ゲッター2

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゲッター2
外国語表記 Getter 2
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 地上活動用ゲッターロボ
機種 ゲッターロボ
全高 38 m
重量 200 t
動力 ゲッター炉心
エネルギー ゲッター線
出力 66万馬力
走行速度 マッハ3
地中進行速度 300 km/h
装甲材質 ゲッター合金
別形態 ゲッター3
ゲッター1
開発者 早乙女博士
所属 早乙女研究所
乗員人数 3名
主なパイロット
【メイン】
神隼人
【サブ】
巴武蔵
流竜馬
テンプレートを表示

ゲッター2は『ゲッターロボシリーズ』の登場メカであり、『ゲッターロボ』の主役メカの一形態。

概要[編集]

ゲッターロボ地上地中用形態。

上から順にジャガー号、ベアー号、イーグル号の組み合わせで合体することでこの形態になる。 メインパイロットは神隼人

TV・原作版では、右腕にアーム、左腕にドリルだが、OVA版では左右逆についている。

両脚のふくらはぎ部分に収納可能な飛行ブースターを内蔵しており、これを用いたゲッタージャンプで空中に飛び上がった後、自由落下で敵めがけてゲッタードリルを突き立てる戦法を得意とする。また、同ブースターは短距離・短時間ならば空中飛行および空中制止も可能で、主にオープンゲット時に多用していた。

ゲッタービームはゲッター1のみの武装と思われがちだが、原作漫画では本形態でもゲッタービームを眼部から発射できる。ただし、スパロボでは再現されていない。

登場作品と操縦者[編集]

分身持ちでドリルを使い、地中を掘り進む事も可能だが、の敵には弱い。多くの作品において、高い移動力と地中潜行能力を使って、屋外マップで敵の攻撃の的にならずに切り込むのに用いられる。スーパー系の割に装甲が薄いゲッターにとって役立つ能力。ただし装甲はそんなゲッターの全形態で最も脆い傾向にある。運動性は最も高いことが多く、ゲッタービジョンを始めとする分身系技能を持つこともあるが、回避しきれず直撃弾を喰らえば致命的なダメージを受けることとなる。

『A』以降からはオープンゲット特殊能力に追加され、ゲッタービジョンと合わせて尋常でない回避力を見せる。これはゲッター2系機体の伝統となった。なお、漫画版で披露したゲッタービームは未だ再現されていない。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
移動力は高いが装甲の薄さと攻撃力の低さが弱点。PS版はドリルストームが移動後有射程武器。
第2次スーパーロボット大戦G
対空武器が適正Cのドリルパンチのみ。
第3次スーパーロボット大戦
プロトゲッターから乗り換える。宇宙では攻防ともにゲッター1に軍配が上がり、陸戦でも、ゲッター3の方が射程・命中・打たれ強さ・攻撃力で勝っているため、気力130で発動するゲッタービジョンもアドバンテージにならない(その状態なら他の2形態はもっと強くなっているので)。決して弱くは無いが、移動専用ユニットだろう。
第4次スーパーロボット大戦S
序盤戦の主戦力。ゲームシステム変更により使いやすさが大幅に増した。陸ユニット相手ならゲッター2で。
改造が引き継がれるようになったのは本作からだが、ドリルパンチの改造は真ゲッターに引き継がれないので無駄となる。
スーパーロボット大戦F
どういうわけかサイズM。武器改造引き継ぎは複雑なので注意。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
基本的な要素は概ね今までのシリーズと変わらないのだが、今回はユニットが多い上に飛び道具でも地形適応が千差万別なので要注意。回避性能はまあまあだが攻撃力が低く他の形態ほど当てにはできない。だが今回の仕様上、攻撃力が低いとその分取得経験値が上がるため、調整してボスのトドメをこの形態でさすのも一つの手。後継機のゲッターライガーにはドリルストームしか改造状態が引き継がれない点に注意(引き継ぎ先はドリルアーム)。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
攻撃力がアップ。地上戦の不得手なユニットの多い序盤に活躍が見込める。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
OVA版で登場。隼人がエースボーナスを取得すると分身発生確率が跳ね上がる。真ゲッターに改造を引き継ぐので安心。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
雑魚戦は主にこの形態で行うが、取り分け回避が高いというわけではないので慎重に扱いたい。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
射程の長さから援護面でも活躍可能。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
強さはそこそこ。ゲッター1の燃費が悪いので出番は多い。
スーパーロボット大戦IMPACT
オープンゲットとあわせて75%の回避率を誇るので強い。第1部の雑魚掃除担当。今回初実装のゲッターチェンジアタックだが、非P属性で射程1なので使い辛い。地中から敵ボスに隣接し次ターンで援護攻撃メインで使用するのがベターだろうか。

携帯機作品[編集]

スーパーロボット大戦A
初のオープンゲット回避能力を得る。同時にゲッタービジョンの発動条件も満たせるため、気力130以上だと敵の命中率は表示値の1/4扱いになり、下手なリアル系よりも断然避けてくれる。武装面では、低燃費・有射程P属性の格射武器であるドリルストームが機体コンセプトと合致しているため、切り込み役としては申し分ない。
ミノフスキークラフトを付けて空中の敵への適応力を上げようとしてもパイロットの隼人の空適応がDなのでただ弱体化するだけだが、浮いていても地形適応が宇宙扱いとなる月や要塞内部ならば悪い選択ではない。
ゲッター1が1人乗りになると使用不能になる。
スーパーロボット大戦D
OVA版ゲッター2が参戦。プロローグで若い隼人が乗るほか、後々で隼人がパイロットに復帰した場合も乗り換えられる。
OVA版だが、ゲッターアームとゲッタードリルが左右逆になっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
ゲッターチームを選択した場合に自軍ユニットとして登場する。
スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦X-Ω
UC・SRのアタッカー。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ゲッタードリル
左腕のドリルで直接攻撃。原作アニメでは「ドリルアーム!」の呼称で使われていた。
ドリルパンチ / ドリルミサイル / ドリルロック
ドリルを切り離して発射する。TV版やOVA版ではドリル部だけの発射だが、漫画版では更に基礎部分も合わせての発射になる。
OVA版では「ドリルミサイル」の名称、漫画版では「ドリルロック」の名称。
ゲッターアーム
右手の万力型アームで攻撃する。
ゲッター線銃
物語終盤で万力内部に取り付けられた、言わばゲッター2専用の「ゲッタービーム」。再生能力を有するメカザウルス・ヤモ(SRW未登場)を完全に消滅させる程の威力を誇る。

[編集]

ドリルストーム
ドリルで竜巻を起こし攻撃する。
ゲッタービジョン
高速移動による残像現象で分身を作り出し、敵を幻惑する。
ゲッターマッハ
分身を伴わぬ高速移動モードで、陸上のみならず空中から急降下する際にも使用可能。
ゲッターチェンジアタック
各ゲッターの形態による連続攻撃。
ゲッタービームや大雪山おろしのような大技を持たず、ボス戦での出番が少なかったゲッター2もこの技の実装により火力面が強化された。初期はゲッターライガー真ゲッター2に乗り換えてもゲッター2系列がフィニッシュ担当が多かったが、MX以降トドメ役はゲッター1系列が務めることも増えている。

特殊能力[編集]

ゲッタービジョン
分身
変形
ゲッター1ゲッター3へと変形する。
分離
オープンゲットイーグル号ジャガー号ベアー号に分離する。特殊能力としての採用は一部のみ。
オープンゲット
分離して相手の攻撃を回避し、即座に再合体する。気力120以上で発動。
EN回復
Dで装備。

移動タイプ[編集]

地中
テレビシリーズでは足首のブースターで飛行可能だが、再現されていない。

サイズ[編集]

M
大半の作品ではこちら。
L
『第2次Z』。

カスタムボーナス[編集]

ビームバリアジェネレーター
第2次G。ビーム攻撃を反射する。
攻撃後に変形可能
A PORTABLE
移動後に『変形』可能
第2次Z破界篇

関連機体[編集]

プロトゲッター2
ゲッターライガー
真ゲッター2

余談[編集]

  • ゲッターロボ大決戦!』では攻撃力は控えめなものの、3形態中最も低燃費で戦える形態となっている。特に母艦がおらずゲッターエネルギーは自然回復に任せるしかない序盤戦では生命線と言っても過言ではない。

商品情報[編集]