ゲッタードラゴン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ゲッタードラゴン
外国語表記 Getter Dragon
登場作品

ゲッターロボシリーズ

分類 空中戦闘型ゲッターロボ
機種 ゲッターロボG
全高 50 m
重量 330 t
動力 ゲッター炉心
補助動力 ゲッター線増幅装置
エネルギー ゲッター線
出力 100万馬力
飛行速度 マッハ3.5
装甲材質 合成鋼G
別形態 ゲッターライガー
ゲッターポセイドン
開発者 早乙女博士
所属 新早乙女研究所
乗員人数 3名
主なパイロット
【メイン】
流竜馬
【サブ】
神隼人
車弁慶
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲッターロボG空中戦用形態で、背面に内蔵したマッハウィングを展開して飛行する。

上から順にドラゴン号ライガー号ポセイドン号の組み合わせで合体し、この形態になる。メインパイロットは流竜馬

各媒体ごとのゲッタードラゴン[編集]

TV版[編集]

戦死した巴武蔵の告別式当日に完成した新型ゲッターロボで、前任機たるゲッター1同様に3形態中、最もバランスの取れた能力を有する。

改良型ゲッター1と同じく、合体完了後にコクピットブロックが頭部へ移動する有視界操縦システムを踏襲しており、豪快な稼動音を伴いつつ定位置へと固定されるバンクシーンが印象的である。キャノピー周辺には、視界を遮る遮蔽物を高熱で溶かす「ゲッターワイパー」なる除去装置が内蔵されている。また、頭頂部には緊急用の昇降ハッチが存在しており、ここから機外へと脱出する事も可能。

飛行時に展開するマッハウイングは先端部に多数の小型ブースターを備えており、これを用いてホバリングを行なう。また、グレートマジンガーと同じく両脚の脹脛部分に垂直尾翼を内蔵しており、高速飛行に於ける補助機能として活用する。

ゲッターライガーには及ばぬものの、かなりの速度で動き回り敵を撹乱する敏捷性も具えており、対メカ鉄光鬼(SRW未登場)戦では敵機周辺を高速移動しながら4連続でドラゴンキックを浴びせて大ダメージを与えている。シャインスパークが追加されて以降は、以前にも増して「トドメ役」としての地位が確立された感が有り、エネルギー切れや着弾寸前での回避を除けば百鬼帝国が最後まで打開策を見出せなかった事も相俟って、最終的にゲッターGの「切り札」的存在にまで昇り詰めたと言える。

原作漫画版[編集]

「ゲッタードラゴン」でゲッターロボG全体を示す事もあり、原作漫画版は特にこの傾向が強い。デザイン的にゲッター1ほどTV版との相違は見られないが、胸部のディテールが「V」字型に処理されているTV版に対し、「Y」字型に外方向へと広がっている点が僅かな違いだろうか。

OVA版[編集]

量産型ゲッタードラゴンの項目を参照。

登場作品と操縦者[編集]

ダブルトマホークとゲッタービームの他、切り札であるシャインスパークによりさらなる高威力を誇るが、相変わらず射程は短い。

ゲッター1同様に真ゲッター登場以降、一人乗りのゲッタードラゴンを運用できるものもある。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
必殺武器・シャインスパークが気力いらずのため、最強クラスのユニット。
第2次スーパーロボット大戦G
SPバグが強烈だが、スーパー系ユニットの少ない本作ではそれを抜きとしても最強クラスのユニット。
第3次スーパーロボット大戦
宇宙ステージにおける戦闘力はスーパー系でもトップクラスで終盤戦の要となる一機。ただし、相変わらず陸戦は不得手なため、基地ステージではシャインスパークがチェーンアタックと同程度の威力になってしまう点に注意。
スーパーロボット大戦EX
シャインスパークは初期攻撃力8000と他の機体と比べても破格の威力を持ち、主要なボス戦はもとより、ISSを使用した際のネオ・グランゾンとの戦いで重要なダメージソースとなる。また、パッケージではバフォームにダブルトマホークブーメランをお見舞いしている。
第4次スーパーロボット大戦S
シャインスパークは真のストナーサンシャインに引き継がれるが、スピンカッターの改造は何にも引き継がれない為無駄となる。
スーパーロボット大戦F
スーパー系なら第1話から登場。あしゅら男爵に盗まれて、彼がパイロットという凄い状態だが。その際は流石にシャインスパークを使うような状況にならないものの、ゲッタービームが凶悪。中盤より使用可能になるので、存分に借りを返してやろう。またスピンカッターとダブルトマホーク以外は地Aで後の格射状態なので対空対地共に頼りになる破壊力を維持している。
スーパーロボット大戦F完結編
中盤までボスキラーとして活躍する。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作漫画版に登場したレーザーキャノンが初登場。αシリーズでは常に基本装備。ゲッター1でもできた分離合体も便利で、相変わらずの火力でボスキラーとして活躍できるが、機体、武器の地形適応陸Bが惜しい。
試作機として合体機能がオミットされたもの(表示は量産型)もあったがブロッケン伯爵に奪われ武蔵特攻(まだ死んでいないが……)により破壊された。その後多数の量産型も敵として登場する。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版と基本同じだが、マジンガーZとの合体攻撃追加でさらに強力になっている。また敵の攻撃を回避した際に、演出のみだがオープンゲットでの回避を披露している。
スーパーロボット大戦α外伝
第2話から使用可能。前回と特性は大きく変わっていないが、援護システムと武器改造の一括化、分離での合体位置変更、複数パイロットによる変形の相性が非常によく、強化パーツA-アダプターの登場で、自身の陸、ライガーポセイドンの空適応を一つのパーツで補えるようになった。最終的には5回もの強力な援護攻撃を行える。
後半、条件次第で真・ゲッターとの二択で強化版を入手できる。こちらは気力制限、燃費が優れている。真・ゲッターにする場合は、この形態のうちに武器改造をすると安価で済む。戦闘アニメが強化され、三人の目線、ペダルを踏むカットインがシャインスパークに追加された。
強制出撃の機会が多く、他のスーパーロボットと比べても打たれ弱い傾向は相変わらずなので装甲HPの改造や、雑魚戦はライガーに任せる、もしくは地中に逃げるなどの必要がある。イベントも豊富で不利なものもあるが、マップ上アニメで行われる敵を振り切っての高速合体、敵に回った真ゲッターの自爆覚悟のストナーサンシャインをこちらも捨て身で受け止めるといった燃えるイベントも用意されている。その際にシャインスパークで余剰エネルギーを放出しており、その姿は後のストナーサンシャインスパークにつながるものがある。
第2次スーパーロボット大戦α
全体攻撃が無い、武器の地形適応が陸B、ほとんどの武器の射程が1と、かなり使いにくい。だが改造度が真・ゲッターに引き継ぐので改造はしっかりしておきたい。
ドラゴンはボス戦用と割り切り、雑魚戦は無消費長射程高CT補正P武器のチェーンアタックが非常に優秀なライガーに任せよう。
真・ゲッター入手と同時にファイナルダイナミックスペシャル(全体攻撃)が使用可能になるので、場合によってはこちらをメインにする手もある。
第3次スーパーロボット大戦α
移動後に使用可能な全体攻撃「ゲッターチェンジアタック」が追加されたので、雑魚戦がこなしやすくなった。竜馬をメインとして使うのなら、真・ゲッターに『真・シャインスパーク』が追加されるまでこちらを使い続けるのもアリ。
今作でも途中からファイナルダイナミックスペシャルが使えるので、好みによって使い分けよう。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初登場時に共通点の多いアクエリオンに勘違いされる。中盤にシャインスパーク、後半にファイナルダイナミックスペシャルが使用可能になり火力面では優秀。
小隊攻撃や弾数が1しかないゲッターチェンジアタックが使いづらいが、単体攻撃やEN制のトライチャージは優秀なので、ENを強化し、Eセーブを習得させると使い勝手が良くなる。PPに余裕があるなら技量を養成し(ボス格に)高威力の技を再攻撃でぶち当てるのもあり。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
『世界最後の日』設定。今回登場するのは量産型。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
本作にも登場する他、メタルビースト・ドラゴンも登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパーロボット大戦IMPACT
空中戦が得意だが、陸は軒並みB。このお陰で、最強武器である筈のシャインスパークが地上の敵相手に思ったほどのダメージを与えられない(むしろゲッターチェンジ・アタックの方が地上適応Aである為、シャインスパークよりも威力が高い)。宇宙でもメイン形態だがゲッタービームの宇宙適応がCと異常に低い。一体何があったのだろうか…。
スーパーロボット大戦COMPACT3
最大火力は真ゲッターロボに劣るが、オープンゲットが使用可能であること、ゲッターチェンジアタックがあるおかげでライガー/ポセイドン形態が真ゲッター2/3形態よりも火力が高くなるなどのメリットがある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
三人乗りの時のみ、ゲッター1ゲッターQとの合体攻撃トリプルゲッタービームが撃てる。本作のライガーは攻撃面に難があるので、強化が充分であるのならザコ掃除にもこの形態で挑むほうが効果的。後々の合体技との兼ね合いもあり、最強武器シャインスパークは改造しても無駄にはならない。
一人乗りになると、変形機能の代わりにゲッターレーザーキャノンの追加で反撃&援護能力が向上し、さらにゲッター系最強の合体攻撃・ストナーサンシャインスパークを撃てるようになる。問題はパイロットだが、ムサシは隠しパラメータの空適応が低いのでNG。鉄甲鬼ミユキ、彼らを仲間にしていない場合はミチルを乗せたい。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
『A』と大差はない。パイロットの地形適応がちゃんと表示されるようになったので、ムサシを乗せようとするプレイヤーは減ったと思われる。
スーパーロボット大戦D
OVA『世界最後の日』版で参戦しているため、量産型ゲッタードラゴンとして敵の主力に。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
ゲームの仕様上、戦闘中の変形や空中飛行が出来ないが、それでも性能は優秀。格闘戦も射撃戦もこなせる。
必殺技シャインスパークの威力が高く、強敵との戦いでは重宝するが、演出では飛行するのにマッハウイングを展開しないのが残念。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
前作の性能はそのままに、変形・飛行が可能に。必殺技は「ゲッタービーム」と「シャインスパーク」。必殺技の演出でもしっかりマッハウイングを展開するようになった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
ゲッターチームを選ぶと自軍ユニットとして使用可能。それ以外のチームを選ぶと敵として出現(説得可能)。
ゲッター1と同様、強化パーツの効力がライガーやポセイドンにも及ぶため、他のユニットに比べてちょっとお得。
スーパーロボット大戦64
基本的な性能は『F』と同じ。合体攻撃は作中屈指の攻撃力。
スーパーロボット大戦MX
シャインスパークとファイナルダイナミックスペシャルが後半追加の為、それまではゲッターチェンジアタックと、ゲッターQとの合体攻撃が主力となる。今回は、ゲッターレーザーキャノンを装備していない。
スーパーロボット大戦X-Ω
味方版のゲッタードラゴンとしては実に『Z』以来となる参戦。SSRアタッカー。後にファイター版が追加。
高い攻撃力に加え習得できる機体スキルが全て攻撃強化となっており、「ゲッター増幅炉」の効果で敵を倒せば倒す程強くなる。
必殺技の「シャインスパーク」も広範囲と高威力を兼ね備えており、アタッカーとしては申し分のない性能の持ち主。
なお武器の名称が「ゲッタートマホーク」となっているが、グラフィック上で装備しているのは二振りのトマホーク、所謂ダブルトマホークである。
スーパーロボット大戦V
『世界最後の日』設定。直接は登場しないが、竜馬から存在が言及されている。
ドラグニウムの正体がゲッター線」という設定に伴い、ドラグニウム(ゲッター線)を浄化する生物であるドラゴンの存在を知った早乙女博士により「ゲッタードラゴン」と命名されたというクロスオーバーが展開された。

関連作品[編集]

シャッフルファイト
ケディックの反乱軍「ブルーライトニング」の一員として第2章クリア後に登場。残骸の中から拾ってきた使用可能な武器(恐らくはアイテムカード用のもの)を手土産に自軍と合流する。ダイス3個分の戦闘力を有する上に、ユニット中トップクラスの攻撃力を誇る為ボスキラーとしての活躍が期待出来る。素早さに於いても優秀な反面、防御力に若干の難が有るところはスパロボ同様か。必殺技シャインスパークが、本作では「ゲッターシャイン」名義となっている。
バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
魔神族の指揮官の1人として登場。武衆はナイト。シャインスパークは使用できない。

装備・機能[編集]

適応が高く空中戦では抜群の性能を発揮できる反面、の地形適応が低め。陸の敵はゲッターライガーに任せるか、陸適応を上げる強化パーツで補うこと。A-アダプターS-アダプターがあると他形態も強化することができる。

スーパー系ではあるが装甲値は低いので、被弾しないよう確実に倒せる敵機を潰していくのが重要。耐える機体として使うには、精神コマンド鉄壁が欠かせない。

武装・必殺武器[編集]

ゲッター1系統の機体に共通することだが、武装は多くが近~中距離用の格闘武器。

武装[編集]

スピンカッター
両腕に仕込んだ回転ノコギリ。敵めがけて飛行し、すれ違いざまに切り裂く。
スパロボでは低威力の武装に設定される事が多いが、原作アニメではシャインスパーク実装以前の切り札的存在としてメカ鉄甲鬼など強敵クラスの武器やボディを破壊し葬っている。『MX』ではダブルトマホークの演出に組み込まれている(後述)。
ゲッタービーム
ゲッター1と同名の武器だが、威力は上がっている。ゲッター1と違い、額から発射される[1]
多くの作品では格闘射撃属性となっており、この場合ダメージは格闘値に依存するが、機体側の地形適応は射撃武器のように自分のいる地形を参照する。
ダブルトマホーク
肩に収納された両刃になったゲッタートマホーク。両手に握り、敵機を斬りつける。なお「ダブル」とは「両刃だから」ではなく「2本使うから」である。原作アニメでは、1本しか使わないときには「ゲッタートマホーク」と発声している。柄を長く伸ばした「ロングトマホーク」形態も使用。
MX』では両腕のスピンカッターで攻撃した後に2本のダブルトマホークを使って突進する。『X-Ω』では何故かゲッタートマホークと呼称されている。
シャインスパーク
ゲッター線を利用したゲッタードラゴンの必殺武器。それまで様々な武器で勝負を決めていたゲッターに途中追加され、以後毎回の決め技となった絶対的な威力を持つ。前段階として「ゲッターシャイン」でエネルギーを充填した後、ゲッタードラゴンのボディを光が包み、高空からの急降下で敵にぶつける。なお体当たりをしているわけではなく、敵にぶつけているのはゲッターエネルギー部分のみ。エネルギーの消費が激しく、原作では一度の出撃に対して1回しか使用出来ない。ペダルを踏むタイミングを合わせる必要があるため、一人乗り時は使えない事が多い。
『世界最後の日』ではゲッタードラゴンが使うシーンはないが、最終話で真ドラゴンがシャインスパークを使う際の言動から、竜馬達がゲッタードラゴンの必殺技として知悉していた事が窺える。『D』では敵のゲッタードラゴンが使ってくるが、AIが操るのでペダルを踏むタイミングは問題ないと思われる。

オプション装備[編集]

ゲッターレーザーキャノン
原作漫画版の『真ゲッターロボ』で隕石迎撃時に装備したドラゴンと同程度の大きさのレーザー砲。背部とエネルギーパイプで繋がっているためドラゴンのゲッター炉心から直接供給しており、本来はゲッタービームと同等かそれ以上の破壊力を持っている。
スパロボではゲッタービーム以下の威力の長射程弾数武器。Zではゲッターチェンジアタックで使うが、何故かワープしてきたかのような演出がされる。

[編集]

ダブルトマホークブーメラン
両手のゲッタートマホークを投げつけて攻撃する。
MX』ではリアルカットインまで付いている。
ゲッターチェンジアタック
ライガーポセイドンにチェンジしながら攻撃する必殺技。
順番はポセイドン→ライガー→ドラゴンである事が殆どだが、『IMPACT』では珍しくポセイドン→ドラゴン→ライガーだった。また、『Z』では形態ごとに順番や攻撃方法が異なる。ドラゴンの使用する攻撃はゲッタービームである事が多いが、『Z』ではレーザーキャノン、『IMPACT』ではダブルトマホーク…などといった違いも存在する。
作品によって、移動後攻撃が出来ない・弾数が1発しかない等の制約があり、使い勝手が大きく異なる。

合体攻撃[編集]

ゲッター系[編集]

ダブルゲッタートマホーク
ゲッター1、あるいはゲッターQとトマホークによるコンビネーション攻撃を見舞う。
ダブルゲッタービーム
ゲッター1か、ゲッターQと同時にゲッタービームを放つ。
トリプルゲッタービーム
ゲッター1ゲッターQと、3機一斉にゲッタービームを放つ。
ストナーサンシャインスパーク
真・ゲッター1の放ったストナーサンシャインをゲッタードラゴンが全身に浴び、敵機めがけて突撃する。

ダイナミック系[編集]

ツインビーム
マジンガーZの光子力ビームをゲッタードラゴンのゲッタービームと交差させ、同時攻撃する。今の所64とDC版αでのみ採用のレアな合体攻撃。マジンガーZがマジンカイザーや強化型Zになる、もしくはゲッターが真・ゲッター1に変化すると使えなくなってしまう。
Z』のファイナルダイナミックスペシャル(後述)で久々に採用された。
ファイナルダイナミックスペシャル
各ダイナミック企画系主役機と主人公による、壮絶な合体攻撃。多数の作品で採用されているが、シリーズごとに参加機体が違う。『MX』や『Z』など、一部作品では使用時にBGMが「いざゆけ!ロボット軍団」になる。
また、演出中にシャインスパークを使っている場合は、スパロボでは基本的に再現されない「シャインスパークを使ってEN切れになったゲッタードラゴン」の姿を見る事が出来る。

特殊能力[編集]

変形以外の能力は、作品によっては採用されていない。また、一人乗りに改修された場合は変形不可能になる。

変形
ゲッターライガーや、ゲッターポセイドンに変形する。
分離
ゲットマシン(ドラゴン号ライガー号ポセイドン号)へ分離する。
オープンゲット
ゲットマシンに一時分離し、敵の攻撃を回避する。回避後は元の形態に再合体。スパロボでは、大抵の場合気力120以上で発動。
HP回復
EN回復

移動タイプ[編集]

背中のマッハウイングを広げることで高速飛行が可能。

サイズ[編集]

M、L
α外伝まではM。

カスタムボーナス[編集]

第2次G
元気の印
A PORTABLE
攻撃後に変形可能
A PORTABLE
機体と武器の地形適応を全てAにする
1人乗り時。

機体BGM[編集]

「ゲッターロボ!」
TV版『ゲッターロボ』OP主題歌。続編の『G』でもOPテーマは変わらない。
「不滅のマシーン・ゲッターロボ」
EDテーマ。
「われらのゲッターロボ」
挿入歌。
「合体!ゲッターロボ」
前作『ゲッターロボ』EDテーマ。
「いざゆけ!ロボット軍団」
決戦!大海獣』OP主題歌。「ファイナルダイナミックスペシャル」使用時に流れる。

対決・名場面[編集]

原作漫画版
日本にいないゲッターロボGに、百鬼帝国の百鬼獣の総攻撃が始まる。アトランティスの遺産「ウザーラ」内部で拘束されたゲッターチームはアトランティス人によって人体改造されそうになるが、百鬼によりアトランティス人は殺される。危機を脱したゲッターチームはアトランティス人よりゲッターロボGを修復され、そして自分達の無念を晴らすよう頼まれる。怒りに燃えるゲッターチームはゲッターロボGへと乗り込む。日本を横臥無人の百鬼帝国の前に、海中からウザーラ浮上と共にゲッタードラゴンが出現。直立の腕組みでの仁王立ちに、圧倒的な威圧で百鬼帝国を恐れさせるのであった。なお、腕組みのシーンはTV版ではない。
この腕組みのシーンは「絶対の存在」として、のちにガンバスターゴッドガンダムマスターガンダムらに引き継がれるのである。また、ロム兄さんも最終話の再現とは言え、スパロボで毎回腕組んで現れるのは「絶対の存在」としてこのドラゴンの腕組みが引き継がれていると言えるだろう。スパロボのオープニングでも腕組や敵の頭を片手で掴んでいる。
「でたな ゲッタードラゴン」
ゲッターロボ・アークの最後。もはやロボットの形を成していないゲッター線の集合体であるゲッターロボGが現れ、そして未完へ……。
vsゲッターロボ
スパロボではある程度お約束の展開。敵にドラゴンが奪われ、それを抑えるために旧式のゲッターロボで不利を承知で挑まれる。Fではスーパー系第1話で発生、IMPACTでは3Dのデモムービーが入る。
vs真ゲッターロボ
α外伝より。上記と似ているが、今度はこちらが新型に挑むパターン。本来ゲッター線が弱点であるバット将軍が捨て身で操るだけあって恐るべき強敵。最後は自爆覚悟で放ってきたストナーサンシャインを捨て身で受け止め、そのエネルギーをシャインスパークで相手にたたき返した。だが、それでも動く真ゲッターを止めたのは∀ガンダムから現れた蝶の羽だった。

関連機体[編集]

原作漫画版やOVA版ではある意味「全てのルーツ」というべき機体と化しており、バリエーション機はどれもバケモノ揃い。

量産型ゲッタードラゴン
OVAに登場した量産型。
メタルビースト・ドラゴン
メタルビースト化したバージョン。コクピットの位置が移動している。
真ドラゴン
映像化作品での最終進化形。
ゲッター1
ゲッター聖ドラゴン
漫画版に登場した進化形。
巨大ドラゴン
「新」に登場した別の竜馬の搭乗機。聖ドラゴンの姿に酷似した暴虐のドラゴン。
ブラックゲッター(ゲッターロボ大決戦!版)
複数のゲッターの予備パーツで作ったゲッター。ゲッタードラゴンの上半身が使われている。

商品情報[編集]

  1. 真ゲッターロボ (原作漫画版)ではゲッター線増幅装置として改造された後に弁慶が操縦した際に腹部からも発射している。