復活

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

復活は、精神コマンドのひとつ。

概要[編集 | ソースを編集]

撃墜された[1]味方ユニット1機をマップ上に復帰させる効果で、復帰前の修理費は不要になる。撃墜時の機体[2]で出撃時の気力に戻るが、完全回復かつ行動前状態で復帰、というのが主な仕様。なお、復帰位置は基本的に「復活を使用したユニットの隣」となる。

初出は『第4次』だが、効果としては『初代』に登場した「あい」が初出とも言える。

習得者は少ない上に消費SPも非常に多く、そもそも撃墜に修理費以外のデメリットがほとんど無いことや、クイックコンティニュー(=リセットプレイ)によるやり直しが簡単に可能というスパロボの仕様もあるため、通常のプレイでは出番がほぼ無い精神コマンドである。…が、瞬間移動にSPやENなどの全回復と行動回復、味方を多数搭載した母艦ごと部隊の大移動[3]など、特定の味方が意図的に撃墜される(する)などしてフル活用するとバランスブレイカーとなるほどの効果を生み出すことも可能である。

R』で削除されて以降は殆ど採用されていない。

登場作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦(HDリメイク版)
リメイクの際に「あい」から名称が変更された。ヒーロー専用で消費SP5。GB版と同様に撃墜=ユニット消滅なので重要度は高い。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
リメイクの際に新たに追加されているが、味方で習得するのは収録3作品の中で『EX』のシーラベルの二名のみ。しかもベルは事実上習得不可能に近く、シーラも習得後しばらくはSP不足で使用不可能となっている。
スーパーロボット大戦α
消費SP120。出撃時の機体で復活になるが気力は100に固定と、概要の効果から少し変化している。また、EVA各機はケーブル切断かつ最大ENから-50された状態での復活となる。
最後まで残るパイロットで習得するのはシーラと特定誕生日&血液型の主人公。ただし、麗の習得は現実的ではない。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
麗も現実的なLvで習得可能になったが、主人公は習得不可能になってしまった。
スーパーロボット大戦A(GBA版)
主人公がスーパー系の機体を選んだ場合に限り、複数パイロットでの復活、献身自爆を用いた無限SP回復技が可能。
スーパーロボット大戦IMPACT
消費SP80。今作は現実的なレベルで習得するパイロットが多く、ブルーガークィン・マンサを利用すれば自爆持ちとの相乗りが容易に実現するため、終盤は無限SP回復が手軽に可能となる。
無限のフロンティアシリーズ
消費SPは60前後。HPは最大値の50%回復で、SPは回復しない。

関連作品[編集 | ソースを編集]

リアルロボット戦線
消費SP120。

主な使用者[編集 | ソースを編集]

主人公
特定誕生日&血液型で習得するパターンがある。早めに習得することも多い。
シーラ・ラパーナ
多くの作品で習得している。ちなみに対抗馬のエレ再動を習得することが多い。
クリスチーナ・マッケンジー
小説版やスパロボ補正バーニィを殺さずに済んだから習得するのだろうか。
余談だがゲーム『Gジェネレーション』シリーズの関連作品でも蘇生系の技能を持っていたことがある。
明日香麗
が作中で復活したためか習得する。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 自爆」使用による退場も含む。
  2. 例えばガンダム試作3号機ガンダム・ステイメンでしか復帰できない。
  3. 旧シリーズでは「母艦の撃墜」は敗北条件に入っていなかった。