実際はバグにより装甲もマイナス)
IMPACT HP+500、装甲+150
コンプリートボックス HP+200、装甲+150
NEO HP+1000、防御+4
第2次Z第3次ZV HP+1200、装甲+250、EN回復10%

関連項目[編集]

EN回復
真マジンガー』が参戦した『第2次Z』では、従来のHP・装甲値アップに加えてEN回復(小)の効果が追加された。

余談[編集]

  • 今や、バンダイ製の玩具の代名詞的な存在として一般にも高い知名度を誇る「超合金」だが、永井豪氏によると「マジンガーシリーズの第1号モデルであるマジンガーZが発売された当時、『超合金』という聴き慣れないネーミングに『新素材の誕生か?』と勘違いした各研究機関から、ダイナミックプロへの問い合わせが殺到した」という。