マジンガー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

マジンガーZを筆頭とする、マジンガー系列の機体を記載する。

また、便宜上グレンダイザーや、パートナーロボットの系列の機体も含む。

スパロボシリーズにおける特徴[編集]

スーパー系の中でも装甲が堅く、鉄壁との併用が特に有効。旧シリーズでは多少堅い方といった程度であったが、パイロット能力防御が採用されるのに伴い、より強固な耐久力を得るようになった。

攻撃力では要気力武装が少なく、最初から全力かそれに近い攻撃を出せる機体が多い。反面最大攻撃力は他スーパー系に出し抜かれる傾向にあったが、合体攻撃マジンパワーの採用で補強されるようになり、ほぼ全機体がMサイズであることでサイズ差補正が受けにくいのもカバーされている。

豊富な必殺武器類は基本的に格闘判定の飛び道具という扱いが多い。ブレストファイヤーや光子力ビームを始め、格闘・射撃の分類が作品により異なる武器も目立つが、それらが射撃扱いである場合、更に強力な武器が追加されて最終的な最強の武器は格闘判定のものになるパターンも少なくない。

これら主力に対し、その他のサポートロボットは最初期は無かったものの修理装置補給装置を持ち、戦術上重要な位置を占める。数少ない乗り換えに対応しているスーパーロボットでもある。

マジンガー系列の機体[編集]

スパロボ参戦済[編集]

TVシリーズ・OVA版[編集]

マジンガーZマジンガーZ (真マジンガー)
初代主役メカ。「神にも悪魔にもなれる」機体。
あしゅらマジンガー
OVA『マジンカイザー』に登場。Dr.ヘル一派の手に落ちて改造されたマジンガーZ。
グレートマジンガー
2代目主役メカ。Zの性能を全ての面で凌ぐ。
グレートマジンガー (試作型)
OVA『マジンカイザー』に登場。光子力研究所で作られたレプリカ機。
マジンカイザー
後年スパロボのために生み出された究極のマジンガー。「神をも超え、悪魔すら倒せる」機体。
エネルガーZ
アニメ『真マジンガー 衝撃! Z編』に登場。マジンガーZのデザイン原案が元ネタ。
Zマジンガー(ゼウス
漫画『Zマジンガー』並びにアニメ『真マジンガー 衝撃! Z編』に登場。文字通り「機械の神」そのもので、どちらの作品においてもマジンガーZのルーツに大きく関わる事になる。
マジンカイザーSKL
OVA『マジンカイザーSKL』に登場。複座式のコックピットなど、従来のマジンガーとは異なる特徴をもっている。「神が恐れ、悪魔すら慄く」機体。

漫画作品[編集]

量産型グレートマジンガー
桜多吾作版『グレートマジンガー』に登場した、グレートマジンガーの量産型
ブラック・グレート
同じく桜多吾作版『グレートマジンガー』に登場。上記の量産型のプロトタイプ。
マジンガーZERO
『真マジンガーZERO』にて、マジンガーZが7つの特殊能力「魔神パワー」を全て解放した姿。無限に進化する真の究極のマジンガー。別名「終焉の魔神」。

オリジナル[編集]

マジンエンペラーG
スパロボで生み出された2機目のマジンガー。マジンガーZ(ZERO)が暴走した際の緊急事態用として開発された機体であり、その一環として、装甲に「ゲッター合金」が用いられている。

スパロボ未参戦[編集]

マジンガーZ(レプリカ)
団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』に登場。未来世界である人物らによって予め製造されていた模倣品。しかし性能はオリジナルと(おそらく『グレートマジンガー』で再登場した時と)全く同じであるため、途中まで誰一人としてレプリカと分からず、同一機体が同じ時空に存在する事の影響を考えて、現代からオリジナルのマジンガーZを持ってこない事になった。オリジナルとの明確な違いは設計図から製造されたため、光子力エンジンに記された兜十臓博士のサインが無い事(『グレートマジンガー』でパワーアップしている事を受けて「オリジナル機はエンジンを入れ替えた際にサインも転写した」と説明されている)。闇の帝王らがこのマジンガーZがオリジナルではない事を示唆した事を受けて、鉄也が光子力エンジンの調査を指示し、サインがない事からレプリカと発覚した。
甲児自身はレプリカと知った後も愛着を持っていたようで、後述のデビルマジンガーに破壊された際にその事が伺える。更に後日談で修復されている事が語られている。
ゴッドマジンガー
団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』に登場。
機体デザインは石川賢で、外見はマジンカイザーとほぼ共通しているがその翼はグレート同様内蔵式で武装も同機のアップグレード版になっている。
下記のデビルマジンガーの盗まれた設計図の存在に危惧していた兜剣造博士が遺した設計図を基に現代に残されていたマジンガーZが改造を受けた姿である。
デビルマジンガー
団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』に登場。
同じくデザインは石川賢で、カイザーと共通の外見。
エネルギーを喰って進化する、ロボットの範疇を超えた化け物。
デビルマジンガー
『スーパーロボット大戦F完結編コミック』の読切漫画『マジンカイザー』に登場。上記の同名機とは外見や性能は異なりマジンガーZを一方的に中破に追い込んだが、マジンカイザーには逆に追い込まれる性能に抑えられていた。本作のストーリー原案も団龍彦である。
なお上記のデビルマジンガーと共にマジンガーZの試作機として兜十蔵博士によって設計されたが危険と判断されてその設計図は封印されていた
が、あしゅら男爵によってその死後に盗み出されて完成された。またDr.ヘルの頭部を搭載されている。
GMFA1
桜多吾作版『グレートマジンガー』に登場。グレートのデータから作られた機体。
ゴッドマジンガー(アニメ)
アニメ『ゴッドマジンガー』の主役ロボット。上記のゴッドマジンガーとは別物。
Z
漫画『マジンサーガ』に登場。大学生の兜甲児が鎧を装着して誕生する超人。この『Z』の姿はマジンカイザーとよく似ているが、こちらが先に登場している。
ゴッド・マジンガー
『グレートマジンガー』の続編として企画されていた『ゴッドマジンガー』(80年代に放映された同名アニメとは無関係)の主人公機でマジンガーZを改装した機体。エネルギー源を『光子力』から『反陽子』に変えた他、装甲も超合金Zに反陽子エネルギーを浴びせることで生み出された超合金ゴッドZとなっている。
デザインが鉄人28号のようなシンプルなものになったことが失敗だったために企画が通らず、結局UFOロボ グレンダイザーが制作されたが、設定の一部は後のマジンガーシリーズに形を変えて登場することになった。
グレートマジンカイザー
真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』に登場した、グレートマジンガーがグレートブースターと合体することで誕生する未知のマジンガー。
この世界のグレートブースターは、二連装の光子力エンジンによってグレートのマジンパワーをフルブーストさせ、装甲及び武器を極限まで進化させるという「グレートマジンガーの性能を跳ね上げる」特別仕様となっている。
インフィニティ
劇場版 マジンガーZ / INFINITY』にて登場。過去の地層から発掘された超巨大マジンガーで、マジンガーZや機械獣が豆粒に見えるほど
イチナナ式
『INFINITY』にて登場。マジンガーZの量産型だが、マジンガーZとは異なりリアルロボット寄りの形状であり、携行武装もある。カメラアイもバイザー型になっている。
マジンガーZ(台車)
漫画『思い出のK君』に登場。永井豪の友人・K君が操縦し、悪の一味に戦いを挑んだ。K君共々「マジンガーZ」のモデルになったとされる(真偽は不明)。
ジム・マジンガ
漫画『バイオレンスジャック』の「鉄の城」編に登場。マジンガーZをモデルにした盲目の黒人格闘家で、Zの異名を取る機械道空手の達人。
真マジンガー 衝撃! Z編』のピグマン子爵のモデルとなる。
ゴッデスマジンガー
アイアンZ
漫画『マジンガーエンジェル』に登場。アイアンZはマジンガーZの初期プロットでのタイトル並びに主人公機の名称だった。
アイアンZは漫画『マジンガーZERO』にも登場。しかし兜十蔵には駄作扱いされ、エネルガーZと格納庫で潰し合う命令を下された。
マジンカイザー刃皇
マジンカイザーライガ
玩具オリジナルのマジンガー。刃皇は腰に二振りの刀、背中に大型の剣を持ち、ライガは獣神サンダーライガーをモチーフとした機体。
ZFマジンガーX
雑誌「月刊OUT」のネタ記事に登場。
ロボチョイA(最終形態)
漫画『ロボチョイA』の主役機がパワーアップした姿。作品自体はマジンガーシリーズとは関係がないが、デザインにその系譜が見られる。
ゴーバリアン
アニメ『サイコアーマー ゴーバリアン』(SRW未参戦)に登場する主役機。見た目こそマジンガーZだが、こちらもマジンガーシリーズとは関係がない作品である(製作側のナックがダイナミックプロにメカデザインを発注する際「マジンガーZらしいデザイン」を要望したとされる)。

グレンダイザー系列の機体[編集]

グレンダイザー
フリード星のロボ。
ラーガ
桜多吾作版『UFOロボ グレンダイザー』に登場。SRW未登場。
グレンダイザーギガ
漫画『グレンダイザーギガ』に登場。SRW未登場。

パートナーロボット系列の機体[編集]

アフロダイA
作業用を転用した初代パートナー。
ダイアナンA
初めから戦闘用に作られた二代目パートナー。実はアフロダイより戦績が悪い。
ビューナスA
グレートのパートナー。アフロダイやダイアナンよりは強い。
ビューナスA (さやか)
原作漫画とOVA、真マジンガーではダイアナンではなくこちらが登場。アフロダイ破壊後のさやか用の後継機。
ミネルバX
兜十蔵がZのパートナー用に設計していたロボ。仲間になると乗り換えに組み込まれる有人操縦か無人(専用人工知能)のどちらか。
ウイングル
OVA『マジンカイザーSKL』に登場。
アルテミスA
漫画『真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』に登場。
キューティーハニー
漫画『マジンガーエンジェル』に登場。
ファイアービューナス
漫画『マジンガーエンジェル』に登場(正確には『アイアンマッスル』からのスピンオフ出演)。スパロボ未参戦。

その他マジンガーシリーズの機体[編集]

ボスボロット
スクラップ製のロボット。
スーパーボスボロット
新スーパーロボット大戦』に登場した、ボスボロットのオリジナル形態。
ミリオンα
マジンガー軍団の一角。『原作漫画版』、『マジンカイザー』では武装が施されているが、『真マジンガー』では施されていないため活躍の場が殆ど無かった。
ミリオンα1
『真マジンガー』に登場したミリオンαの改良機。武装として光子力電磁砲が追加された。再世篇ではビューナスAの攻撃演出で登場。
バイオンβ
ダイオンγ
W』でミリオンαの攻撃演出に登場。『原作漫画版』、『マジンカイザー』では武装が施されているが、『真マジンガー』では施されていないため活躍の場が殆ど無かった。
バイオンβ2
ダイオンγ3
『真マジンガー』に登場したバイオンβ、ダイオンγの改良機。武装としてそれぞれルストハリケーン、ブレストファイヤーが追加された。再世篇ではビューナスAの攻撃演出で登場。
ロボットJr.
兜シローが父剣造に作ってもらった操縦練習用の機体。Dではユニット登録されているが、JWではボロットホームランの演出で登場するだけである。

グレンダイザー関連の機体[編集]

TFO
甲児が作ったUFO型の乗り物。
ダブルスペイザー
グレンダイザーを合体によってサポートする地球製スペイザーの空戦担当。
マリンスペイザー
水中戦担当。
ドリルスペイザー
地中戦担当。
フロリアン・ビート
漫画『グレンダイザーギガ』に登場。SRW未登場。

商品情報[編集]

作品
備考 量産型グレートマジンガー
ブラック・グレート」「GMFA1」が登場
「ゴッドマジンガー」
「デビルマジンガー」が登場
「ゴッドマジンガー(左とは別)」が登場 「Z」が登場 「Zマジンガー(ゼウス)」が登場 『思い出のK君』を収録
作品
備考 「ゴッデスマジンガー」が登場 「アイアンZ」が登場 「ラーガ」が登場