妖爬虫将軍ドレイドウ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドレイドウ
外国語表記 Draydou
登場作品

マジンガーシリーズ

声優
TV版
肝付兼太
立壁和也(現:たてかべ和也 / 第19話のみ)
矢田耕司(第56話のみ)
OVA版
梁田清之
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 爬虫類型戦闘獣
全高 23 m
重量 330 t
所属組織 ミケーネ帝国
所属部隊 爬虫類型戦闘獣軍団
役職 将軍
称号 妖爬虫将軍
テンプレートを表示

妖爬虫将軍ドレイドウは『グレートマジンガー』および『マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍』の登場キャラクター。

概要[編集]

グレートマジンガー[編集]

ミケーネ帝国の七大将軍の1人で、爬虫類型戦闘獣軍団を率いる長。

外見から察するに「最高位の爬虫類として、伝説の生き物の竜」をモチーフにしているのではないかと思われる。

劇中では自身が直接戦闘することはなく戦闘獣の指揮に徹していたことからも自ら戦うのは得意ではない様子。そのためか他の七大将軍と組むことも多かった。 武器は口から吐く放射能熱線や鋭い爪だが、最終決戦時にも自ら戦うことはなく、無敵要塞デモニカに突入したマジンガーZから逃げ惑ううちにスクランダーカッターで真っ二つにされて死亡している。

なお、戦闘獣以外にも、通信用にテレビ電話を移植した大型爬虫類を使役している。

性格は狡猾な策士であり大胆な作戦を展開することも多いが、策士でありながら状況把握が苦手らしく、状況把握に手間取って失敗してしまうことも少なくなかった。

マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍[編集]

ミケーネ7つの軍団の一角である爬虫類型戦闘獣軍団の長。

中国にてダイオンγを撃破し、超人将軍ユリシーザー悪霊将軍ハーディアスとともに光子力研究所を襲撃する。前出の2将軍が一撃で倒される中マジンカイザーのファイヤーブラスターの一発は耐えるなど、TV版に比べれば格段に扱いは良くなっている。 しかしその直後に無敵要塞デモニカの突撃に巻き込まれ恐らく死亡。

TV版と比べてデザインのアレンジは他の将軍たちより控えめで、細部や鎧などのアレンジが見られる程度。全体のイメージはほぼ同じである。

真マジンガー 衝撃! Z編[編集]

最終回では、あしゅら男爵の自害による儀式によって復活したミケーネの神々の一柱として、シルエットのみの姿で登場。

登場作品と役柄[編集]

SRWにおいては、彼自身も部下たちも「爬虫類型のメカ」という点がメカザウルスと被るためか、他の七大将軍やその部下の戦闘獣に比べても、SRWへの出番は少なめになっている。

TV版は『第4次S)』が唯一の出演だが、獣魔将軍と共にボスキャラとは思えない弱さと不遇さから、あまりにも悲惨な出番となっている。

同作に登場する同僚の悪霊将軍ハーディアスは『第2次α』において大幅なフォローが行われているが、ドレイドウと獣魔将軍は未だにフォローされておらず、再出演もしていない。

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
DCの幹部として登場するが、ハーディアスと違ってルート次第では登場しないことも多い。なおユニットは武装に破壊光線を持っているのだが、何故か攻撃力がザコ戦闘獣のものと比べて半分ほどの威力しかない。とはいえ序盤で相対した際は注意。リアル系なら一撃で破壊されてしまう。しかし何故か性格が弱気であり、戦うころには気力も下がったHPが高いだけの雑魚状態である。
第4次スーパーロボット大戦S
第4次とほぼ同じ扱いだが、ハーディアス共々マップ「コロスとドン・ザウサー」にも登場するようになったため、出番が1度増えている。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
実際に登場してはいないが、会話中にのみ、他の将軍と共に名前が登場しており、設定上はいるらしいことが確認できる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
OVA版とはいえ久々の登場。彼とハーディアス、バーダラーのみ戦闘する事が出来る。ボス系としてはそれなりの性能は備えている。 
スーパーロボット大戦W
OVA版が登場。パリでの暗黒大将軍の会議場占拠作戦においてハーディアス、バーダラーと共に登場。出番も少ないうえにそれほど強くはないが、他の4将軍と比べれば遥かにマシな扱いである。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

体当たり
猛スピードで飛行し、相手に突撃する。OVA版で使用。
マルチコンボ対応。

武装[編集]

アイアンクロー
両手に備えた鋭い爪。
一応最強武器だが、やはりザコユニット並の威力しかない。
ファイヤーブレス
口から放射能熱線を吐く。
第4次S)』では威力は低く、おまけに戦闘アニメの関係上射程が1と全く役に立たない武器。
火炎
口から放射能火炎を吐く。OVA版で使用。
射程が長く、旧シリーズのように海や宇宙で使えないということはない。攻撃力低下の特殊効果を持つ。
破壊光線
他の戦闘獣と同じく持っている。『第4次(S)』ではハーディアス獣魔将軍共々、部下の破壊光線の半分程度の威力。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
根性ド根性激怒

特殊技能[編集]

J
底力L8、援護攻撃L3
W
底力L8、援護攻撃L3、マルチコンボL2

人間関係[編集]

闇の帝王
主君。
暗黒大将軍
上官。
地獄大元帥
新しい上官。
超人将軍ユリシーザー悪霊将軍ハーディアス
同僚。OVA版では一緒に光子力研究所へ攻め入る。
怪鳥将軍バーダラー
同僚。
魔魚将軍アンゴラス大昆虫将軍スカラベス猛獣将軍ライガーン
同僚。
大出政雄
ダイオンγの操縦者。OVA版では彼を焼き殺した。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「救援に来てやったぞ。感謝するのだな」
第4次S)』第6話(『S』では第7話)恋人以内ルート「救出!コン・バトラーV」より。ガルーダの救援のため敵増援として現れた際の台詞。
「フン、あっけないものだな。まあいい、すでにコンバトラーのエネルギーは、つきているはず。一気にたたきつぶしてしまえ!!」
同上。ガルーダ搭乗のグレイドン撃墜時の台詞。ガルーダを嘲笑するも、消耗したコン・バトラーVに狙いを定める。
この時点ではグレイドン撃破のためには超電磁スパークや超電磁スピンなどの武器を駆使しなければならず、結果的にコン・バトラーのENが尽きることになるため、若干メタな台詞となっている。