グレートマジンガー (TV)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

マジンガーZ』の続編。スポンサー主導で企画立案が行われた最初期の作品でもあり、商業的展開に於いても更なる拡大を見据えたものとなっている。

エンターテインメント精神に徹し、ある種の大らかさを漂わせていた前作と変化をつける為、人間ドラマの強化や戦闘描写の過激化などの要素を導入し、劇画色の濃いキャラクターデザインも含め、総合的に硬質な作風に仕上がっている。反面、その試みは「隣のお兄ちゃん」的な親しみ易さを持った兜甲児とは真逆な、「戦闘のプロ」としてのキャラ付けを重視された新ヒーロー・剣鉄也に、視聴者である子供達が馴染み辛いという問題(当時の児童誌には、留学した甲児の早期帰国を望む投書が毎号寄せられていたという)や、戦闘描写を追及する余り、毎回のようにグレートマジンガーが大ダメージを受け損壊し、デビュー当初に見せた「無敵」のイメージが回を重ねるごとに霞んで行く…といった事態をも招いてしまう。

結果的に「続編の難しさ」を示しつつ物語は完結。その評価も当時から芳しいものではなく、パイオニアたる『マジンガーZ』や、亡国の王子という背景の主人公に加え、荒木伸吾デザインの美少女キャラ等といった要素で根強い人気を誇る後番組『UFOロボ グレンダイザー』に比べ、ほとんど振り返られる事も無かった。

桜多吾作の漫画版については『グレートマジンガー(桜多吾作版)』の項を参照。

ストーリー[編集]

かのマジンガーZとDr.ヘルとの決戦の直後、ヘルに力を貸していたミケーネ帝国がついに表舞台に姿を表した。ミケーネの繰り出す戦闘獣の圧倒的なパワーによりボロボロにされるマジンガーZ。あやうし、兜甲児。あやうし、マジンガーZ!

しかしそこに颯爽とあらわれたもう一機のマジンガーの姿があった。それこそがグレートマジンガー。ミケーネ帝国の復活を予測していた甲児の父、剣蔵が極秘裏に開発していた戦闘マシーンだ。

この時点から、マジンガーの戦いは新たな役者たちにバトンタッチする。地上征服を狙う古代ミケーネ帝国の戦闘獣は世界各地で暴れまわる。それを止められるのは、グレートマジンガーとそれを操る戦闘のプロ・剣鉄也だけなのだ。

登場人物[編集]

マジンガーZ』にも登場している人物は、そちらを参照。

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。


科学要塞研究所[編集]

剣鉄也
本作の主人公
炎ジュン
ヒロイン。当初は白人とのハーフ設定だった。
兜剣造
科学要塞研究所の所長。兜甲児と兜シローの実父にあたる。

ミケーネ帝国[編集]

悪霊将軍ハーディアス
妖爬虫将軍ドレイドウ
怪鳥将軍バーダラー
超人将軍ユリシーザー
大昆虫将軍スカラベス
魔魚将軍アンゴラス
猛獣将軍ライガーン
アルゴス長官
ヤヌス侯爵
暗黒大将軍
地獄大元帥
闇の帝王
ミケーネ帝国の支配者。その力とカリスマは絶対的。
ミケーネス

その他[編集]

生田信一郎

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。


科学要塞研究所[編集]

ミケーネ帝国[編集]

戦闘獣[編集]

ミケーネ艦艇[編集]

司令官[編集]

登場人物の項を参照。スパロボでは七大将軍(うち4人)、暗黒大将軍ヤヌス侯爵闇の帝王がユニットとして登場している。

桜多吾作版[編集]

グレートマジンガー(元祖)
グレートの腹に「元祖」とペンキで書いた状態。
量産型グレートマジンガー
(1)~(8)まで発番されている場合もある。
ブラック・グレート
黒いカラーリングをした量産型グレートの試作機。

用語[編集]

科学要塞研究所
ミケーネ帝国
7つの軍団
戦闘獣
超合金ニューZ
戦闘のプロ
剣鉄也異名・・・というより謳い文句。
ボスの小屋
科学要塞研究所付近にボスが建てた小屋。放棄された漁港の廃ドックを改造して見張り台等を設置し、ボス・ヌケムチャが居住、『UFOロボ グレンダイザー』の時期においても暮らしていた。 ボスボロットが置かれており、大抵はここから出撃している。石川賢の漫画版『空中大激突』では一時的にグレートマジンガーを隠していた事もある。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「おれはグレートマジンガー」
『第2次G』『第4次S』『F』『F完結編』『COMPACT』『64』『COMPACT2』『α』『α外伝』『A(GBA版)』『R』『第2次α』で採用。
エンディングテーマ
「勇者はマジンガー」
『IMPACT』『COMPACT3』『MX』『A(PSP版)』『NEO』で採用。
挿入歌
「鉄也のテーマ」
『SC』『D』『第3次α』『SC2』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

初期のSRWにおける扱いは悪く、これは芳しくない印象や相対的な低評価と無縁では無いと思われる。しかし、SRW(特に『スーパーロボット大戦α外伝』以降)での扱いの向上を足掛かりとして、再評価の気運が急速に上昇。当時はスルーされていたマニア向けの単独研究本まで刊行されるなどの好状況を生んでいる。

『第2次α』や『第3次α』ではボスの小屋がMAP上に再現されるという小ネタがあり、ボスの搭乗したボスボロットを隣接させることでイベントが発生し、強化パーツが入手できる。 第2次αでは「コストダウン」、第3次αでは「ミンメイのディスク」が入手可能。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
鉄也は登場せず、グレートマジンガーもマジンガーZの後継機扱い(パイロットは兜甲児で固定)。
第2次スーパーロボット大戦G
鉄也が登場するようになった。
第3次スーパーロボット大戦
鉄也が初登場。『第2次』で不在だった件について触れられている。敵は暗黒大将軍と一部の戦闘獣が出るのみ。
スーパーロボット大戦EX
鉄也とジュンはマサキ編で登場するがビューナスAはなし。鉄也も負傷して代わりにグレース・マリア・フリードがグレートマジンガーに乗っている等、扱いが悪い。
第4次スーパーロボット大戦S
悪霊将軍ハーディアス妖爬虫将軍ドレイドウ、そして戦闘獣も複数登場する等、扱いは少し良くなった。
スーパーロボット大戦F完結編
兜剣造が初登場。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
TV本編の再現は無く、劇場版の再現がメインとなっている。グレートマジンガーの登場=ストーリー後半というのはこの『α』辺りまで。
スーパーロボット大戦α外伝
歴代作品で初めて鉄也がクローズアップされた作品で、オリジナル主人公が登場しない『α外伝』における実質的な主人公の一人。原作とはやや様子が違うが、甲児との確執と和解や鉄也の成長が描かれた。
第2次スーパーロボット大戦α
歴代作品の中でも屈指の強大さを持ったミケーネ帝国との激戦が描かれており、初めて闇の帝王がユニットとして登場した。
第3次スーパーロボット大戦α
地獄大元帥との決着が付くほか、ムゲ・ゾルバドスの手によって闇の帝王が再び復活するイベントがある。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT2IMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT3

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
味方側は鉄也&グレートのみ登場。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
スーパーロボット大戦R
生田信一郎が初登場し、彼にまつわるエピソードが再現された。
スーパーロボット大戦D
ロボットJr.が初登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
初参戦作品。
スーパーロボット大戦64
敵組織にミケーネ帝国が本格的に登場。スーパー系の地位向上が図られる。遂に鉄也のキャラクターが掘り下げられ、従来作の「地味な脇役」から脱した。地獄大元帥、ヤヌス侯爵、量産型グレートマジンガーも初登場。
スーパーロボット大戦MX
原作終了後の設定であるが、兜博士は生存している設定。今作は劇場版の再現がメインで鉄也の出番も多い。
スーパーロボット大戦NEO
スーパーロボット大戦X-Ω
『NEO』以来の約6年振りとなる参戦で、今回はTV版とOVA版の設定が混在している。鉄也とジュンは光子力研究所の防衛に就いているため、第1章の時点では科学要塞研究所は登場しておらず、存在が明記されている兜剣造も登場していない。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 大空の勇者 グレート・マジンガー バルバリ
オベリウス
第2話 地獄の使者!!闇の仕掛人ガラリヤ ガラリヤ
第3話 炎のガッツ!!野性のビューナス!! ズガール ビューナスA初登場
第4話 キャッチ・アンド・アタック!!科学要塞研究所!! ムガリッサ
第5話 突撃!!怒りの連合戦闘獣!! センザン
ラルゴス
第6話 地獄におちた剣鉄也 サイコベアー
第7話 救助不可能?!ほら吹き少年の恐怖 グレシオス
第8話 とどめの一撃!!ドリルプレッシャーパンチ!! ゴブリウス
ダイヤカス
第9話 爆死!!美しき人間志願者!! クレオ
第10話 危うしマジンガー!!移動する発狂地帯!! ブルートン
第11話 目覚めろシロー!!愛なき戦いの結末!! ギライ
第12話 猛牛バイソニアの逆襲 バイソニア
第13話 激闘!!兜博士対暗黒大将軍!! ギロニアン
ピーコング
第14話 転覆寸前!!研究所を救え!! ハーキュリーズ
第15話 吸血!!恐怖のトカゲ地獄 ゴモドラー
第16話 立て!!ミケーネの若きプリンス!! ケルビニウス
第17話 鉄也よ!!地獄の闇から這い上がれ!! キリニア
ブラベウス
第18話 黒い罠!ドッキング戦闘獣!! イグアナス
第19話 雪よ若い血潮を染め抜け!! ギドニアス
ゴルドバ
第20話 決死!!ミケーネス攻撃隊乱入!! グラバール
マーバラス
第21話 怒りの指令!!姿を見せた闇の帝王!! ダゴラー
ユニガロス
闇の帝王初登場
第22話 ゴーゴン大公!!火山島に散る ガバラ
ダンダロス
第23話 妖しき新司令官ヤヌス侯爵!! バーグル
第24話 死闘!!この一撃に命をかけろ!! ファラボス
第25話 ピンチ!!飛べビューナスA イスカリオス ロボットJr.初登場
第26話 幻の父!!兜博士の秘密!! タラントス
第27話 燃やせ!!怒りの決死の反撃 アレクセウス
ガルガニア
第28話 脱出せよ!!ヤヌスの溶岩責め!! アキレウス
第29話 大逆転!!秘密兵器を発射せよ!! アイザクロン
ギラギンガ
第30話 勝利目前!!ふるい立つ暗黒大将軍!! ジュラン
バニガン
第31話 死闘!!暗黒大将軍の最後!! ジュラン
バニガン
ダンザニア
第32話 鉄也よ解け!!心の謎を…!! グラシス
第33話 グレートマジンガーの足が吹っ飛んだ!! ハーピィ
ダンドール
第34話 今だ出せ!!バック・スピン・キック!! ドルマン
第35話 スーパー忍者!キャットルー軍団!! ゴーリキ
第36話 甦れ!!憎しみを越えた愛!! グレーニアス 地獄大元帥着任
第37話 午前三時 兜博士を暗殺せよ!! ヘレナ
第38話 鉄也よ泣くな!!奪われたマジンガー!! ドルモス
第39話 最後の挑戦!!空の要塞ミケロス ドラドス
第40話 死を呼ぶ赤い十字架!! マミレス
第41話 上陸!!無敵の要塞デモニカ!! メルクテス
第42話 深海墓場!!傷だらけの脱出!! バブール
第43話 待ったなし!!科学要塞研究所!! ドメス
グロッサー
ルバンバ
第44話 怒りの大逆襲!!火山島基地爆破!! グロッサー
ルバンバ
第45話 狂ったグレート・マジンガー!! バトラーズ
第46話 闘魂!!この命燃えつきるまで!! ソルゴス
第47話 必殺!!超高速グレート・ブースター!! トルケーン
第48話 特攻作戦!!さやか出現!! ドルラーク
第49話 耐えろシロー!!勇者に休日はない ガンサー
第50話 涙の彼方に太陽が…!! マリゲラ
第51話 輝け明星!!マジンガーZが帰って来た!! ギュラソス
第52話 戦闘獣志願!!逆光線に散った青春!! テオドラス
ゲルニカス
R
第53話 偉大な勇者!!ファイト鉄也・ダッシュ甲児!! ギラン
ドカイダー
甲児さやか帰国
第54話 打倒デモニカ!!無敵のダブルアタック!! ゴーグラー
第55話 明日なき総力戦!!鉄也・甲児を地獄へ送れ!! ゴールドフェニックス
バルカニア
グレートマンモス
第56話 平和の鐘よ 勇者の頭上に鳴り渡れ!! グレートマンモス

主要スタッフ[編集]

制作
東映動画(現:東映アニメーション)
監督
なし(チーフディレクター制を採用しておらず、各話の演出家がその役割を持った)
キャラクターデザイン
森下圭介
戦闘獣デザイン
永井豪、石川賢、安田達矢、他
音楽
渡辺宙明

余談[編集]

  • 企画段階では『ゴッド・マジンガー』と設定されておりマジンガーシリーズの最終作とされていた。またグレートマジンガーが『ゴッド・マジンガー』、ビューナスAが『ゴッド・ビューナス』と設定されていたり、2機を含めた科学要塞研究所に所属する戦闘部隊として『スクランブル騎士団』(初期プロットでは『ゴッド軍団』)が存在している。

商品情報[編集]

DVD[編集]

  • DVD-BOX

  • 単巻

漫画版[編集]

レンタルビデオ・動画配信[編集]

サイト名 取扱いの有無 備考
レンタルビデオ
ツタヤディスカス ×
DMM ×
サイト名 取扱いの有無 備考
動画配信
ツタヤディスカス ×
DMM
バンダイチャンネル ×
GYAO!ストア 配信期限あり
東映アニメオンデマンド 見放題対象の時期あり
ビデオマーケット