グレートマジンガー (試作型)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
グレートマジンガー
(試作型)
外国語表記 Great Mazinger
登場作品

マジンガーシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 マジンガー
全長 20.5 m
動力 光子力エンジン
エネルギー 光子力エネルギー
装甲材質 超合金Z
内蔵機体 ブレーンコンドル
開発 光子力研究所
所属 光子力研究所
パイロット 剣鉄也
テンプレートを表示

グレートマジンガー (試作型)は『マジンガーシリーズ』の登場メカ。

概要[編集]

設計図から光子力研究所で建造されたプロトタイプと呼ばれるレプリカ機(「旧グレート」というと、こちらを指す)。

TV版グレートマジンガー、もしくはオリジナル機との相違点は

  • 手足の色が青ではなく黒
  • TV版より小型
  • 装甲材質が超合金Z

などがある。

その為、TV版程マジンガーZとの性能差は無く、第1話の序盤こそ活躍するものの、マジンガーZ共々機械獣に圧され、その後も損傷が響き十分な補給及び修理が受けられず出力不足な事が多く、サンダーブレークで機械獣を撃破できない事が度々見受けられた。いわゆる、マジンカイザーの圧倒的な力を強調するための前座的役割であった。

マジンガーZやマジンカイザーと同じく兜十蔵が開発したオリジナルのグレートマジンガー(通称「真グレート」)が存在する。そちらはグレートマジンガーの項目を参照。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
携帯機では初参戦。第29話で破壊され、次の第30話で新バージョンが手に入る。新バージョンになると能力が全体的に上昇し、改造も引継がれるが、破壊された際にこの機体が付けていた強化パーツは新バージョンに引継がれず消滅してしまうという重大なバグが存在する。第29話インターミッションでは必ずグレートの強化パーツを外しておく事。
スーパーロボット大戦W
今回、旧グレートはスポット参戦なので2回しか使えない。何気に旧グレートは破壊されたわけでもないのに第2部未登場という不遇な扱いである(マジンガーZは第2部にも出てくるのに…)。
スーパーロボット大戦L
試作型の時点でマジンガーZと同等でかなり頑丈(というか、武器HP、空適応、ボーナス以外はマジンガーZと全く同じ性能である)。Wまでとの大きな違いがグレートブースターの扱いでP属性が無くなった代わりに弾数が4発になり射程は3-8となった。このためマジンガーZとは逆に遠距離戦を得意とするユニットと相性が良い。
今作では真グレートの参戦後も旧グレートは残るので、2体のグレートで出撃可能となる。ただし、Zとの合体攻撃はあるものの、真グレートとは特に合体攻撃が用意されているわけではない。
言うまでもなく性能は真グレートのほぼ下位互換であり、さらに旧グレートは宇宙Bである。おまけにマジンガーZ&マジンカイザーと同様、旧グレートの改造は真グレートに引き継がれない。もっとも、真グレートの参戦が遅いため、旧を改造して引き続き前線に立たせるのも手ではある。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
初参戦。序盤はスポット参戦マジンガーZ合体攻撃が出来るが、マジンカイザーとの合体攻撃は中盤特定のサブシナリオを通ってオリジナル機にならないと使えない。
なお、本作ではファイナルダイナミックスペシャルが実装されているものの参加できない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

アトミックパンチ
回転するロケットパンチ。OVA版ではレプリカ機が使用。
Wではマルチコンボ対応武器になっている。
グレートブーメラン
胸部の高熱板を投げ付ける。
ブレストバーン
胸部の赤い高熱版から発射される5万度の高熱放射。OVAではサンダーブレーク以上に決め技として多用されている。
サンダーブレーク
耳の突起部分から300万ボルトの放電で雷を起こし、秒速30万アンペアの電流を発射する。人差し指か、マジンガーブレードから発射する。1話の初登場シーンで使用し機械獣を撃破するが、その後の光子力研究所での戦闘では出力不足で押し切られてしまった。
Wでは運動性ダウン効果のある特殊武器Lでは真グレートと旧グレートで何気に演出が違う。
マジンガーブレード
両腰に収納されたブロードソード。グレートを象徴する武器。

追加ブースター[編集]

グレートブースター
グレートマジンガー最大の武器である大型の追加ブースター。OVA版では巨大なサイズになっており、グレートマジンガーが上に乗って突撃する。劇中では支援機的な扱いもされ、1話ではグレートの他、アフロダイAボスボロットの離脱にも使われている。6話ではグレート不在のまま妖機械獣軍団の攻撃で破壊されてしまった(このため劇中での真グレートは本武器未使用)。

合体攻撃[編集]

マジンガーZマジンカイザーとの連携攻撃。後者の場合カイザースクランダーが付くと本機とは合体攻撃できなくなるので注意。

ダブルロケットパンチ
アトミックパンチとロケットパンチかターボスマッシャーパンチの同時攻撃。
ダブルバーニングファイヤー
ブレストバーンとブレストファイヤーかファイヤーブラスターの同時攻撃。

特殊能力[編集]

剣装備
マジンガーブレードで切り払いを行うことができる。
マジンパワー
気力130以上(GCなど一部作では120以上)で、攻撃の最終ダメージがアップする。

移動タイプ[編集]

スクランブルダッシュによりデフォルトで飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

初期:装甲値+150 照準値+5
5段階:装甲値+200 照準値+15
10段階:装甲値+250 照準値+25 HP+500
L真グレートとほぼ同じだが、10段階改造でHPにボーナスが付くためボーナスだけなら上位互換。ただしHPが+500されても真グレートよりHPは低い。

機体BGM[編集]

「FIRE WARS」

対決・名場面[編集]

必殺!! 超高速グレート・ブースター!!
OVA2話より。あしゅら男爵アフロダイA弓さやかを人質にされ手が出せない甲児達。無人となったマジンカイザーは鎖で縛られ、奪い去られそうになったその時、炎ジュンの遠隔操作するグレートブースターが鎖を引きちぎる。そのままパイルダー・オンし逆襲に移るカイザー。グレートはブースターに飛び乗るとアフロダイを捕らえたジェノサイダーF9に勢いのまま渾身のパンチを叩き込み、ブレストバーンでトドメを刺す。
しかし直後に別の機械獣の攻撃からマジンカイザーを庇ったことで試作型グレートは大破、鉄也も重傷を負い戦線離脱することになってしまった。

関連機体[編集]

グレートマジンガー
オリジナル機。
マジンガーZ
兄弟機。
ビューナスA(ジュン機)
パートナー機。