真ゲッタードラゴン (大決戦)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
真ゲッタードラゴン
外国語表記 Shin Getter Dragon
登場作品

ゲッターロボシリーズ

デザイン 石川賢
初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 戦闘用ゲッターロボ
エネルギー ゲッター線(ゲッターエネルギー)
前形態 ゲッタードラゴン
乗員人数 3名
テンプレートを表示

真ゲッタードラゴンは「ゲッターロボ大決戦!」の登場メカ

概要[編集]

原作漫画版[編集]

地中深くで地獄の釜を形成したゲッタードラゴンが進化して、『ゲッターロボアーク』第1部のラストでカムイ・ショウに追い詰められて絶体絶命の危機に陥った流拓馬に呼応するように目覚める。

登場した姿は具体的な形を持たないオーラのようなもので、大きさは同作の主人公機であるゲッターアークを遥かに越え、ゲッタードラゴンの胸部にライガー、ポセイドンの頭部が浮かぶ異形の姿になっている。 最終話のラスト2コマのみの登場であり、その後作者の石川賢氏の急逝で続編が製作されることもなくなってしまったため、機体の正式な姿は不明となってしまった。

ゲッターロボ大決戦![編集]

大量のゲッター線を浴びたゲッターロボGが繭に包まれて進化、ゲッターエンペラーのゲッター線を吸収することで羽化し、最終面のみ使用可能となる。

ゲッターチェンジ機能こそ失われているものの、武装はゲッターロボGの三形態のものを使用できるが、右腕をゲッタードリルに変化させたり、腹部からストロングミサイルを放ったりと『物理法則もあったものではない』と形容する程である。

上半身は『真ゲッターロボ 世界最後の日』の真ゲッタードラゴンとほぼ同じだが、下半身のデザインが石川賢氏の手により描き下ろされ人型をしている。言わば『ゲッタードラゴン』の真ゲッター版である。

最後に入手する機体なだけあって最強クラスの性能を持つ。 ブラックゲッターを除いた他のゲッターと同じく3人乗りだが変形できないため、サブパイロットの特殊能力が使えなくなる。

最終話前のムービーでは繭を除去する作業中に顔面部の一部の繭を取り除いた際に、眼球の付いた眼部が其の場に居た竜馬を睨む場面がある。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
初参戦作品。本作ではマジンエンペラーG同様『ダイナミック企画オリジナル機体』扱い。
参戦は40話。真ドラゴンが変化する形で登場。真ゲッターの改造段階が反映される。ただし、以降も真ゲッターが残存するのでオプションパーツやフル改造ボーナスは登場話では引き継がれない。真ドラゴン同様変形はオミットされているのでパイロットは竜馬固定となる。
特別参戦なだけあり全地形適応はS・移動力はデフォルトで7・竜馬のエースボーナスもあって圧倒的な火力が揃っており、変形能力の喪失を補って余りあるぶっ飛んだ性能を併せ持つ。強いて欠点を挙げるならば真ゲッター2にあった分身が無い事だが、素でも割とガンガン回避する為些細な問題である。
なお、入手後真ゲッターに乗せ換えた場合、前マップで真ゲッター1以外の形態でマップクリアすると乗せ替えが出来なくなる不具合が存在する(恐らく竜馬を乗り換えのトリガーにしている為、変形状態でマップクリア=パイロットが竜馬以外で扱われる為)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ゲッターロボ大決戦!では「真~」と頭に真が付く(これは真ゲッターロボの全形態も同様)。

ゲッタートマホーク
真ゲッター同様のハルバード型のトマホークだが、柄の部分が太くなっている。ドラゴンと同じく肩のパーツから出現する。
原作ゲーム版では未使用でガレージキットに付属される形で初登場している。『T』では使用可能。
トマホークブーメラン
ゲッタートマホークを投擲する。ゲームを題材にしたコミカライズ版で使用。『T』では柄の短い2本を投げる。
ゲッタービーム
ゲッタードラゴン同様、頭部から放たれるゲッタービーム。
原作ゲーム版では未使用だが、コミカライズ版では使用。『T』でも使用可能である。
ゲッタービームランチャー
虚空から召喚したランチャーを腰に接続し、ゲッタービームを発射する。ランチャーの発射口はゲッター1系列機の頭部を模したデザイン。
真ゲッタードラゴン版のゲッターレーザーキャノンと言った立ち位置。SRW未登場。

必殺技[編集]

トマホークブーメラン(エネルギー)
周囲に無数のエネルギー状のトマホークを形成し、それを相手に投擲させる。原作ゲーム版では地点指定型広域MAP兵器。
SRW未登場。
真ライガーアタック
操縦を隼人に託し、部分的にライガーに変形する。真ドラゴンの「チェンジ・真ライガー」にあたる武装。
『T』では両腕をドリルアーム・チェーンアームに、ウィングをブースターにへ変形させ突撃する。
ドリルアーム
禍々しいエネルギーを発した右腕を大型のドリルに変形させて形成、相手を貫く。
原作ゲーム版では右腕だけを胴体に匹敵する程巨大なドリルに変形させているが、『T』では右手首から先のみの小型ドリルとなっており、左腕や背部のマッハウイング部も変形させている。
チェーンアーム
左腕をチェーン付きアームに変形させる。
真ポセイドンアタック
操縦を弁慶に託し、部分的にポセイドンに変形する。真ドラゴンの「チェンジ・真ポセイドン」にあたる武装。
『T』では両腕から放たれるゲッターサイクロンで吹き飛ばし、フィンガーネットで絡めとり大雪山おろしで仕留める。
真ストロングミサイル
胴体から機体の全長を超えるほど巨大なミサイルを生やして発射する。SRW未登場。
ゲッターサイクロン
両腕をポセイドン型の巨大送風機にした上、レザーをプロペラのように高速回転させることで暴風を発生させる。
フィンガーネット
両手から投網を放つ。『T』ではこれを利用して大雪山おろしを行う。
真シャインスパーク
全身にゲッターエネルギーを漲らせて突撃する。機体ごと突っ込むため性質的には真ゲッター1のものに近い。原作ゲーム版ではゲッタードラゴンのシャインスパークと違い複数の敵を同時攻撃可能。
『T』ではゲッタードラゴンの技と同様にエネルギーだけをぶつけるようになっているが、途中で機体の軌道を変えてエネルギーを残していくのではなく、相手めがけて突っ込んでいった機体に急制動をかけ、エネルギーだけを飛ばすという形になっている。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(小)

移動タイプ[編集]

飛行可能だが、何と水中戦も難なくこなせる(竜馬が適応Cなので補強は必須だが)。

サイズ[編集]

L(1L)
人型になっただけあって、ゲッターロボらしいサイズに収まった。

カスタムボーナス[編集]

最大EN+50、特殊能力「EN回復(小)」が「EN回復(中)」になる。
必殺技の消費が莫大なのでこれでも足りないが、継戦能力は大幅に上がる。こうなるともう止められない。

機体BGM[編集]

「HEATS」
真ゲッターロボ 世界最後の日』2ndOP曲。『T』通常版の選曲。
「Can’t Stop」
ゲッターロボ大決戦!』OP曲。『T』限定版ではこちらの曲(原曲)が流れる。

関連機体[編集]

ゲッターロボG
進化前。
ゲッター聖ドラゴン
「ゲッターセイントドラゴン」と読む。漫画版真ゲッターロボに登場。存在するものを片っ端から同化するという危険な存在。真ゲッタードラゴンとエンペラーの中間に位置する形態と考えられている。『新』でもこれが設定元の巨大ドラゴンが登場した。

余談[編集]

  • 『ゲッター大決戦!』のアンソロジーコミックのゲーム終了後のストーリーを描いた作品では、アキラ(同作の男主人公)、早乙女ミチル巴武蔵が搭乗している。
    • ミチルと武蔵の特殊能力はかなり使いにくいため、実際にこの組み合わせにしたプレイヤーも多いと思われる。