ライガー号

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライガー号
登場作品

ゲッターロボシリーズ

デザイン 石川賢
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ゲットマシン
全長 15 m
重量 100 t
エネルギー ゲッター線
出力 25万馬力
飛行速度 マッハ1
装甲材質 合成鋼G
合体形態 ゲッターロボG
開発者 早乙女博士
早乙女博士 (OVA)
主なパイロット 神隼人
テンプレートを表示

ライガー号は『ゲッターロボシリーズ』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

スピードを重視した設計の新ゲットマシン2号機。メインパイロットは前任機のジャガー号同様に神隼人が担当するが、TV版最終回では早乙女ミチルも搭乗している。

ジャガー号よりも高出力のスリムなゲットマシンで、ゲッターライガーの頭部、ゲッターポセイドンの脚部、ゲッタードラゴンの腹部に変形する。

主武装はミサイル及びビーム砲。特にミサイルは原作第6話でメカ小竜鬼(SRW未登場)へ止めを刺す成果を挙げている。

原作漫画版では特攻百鬼獣・巨雷鬼(SRW未登場)を撃破する為の作戦により一度完全に破壊され、以降登場するライガー号は新規に作成された2機目である。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

SRWではゲッターロボG各形態へすぐに合体するケースが多く、ライガー号単体で活躍させる事が可能な作品は少ない。

合体後はゲッターロボG (ロボット)を参照。

旧シリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦第3次スーパーロボット大戦第4次スーパーロボット大戦S)、スーパーロボット大戦F
初登場作品。機体としては登場せず、変形デモの中で登場。

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦α
機体として初登場。ジャガー号と同じ運用が可能。
スーパーロボット大戦α外伝
機体として登場。ハヤトが別行動を取っているため、第1話で熟練度を取っている場合第2話で出撃することになる。シリーズ恒例ハヤトがひらめきを覚えるので、分離して終盤のボスの精神コマンド援護防御を剥がすのに役立つ。

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Z
ゲッターチェンジ・アタックやオープンゲット時の演出として登場。

COMPACTシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
ゲッターチェンジ・アタックやオープンゲット時の演出として登場。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦A
オープンゲット時の演出として登場。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦MX
ゲッターチェンジ・アタックやオープンゲット時の演出として登場。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
ゲッターミサイル

特殊能力[編集 | ソースを編集]

合体
ドラゴン号ポセイドン号と合体してゲッターロボGになる。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。

サイズ[編集 | ソースを編集]

S

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「ゲッターロボ!」
オープニング主題歌。

関連機体[編集 | ソースを編集]

ポセイドン号ドラゴン号
合体してゲッターロボGとなる。