ロケットパンチ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロケットパンチは、ロボット兵器の武装の一種。

概要 [編集 | ソースを編集]

マジンガーZ』の主役メカ・マジンガーZの搭載武装のひとつで、拳骨に固めた拳を前腕部パーツごと撃ち出し敵にぶつけて攻撃するというプロセスが最大の特徴。

オープニング主題歌でも「飛ばせ鉄拳 ロケットパンチ」と謳われるように同ロボットの代名詞とも言える武装である。

ロケットパンチが提唱したロボット兵器の武装における「拳または拳を含めた前腕部パーツを撃ち出す」というコンセプトは後続のロボットアニメ作品群にも多大な影響を与え、様々なバリエーションが生まれていった。

装備機体[編集 | ソースを編集]

マジンガーシリーズ[編集 | ソースを編集]

マジンガーZ
東映版は当初から実装されているロケットパンチに加え、敵機の破壊と切断を兼ね備えたアイアンカッター、対ジェイサーJ1用に右腕1発分のみ制作された強化型ロケットパンチ、遠心力を加えて射出する大車輪ロケットパンチと豊富なバリエーションを生み出した。
INFINITY』版では世界中の力を集めた渾身の一撃、超光子力ロケットパンチを放っている。
あしゅらマジンガー
マジンガーZ (真マジンガー)
通常のロケットパンチの他、ロケットパンチの定義(ロボット本体から射出される拳)には当てはまらないものの、「ロケットパンチ」の名を冠するロケットパンチ百連発や、マジンガー自体が拳状に変形したゴッドスクランダ-に収納されて突撃するビッグバンパンチといった独自のバリエーションが登場している。
グレートマジンガー
通常時でもロケットパンチの4倍の破壊力を誇る回転式ロケットパンチアトミックパンチを備えていたが、戦局の激化を見越しより強力なドリルプレッシャーパンチが開発された。
なおパイロットの剣鉄也の愛用バイクにも小型ロケットパンチが搭載されており、岩石を破砕する威力を誇る。
グレートマジンガー (試作型)
量産型グレートマジンガー
ブラック・グレート
グレンダイザー
厳密には完全宇宙製であり、マジンガーではない。スクリュークラッシャーパンチを搭載している。
マジンカイザーグレートマジンカイザー
ターボスマッシャーパンチが該当。
マジンカイザーSKL
トルネードクラッシャーパンチが該当。ウイングクロス前から使用可能。
マジンエンペラーG
グレートスマッシャーパンチが該当。
マジンガーZERO
アイアンカッターが該当。マジンガーZの同名武器よりもカッター部が遥かに巨大化している。
ミネルバX
エネルガーZ
アイアンカイザー
スマッシャーパンチが該当。
ボスボロット
ボロットプレッシャーパンチが該当。所詮はスクラップロボのため威力がないばかりかロケットパンチを使うと腕の発射口も壊れる。

他作品[編集 | ソースを編集]

鋼鉄ジーグ(磁偉倶)
ロケットパンチ同様に前腕部から切り離すダイナマイトパンチ、手首のみを射出するナックルボンバーの2タイプがある。
鋼鉄ジーグ (新)
磁偉倶同様のナックルボンバーが該当。
ゲッター號
拳部分を発射するナックルボンバーが該当。
ネオゲッター1
拳部分を発射するチェーンナックルが該当。名が示すように鎖による有線式。
ガイキング
前腕部を射出するカウンターパンチが該当。強化型では腕周りが太くなったことで破壊力も向上している。
ガイキング (LOD)
前腕部を射出するパンチャーグラインドが該当するが、この手の武器にしては珍しく、撃った後は操作できないため自力での回収なり、仲間に拾ってもらうなりが必要。
ライキング
前腕部を射出するカウンターパンチが該当。純粋な威力は劣るものの、射出後も操作可能で、内蔵武器デスパーサイトの砲台にもなれる。
ガイキング・ザ・グレート
ライキングのパーツ部分である前腕部を射出するギガパンチャーグラインドが該当。操作方法が腕のタービンに変化している。
ザンボット3
拳部分を発射するアームパンチが該当。SRWではザンボットグラップなどの近接武器も有射程武器な作品が多く、影は薄め。
ダルタニアス
前腕部を射出するダブルナックルが該当するが、ジャイロスピンナー用のブレードを展開する事でグレンダイザーのスクリュークラッシャーパンチのような攻撃法も可能。
ゴライオン
拳や爪先に相当する4つのライオンヘッドを発射する必殺技フォーライオンアタック・100トンパンチが該当。
ダンガイオー
前腕部を撃ち出すブーストナックルが該当。派生技として組んだ両腕を撃ち出すスパイラルナックルがある。
GR2
作中では武装名は呼ばれていないが、SRWではロケットパンチ扱い。
余談だが特撮版『ジャイアント・ロボ』のGR2も同様の武器を装備している。
マスターガンダム
ディスタントクラッシャーが該当。ビーム式ワイヤーによる有線式。
エステバリス
前腕部を撃ち出すワイヤード・フィストが該当。有線式で、ワイヤーで相手を捕獲し引き寄せるという用途も。
ジンシリーズ
ゲキガンパンチを持つゲキ・ガンガー3をモチーフとした機体群で、武装もそれに似せたものが多い。武装名はロケットパンチだが、モチーフ元であるゲキガンパンチの名前で呼ばれる事も。
ガオガイガー
前腕部を射出するブロウクンマグナムが該当。前腕部と手首が逆回転する為、破壊力が増している。
EI-15
上記のガオガイガーや勇者ロボの予備パーツを取り込んだゾンダーロボゾンダーマグナムが該当するが、ブロウクンマグナムと異なり前腕部と手首が同じ方向に回転する。
スターガオガイガーガオファイガーガオガイゴー
ブロウクンファントムが該当。ブロウクンマグナムにファントムリングを重ねて射出する。
ジェネシックガオガイガーファイナル・ガオガイガー
ブロウクンマグナムが該当。ガオガイガー時とは異なり手首のみを射出する。
カプル (コレン機)
通常の腕の上に、ウォドムの右手を改造したロケットパンチを装備しており、ロケットパンチ部分のみを射出する。
ゴッドグラヴィオン / ゴッドΣグラヴィオン
グラヴィトンプレッシャーパンチグラヴィトントルネードパンチが該当。
ソルグラヴィオン / ソルΣグラヴィオン
ソルグラヴィトンクラッシャーパンチソルグラヴィトンスパイラルクラッシャーパンチが該当。
アンダーゴレーム
リモートフィストが該当。有線式であるがワイヤーを切り離して無線での操作も可能。
ゼーガペイン・アルティール
舞浜シャイニングオーシャンパンチが該当。自爆機能であるバニッシュメントモードを左腕だけ適用して射出する。
カンゼンゴーカイオー
巨大な左拳を発射する必殺技ゴーカイカンゼンバーストが該当。歴代『スーパー戦隊シリーズ』を含めた実写作品でもロケットパンチ系の武器を持つロボットは少なくない[1]
ヘラス
アルドノアドライブ能力により、6本の腕を発射可能。機体自体を変形して「ロケットパンチ」とすることもできる。
サガ・ザ・グレート7
サガの怒りが該当。参戦に当たって設定が作られただけあって、武装がマジンガーZのパロディになっている。
パックマンロボ
両腕に搭載。SRWでは89式超豪拳名義で実装、同武装演出のラストで射出する。後述する『超合金』ブランドの玩具がデザイン元であるが故に実装されており、玩具ではパックマンの敵キャラクターであるゴーストを代わりに腕に搭載し、射出することも可能。

バンプレストオリジナル[編集 | ソースを編集]

ノルス / ノルス・レイ
ブラス・ナックル」が該当。『旧シリーズ』からある武器だが、初期はロケットパンチ系には見えない演出だった。
グルンガストシリーズ
前腕部を撃ち出す「ブーストナックル」が該当。グルンガスト参式(の強化型スレードゲルミル)のみ強化版「ドリルブーストナックル」がある。
ソウルゲイン / ツヴァイザーゲイン
ソウルゲインは「玄武剛弾」および強化版の「玄武金剛弾」、上位機種のツヴァイは「残影玄武弾」が該当。
龍虎王 / 虎龍王
グルンガスト参式を取り込んだため、ブーストナックルの機構を使い射出する。
ダイゼンガー
ダイナミックナックル」が該当。
ガルムレイド / ガルムレイド・ブレイズ
前腕部パーツと肩部パーツ(ガルムレイド)または腕部パーツの一部を展開(ガルムレイド・ブレイズ)させて射出する「ファング・ナックル」が該当。
ガルベルス
両腕部にビームファングを展開して射出する「ダブル・ファング・ナックル」該当。
コンパチブルカイザー / Gコンパチブルカイザー
スパイラルナックル」および「ダブルスパイラルナックル」が該当。
グランティード・ドラコデウスOGMD
ドラコ・ナックル」が該当。バシレウスと合体する前のグランティードにも同様の兵装(名称不明)が存在する。
リ・ブラスタR
リープ・マグナックル」が該当。
アシェン・ブレイデル
有線式の「ゲンブ・スパイク」が該当。ワイヤーの巻き上げ速度が異様に速く、両腕を高速で交互に射出する事ができる。

類似武器[編集 | ソースを編集]

有線式メガ粒子砲
ジオングの武装。本来は飛ばした腕の指からビームを撃つオールレンジ攻撃だが、アクションゲーム系の作品では切り離した腕で直接殴りつける動作が採用されている事がある。
破損した腕パーツの投擲
ダイ・ガードが「ロケットパンチ」名義で行なったアドリブ戦法。Zシリーズにて「パンチ」の地対空アニメ演出として再現されている。
無限拳
ソーラーアクエリオンおよびアクエリオンEVOLの必殺技。拳を飛ばすのではなく、腕を無限に伸ばして相手を撃つ。

SRWでの扱い[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦
アイテムとして登場。

関連項目[編集 | ソースを編集]

武器
必殺武器

余談[編集 | ソースを編集]

  • ロケットパンチは日本国外の作品にも影響を与えており、その一例として2013年に公開されたアメリカ合衆国のSF映画『パシフィック・リム』の主役ロボットであるジプシー・デンジャーの武装「エルボー・ロケット(Elbow Rocket)」が存在する。
    • 同映画を制作したギレルモ・デル・トロ監督は「もしも、マジンガーZが無ければ、私は『パシフィック・リム』を制作していなかった」という趣旨のコメントを残している(DVD版『パシフィック・リム』のオーディオコメンタリーより)。
    • 余談だが、『パシフィック・リム』日本語吹き替え版では武装名が「エルボー・ロケット」から「ロケットパンチ」に変更されている。ちなみに中国語吹き替え版では、「天馬流星拳」なる名称となっている。
      • この措置は、日本語吹き替え版に参加した声優の杉田智和氏(本編の主人公であるローリー・ベケットの吹き替えを担当)によると、当初は日本語吹き替え版の台本でも「エルボー・ロケット」になっていたが、「日本の視聴者にとってはロケットパンチの名称の方が通りが良い」という配給会社の重役の鶴の一声で「ロケットパンチ」に変更されたとの事。
      • また、杉田氏は自身のtwitter上において「(吹き替えの収録)現場でも、『やはりここはロケットパンチだろう!』と盛り上がったのをよく覚えています」と当時を述懐している。
    • なお、ロケットパンチ誕生のいきさつについては原作者の永井豪氏によって度々語られているが、「ボクシング観戦中『リーチが長い方が有利なら、いっそ腕を飛ばせば強力なのでは』と思ったから」「疲れ果てて一歩も動きたくなくなった際に『こんな時、手を切り離して飛ばして戸棚のお菓子を取る事が出来たら』と考えた時に思い付いた」「漫画デビルマン』で敵デーモンのシレーヌが自らの切断された腕を念力で飛ばしてデビルマンにぶつけた攻撃を発展させた」と二転三転しており、いずれが切っ掛けになったかははっきりしていない。
  • 『マジンガーZ』放送当時ポピーから発売された玩具『超合金マジンガーZ』にもロケットパンチのギミックは勿論内蔵されていたが、腕パーツはアイアンカッターを出した状態になっていた。
    • カッターの出ていない腕パーツを同梱した『超合金マジンガーZ(ロケットパンチ版)』なるバリエーションも存在するのだが、そちらは抽選プレゼント景品で、販売はされなかった。
    • 全スーパーロボット大戦電視大百科』での応募者全員プレゼント景品として作られた復刻版では、アイアンカッター付きと無しの両方の腕パーツが同梱されていた。
  • 上記の『超合金マジンガーZ』の玩具が人気を博したあまり、以後『超合金』ブランドでは原作番組の設定に関係なくロケットパンチのギミックが内蔵されるのが慣例となった。
    • タカラなど他社製品も同様。特に有名なのはクローバーから発売されていた初代ガンダムの玩具だろうか。
    • 初音ミクの超合金玩具にもロケットパンチが搭載されている。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 玩具では『鳥人戦隊ジェットマン』のジェットイカロスまでの大半の1号ロボがロケットパンチのギミックを採用していた。