ジャガー号

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャガー号
外国語表記 JAGUAR
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ゲットマシン
全長 15 m
重量 80 t
エネルギー ゲッター線
飛行速度 マッハ0.8
装甲材質 ゲッター合金
合体形態 ゲッターロボ
開発者 早乙女博士
早乙女博士 (OVA)
主なパイロット 神隼人
テンプレートを表示

ジャガー号は『ゲッターロボシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

高速飛行可能なスピードタイプのゲットマシン2号機。

ゲッター2の頭部、ゲッター3の脚部、ゲッター1の腹部に変形する。

TV版[編集]

当初は武装らしい武装を備えておらず、メカザウルスとの戦闘では回避に徹していたが、中盤で追加装備されたミサイルやバルカン砲により、戦闘機としての本領を発揮する事となった。終盤ではスピン・シャンデルなる急降下戦術も披露している。

最後はゲッターロケット弾による無敵戦艦ダイ攻略に失敗し、離脱する際にダイからの一斉射撃を受けて撃墜された。

漫画版[編集]

TV版と異なり、当初から或る程度の武装を備えている。隼人は最初に無理やり乗せられた際に学習装置を頭に着けられて出撃している(これは新ゲッターロボでも再現されている)。なお原作漫画版でゲッター1が炉心を出す際にここから引き出した為、これにゲッター炉心が積んであると勘違いされるが実際は他のゲットマシンにも搭載されている。巴武蔵自爆の際は直前にゲッター1の腹に穴が開いたから出しただけである。

登場作品と操縦者[編集]

大半がデモなどによる登場で、すぐに合体する為使用出来ないケースが多い。むしろユニットとして運用出来る作品の方が稀。

合体後はゲッターロボ (ロボット)を参照。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦第3次スーパーロボット大戦第4次スーパーロボット大戦スーパーロボット大戦F
ユニットとしては登場せず、変形デモの中で登場。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ユニットとして初登場。今作では分離ユニットも一定の戦闘力が与えられており、最後に合体するキャラが動かなければ、合体後も行動可能なので、回避に長けたハヤトはこの利点を活かし削り役や雑魚の一掃に持って来いといえる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
ゲットマシン3機が、きりもみ状態で急降下しながら敵めがけて一斉にバルカン砲を掃射する射撃属性の合体攻撃「ゲットマシンアタック」が追加。射程1ながらも気力いらずな上に威力が高く、その上EN消費数も僅か5と優秀な戦法でマシンが健在ならば3回攻撃可能な点が強みだが、ゲットマシンの回避率に不安が残るのが最大のネック。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
真ゲッターロボ 世界最後の日』設定。ゲッターチェンジアタック発動時の演出で登場し、他の2機と同時にバルカン砲を一斉射撃する。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
ゲッターチェンジ・アタックやオープンゲット時の演出として登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
オープンゲット時の演出として登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
ユニットとしては登場せず、変形デモの中で登場。
スーパーロボット大戦NEO
新ゲッターロボ』版。ユニットとしては登場せず、イベントシーン及び戦闘演出(オープンゲット時)で登場。

装備・機能[編集]

武装[編集]

バルカン砲
小型ミサイル

合体攻撃[編集]

ゲットマシンアタック

特殊能力[編集]

合体

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「ゲッターロボ!」
オープニング主題歌。

関連機体[編集]

イーグル号ベアー号
合体してゲッターロボとなる。