マジンエンペラーG

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マジンエンペラーG
外国語表記 Mazin Emperor G
登場作品

マジンガーシリーズ

デザイン ダイナミック企画[1]堀井敏之[2]
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 マジンガー
全長 不明[1]
重量 不明[1]
パイロット 剣鉄也 (真マジンガー)
テンプレートを表示

マジンエンペラーGは『ダイナミック企画オリジナル機体』のメカ。

概要[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦V』で初登場した新たなマジンガー。マジンガーの系譜だが、マジンカイザーと同じくマジンガーの名詞ではなく「皇帝」の名を冠しており、ゲーム内でも「(偉大なる)魔神皇帝」との異名で呼ばれる場合がある。ちなみに、マジンガーZERO同様に黒目がある。

スーパーロボット大戦V』における設定[編集 | ソースを編集]

グレートマジンガーをベースに、早乙女研究所から提供されたゲッター線テクノロジーを始めとする技術の粋を注ぎ込んで開発された。元々『V』におけるグレートはマジンガーZがZEROに変貌するのを食い止める抑止力としての役目を与えられており、マジンエンペラーGはそれが果たせなかった場合に備えて作られた機体である[3]

機体自体はZEROの出現前に完成していたが、起動ができず抑止力としての役目を果たすことは叶わなかった。しかし同時に改修を行っていた真ドラゴンのゲッター線を照射することで起動に成功、グレートマジンガーを自爆させたことで乗機を失った鉄也に届けられる。

「グレートスマッシャーパンチ」「グレートブラスター」といった武装名や「ゲッター線も開発素材に使用している」という設定はカイザー(特に「オリジナル版」こと『F完結編』での)を彷彿とさせる。装甲にはゲッターロボにも使われている「ゲッター合金」が使用されている……という説があるが、詳細は明言されていない。

スーパーロボット大戦X』における設定[編集 | ソースを編集]

ZEROによって因果の果てに追いやられた甲児と鉄也が、ゼウス神の導きにより可能性の光の彼方から呼び出した“最強のマジンガー”の象徴。そのため、詳しい出自は不明で、ロボット大図鑑で示唆される程度に留まっている。全てが終わった後はカイザーと共に元の世界へ返還された。

誕生経緯[編集 | ソースを編集]

寺田P曰く、「マジンガー系のストーリーで何か新しいことをやりたい」という話を以前からしており、ダイナミック企画と相談。グレートマジンガーの後継機として新しいマジンガーを作り出す話を進めていく中で、マジンエンペラーGの具体的な企画が始動し、ダイナミック企画監修の元にデザインされた[4]

デザインは過去のマジンガー系列機が意匠に含まれており、耳部から二本ずつ伸びる角は1988年にアメリカで発表された『MAZINGER』、エンペラーオレオールは『マジン・サーガ』版マジンガーZのマント、口部のスリットは『マジンカイザーSKL』のマジンカイザーSKLのものがモデルになっている。モデルとなった機体はいずれも非常に禍々しいものの、上手く噛み合って雄々しさを兼ね備えたデザインとなった。

『V』への参戦と同時に「スーパーロボット超合金」としての商品化も発表され、2017年3月17日に発売された。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。第39話「終焉への目覚め」で登場。改造はグレートから引き継がれる。
DLC「魔神激突、再び」でケドラに操られている時は、武装がルストタイフーン、グレートスマッシャーパンチ、グレートブラスターの3つだけになっており、搭乗者である鉄也の技量を活かした剣撃並びにサンダーボルトブレーカーは外れている(鉄也のカットインが入るため)。ただし、接近してグレートブラスターを繰り出す思考パターンなので、他の武器を見る機会はない。
スーパーロボット大戦X
第28話「闇と光」で登場。『V』より参戦が早くなった代わりに全体的な攻撃力が若干低下し、大技の武器特殊効果が外されているが消費ENが大きく下がり、カスタムボーナスの変更もあって継戦能力が大きく上がった。また、カイザーとの合体攻撃「魔神双皇撃」と、終盤限定だが新最強武器である「オレオールブースターG」が追加されている。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年7月のイベント「光の先に」より実装。SR・SSRシューターで後者は大器型。なお出典名義は「ダイナミック企画オリジナル」となっている。
2019年4月のイベント「スターダスト・ネビュラ」の報酬ユニットとしてSSRアタッカーが登場。
2020年2月のイベント「受け継がれる牙」にてΩスキル搭載大器型SSRアタッカーが追加。XΩスキル対応(パートナーはマジンガーZERO[Ω])であり、XΩユニットも同時に実装されている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

エンペラーオレオール
背部のブースター、尾翼とウイングで構成された、スクランブルダッシュの強化型……と思いきや、『X』にてグレートブースターに相当する武器でもあったことが判明。
通常時のオレオールはマントのようにはためいているが、高速機動時は外側にスライドする形で変形、スクランブルダッシュ型の翼となる。また、サンダーボルトブレーカー使用時には帯電する。
オレオールブースターG
「マジンエンペラーGの奥の手」にして「究極の一撃」。オレオールを翼に変形させ、超高速で飛行、限界まで加速したところで切り離して敵機に突撃させる。戦闘台詞から加速中は鉄也に凄まじいGがかかっていることがわかる。
オレオール射出直後に一瞬だがスクランブルダッシュと同形状の翼を展開しているのが確認できることから、射出後の飛行能力を補う目的で通常のスクランブルダッシュも搭載している模様。
トドメ演出では爆発の背景にオレオールが離脱する様子が映り、直後のエンペラーの背部にオレオールがはためいているので、この間に再合体しているのだろう。
『X』で追加された新たな最強武装だが、追加されるのが第48話の闇の帝王戦の途中からと遅く、終盤の数話しか使えないのがネックか。グレートブースターと違い、元々付けているものを射出するためかEN消費式の武装となっている。
ルストタイフーン
口から突風を起こす。グレートタイフーンと違い酸を含んでいるため、トドメ演出で敵が風化により崩壊する。
グレートスマッシャーパンチ
ドリルプレッシャーパンチに相当するロケットパンチ系武装。腕部から鋭利な刃を出した上で高速回転させて放つ。刃の形状はスクリュークラッシャーパンチに近い。
『X』では演出自体はそのままにアニメーションが変更されている。
エンペラーブレード
マジンガーブレードに相当する二振りの両刃の剣。使用時に「ダブルエンペラーブレード」と発する時もある。
グレート同様に大腿部から射出。格納時は刀身部が蛇腹状に収納されており、取り出した後で展開する。接続し、ツインブレードとして扱うことも可能で、回転させながら敵を切り刻む。
『X-Ω』では通常攻撃に使用。
グレートブラスター
ブレストバーンに相当する溶解熱線。胸の放熱板は二重構造になっており、まず前部放熱板が下がった後、後部放熱板が肩まで伸びる。
グレートマジンカイザーにも同名の武装が存在する。
サンダーボルトブレーカー
サンダーブレークに相当する電撃光線。単純にダメージを与えるのみならず、電撃で相手を拘束し、トドメに拳を握る動作に合わせて遠隔爆破する。さらに、電撃そのものも鞭の要領である程度制御することが可能。
『V』では消費ENが70でサンダーブレークと同値だったが、『X』ではサイズ差補正無視が外された代わりに45と低くなっている。
『X-Ω』では必殺スキルに使用。
エンペラーソード
マジンエンペラーG最強の必殺大剣。柄の部分はマジンエンペラーGの頭部がモチーフになっている。マジンエンペラーGが胸の前で拳を重ね合わせて電撃を発すると頭上から飛んできて地面に突き刺さるが、本体に内蔵されているのかどこからか召喚しているのかは不明。恐らく別空間から呼び出していると思われる。
手に持った直後、エンペラーオレオールを翼に変え、真ゲッター1の如き変則機動で相手に肉薄。直後圧倒的質量による斬撃を繰り出し、切り刻んだ後空中に切り上げ、マジンエンペラーGのスピードを活かし相手をさらに切り刻む。台詞で「魔刃一閃」と言ってる割には乱舞技じゃないか、というツッコミは野暮だ。
最初の一太刀で敵断面からエンペラーのアップが覗くカットはOVA版ファイナルカイザーブレードの演出が元。
『V』では消費ENが90と高かったが、『X』ではサイズ差補正無視、バリア貫通が外された代わりに60に下げられているため使いやすくなった。
『X-Ω』では「エンペラーソード(乱舞)」名義で、アタッカー版の必殺スキルに採用。

合体攻撃[編集 | ソースを編集]

魔神双皇撃
『X』で追加されたカイザーとの合体攻撃。光子力ビームとサンダーボルトブレーカーの同時攻撃。命名はダイナミック企画[1]
演出は漫画真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』の最終決戦でZEROに向けて無数の光子力から生み出されたスーパーロボット達と共にマジンガーZとグレートが放った光子力ビームとサンダーブレークの同時攻撃の再現と思われる。通常は終盤での追加だが、シークレットシナリオを通過した場合、早期に追加される。
ダイナミックコンビネーション
『X-Ω』で追加されたZEROとのXΩスキル。
光子力ビームとサンダーボルトブレーカーの同時攻撃から始まり、ルストハリケーンとエンペラーブレードで切り込み、トドメにブレストファイヤーとグレートブラスターを放つ。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

EN回復(小)
V』で採用。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

カスタムボーナス[編集 | ソースを編集]

装甲値+300、最大EN+50。
V』で採用。長所を順当に伸ばす優秀なボーナス。
装甲値+200、EN回復(小)がEN回復(中)になる。
X』で採用。装甲強化が若干弱体化し、継戦力を伸ばす方向へシフト。

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「守護神-the guardian」
真マジンガー 衝撃! Z編』後期OP曲。『V』で採用。『V』第二弾PVではマジンガーZEROの戦闘アニメではイントロから流していたのに対し、マジンエンペラーGの戦闘アニメではサビから流していたのが印象的。
「マジンカイザー」
マジンカイザー(オリジナル版)のイメージソング。『X』で採用。

関連機体[編集 | ソースを編集]

グレートマジンガー
元になった機体。
マジンカイザーマジンカイザーSKLグレートマジンカイザー
別世界の『魔神皇帝』たち。特にゲッター線を用いた新たなマジンガーという意味では、真の意味でマジンカイザーの兄弟機にして後継機と言える。
マジンガーZERO
この機体へのカウンターとして開発された。
真ドラゴン
『V』でのエンペラー覚醒に貢献。

余談 [編集 | ソースを編集]

  • 頭部のコクピットはブレーンコンドルの発展型のようなデザインになっており、スーパーロボット超合金では分離ギミックも有しているが名称含め詳細は不明。

商品情報[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 エンターブレイン『スーパーロボット大戦V パーフェクトバイブル』478頁。
  2. 2020年9月24日のツイート
  3. グレートマジンカイザーではない理由は、ZEROの持つ因果律兵器対策のため。『V』のZEROはスパロボ登場キャラの基本である「IFの存在」ではなく原作に出てきたZERO本人であるため、ZEROにとって既知の存在であるグレートカイザーは、因果律兵器の性質上全く歯が立たないことになる。
  4. 『スーパーロボット大戦V』マジンエンペラーG電撃発表! 寺田貴信氏を始め、関係者に詳細を訊く!! 2020年8月9日閲覧。