スーパーロボット大戦T

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
スーパーロボット大戦T
開発元 B.B.スタジオ
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
対応機種 プレイステーション4
Nintendo Switch
プロデューサー 寺田貴信
最上頌平
キャラクターデザイン 西E田
メカニックデザイン 天神英貴
主題歌 「Tread on the Tiger's Tail」
発売日 2019年3月20日予定
CERO区分 C(15歳以上対象)
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦T』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。

概要

2018年11月19日配信の「生スパロボチャンネル」にて正式発表された。平成最後のスパロボ作品となる。

プレイステーション4・Nintendo Switchとのマルチプラットフォームであり、異なるメーカーのプラットフォーム間によるマルチタイトルは本作がシリーズ初となる。また、Switch版はシリーズ初の同プラットフォーム向けタイトルにして、据え置き型ゲーム機単独での版権作品並びに任天堂製据置型ゲーム機でのリリースも『スーパーロボット大戦NEO』以来となる[1]

後述のキャッチコピーにも謳われる通りタイトルの「T」はTerra=地球の意であり、タイトルロゴにも地球が描かれている。

システム

エクストラアクションやTacP(タックポイント)養成システムなど、基本システムは『V』『X』を踏襲したものとなっている。

新システム

サポーターコマンド
非戦闘系キャラクター用の新システム。精神コマンドの亜種で、キャラクターごとに設定されたサポーターコマンドを個別コマンド「サポーター」によって発動させる。使用には専用の「S-SP」を消費する。

既存システムと変更点

パイロット養成の変更点
スキルルートが廃止され、最初から特定の特殊スキルを除いた全ての特定スキルを生産できるようになった。名称についても『X』までのスキルプログラムから「スキルラーニング」へと変更されている。また習得した特殊スキルを並び替えできるようになった。
サブオーダーの変更点
直前のシナリオで出撃したキャラクターも選択することが可能になった他、TACマネージメントで参加人数を最大8人まで増やすことができるようになった。
またシナリオ中に特定の条件を満たすことで「スペシャルオーダー」が出現し、1名のみだが通常のオーダーより高いボーナスを得られる。
ファクトリーの変更点
「サイドプラン」に名称が変更。サブオーダーもこちらに内包される形となった。
部隊強化系システムは本作では「TACマネージメント」の名称となっている。強化メニューには新たにサブオーダーの選択人数を増やすものが追加。
インターミッションの変更点
サイドプランの他、サポーターコマンドを閲覧できる「サポーターリスト」が追加。
特殊スキルの変更点
ラッキースターがレベル制となり、L2で毎ターン幸運がかかるように(要気力130以上)。
他方、先制攻撃突撃の効果が削除され下方修正。
エディットBGMの変更点
カスタムサウンドトラック機能についてはプラットフォームの特性上Switch版では非実装であり、本作においてはPS4版のみの機能となっている。
その他の変更点
戦闘開始画面にて撃破可能な攻撃であった場合「Shoot Down!」のアイコンが表示されるようになった。

参戦作品

★は新規参戦。☆は機体のみの参戦。

『ガン×ソード』は初の音声付き参戦。『New Story of Aura Battler DUNBINE』は『COMPACT3』以来となるシオン・ザバラバーン・ザラマンドが参戦し、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は期間限定参戦だった『X-Ω』を経て正式参戦となる。

他、『ゲッターロボ大決戦!』から真ゲッタードラゴン、「オーラ・ファンタズム」からヴェルビン、SRWオリジナルからゲシュペンストが参戦する。

プレミアムアニメソング&サウンドエディションのみ『機動戦艦ナデシコ』『ゲッターロボ大決戦!』『グレートマジンガー』名義の楽曲が収録される。

参戦作品の選出については、国内外のアンケートにおける参戦希望の意見を強く反映したものになっている事が『週刊ファミ通』2019年1月3日号掲載のインタビューにて語られている。

世界観

世界観/Tを参照。

バンプレストオリジナル

登場メカ(オリジナル)

ティラネード
本作の主人公機。デザインは天神英貴氏。
ゲシュペンスト
本作のスペシャル参戦ロボ。サブ主人公が搭乗。
キャリアクス
ティラネードをサポートする統合戦術支援機。
ゼグード

登場人物(オリジナル)

『スーパーロボット大戦V』『スーパーロボット大戦X』と同じく男女選択制を採用。選ばなかった方の主人公も前述2作同様に登場し、そちらはゲシュペンストのパイロットとなる。オリジナル主人公のキャラクターデザインは西E田氏が担当する。

VTXユニオン・特務三課

サイゾウ・トキトウ
男主人公。担当声優は草尾毅氏。
サギリ・サクライ
女主人公。担当声優は庄司宇芽香氏。
ラミィ・アマサキ
ティラネードのコ・パイロット。担当声優は加隈亜衣氏。
メリル・スパンナ
技術部第一課から特務三課へ転属した女性社員。キャリアクスの火器管制担当。担当声優は相沢舞氏。
エイミス・アーネスト
総務から特務三課へ転属した女性社員。キャリアクスの索敵と機体監理を担当。担当声優は大空直美氏。
ヒロスケ・アマサキ
特務三課課長でラミィの父。キャリアクスの機長兼操縦担当。担当声優は天神英貴氏。

VTXユニオン・その他

ダイマ・ゴードウィン
VTXユニオン社長。

用語

新宇宙暦
本作の暦・年号
VTXユニオン
主人公が所属する巨大複合企業。

関連記事

ゲーム中データ

分類 記事
世界観 世界観/T
全話一覧 全話一覧/T
隠し要素 隠し要素/T
精神コマンド 精神コマンド/T
強化パーツ 強化パーツ/T
特殊能力 特殊能力/T
特殊技能 特殊技能/T
エースボーナス エースボーナス/T
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/T
ライブラリ
オプション
オプション/T
中断メッセージ 中断メッセージ/T
ネタバレ ネタバレ/T

話題

  • 寺田Pは「Tは自分を連想させる」としてこれまでスパロボのタイトルに用いるのを避けていたが、本作でついに使用されることとなった。生スパロボチャンネルの視聴者コメントでは、案の定本作タイトルと寺田Pを絡めたコメントが数多く見られた。
    • 本作の「命を懸けて護るべき故郷―それは、地球(TERRA/テラ)だ。」というキャッチフレーズも、その傾向に拍車をかけている。
    • そもそも寺田Pは冗談のつもりで仮タイトルとして「スーパーロボット大戦T」を提案したのだが、逆に社内からは「ついに寺田がスパロボのタイトルにTを使った」と本気に捉えられてしまい、正タイトルとして採用されてしまったとのこと。
    • なお、公式サイトのURLは上記のキャッチコピーをもじったものになっているのだが、「https://sorewaterada.suparobo.jp/」…「それはTERRAだ」ではなく「それは寺田」になっている。
    • 主人公機のティラネードについても、初期の名称案は「ティラネーダ」だったとのこと。
  • 今作では何かと女に因果をもつ男性キャラクターが多い。女を殺された復讐のために、女性を恋慕していたり、あるいは当てどなく探していたりなど多様に渡る。同様に、女性キャラクターも自分や他者の愛に悩み葛藤するケースが顕著。今までの作品にあった恋愛事情とは異質で深い模様が見て取れる。
    • また、復讐をテーマとして背負っている登場人物が敵味方を問わず多い他、剣術や格闘技など生身での近接白兵戦に長けた人物が多いのも特徴である。

資料リンク

脚注

  1. B.B.スタジオ開発のスパロボ作品としても初の任天堂製プラットフォーム向けタイトルであり、バンプレソフト時代を含めた場合『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』以来となる。