2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ガラリア・ニャムヒー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ガラリア・ニャムヒー
外国語表記 Garalia Nyamhee
登場作品 聖戦士ダンバイン
声優 西城美希(TV版)
伊倉一恵(総集編)
安達忍(SRW代役
デザイン 湖川友謙
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 コモン人
性別
年齢 21歳
出身 アの国
所属 アの国(ドレイク軍)
役職 守備隊長
テンプレートを表示

ガラリア・ニャムヒーは『聖戦士ダンバイン』の登場人物。

概要[編集]

アの国騎士の家に生まれ、女性ながらドレイク・ルフトの騎士団の中でも高い地位に就く。

敵前逃亡した騎士の娘として育った経緯から、並外れて強い功名心と闘争心を持ち、自己の目的の為なら手段も選ばない。功を焦りすぎて失敗することが多く、バーン・バニングスやドレイクに疎まれる場面もあった。当初はウィングキャリバー・バラウでバーンらの支援に回っていたが、地上人の技師ゼット・ライトを焚き付け、自分用にチューンしたバストールを駆るようになる。

戦いの中、増幅されたオーラ力によりショウ・ザマと共に地上へと運ばれてしまう。突如東京上空に投げ出されたことで混乱し、たまたま通りがかった大型旅客機を撃墜、さらにはショウとの交戦で放った一弾が新宿副都心を壊滅させ、死者30万人という甚大な被害をもたらしてしまった。そのことから人目を避けて秩父山中に一時期潜伏し、登山者などからスポーツドリンクや弁当を強奪することで空腹をしのいでいた。その後地上での様々な出来事を経てショウと心を通わせ、協力してバイストン・ウェルへの帰還を試みる。しかし、オーラ力が地上で消耗していた為、オーラロード通過に機体とその身は耐え切れず、2度とバイストン・ウェルに戻ることは叶わなかった。

後に『New Story of Aura Battler DUNBINE』にて、ベラーナ・ガリアッハとして転生という形でバイストン・ウェルへの帰還は果たされることになる(なお、SRWでのガラリアの代役を受け持った安達忍氏は元々はこのベラーナの声優である[1])。

登場作品と役柄[編集]

ステータスは比較的強い部類で決して使えないキャラクターではないのだが、聖戦士技能の伸びが悪いというバイストン・ウェル人特有の悩みを抱えてしまっていることが多い。加えてマーベルやトッドが持つ信頼補正や合体攻撃を持たない事も手伝って「ニーやリムルよりかは充分強いが1軍起用される決め手に欠ける」というのが実情である。

また、参戦している場合高確率で説得可能なキャラとなっているが、IMPACTを最後に参戦の機会が無く、ダンバインが参戦しても彼女は本編開始前に故人となっているケースが続いている。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
隠し要素でリューネの章でエレもしくはシーラ説得すると仲間になる。回避能力はマーベルに匹敵し、囮にはうってつけ。しかし、ユニットの飛び道具が弱いせいで「敵陣に切り込んで相手を反撃で削る」戦術を取りづらい。戦力として使うなら(とどめを刺しやすくして気力上げを楽にするため)オーラソードの改造は必須。顔グラはそれなりに似ているが何故か無表情の横顔である。
第4次スーパーロボット大戦S
マップ「浮上」で敵として登場するが、隠し要素でそのマップでショウがガラリアに3ターン攻撃しなければその場で仲間になる。前作で流竜馬とは顔を合わせており、仲間にした場合は「あの時は世話になった」と再会を喜ぶ面を見せる。オーラバトラー隊の中ではショウに次ぐ能力でマーベルよりも使いやすい。能力的には彼女の全盛期であろう。
彼女がいるかいないかでシーラとエレのどちらが仲間に入るかが変わる。彼女を仲間にした場合に合流するシーラは、妖精2人を連れてくる事が大きな実用的メリット。ガラリア自身もすぐ聖戦士技能を取得し、比較対象となるニー達より遥かに上等な戦力となるが、宇宙適応がCなので終盤は息切れする。最終2話は地上戦なので復権するものの、ショウやマーベルと違い集中を持たないので、使い所には注意が必要。
エレの加入の場合、ニーとキーン、更にルート次第でリムルが説得により合流する。エレのゴラオンはシーラのグラン・ガランより攻撃的なのだが、パイロット達はガラリアより能力が劣る上に聖戦士技能を持たず、妖精が増えない点で実用性では見劣りする。
ガラリアを仲間にしなかった場合はドレイク軍に居残り、他の名有パイロット同様、最終的にガラバに乗り換える。
顔グラが「横顔」という味気ないものだった『EX』から、艶の有る笑みを浮かべたものへと改善されている。
スーパーロボット大戦F
没データとしてのみ存在。またショウ側もガラリアに呼びかけるDVEが存在する(『IMPACT』にて使用)。オリジナルキャストでの音声収録が行えなかったためか、ゲーム中には登場しない。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
『EX』シナリオに登場。代役での音声収録が行われた。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
隠し要素でダンバインルートで選択肢や説得でフラグを立てると後々増援として登場して仲間に。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部地上激動篇
シナリオ「聖戦士」でビアレスに乗って敵として登場するが、彼女以外の敵を全滅させると、イベントが発生し仲間になる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部銀河決戦篇
第1部で仲間にした場合に参戦する。
スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACT2』第1部と似たような流れで仲間になるが、最初からバストールに乗っている。主要精神が揃うのが早くショウよりも使いやすいが、コモン人故か聖戦士技能の伸びが悪く、素のままではハイパーオーラ斬りが長期間使えない事に注意。「特殊技能+1」でのテコ入れは必須。
スーパーロボット大戦COMPACT3
仲間にはならない。「エルフ城攻略戦」では、倒すと地上に浮上し、シナリオクリアになるため、最後に倒そう。原作第1話から再現が始まる関係でドロに乗る姿も確認される。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
原作終了後であるため登場はしないが、竜宮島灯籠流しの際、ショウが会話で軽く触れている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
『第4次』と同じく一定ターン攻撃しなければ、ガラリアがショウの主張に耳を傾け和解、仲間となる。但し彼女を倒した場合はミノフスキークラフトが手に入るため非常に悩む。とはいえ後にトッド・ギネスシルキー・マウの加入フラグも兼ねてるので仲間に加えても決して損はしないだろう。マーベルが合流するまではショウとツートップで戦えるが、パートナー補正のあるマーベルや、シルキーを連れてくるトッドなど、中盤以降は能力値的にライバルが多い。また終盤はオーラバトラーが苦手な宇宙マップが続くのもキツい。あからさまに弱いわけではないのだが、終盤で彼女を第一線で戦わせるには愛がいるだろう。

関連作品[編集]

バトルロボット烈伝
完全な敵。惑星ウルスに転写され、バストールに乗り敵として登場。女であることを理由に自分を罵るヤザンに怒りを見せる。
後半はグレタに年増呼ばわりされ、彼女を内心戦力外と罵倒する。戦争終結後の消息は不明。
リアルロボット戦線
本作でも完全に敵。条件次第でショウ共々地上界へ飛ばされるが、原作通りオーラロードに耐え切れず死亡する。
その後ポセイダルシロッコルートでのみ、再デュプリケートされて再登場する。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

EX
根性ド根性加速熱血信頼覚醒
第4次S
根性加速ひらめき熱血鉄壁気合
リンクバトラー
ひらめき根性気合熱血加速
64
根性加速ひらめき熱血気合
α
ド根性集中熱血信頼鉄壁気合
IMPACT
加速ド根性気合集中熱血覚醒

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第4次S
切り払いL5、聖戦士
64
切り払いL8、聖戦士L7
α
切り払いL8、聖戦士L8
IMPACT
聖戦士L4、防御L7、援護攻撃L1、援護防御L1

パイロットBGM[編集]

「ダンバイン とぶ」
オープニング。大半はこの曲である。
「聖戦士たち」
劇中BGM。『IMPACT』にてハイパーオーラ斬り使用時の選曲。

人間関係[編集]

ショウ・ザマ
彼との戦いでオーラロードが開き地上へ出てしまう。『第4次』や『64』では彼の主張を聞き入れ仲間となる。
ドレイク・ルフト
主君。アの国の地方領主。
バーン・バニングス
同僚。オーラバトラーを操る彼をライバル視していた。
トッド・ギネス
喧嘩したり、一度だけドレスを着て彼とデートしたりしている。スパロボでは殆ど絡みはなく、『64』で「俺とお前の仲だ」と持ちかけられたくらい。
ゼット・ライト
地上人の技師。色仕掛けで焚き付けてバストールをチューンさせた。ガラリアは彼を利用していただけだが、彼は本気でガラリアに惚れてしまっていた模様。
シーラ・ラパーナ
『EX』では彼女(或いはエレ・ハンム)の説得を受け仲間になる。このことをガラリアは覚えていたらしく、『第4次』ではグラン・ガラン発見の一報をショウに入れ救出を打診している(『第4次』ではトッドが『EX』でショウ達と共闘したという会話もあるので不自然ではないが、『LOE』ではこれらのルートと排他になるはずのイブン・ゼオラ・クラスールの生存が確定しているため矛盾が生じている。尤も、グラン・ガランがショウ達の旗艦という事をガラリアが知らないはずがないので、それを見つけてショウに連絡したという展開は例え『EX』の件がなくても不自然ではない)。『64』では中盤にシーラから直々に「協力をお願いします」と言葉を頂く一面も。

他作品との人間関係[編集]

ヤザン・ゲーブル
COMPACT3』では地上に出た際に彼の誘いに乗って一時共闘する。
流竜馬
EX』の時に共に戦った仲であり、『第4次』では声をかけて再会を喜んだ。この会話によりガラリアを説得し仲間にしたことが正史とわかる。
葉月考太郎
IMPACT』では、地上に出て彼の率いるガンドール隊に加わる。

名台詞[編集]

「シルキー・マウは大した力は持っていないんだ。あんたが嫌だと言っても、好きに地上へは帰れないよ。はっはっは!」
第1話で、召喚直後に同行を打診するバーンに対して、「嫌だ、と言ったら!?」と答えるショウを嘲笑う。後述の、自分が地上に出た状況での台詞を思うと皮肉な台詞である。
「狡猾な…。この男…いつかは私の前にひざまづかせてやる!」
バーンに対する台詞。
「はっはっはっはっ。このスピード、このパワー!バラウで運ばれるビランビーの比ではないわ!」
バストールに搭乗した時の台詞。
「あんなにも巨大なオーラ・シップが…!?」
「車輪の付いた機械…!」
「しかし、あんまりにも四角い…城とは思えないが…」
第16話で地上に出たガラリアの反応。それぞれ旅客機、車、高層ビルである。東京の街を「全て石造りの町」と言い、ショットから聞いていた地上界を即座に思い出す。
「バイストン・ウェルに落ちた地上人達の気持ちが分かる…。なんと寂しく心もとないものなのか…」
第17話で地上に出た時の台詞。
「邪魔だ!カトンボ!」
地上でショウと対峙して。SRWでは攻撃時の台詞として採用されている。
「ええい!情けない! 何と惨めな…」
「なんという味だ?!」
第18話「閃光のガラリア」より。追いはぎ紛いにまで落ちぶれた己が身を呪いつつ、某イオンサプライ飲料と思しきドリンク缶を一口あおっての台詞。
「な、何だ?この戦士の子供なのか?」
子供(僕が許さないから…パパを殺したら…僕が!)
「な、何故見える…何故こんな化け物みたいにはっきりと見えるのだ…」
地上の戦闘機の上を取りコクピットを串刺しにしようとした瞬間、パイロットの子供のオーラ力が形になってガラリアの前に立ちふさがる現象が起きる。
ガラリアは地上に上がってから視界に入った敵意のない地上人の家族連れは見逃しており、ここでもオーラソードを動かす事ができない。そしてガラリアの過去がフラッシュバック。
父が敵前逃亡してしまったことで「卑怯者の子」「お前は騎士の子じゃない」と虐められた子供時代、努力を重ね出世しても部下に「汚名を注ごうというのか」「敵前逃亡を親がしたというのなら…」と陰口を叩かれた騎士時代。ガラリアが父の名誉の為に戦っていた事は想像に難くない。そこで同じように父を守ろうとする子供の姿を見て自分と重ね、戦意を喪失してしまう。
「分かった、地上で死ぬのは犬死にだからな」
バイストン・ウェルへの帰還を優先すべきだというショウの主張を聞き入れて和解した際の台詞。
「このまま行け!私は必ずバイストン・ウェルに戻る!その時こそ雌雄を決するぞ、ショウ!」
「バイストン・ウェルが見えた…!」
ショウを協力してバイストン・ウェルへの帰還を試みるガラリアだが、バストールが戦闘のダメージで自壊しはじめてしまう。この時交わした約束は果たされる事はなかったが、死の間際に故郷が見れたのは幸せだったのかもしれない…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「ああ、覚えている。あの時は世話になった」
第4次S)』第13話(『S』では第14話)「浮上」より。流竜馬との再会を喜ぶ一言。
「ショウ、いるか!?さっき『てれび』とかいうものを見ていたら、グラン・ガランが見えたのだ!」
「まちがいない。あれは『ナの国』の巨大戦艦グラン・ガランだ」
『第4次(S)』リアル系ルート第17話(『S』では第18話)「オーラマシン展開」より。『EX』で世話になったシーラを助けようと、ショウにグラン・ガラン発見の一報を入れ救出に向かうこととなる。この行動がきっかけでシーラ様は無事に合流できた。しかしながらかなり微笑ましい光景である。この時ガラリアはバイストン・ウェルにはない設備であるテレビを、仲間達に示唆されながら興味津津で見ていたのだろう。

αシリーズ[編集]

「私は…お前たちの元へ戻る気はない」
「お前達はバイストン・ウェルの統一を忘れ…地上世界をいたずらに混乱させているだけに過ぎない」
「世界の混乱を沈めるのが聖戦士の役目だというのなら…私はお前達を討つ!」
αDC)』(ゴラオン隊ルート)第44話「赤い髪の女」で自軍参入フラグが成立し、味方増援として極東基地へ駆け付けてきた際に発するショットへの決意表明。

COMPACTシリーズ[編集]

「こ、これは…!小さいフェラリオならわかるが…!」
IMPACT』第1部地上激動篇第15話「僕は僕、君はミレーヌ」より。メガボーグと化したミレーヌを目の当たりにし、その巨大さに二の句が告げず絶句する。
「やつら…バイストン・ウェルの戦火を、地上にまで広げようというのか…」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第5話「呪われしジャンヌ=ダルク」より。グラン・ガランに襲い掛からんとするアレンの部隊を一瞥して、ショウ達と共に戦いを挑む。
「地上人であるお前が、地上に戦乱を望むのか!?」
同上。戦いを愉しむジェリルの発言に対し浴びせた批難。
「バーン・バニングス!憎しみで騎士の本分も忘れたか!」
『IMPACT』第7話「怨念を断つ剣」より。ボストンに浮上した黒騎士が放つ悪意のオーラを感じ取り批難するも、彼から「己が騎士である為にショウを倒す」と一蹴される。

単独作品[編集]

「……いいだろう。地上で死ぬのは犬死にだからな」
64』「海と大地の狭間より」に於ける和解時の台詞。『第4次』ではショウの主張に完全に同調していたが、今回は原作同様のやや不満気味な台詞である。
「私だって戦士だ。いきなり敵に回るような真似はしない」
『64』で仲間となった直後の台詞。元々ショウと敵対している軍の人間であることを指摘されて。
「ドレイク王!我らバイストンウェルの者はかの地へ帰ることを考えるべきではないのか!」
『64』にてドレイクと対峙した際の台詞。バイストンウェルへ帰る目的をガラリアは説くが…。
「私も…世界に対して負うべきものを持っているというのか?」
「私は戦士だ。戦士としての役割を全うすることでバイストンウェルへ帰れるのなら、それはそうさせてもらう。それでよいのだろう?フッ、こういうのも悪くないものだな」

搭乗機体[編集]

ドロ
ドラムロ
ビランビー
バストール

余談[編集]

  • プレイステーションゲーム『聖戦士ダンバイン~聖戦士伝説~』では無事にバイストン・ウェルに帰還できるif設定シナリオが用意されている。
    • しかし帰ってきた彼女を待ち受けていたのはドレイク軍からの敵前逃亡という濡れ衣であり、ゲームオリジナル主人公に助けられるもドレイク軍に戻れず、主人公の本国・リの国にも行けずにその場は別れる事に。その後覆面を被り身分を隠し、ヴァルキリアという偽名でなんとサーバインを駆り味方として加入する。

脚注[編集]

  1. 『New Story of Aura Battler DUNBINE』は男性陣がTV版と同じ声優が続投しているのに対して女性陣は声優が全員異なっているのだが、SRWで担当したことでガラリア(ベラーナ)に関してはこの例外になったとも言える。
ガラリア・ニャムヒー」に関する事実
SRWシリーズ音声収録+
Has subobject
「Has subobject」は、Semantic MediaWikiによって提供される、通常の Wiki のページと同様のプロパティ値の割り当てを溜めることができ、コンテナの構造を示す定義済みのプロパティです。
ガラリア・ニャムヒー +
キャラクターデザインスタッフ:湖川友謙 +
代役声優:安達忍 +
声優声優:西城美希 +
外国語表記Garalia Nyamhee +
年齢21 +
役職守備隊長 +
性別+
登場作品聖戦士ダンバイン +
登場作品 (登場人物)聖戦士ダンバイン +
種族コモン人 +