ケドラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ケドラ
登場作品

マジンガーシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 戦闘頭脳(古代ミケーネ人・サイボーグ
所属 ミケーネ帝国
テンプレートを表示

ケドラは「マジンガーシリーズ」の登場キャラクター。

概要[編集]

古代ミケーネ帝国が生み出した戦闘頭脳。単眼に触手といった奇怪な姿を有しており、その内部のカプセルには古代ミケーネ人の頭脳を内蔵している。行動原理は一貫して「ミケーネ以外の全人類を滅ぼす」事であり、機械獣の頭脳として機体を操縦するのを主目的とする他、機械獣に乗らずとも単独で人間を襲撃する程の力も持っている。

初出は石川賢の短編漫画『ミケーネ恐怖の遺産』(アンソロジーに収録後、氏の著作『ゲッターロボ アーク』単行本に併録された)。こちらではDr.ヘルが古代ミケーネの遺跡より多数のケドラを発掘、うち一体(個体名が存在し、自らを「エバ」と名乗っている)を囮の機械獣に潜ませてマジンガーZに忍び込むことで、機体を乗っ取って暴れまわった。ヘルは追撃に出た兜甲児ガラダブラMk01を差し向けるも、ケドラはDr.ヘルによって改造が施された機械獣を「異文明の存在」と判断、容赦なく攻撃を加える。最終的には甲児によってケドラは排除され、残ったケドラも危険性を認識したヘルの命により全てが破棄された。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。一部機械獣のパイロットとして登場。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
本作ではケドラはインベーダーを制御して操っているという設定になっている。
中断メッセージではインベーダーヘテロダインらと共にバサラの曲を聞いていた。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
ミケーネの神々の尖兵として機械獣タロス像に取りついている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
担当声優は稲田徹。今回はアイアンカイザーを乗っ取った状態で登場。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
今まではパイロットとしてのみの参戦だったが、本作ではユニットとしても登場。
ユニット版の攻撃にはSP低下の効果が付いているので、固いユニットでも被弾を続けるとSPが枯渇してしまうので注意。
スーパーロボット大戦X
性能は『V』とほぼ同じ。本作でも攻撃にSP低下の効果が付いているので注意。
ケドラ本人がパイロットのものと、邪悪な意思がパイロットのものが登場する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

触手攻撃
触手を伸ばして相手を串刺しにする。『V』ではSP低下の効果付き。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(中)

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

V
ド根性不屈必中気合
X
根性不屈必中気合

特殊技能(特殊スキル)[編集]

VX
底力L3、援護攻撃L2、ガードL2

エースボーナス[編集]

最終命中率+15%。自軍フェイズ開始時、気力+3
V』、『X』で採用。

乗っ取った機体[編集]

タロス像
第2次Z再世篇/第3次Z時獄篇/天獄篇
アブドラU6,グロイザーX10
第2次Z再世篇
ゴーストファイアーV9,ゴウキューンU5,ジェイサーJ1
バジンB6,バルガスV5,グロゴスG5
第3次Z時獄篇
アイアンカイザー
スーパーロボット大戦BX
ウイングル
スーパーロボット大戦Card Chronicle
マジンエンペラーG
スーパーロボット大戦V
飛行要塞グール地獄王ゴードン
スーパーロボット大戦X

人間関係[編集]

ゴーゴン大公
あしゅら男爵
Dr.ヘル