マスターガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マスターガンダム
外国語表記 Master Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

メカニックデザイン カトキハジメ
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
型式番号 GF13-001NHII
頭頂高 16.7 m
本体重量 7.2 t
動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタルハイブリッド多層材
DG細胞
バトルポイント
30.22
速さ
27.86
攻撃力
34.65
守備力
31.52
索敵能力
28.87
適応能力
29.99
総計
183.11
原型機 クーロンガンダム
所属 ネオ・ホンコン
ガンダムファイター 東方不敗マスター・アジア
テンプレートを表示

マスターガンダムは『機動武闘伝Gガンダム』の登場メカ

概要[編集]

第13回ガンダムファイトにおける、東方不敗マスター・アジアの真の乗機(彼の初登場時はクーロンガンダムに搭乗)。

その正体は、デビルガンダム四天王筆頭のガンダムであり、DG細胞の力でクーロンガンダムに擬態していた。

背中のウイングシールドはマントのような装甲に変形させて、首から下を覆った際にはノーマルモードとなり、ウイングシールドを2枚のスタビライザーにすることでアタックモードとなる。ノーマルモードはマント型装甲の効果で高い防御能力を誇り、アタックモードに比べれば、使用可能な技・武装も減るが、マントの一部を展開して片腕を出し、技を繰り出すなどの変幻自在な一面も見せる。アタックモードは機動力が向上し、流派東方不敗の力を最大限に発揮。

また、マスターアジアの愛馬「風雲再起」が駆る同名のモビルホース風雲再起」は「ペデステルモード」(台座形態)への変形機構を備えており、マスターガンダムを乗せる事も出来る。

登場作品と操縦者[編集]

基本的にはボスユニットとして自軍の前に立ちはだかる。高威力の必殺技「ダークネスフィンガー」や「石破天驚拳」はスーパー系も油断できない威力、MAP兵器「超級覇王電影弾」は攻撃範囲が広いため不用意に近づけば大きな被害が出る。

ただし、フラグ次第では原作で死亡する東方不敗が生き残り、本機と共に自軍に加わる事も多い。自軍に加入した場合はゴッドガンダムと同等かそれ以上の能力を持ち、ゴッドガンダムとの合体攻撃も極めて強力。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初登場作品。ノーマル・アタックの両モードが登場。とにかく攻撃は回避しよう。
スーパーロボット大戦F
イベントのみ登場して、以後『F完結編』まで登場はない。
スーパーロボット大戦F完結編
敵の時は2回行動MAPWの組み合わせが特に危険。ギアナ高地での後半戦では、撃破時ファティマを落としてくれるが、デビルガンダムを先に倒すと撤退してしまうのでこちらから倒そう。隠し要素で仲間に出来る。使えるシナリオは少ないが、かなり強い。未改造なので、愛を持って改造しよう。ゴッドガンダムとの差は低燃費かつ武器改造ができる点。また、東方不敗が必中を使える為、運動性が圧倒的なバラン・シュナイルラスボスへの攻撃要員としても使える。
なお、今作はあくまで剣型武器非所持の為か切り払い不可。敵として戦う時は大いに助かるが、を考えると不公平感は否めない。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
序盤で一時的に使用できる。待機時はマントで覆われており、攻撃に移る際にマントが展開する一手間かかった演出の戦闘アニメになっている。
フラグ立ての末第3部で入手が可能。燃費のいいゴッドガンダムといった印象で、飛び抜けた性能ではないものの十分一線で活躍できる。ドモンと共にデビルガンダムを追っている時点で既にマスターガンダムになっているため、DG細胞製ではないと思われる。
ポスターでペルゼイン・リヒカイトと共に何故か主役ロボット達に混ざり、PVではゴッドガンダムと合体攻撃を放つなど、味方になる事が全く隠されていなかった。もっとも、そのためのフラグは斜め上の方法で立つのだが。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
序盤~中盤にかけて敵として登場。パイロットのハイスペックさに加え、武装も高火力の物が揃い、直撃を食らうと装甲を改造したスーパー系ですら一撃で叩き潰されかねないほどの驚異的な攻撃力を誇る。MAP兵器の範囲も広く陣形を組みづらいことや、風雲再起騎乗時は一度倒してもノーマル状態で復活するのも嫌らしい。(それでも手加減をしていて、スーパーモードと石破天驚拳は使用しない)
条件次第では自軍に参入。代わりにダイゴウジ・ガイララァ・スンを仲間にするフラグとの二者択一になる。ディスタントクラッシャーをはじめコストの少ない優秀な武装を擁し、加えて機体性能は敵バージョンのままなので非常に高水準。さらに風雲再起という専用のフライトユニットまで有しているので機体・武装・オプションといずれも欠点が少なく、本作における強ユニットの一角である。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
戦闘アニメがいくつか『MX』から流用されている本作だが、『MX』にマスターガンダムは登場しないので完全新規のアニメ。
基本的にリメイク前と同じで仲間になるのもかなり終盤になっているが、相変わらずパイロット共々条件の厳しさに見合う高性能。東方不敗のエースボーナス「気力限界200」は周回プレイの敵パイロット時にも適用されるので用心すべし。スーパーモードを発動すると武器の消費ENが何故か増えてしまう。
ちなみに合体攻撃版「超級覇王電影弾」「酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ」を使用できるのは『F』以来、実に11年ぶりとなる。PS2並みの戦闘アニメでこれらの技が見られるのは事実上本作のみ。特に「究極石破天驚拳」の戦闘アニメは一見の価値あり。
スーパーロボット大戦R
正確にはマスターガンダムのレプリカ。そのためDG細胞による強化が無いためにHP回復がオミット。DG細胞なしで再現したレプリカ故、本機の性能はオリジナル機に比べるとそこまででもないとはレイン・ミカムラの弁だが、それに答える東方不敗の言葉通り、パイロットの腕で十分な性能を有している。ただし参戦が遅いので撃墜数を稼ぎにくい。
スーパーロボット大戦J
久しぶりに自軍での使用は不可。通常時はマントを覆っているが、十二王方牌大車併など一部の必殺技使用時には折り畳んで背部に回すアクションが入る。他のGガンダムキャラ同様技の演出はド派手。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
基本的に敵だが、スポット参戦で動かすことも出来る他、条件を満たせば第47話「鋼鉄の7人」にて正式加入する。困難ルートに進めば無条件加入。
また、今回は特殊能力を一切持っておらず、全武装がEN消費になっている。基本グラフィックはノーマルモードで、ダークネスショット以外の攻撃時にアタックモードに変形する。
飛行可能で地形適応Aだが、地上マップでは常に陸地に降りている。これは、東方不敗が地形利用を持っているためであると考えられ、森や建物に入り込まれれば、只でさえ高かった耐久が更に大幅に上がってしまう。
初登場時は14話だが、一応リアル系に属しながらノーマルでHP36400と同ステージに出現するスーパー系のZX-01より1万以上高く、上述通り地形利用で位置によっては装甲さえも上回るという相変わらずの化物ぶりを発揮する。しかし、超級覇王電影弾は無いので、過去作のように固まって進軍してまとめて薙ぎ払われるという事は無いのが救い。第30話のイベント時はHP66400と更にとんでもないことになるが、このステータスのマスターガンダムと直接戦うことは無い。
味方としてはEN消費は最強技でも60と本作のGガン系としては軽く、最大改造+カスタムボーナスで440に達するので、EN回復はないもののEセーブL2を付ければ継戦能力は比較的高くなる。加えて東方不敗も極を始めとした専用スキルもそのままで加入するので、雑魚掃除から強敵相手まで何でも行ける、鬼神の如き強さを発揮する。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
地上編に両モードが登場するが、イベントにより倒すことは出来ない。必殺技の再現度は高い。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。またおまけマップではボスとして登場する。
スーパーロボット大戦リンクバトラー
ラスボスであるアマデウスが使用する敵専用ユニット。だが必ずしも使ってくるとは限らないうえ、アマデウスに勝利すると再戦できないため、エンディングでしか見ることなくゲームを終えることも。
スーパーロボット大戦64
今回は敵。スポット参戦で1マップのみ使用できる。それよりも生身の師匠が目立つ。敵としては煩わしいダミーもなく、HPも10000を超える程度、さらには出てきた頃には自軍の気力が充分と思われるので、大して苦戦はしない。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
敵味方両方で登場。
スーパーロボット大戦X-Ω
R・SR・SSRディフェンダー、SSRアタッカー、大器型SSRアタッカーがそれぞれ登場。大器型はグラフィックがハイパーモード状態のものとなっている。
2018年9月のイベント「ぶっちぎり魂が繋いだ宇宙の絆」にてハイパーモード版がΩスキル搭載大器型ファイターで追加。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
東方不敗の戦闘時における姿。ラストダンジョンではウルベ少佐が複製版の機体に乗って現れる。
またアイテム『装備できるカード』としても登場。攻撃補正値と素早さがアップする。
スーパーロボットスピリッツ
中ボスとして登場。ストーリーモード以外では自分で使用することも出来る。シャニングと同様に近距離戦を重視したタイプだが、とにかく手数で圧倒するスタイルを持ち味とする。遠距離も不得手とはいえ画面端まで届くダークネスショットなどでシャイニングよりはそれなりに戦える。超必殺技は「超級覇王電影弾」と「石破天驚拳」。超級覇王電影弾は発生が非常に早く使い勝手がいい。ダークネスフインガーも使用可能。シャイニングのシャイニングフィンガーと相打ちさせると…?なお、隠しカラーとして明鏡止水の金色カラーも用意されている。
リアルロボットレジメント
ランタオ島ステージのボスとして登場。やはり接近戦に強いがマスタークロスのリーチが長いため長距離戦でも油断はできない。OPのCGデモではゴッドガンダムと演舞を行っている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

流派・東方不敗の技の数々を再現しており、通常攻撃ですら他の機体の半端な必殺技に匹敵する力を持つという正真正銘の怪物機体。

格闘系の機体ゆえの射程の短さという構造的限界を突き、アウトレンジ戦を挑まないと余裕で返り討ちにされるだろう。

DG細胞による再生能力も恐ろしいが、偏にこの機体の恐怖は中の人の存在に尽きる。

武装[編集]

ニアクラッシャー
肘から先を伸縮させて相手を貫く手刀。
ディスタントクラッシャー
腕に内蔵しているビーム式ワイヤーで射出するニアクラッシャー。シャイニングガンダムの腹部を貫いた(ただし、パイロットのドモンは脱出していたために仕留められず)。
ダークネスショット
掌に五つ並んだ小口径砲門からダークネスフィンガーのエネルギーを撃つ。
マスタークロス / ビームウイップ(『第2次G』)
流派東方不敗の技で「布」をビーム状にして相手にダメージを与える。相手を撥ね退けたり、雁字搦めにするなどその用途は様々である。
大抵の作品では単にクロスで攻撃するだけだが、『T』ではアタックモードに変形→マスタークロスで薙ぎ払う→ヒット後はクロスの連続攻撃→連続蹴り→叩き付け→上空から東方不敗のカットインを挟んで手刀でトドメの連携攻撃になっている。
「ビームウイップ(鞭)」表記は、番組放送直後の資料の乏しかった時期の名残であり、それ以降の作品ではすべて「マスタークロス」表記で統一されている。

必殺技[編集]

酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ(すいぶ・さいげんこうこデッドリーウェイブ)
流派東方不敗の独特の構えから、左腕・右膝を突き出して相手に体当たりする。
元ネタは放映当時発売されたゲームのオリジナル技「デッドリーウェイブ」。監督がゲームのプレイヤーに対するファンサービスとして本編に逆輸入したというエピソードがある。
また「再現江湖」とはかつて存在した、時期によって位置が変わる湖で、彷徨える湖の別名がある「ロプノール」の事。TV版『機動戦士ガンダム』第16話で塩を得るために探した塩湖の元ネタ、といえばガンダムファンならピンとくるだろう。
十二王方牌大車併(じゅうにおうほうぱいだいしゃへい)
掌を大きく円を描きながら12の梵字(ぼんじ)を出現させ、自らの小型の分身を作成し、相手に攻撃させる。使用後は『帰山笑紅塵(きざんしょうこうじん)』によって分身をマスターガンダム本体に回帰させることで、気の消費を抑えることもできる。一部の作品では大車併の部分が大車輪になっている。「牌」の字が麻雀を連想させ、日本の麻雀にはローカル役としては比較的メジャーな部類の役に「大車輪(二筒から八筒までの筒子を2つずつ面前で揃える役。役満)」が存在するためと推定される。
この表記ミスは『X-Ω』のイベント「モイモイ激動の7日間」にて、ついにセルフネタにされてしまった。モイモイ「前に勉強した時には確かに…!」
ちなみに表記ミスのバージョンで音声収録までしてある。
冗談だが、「十二王方牌」の日本語読みは広東語では侮辱的な下ネタに聞こえる。『Gガンダム』が香港映画のパロディだと考えると、そういう命名由来だろう。
超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)
自ら気のエネルギー渦となって相手に体当たりをかける。最後は空中で蹴りのポージングをし「爆発!」。
単独技、合体攻撃マップ兵器とゲームでの扱いは様々。
ダークネスフィンガー
本機における流派東方不敗のフィンガー系の技。その威力はシャイニングフィンガーをも上回り、爆熱ゴッドフィンガーと同等。マスターの手が手刀であることから、貫手や斬撃としても使用可能。
『T』ではアタックモードに変形→古いフィルムを模したエフェクトが画面全体にかかる中エネルギーを腕に溜める→突進して相手を掴む→掴みながら相手を何度も叩きつけて離して離脱→相手から離れて「爆発!」と叫ぶと共に相手が大爆発をおこす物になっている。
石破天驚拳
流派東方不敗が最終奥義。東方不敗の使用する石破天驚拳は掌に「驚」と文字が刻まれる。
『T』ではランタオ島の最終決戦時の演出がほぼそのまま採用されている。短射程P属性になったゴッドの石破天驚拳に対してこちらの石破天驚拳は旧来のゴッド同様に長射程非P属性だが、東方不敗がヒット&アウェイをデフォルト所持し、突撃も持つのでほとんど不都合を感じさせない。しかもプレッシャーL3に加えてエースボーナスを得れば更に1.1倍補正がかかる為、弟子の天驚拳を軽々上回る威力を発揮する。それでいてEN消費は60と今回のGガン系の必殺技にしては軽い。敵陣に放り込んで連発できるほどではないにしろ、固まって進軍して多少反撃するぐらいなら十分いける。

合体攻撃[編集]

ダブルダークネスフィンガー
SRWオリジナル。ドモン・カッシュゴッドガンダムのゴッドフィンガーとダークネスフィンガーを同時に繰り出す。
A』では「爆熱 究極拳」、『R』では「ダークネスゴッドフィンガー」と表記されている。
石破究極天驚拳 / 究極石破天驚拳
ドモンと和解した師弟同士が放つ究極の石破天驚拳。
F完結編』のイベント技で、初代シャッフルハートが現れる。『A』で初めて合体攻撃として使用可能。『A PORTABLE』では敵を挟み撃ちにして石破天驚拳を打ち込む。以下の説明はゴッドガンダムと同様。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
HP回復
DG細胞で生成されているため自己再生能力を再現されている。『R』ではレプリカであるためDG細胞で生成されていない。
合体
風雲再起に騎乗してマスターガンダム+風雲再起となる。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

HP回復(小)追加
A PORTABLEで採用。DG細胞の自己修復機能を表現したもの。
全ての武器の攻撃力+200。最大EN+100。
Tで採用。
本作のマスターガンダムの武器はすべてEN制なので、最大ENが伸びることの意義は大きい。EセーブLv2とEN回復系の強化パーツを併用すれば、無補給で戦い抜くことも困難ではない。
雑魚戦はマスタークロスの再攻撃だけで十分こなせるので、ボスクラスの前で必殺技のENが切れているような事態はまず回避出来るだろう。

機体BGM[編集]

「燃え上がれ闘志~忌まわしき宿命を越えて~」

対決・名場面[編集]

シャイニングガンダム
新宿とギアナ高地で交戦。明鏡止水による真のスーパーモードとの戦いでは押され、初の敗北を喫する。
ゴッドガンダム
最終バトルロイヤルにおいて、互角の戦いを繰り広げ、石破天驚拳合戦の末、石破天驚ゴッドフィンガーの前に敗北。

関連機体[編集]

クーロンガンダム
本機のDG細胞による変異前の姿。
風雲再起 (モビルホース)
MF、生身ともに愛馬。騎乗してマスターガンダム+風雲再起となる。
グランドマスターガンダム
マスターガンダムの上半身を使っている。
デスマスター
デスアーミーによる擬態。

余談[編集]

商品情報[編集]

  • プラモデル

  • フィギュア他

資料リンク[編集]