2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

レイン・ミカムラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
レイン・ミカムラ
外国語表記 Rain Mikamura
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 天野由梨
デザイン 島本和彦(原案)
逢坂浩司
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオ・ジャパン)
性別
生年月日 未来世紀39年10月3日
星座 天秤座
年齢 20歳
身長 167cm
血液型 A型
所属 ネオ・ジャパン
役職 GFサポートクルー
特技 医療
合気道
メカニック
趣味 茶道
華道
テンプレートを表示

レイン・ミカムラは『機動武闘伝Gガンダム』のヒロイン

概要[編集]

ミカムラ博士の一人娘。ドモン・カッシュの幼馴染みでもあり、それが縁で彼のパートナーとなる。医師であると同時に、メカニックの整備やガンダムの操縦まで出来るスーパーウーマンで、それらを一手に引き受ける苦労人である。責任感が強いが、それが時に彼女に重く圧し掛かる時がある。彼女の強みでもあり弱みともいえる。

護身用として、拳銃、目くらまし機能付きのイヤリング、バリアと通信装置付きのコンパクトを備えている。

ガンダムファイターではないが、デビルガンダム軍団との戦いでは自身もモビルファイターを操縦して戦うこともある。ファイティングスーツは桃色と黒を基調としたハイレグ水着風のものを着用。

我が道を行くドモンとは喧嘩も絶えなかったが、彼に振り回されながらも献身的にサポートし、最終的に深い絆で結ばれたパートナーとなった。しかし、終盤でデビルガンダム事件の真の黒幕がウルベ・イシカワと父であるミカムラ博士だった事が明かされ、大きなショックを受けた彼女は罪悪感からドモンの元を離れてしまう。

そして、本性を露わにしたウルベによりデビルガンダムのコアとして利用された挙句、ドモンを自分の父が不幸な目に合わせた罪の意識による精神の不安定から一時はドモンを拒絶してしまうが、ドモンの一世一代の告白により呪縛から解き放たれ、共にデビルガンダムを倒した。

スパロボでは能力が高くないことが多いが、ライジングガンダムに搭乗し、ほぼ相打ちとはいえ暴走したアレンビー・ビアズリーが乗るウォルターガンダムを倒す腕前の持ち主でもある(尚、他のDG四天王のガンダムヘブンズソードグランドガンダムはそれぞれシャッフル同盟2人がかりで相打ちだった)。更に『GUNDAM EVOLVE 3』では痴話喧嘩から発展したガンダムファイトでドモンのゴッドガンダムに勝利という快挙(暴挙?)を成し遂げ、一部のファンからは最強のガンダムヒロインなのではないかとも囁かれている。

島本和彦によるコミカライズ作品『超級!機動武闘伝Gガンダム』では、基本的なキャラ設定はTV版と同一ながら、「ベタ惚れ」と言っても過言ではない程にドモンへの秘めた想いが強調されている。たまに言動が荒れたり要所要所でギャグを飛ばしたりと、キャラ付けも島本流のアレンジが施されており、何故か「ヨダレを垂らしながら爆睡する」「口に含んでいた飲み物を吹く」という描写が多い。

登場作品と役柄[編集]

ドモンが原作序盤設定の場合は、彼の言動に苦労させられる。作品によってはモビルファイターのパイロットになる。原作通りのライジングガンダムに乗るが、ライジングが登場しない場合はシャイニングガンダムに乗ることになる。ただ、格闘主体のシャイニングガンダムでは格闘の低い彼女とは相性が悪い。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初出演作品。シナリオ「謎の戦士シュバルツ」において、一度だけシャイニングガンダムに乗り込むイベントがある。戦闘に参加するのは、この時のみ。
スーパーロボット大戦F
ニナ・パープルトンと意気投合するイベントがある。また、今回ファイティングスーツ装着のデモが用意され、シャイニングガンダムに乗り込むイベントもある。シャイニングガンダム搭乗時は戦闘力が低いのでさっさと引っ込めたいが、彼女専用のシャイニングフィンガーの台詞も用意されているので戦わせるのも一興。
スーパーロボット大戦F完結編
ライジングガンダムに乗り込むが、途中で抜ける。経験値は与えるともったいないが、アレンビーを説得するイベントをこなすには彼女が必須。最後はウルベによってデビルガンダムのコアにされ、名義も「DGレイン」となる。HPが半分になると自動で石破ラブラブ天驚拳または究極石破天驚拳イベント発生だが、強引に撃墜しても最終的に救助してもらえる。「DGレイン」の時は射撃、反応が驚異的な値を示しており、まともに戦うのは危険。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
今回はドモンがゴッドガンダムに乗りかえた後にシャイニングガンダムに乗り込む。合体攻撃はあるが、レインは明鏡止水技能を持たないので、機体性能を十分発揮出来ない。格闘値は低めだが本作のラブラブ天驚拳は余り射程の長くない非P武器のため彼女の狙撃が活かせる。
なお、第1部終盤でデビルガンダム事件の真相が判明するが、その際は部隊を離れないため、ドモンとシュバルツに謝罪する場面がある(ドモンもシュバルツも「レインのせいではない」と返したが)。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
中盤に一度仲間になるが、すぐに抜ける。終盤ようやく本格的に参戦。システムの為、ドモンより基本的にレベルが高い場合が多い。
スーパーロボット大戦R
序盤からシャッフル同盟の5人や、アレンビーがラウンドナイツに合流するのに対して、彼女が合流するのは中盤から。なお、ドモンによればゴッドガンダムの調整で手が離せないのが原因であるとの事。中盤では、ネオホンコンでデュミナス一派にDG細胞を植え付けられた事により、デビルガンダムの生体ユニットにされるものの、何とか脱走しネオホンコンにいた東方不敗を保護したという設定。
今回はライジングガンダムが登場しないため、シャイニングガンダムの固定パイロット。二軍確定な低い能力値だが、本作から精神コマンドのが攻撃的な性能になったため、ドモンと組めばボス戦もこなせる。この作品に限り、何故かスーパーモード限定のシャイニングフィンガーソードも使用可能。
スーパーロボット大戦J
後半、何の脈絡もなくランタオ島で仲間になる。そして、いきなりラブラブ天驚拳を使える。ちなみに今回はラブラブゴッドフィンガーもある。スタッフに愛されているのか、衣装が極めて多く、普段の顔グラフィックのジャケットから通常GFスーツ(ラブラブゴッドフィンガーカットイン)、弓道着(ライジングアローカットイン)、ドモンのマントを羽織っただけ(石破ラブラブ天驚拳カットイン)と実に四つの衣装に器用に着替えている。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
地上編第28話「デンジャラス・アレンビー」で選択肢1を選んでいると、第33話「ランタオ島の秘密」からライジングガンダム共々味方として使用可能となる。幸運補給復活奇跡と役に立つ精神コマンドを覚えてくれる。奇跡を現実的なレベルで覚える数少ないキャラだが、使用可能にするには残り数話で幸運でネームドパイロットを全て撃墜していく勢いで育てる必要がある。
ライジングガンダム登場以前からパイロットとして登録され、乗り換え出来ないためにレベル15のままだが、特訓でもしたのかライジングガンダムに乗る時はいつのまにかレベル35にまで上がっている。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
原作通りだが今回は取り込まれない。アストナージらと共に、メカニックに従事する場面もある。原作終了後でもないのに石破ラブラブ天驚拳が使える。
スーパーロボット大戦MX
中盤前に参戦。ドモンとの間に合体攻撃・石破ラブラブ天驚拳を持つ。本来は2機で協力して出す技ではなく、ゴッドガンダムに同乗したドモンとレインが2人で出す技。
ゲーム中では原作が終了しているので、デビルガンダムも一度倒した事がある。つまり、石破ラブラブ天驚拳を使うのはこれで2回目。
この技の攻撃力は高いが追加されるのが遅く、それ以外の長所に乏しい為、レギュラーにするには愛が必要かと思われる。精神コマンドは粒揃いなだけに残念。
スーパーロボット大戦Operation Extend
デビルガンダム事件後にドモンと結婚したのだが、当のドモンは新婚生活をほったらかしにしてDG細胞を追っている。EDではひまりと意気投合してドモン達の休暇をダブルデートで使い潰すつもりでいるらしいことがドモンの口から語られる(が、レインをほったらかしにした穴埋めに悩んでいたドモンとしてはレインを喜ばすことができて渡りに船だった模様)。
スーパーロボット大戦X-Ω
シャイニングガンダムに搭乗している。後に、ドモンとゴッドガンダムに同乗した最終決戦版が実装された。こちらでは石破ラブラブ天驚拳を使用することができる。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
ライジングガンダムに乗り仲間に加わるが、ウルベに連れ去られデビルガンダムに組み込まれる。ラストダンジョンで救出されるが、パーティキャラには復帰しない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

全体的に低めだが、射撃・命中は高い傾向にある。その為シャイニングに乗ると辛い場合が多い。

精神コマンド[編集]

原作で見せた、必殺技の名前にも含まれる必中の他には、補給激励といったサポート系の精神を中心に覚える。当初は自身の気力を上げる術に乏しく、ドモンとの合体攻撃の使用には彼女の気力確保が課題だったが、愛が気合を含む複合精神となった『R』以降はいくらか状況が改善されている。

第2次G
幸運根性熱血集中必中
集中幸運補給復活奇跡
FF完結編
必中激励熱血補給
リンクバトラー
必中激励補給熱血祈り
64
必中激励熱血補給祈り
IMPACT
必中狙撃ひらめき熱血再動
MX
信頼必中応援狙撃補給
AA PORTABLE
必中激励献身熱血補給
RJ
必中激励献身熱血補給

特殊技能(特殊スキル)[編集]

FF完結編64
シールド防御L4
IMPACT
逆切れ援護攻撃L4、援護防御L4
MXMX PORTABLE
切り払いL4、シールド防御L6、援護攻撃L3、援護防御L3
A
切り払いL4
A PORTABLE
切り払いL4、ガンファイトL4
R
防御L4、援護攻撃L2、援護防御L3
J
斬り払いシールド防御ヒット&アウェイ援護攻撃L3、援護防御L3、コンボL3
シールド防御L2

パイロットBGM[編集]

「FLYING IN THE SKY」
64』『F』で使用。
「燃え上がれ闘志~忌まわしき宿命を越えて」
MX』で使用。

人間関係[編集]

ドモン・カッシュ
幼馴染。ガンダムファイトにおけるパートナー。ラストシーンの告白は、あの宙域にいた人物全員に聞かれていたらしい。
ミカムラ博士
実父。シャイニングガンダムの開発者。
アレンビー・ビアズリー
ネオ・スウェーデンのガンダムファイター。彼女の登場でドモンとの間に微妙な三角関係が出来上がる。
キョウジ・カッシュ
ドモンの兄。家族ぐるみの付き合いだったことと、シュバルツと話している際、彼の温かみを感じていたことから、親しかったことが伺える。
シュバルツ・ブルーダー
ネオ・ジャパン出奔時に彼のスタッフとして一時的に雇われる。また前述の通り、正体が明らかとなるまで度々彼から、キョウジの温かみを感じていた。
アキノ曹長
スパロボ未登場。ネオ・ジャパンのガンダムファイトスタッフ。一時的にレインに代わりゴッドガンダムの整備を務める。腕は確かなのだが臨時という事もあってドモンの癖を理解しきれておらず、ドモンの動きにゴッドガンダムがついていけないという事になってしまった。(そのおかげでドモンはレインの大事さを身をもって思い知る事になるのだが…)
セイット・ギュゼル
スパロボ未登場。ネオ・トルコの出身。コロニー大学在籍時の同級生で恋人めいた間柄だった。後にガンダムファイターとなりドモンと戦う事に。アニメではシャッフルの紋章によって無事に元に戻るが、『超級!機動武闘伝Gガンダム』ではドモンにレインを託して、機体諸共爆散してしまった。
スギハラ少尉
小説版で登場。昔の恋人だった。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

シャア・アズナブル
IMPACT』ではレウルーラが出張ってきた事で追い詰められた感の有るシャアに停戦を呼びかけるが、強固な彼の意思を変える事は出来なかった。
アストナージ・メドッソ
64』では共にメカニックに従事する。
フォウ・ムラサメ
A』では、香港で救出した彼女をイネスと共に看病した。
ジュドー・アーシタ
MX』のEDでは彼からの依頼で、ΖΖ及びΖをワーカー仕様へと再調整した。
エマリー・オンス
『MX』ではかつての『デビルガンダム事件』の際にドモンの告白を受けたレインの事を羨ましく思っていた。ちなみに件の告白シーンは、軍の記録映像として保存されているらしい。
コウ・ウラキ
『A』では彼とそれぞれのガンダムについて語る場面がある。モビルファイターの量産を提案するコウに、コストや整備の問題でそれは不可能だと告げた。

リアル系[編集]

ミスマル・ユリカ
MX』では演算ユニットのコアと化した彼女の状態を見て、「デビルガンダム事件」に於ける自らの経験と酷似している事から、救出の可能性を示唆する。
イネス・フレサンジュ
A』では、香港カミーユが救出したフォウを看病した。

スーパー系[編集]

破嵐万丈
A』では、地上部隊の拠点となるシン・ザ・シティにある彼の家に招かれる。なお、彼の父である破嵐創造の事も以前から知っていたようである。
流竜馬
F』では旧知の間柄。
葉月考太郎
IMPACT』では、彼が指揮するガンドール隊に協力。なお、彼が父のミカムラ博士と交流があったようで、幼少時の頃から面識があった。
エリス・ウィラメット
MX』ではアクアと共に、彼女のデータウェポン解析作業をフォローする。ラゴウウィルスに侵されたレオユニコーンのプログラム修復作業にも奔走。
アミマミ
『X-Ω』の期間限定イベント「想いを紡ぎ繋ぐ少女達」では彼女達の心身のケアを行っている。

バンプレストオリジナル[編集]

セレイン・メネス
アクア・ケントルム
MX』では友人同士。かつてのドモン同様に無愛想なパートナーであるヒューゴの応対に苦労する彼女に色々と相談に乗った。

名台詞[編集]

「ドモンのバカ!もう……絶交よ!!」
ドモンの勝手な行動に憤り、序盤で度々言っていた台詞。上述のとおり、関係が親密になるにつれ言わなくなるが、当時リリースされたLD・VHSのCMで「買ってくれないと、絶交しちゃうから!!」と久々に披露した。
「キ…キツイ…!」[1]
第13話より。デスアーミーの襲撃時にファイティングスーツを初めて着用した際の台詞。ファイティングスーツの着用にかかる負担は鍛え上げられた武道家でも苦しいものがあり、武道を嗜んでいながらもガンダムファイターではないレインにはファイティングスーツの着用の負担は通常よりも大きく、両手の指を着用し終えないままだったことから、這いつくばってしまい、その状態から指の着用を終えるというものだった。
第21話での着用時も第13話と同じだったが、第42話では既に慣れたのか、以前ほどの苦痛は見られなかった(そのためにバンクも変更)。
なお、放映当時そのシーンと台詞の演出のエロさからファンの間では話題となった。スパロボシリーズでは『F』のデモで再現されている。
「私、あなたのパートナーよ…だから一緒に戦うの…!」
同じく第13話より。突如現れたマスターガンダムのダークネスフィンガーにシャイニングガンダムが押し負けそうになった時にドモンから早く脱出するよう命じられた際に発言した台詞。この熱意に打たれたドモンは了承してレインと共に増強したパワーによるシャイニングフィンガーを放ち、マスターガンダムらを撤退させるまでに至った。だがその多大な負担から2人はその後倒れこみ、マスター・アジアが駆けつけた際にレインはドモンにお姫様抱っこをされていた。
この台詞の際のレインの表情にキュンとしたファンもおそらく多いであろう。
「ごめんなさい。 私… 私… 私もあなたを今ほど大切に思った事は無いわ…」
第24話にて、脳波通信機でギアナ高地に残ったドモンに呼びかける際、彼にとってレインが大切な存在であることにも気付き、それを受け止めた上で、訴えかけたときの台詞。これが切っ掛けで現在のドモンとの関係があるといっても過言ではない。
「必殺必中、ラアァァイジング!アロー!」
第44話・45話にて、アレンビー・ビアズリーの乗るウォルターガンダムに向かってライジングアローを放った時の台詞。流石天野氏の熱演も相まって、非常に燃える台詞である。
「いやああっ! こっちへ来ないでぇっ!」
最終話にて、駆け寄ったドモンを拒んだ際の台詞。一応喋れるらしい。ゲームでは回避時の台詞。
「あなたを苦しめてきたのは私の父……そして父の罪は私の罪。ごめんなさいドモン……もう2度と会うことはないわ」
最終話にて、ドモンを避けている理由。幾多の戦いを繰り広げたドモンもレインがデビルガンダムのコアであることを知り、万事休す……が?
「ドモンッ!ごめんなさい、でも、私もう離れない!」
アレンビーやシャッフル同盟、ガンダムファイターの皆から発破をかけられたドモンの、一世一代の告白に応え、彼に抱きついた際の台詞。様々な思いが交差した2人はようやく結ばれた。

迷台詞[編集]

「み、見たのね…?」
第19話より。ドモンにスカートの中を見られた際の台詞。ドモンはこれを見て赤面しバランスを崩す。最終回付近ではもっと凄い姿を晒す結果になるのだが・・・。
「いいえ、私はネオドイツの女…」
ドモンと仲違いし、シュバルツのクルーとして現れた時の台詞。この時はシュバルツのものと同じ覆面で変装している。自分はレインではないと否定するがバレバレである。
「この変態おさげジジイ!!」
ドラマCD「世界高達骨牌拳」にて、ドモン達と映画を見に行った際、画面に現れたマスター・アジアを見たときに発した台詞。この台詞で場内の係員を怒らせることに・・・。ドラマCDとはいえ、マスターのことをそう思っていたのだろうか…。
「え~? な~んだ、勝手にそう名乗ってるだけなの? だったら私は、今日から天空不敗を名乗るわ!」
「世界高達骨牌拳」にて、量産された不敗その1。ちなみにこの台詞は銀幕の中のレインが発したもの。この映画の中では、レインはなんとネオチャイナのガンダムファイターとして出演している。

超級!機動武闘伝Gガンダム[編集]

「キャーじゃないわレインっ うおおーって叫ぶのようおおーって!」
新宿編でドモンにシャイニングガンダムを届けに行く途中でデスアーミーに遭遇してしまい、上記の「きつい…!」のシーン。勇みよく起動したのだが、すでに囲まれている上にどえらい数が襲い掛かってきたため、「うおおーっ」と叫びたかったのだが、結局「キャーッ!」としか叫べていない。ギャグの領域。
「いいこと言う!いいこと言うわマスターは!!」
新宿編で、こっそりドモンとマスターアジアの会話を盗み聞きしていたときに、ドモンに「今はお前の目の前にみえる女子でも大事にしているといい。」や、「こいつめうらやましいやつだ!」と褒められたため嬉しかった模様。上記であるように、この漫画ではレインはドモンにベタ惚れなので。

GUNDAM EVOLVE 3[編集]

「どうしたのもないわよ、ドモン! 何日も何処ぐらいついてたの!?」「このー、浮気者!!」
以上、ガンダムを使った痴話喧嘩より。ここまでは防御に徹していたドモンのほうもレインの攻撃に本気になってしまったらしく、容赦なくゴッドフィンガーをぶっ放すのだがレインはライジングフィンガーでゴッドフィンガーを真っ向から打ち破る
この時は声優がならはしみき氏に変更されているため、後者の台詞からある主婦を連想してしまうかもしれない。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「私のこの手が光ってうなるっ!」
「あなたを倒せと輝き叫ぶっ!」
「行くわよっ!必殺っ!!シャァァァイニング・フィンガァァァッ!!」
レインによるシャイニングフィンガー発動時の雄叫び。

COMPACTシリーズ[編集]

「大丈夫!…ドモンのシャイニングガンダムが、私を守ってくれる!」
IMPACT』第3部銀河決戦篇隠しシナリオ最終話「メビウスの宇宙を越えて」より。アクシズ落下阻止の布陣に加わった際、ガンダムファイターではないレインの身を案じるアレンビーへ気丈に返した台詞。

単発作品[編集]

「泣きなさい。泣きなさいよ!おもいっきり!泣きなさいよ! その涙で、悲しみを洗い流してしまうのよ!ドモン!!」
地上編エンディングより。悲しみを振り切れないドモンに対し、強く訴える。

MXMX PORTABLE

「お互いに何でも言い合えるような関係もいいと思うけど…相手の気持ちを察し、黙って力になってあげるのもパートナーとして大切なことじゃないかしら?」
第20~22話「タイムラグは90秒」より。自分の身体について語ろうとしないヒューゴに対し憤るアクアを諭して。

搭乗機体[編集]

シャイニングガンダム
ドモン不在時に搭乗。劇中ではバルカン砲とビームソードを使用。月刊コミックボンボンの漫画版では一度も搭乗しなかった。その為、ファイティングスーツ姿はライジングに乗り込むまで待つことになる。
ライジングガンダム
終盤で搭乗。
デビルガンダム (最終形態)
ウルベによって新たな生体ユニットとして取り込まれ、結果デビルガンダムを最終形態まで進化させる事になる。

余談[編集]

  • 「名台詞」の項にも登場した、モビルトレースシステムを起動したシーンは非常に色っぽく、ファンの間では語り草である。ブルックリン・ラックフィールドを演じる杉田智和氏もこのシーンがお気に入りらしく、『F』の再現デモを連続再生した事があると、某番組で語っていた。
  • 番組終盤にてデビルガンダムに取り込まれた際、いつの間にか全裸になっていたが、ガンダムエースにて連載された『超級!機動武闘伝Gガンダム』では衣服を破かれ全身が金属化していく過程が描かれている。
  • ガンダムビルドファイターズ』では23話にてレインが女性司会としてカメオ出演している。ただし、声は天野由梨氏ではない。

脚注[編集]


商品情報[編集]

資料リンク[編集]