エレ・ハンム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレ・ハンム
外国語表記 Elle Hunm
登場作品 聖戦士ダンバイン
声優 佐々木るん
デザイン 湖川友謙
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 コモン
性別
年齢 13歳
出身 ミの国
所属 ミの国ラウの国
称号 女王
テンプレートを表示

エレ・ハンムは『聖戦士ダンバイン』の登場人物。

概要[編集]

ミの国王・ピネガン王の娘で、ラウの国王・フォイゾン王の孫娘。

平素は世間知らずでマイペースな少女だが、戦いに巻き込まれて成長せざるを得なくなっていく。「霊力」と称される独特のオーラ力を持ち、予言や邪悪なオーラを感知することが出来る。

ミの国がドレイク・ルフトに攻めこまれ、父は戦死してしまい、母と共に祖父のいるラウの国に身を寄せる。その後、山に籠って修行を行っていた。フォイゾン王の死後はラウの国の女王として、巨大戦艦ゴラオンの指揮を執り、反ドレイク側の旗頭として戦う。

地上に出てから地上人トルストール・チェシレンコに想いを寄せたが、彼の死に泣き暮らし、マーベル・フローズンキーン・キッスに諭される。以後、激しくなる戦いの中で女王として、悪しきオーラを排除する者として、立派に役目を果たしていった。

最終決戦では、黒騎士の悪しきオーラを命懸けで吸収し、そのハイパー化を阻止した。ショウ達には「リムル・ルフトに母親殺しをさせないように」と言い残して力尽き、13歳という若さで死亡した。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
初登場作品。隠し要素でルート分岐によってマサキの章もしくはリューネの章に登場する。2回行動が早く、友情などの回復系の精神コマンドが重宝する。
第4次スーパーロボット大戦S
隠し要素シーラ妖精2人付き)&グラン・ガラン(とガラリア)との二択になる。エレを仲間にした場合、ニーキーン、(条件次第で)リムルが仲間になる。
しかし、いずれも聖戦士ではないので、利点はリムルが持ってくるライネックくらいしかないのが痛い…と思いきや、エレ自身もサポート役として優秀な上、搭乗するゴラオンのマップ兵器を使って、彼女自身および同乗する妖精の大幅なレベルアップを狙う事ができる。故に、チャムに「奇跡」を習得させたいならばエレを仲間にする方が良い。
スーパーロボット大戦F
声が入った。エイブ艦長との掛け合いも見れる。
本作からシーラと共に仲間になる。シーラより先に仲間にすると、分岐次第で追加の高難度マップに挑戦することができる。入手できる強化パーツ等の点から見返りは大きいが、難関も1つ増える
加入当時は精神コマンド信頼のみであり、ゴラオンの足が遅い事等から運用は多少の辛抱が要るが、レベル26で必中を覚えた後からは大きく化けるチャム・ファウを同乗させれば、幸運をかけたオーラノバ砲で荒稼ぎする事も出来る。激励も覚えるのだが、シーラと違って習得が遅いのが痛い。
スーパーロボット大戦F完結編
必中マップ兵器による広範囲攻撃&激励やみがわり再動といった豊富なサポート手段を兼ね備えた名指揮官。終盤での活躍次第では2回行動すら習得できる。ソロシップヱクセリヲンが加わってもなお、母艦出撃枠においてはオールマイティーを体現した存在である。オーラバトラーが宇宙戦を苦手とする事から、ショウよりはエレにチャムを同乗させる方が適切な場合が多いのも追い風。しかしエレ自身も宇宙適応が良好でない為、攻撃力や耐久力に過信は禁物。また、シーラにも言える事だがDCルートを選んだ場合は、その出撃機会の多くをブライトタシロ艦長に取られてしまうので、その能力を活かす機会が少ない。逆にポセイダルルートを進むのであれば、是非加入当初から育てておきたい。
シナリオ「ハイパー・ジェリル」では非常によく喋る上にゲーム上ではこの通りの高スペックぶりなので、結果的にシーラより目立っているかもしれない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
レベル32の必中を覚えるまではきついが、レアな精神コマンド大激励」を覚える為、ちゃんと育てると非常に役に立つ。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
第3部で地上に出てしばらく自軍ユニットとして使えるが、宇宙へ行けず終盤離脱する。
ステータス設定が手抜きなのか、格闘と射撃が145、他が100という本作品の一部のユニットに見られる能力値となっている。
スーパーロボット大戦COMPACT3

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
原作終了後であるため登場はしないが、竜宮島灯籠流しの際、ショウが会話で軽く触れている。
スーパーロボット大戦BX
『F』以来音声が新規収録されている。本作における「ミス一番星コンテスト」にはトルストールの為だけに出場している

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
ゲア・ガリングデストロイガンダムによるヨーロッパでの虐殺を阻止する為に、原作通りゴラオンゲア・ガリング特攻させて命を落とす。
なお、エレの戦死後に行われたギルバート・デュランダルの演説では、ザフトが撃退した事にすり替えられてしまい、Aフォースのメンバーは自らの命と引き換えに人々を救ったエレの自己犠牲的行為を踏みにじったデュランダルに怒りを向けた。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
シーラとの二択。選ばなかった場合はスポット参戦をするが、条件次第で原作再現で黒騎士ハイパー化を阻止して死亡してしまう。
ただし、このイベントが発生した後でショウのハイパー化阻止イベントを発生させると会話に参加するほか、仲間にした場合で発生させると、特に理由もなく復活する。ゴラオンが戦闘不能になっただけだったのだろうか。双方とも一長一短なので、最終的には好みの差か。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
原作同様にルーザを殺そうとするリムルを止めた後、ゴラオンをゲア・ガリングに特攻させて戦死する。
スーパーロボット大戦X-Ω
ゴラオンの艦長。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

再動が登場する作品では、ほぼ必修となっている。

EX
根性加速友情信頼威圧
EX(PS版)
根性加速友情信頼集中再動
第4次S
加速偵察探索集中信頼再動
FF完結編64
信頼必中激励みがわり再動
α
偵察信頼加速幸運必中大激励
IMPACT
信頼ひらめき激励幸運突撃再動
BX
集中ひらめき突撃感応

特殊技能(特殊スキル)[編集]

IMPACT
予知能力統率L3、援護攻撃L4
BX
底力L8、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L1、指揮L3

艦長スキル[編集]

皇女の誇り
SR。自軍エリア内にいる味方のクリティカル率アップ。

パイロットBGM[編集]

「ダンバイン とぶ」
オープニング主題歌。

人間関係[編集]

フォイゾン・ゴウ
SRW未登場。ラウの国の国王。エレの祖父。
娘であるパットフット(エレの母親)がミの国の王ピネガン・ハンムの元へ駆け落ちした件と、戦時中であった為に温かな待遇はできなかったが、内心では互いを思いやっている。
フォイゾン王がジェリルによって討たれた後、エレはラウの国の女王として跡を継ぐ事となった。
ピネガン・ハンム
SRW未登場。ミの国の国王でエレの父親。王妃パットフットとは駆落ちだった。エレは父親が死ぬ事を予知し、避難する前に泣いてしまった。
エイブ・タマリ
ラウの国の忠臣。ゴラオンの艦長で、フォイゾンの死後、女王となったエレをサポートした。
ショウ・ザマ
彼ら地上人がコモンと全然変わらないように見える事に、「珍しくない事が珍しい」と感想を抱いた。
ジェリル・クチビ
祖父を彼女に殺されたり、彼女の部下に母親を殺されたり、その増大するオーラ力の脅威を予言したりと、因縁は比較的深い。
トルストール・チェシレンコ
ソ連の青年将校。エレが恋した相手だったが、死に別れてしまう。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

ブライト・ノア
F完結編』では、オーラ・ロードが開いた事で地上にドレイク軍も出てきた事により、彼等の野望を阻止するべく彼の指揮するロンド・ベル隊に同行し協力する。
ザビ家ギレン・ザビキシリア・ザビドズル・ザビ
『F完結編』では、DCの拠点であるアクシズから、死んだはずの彼らの発する肥大化した悪意を霊力による予知で感じ取っていた。
カミーユ・ビダン
『F完結編』では、ティターンズのクーデターを阻止するべく、ブリュッセルの古城に幽閉されたトレーズ准将を救出するべく、小隊指揮官として彼を同行させゴラオンで送る。
また、『64』では後述の台詞で覚悟の在り方を語った際に、彼から理解され礼を言う。
ファ・ユイリィ
『F完結編』では、ティターンズのクーデターを阻止するべく、ブリュッセルの古城に幽閉されたトレーズ准将を救出するべく、小隊の一員として彼女を同行させゴラオンで送る。

アナザーガンダムシリーズ[編集]

ヒイロ・ユイデュオ・マックスウェルトロワ・バートン
『F完結編』では、ティターンズのクーデターを阻止するべく、ブリュッセルの古城に幽閉されたトレーズ准将を救出するべく、小隊の一員として彼らを同行させゴラオンで送る。
カトル・ラバーバ・ウィナー
『F完結編』では序盤の説得できるステージで、霊力による予知で敵として現れた彼の心から迷いを感じ取っていた。
また、中盤のティターンズのクーデターを阻止するべく、ブリュッセルの古城に幽閉されたトレーズ准将を救出するステージ、小隊の一員として彼を同行させゴラオンで送る。
トレーズ・クシュリナーダ
『F完結編』では、ジャミトフ・ハイマン率いるティターンズの野望を食い止めるべく、彼の力を借りるべく彼が幽閉されているブリュッセルの古城へ、カミーユ率いる小隊メンバーを連れて向かう。

SDガンダムシリーズ[編集]

騎士ガンダム
『BX』ではズワウスに鎧を破壊された彼の新しい鎧を鍛え直すため、オーラマシンの鍛錬設備をメカニック達に提供した。
また強すぎる正義感のあまり自己犠牲を厭わぬ彼を後述する台詞で諌めた。

リアル系[編集]

ダバ・マイロード
『F完結編』のトレーズ救出シナリオでは、ヒイロを仲間にしていない場合はガンダムW勢の代わりにゴラオンに乗り込む。
アズベス
BX』では彼の死を予言した。

スーパー系[編集]

流竜馬
αDC)』ではジュピトリアンによる民間人虐殺を知って焦燥感に駆られ、「自分達ゴラオン隊も宇宙に向かうべき」と主張する彼をミサトと共に説き伏せ、任務続行を促す。
SC2』では、エレがビショットの虐殺を止めるために特攻したことに悲しみを隠せなかった。
碇シンジ
α』では第14使徒ゼルエルとの戦闘において、シンクロ率が400%に達してエヴァ初号機に取り込まれたシンジに対して精神世界にて、後述の台詞で彼を激励するように語りかけた。
赤木リツコ
『F完結編』では、エレ自身の霊力による予知能力を「非論理的」と評されてしまい、信じてもらえなかった。
銀鈴
『α』ではお互いにスタイルの良さを認め合う。
飛影
IMPACT』では「白いマシン」という形容を用いて、彼(?)がバイストン・ウェルに現れる事を予知していた。
氷竜炎竜風龍雷龍ボルフォッグゴルディーマーグマイク・サウンダース13世
BX』では地上界への浮上後、復活した彼等と共に自軍部隊に合流する。

バンプレストオリジナル [編集]

主人公(F)
『F完結編』のトレーズ救出シナリオでは、ヒイロを仲間にしていない場合はガンダムW勢の代わりにゴラオンに乗り込む。

名台詞[編集]

「あっ…いえ。あまりにも私達と同じでございますから、珍しくないのが珍しいのです。」
第11話「キロン城攻防」より、地上人のショウ達と初めて出会った時の台詞。一体、どんなものを想像していたのか…。
「私は、お別れのときに泣いてしまいましたから…もう泣きません」
父ピネガン王の死を伝えられての言葉。
「正面から…前から黒い恐ろしいものが来ます。」
「悪意です。何か酷く、悪意を持ったものです。」
霊力という名のオーラ力はセンサーなどより遥かに優れた感知能力を彼女に与えている。戦闘を楽しむジェリルをエレは黒い恐ろしいものと例えた。
「でも、私には見えてしまうのです…。」
第29話にて。フォイゾン王の配下の騎士がタータラ城を捨てオーラシップで後退する案を拒否し騎士としての最後を迎えようとするのだが、エレは彼らが城に残って死ぬ未来を予知してしまう。
「はっ…お爺様…?」
祖父であるフォイゾン王の死を予知した際のセリフ。
「フォイゾン王が亡くなっても、ラウの国は…ラウの国は本当に残るでしょうか?」
ゴラオンのオーラノバ砲でウィル・ウィプスを撤退させる事に成功するも、ラウの国は王が死ぬという大打撃を負ってしまった。この前までは隠居生活だったのにラウの国の王とゴラオンの指揮を同時にやる事になり、不安になるエレだったが、キーン達の励ましを受け新しき王として立ち上がる。
「あの軍人は人身御供か…」
第35話にて。まだ交渉中のゴラオンごと核弾頭ミサイルを撃ち込まれ、それでも上層部にまだ待ってくれと頼み続けるトルストールを見ながら。例え仲間に裏切られようとも和平の道を諦めない誠実な彼の人柄に次第に惹かれていくが…
エレ「オーラマシンというものは、力こそ与えてくれても生き死にはしません。決して尊くはならないのです」
マーベル「生き死にはしない…?」
ショウ「なら、その力を使って悪を為す者は…」
エレ「地獄の使者、カ・オスに他なりません。光に当てて、滅ぼさねばなりません」
第35話のラストで。黒騎士の持つ悪意のオーラに触れ、「オーラマシンの力に取り付かれた者は打倒しなければならない」と改めて決意するが、トルストールと死別した衝撃もまた大きく、次話で彼を想い泣き暮らす事となる。
ちなみに「カ・オス」については、上記の場面と第47話におけるドレイクの台詞でしか触れられず、『聖戦士ダンバイン』本編では詳細は分からない。
「トルストール…私は女王をやります!」
トルストールの死に引き籠っていた所をマーベルキーンに叱咤され、奮起した。
オーラバトラーと…赤い…赤い髪の女が…力が強く、危険な力を…」
オーラ力の上がったジェリルを予知した時の台詞。『F完結編』、『α』ではDVE
「命をかけてはいけません! 世界を救うまでは、死ぬのは無責任です」
「命をかける」と言った兵士達に掛けた言葉。『64』において少々アレンジされて使われている。
BX』では「私の生命で世界が平和になるのなら、何も惜しくは無い」と言った騎士ガンダムを諌める為に使われる。また、トルストールが生存した場合、命からがらに生還した彼に涙ながらに語っている。
エレ「その男、この世界から去れ!」
エレ「下がれ、お前の拡散するオーラ力は私が全て引き受ける。下がれ、消滅せよ!!」
黒騎士「何?今何と言った!?」
エレ「失せろと申しておる。悪しき、オーラ力の持ち主!!」
第48話「クロス・ファイト」より。ゴラオンごとハイパーガラバに突っ込み、黒騎士のオーラ力を阻止する。だが、その代償としてエレは致命傷を負う…。
リムルに、親殺しを、させては、なりません…」
最期にリムルを止めるよう言い残し、エレは黒騎士の悪意を道連れに倒れた。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「私は気にしていませんわ。帰りを待ってくれている人がいる…いいことではありませんか」
αDC)』(ゴラオン隊ルート)第43話「静止した闇の中で」にて極東基地へと立ち寄った際、人目を憚らず抱きついてくるビューティのはしたなさに狼狽する万丈へ発した一言。女王から気遣われた事で、流石の万丈も少々バツが悪くなる。
「そうです…悩みを抱えているのはあなただけではありません…」
「だから…私達はお互いに助け合って生きているのです…」
「それに、私達はあなたを必要としています…EVA初号機のパイロットとしてのあなたではなく、一人の人間としてのあなたを」
『α(DC)』第47話「男の戰い」より。
第14使徒ゼルエルとの戦闘で、シンクロ率が400%に達した事によりエヴァ初号機に取り込まれたシンジが、自分の存在意義について悩み苦しみ、誰も自分を認めてくれない事についに我慢ならなくなった時に、精神世界で彼を諭した台詞。
やはり、同じような境遇で戦っていかざるを得なかったからこそ、今のシンジに対してどう激励すれば良いのかが分かったのだろう。
ちなみに普段の威厳ある姿から(特に原作未見のプレイヤーから)勘違いされがちだが、シンジの方が歳上である
「死した者の魂は、それがどんな悪党であっても安息の地、バイストン・ウェルに送られねばなりません…それを…」
IMPACT』第3部銀河決戦篇第14話「妖魔の島」より。戦死した巨烈兄弟の魂をも利用するバラオの所業へ、怒りを露わにする。
「命をかけてはなりません。世界に平和をもたらすまでは死ぬことは許されません!」
64』における原作の名台詞のアレンジバージョン。
何時に無い気迫のエレにマーベルを狼狽させ、キツい言葉を口にした事を謝罪するが、カミーユは覚悟のあり方について話したと捉え、直後に礼を言っていた。
「行きなさい、勇者達よ!」
BX』第16話「氷点下での再会」より。原種が寄生した施設ごとオーラ・ノバ砲で原種を倒した際に、この言葉と共に更なる援軍を出す。
それは、東京タワーでの戦いで力を使い果たし、ボロボロに傷ついたはずの勇者ロボ軍団であった。それを見たは仲間達と再び戦える事を喜ぶのだった。
「トルストールが私を見ている…」
『BX』第26話「三つの星が集う時」より。「ミス一番星コンテスト」に出場した理由。一国の女王といえど、好きな異性が気になる年頃の乙女である。
「ふたつの…ふたつの大きな星がぶつかり合う…若々しい星を助けて、ひとつの星は砕け散るでしょう…」
同上。その時の出し物として披露した予言。何気にエレは『機甲界ガリアン』原作での占い師の立ち位置を担っている。
なおこの次の話で別のふたつの大きな星がぶつかり合い、若々しいを助けるために砕け散るため、こちらの事だと思ったプレイヤーも多数いた模様。
「そのようにわめき散らす王を誰が才ある者と認めるでしょうか! クの国の王ビショット・ハッタよ! ナの国の女王シーラ・ラパーナとラウの国の女王エレ・ハンムが討ちます!」」
『BX』第33話「AEU戦線」に於けるビショットとの戦闘前会話。ドレイクから半ば捨て駒扱いされながらも、未だに喚き散らす彼をを一喝する。
エレ「ええ。オーラマシンは地上から消えましたが、マシンが撒いた憎しみのオーラは残っている」
シーラ「放っておけば、人々の心の闇を強める悪しき災厄となる。だから…私達は旅に出ようと思います」
『BX』のエンディングより。オーラマシンを全て処分した後、エレはシーラと共に憎しみのオーラを浄化する旅に出る事を決意した。

搭乗機体[編集]

ゴラオン
ラウの国が極秘で開発させたオーラ・バトル・シップ。エレが指揮官として座乗し、艦長であるエイブが彼女を補佐する。

余談[編集]

  • エレ・ハンムは大きく左右に広がった独特の髪形をしているので、アンソロジーコミック等では二大アフロと並んでネタにされる場面も見受けられた。
    • 第26話では彼女のシャワーシーンがあるのだが、なんとシャワーを浴びてもその独特の髪形は崩れなかった。