ゲッターチーム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲッターチームとは「ゲッターロボシリーズ」において、ゲッターロボを構成する3機の小型戦闘機・ゲットマシンのパイロット3人を指すユニット名。

媒体によっては、早乙女ミチルらサポート要員を含めて総称するものも有る。

学生、軍属、アウトローと媒体によってパイロットの設定が変化するのも特徴。

SRW登場のゲッターチーム[編集]

イーグル号に該当する1号機、ジャガー号に該当する2号機、ベアー号に該当する3号機の順に各機のパイロット名を記す。尚、「チーム」というカテゴリ上、単独操縦機であるブラックゲッター等のパイロット名は割愛する。

流竜馬神隼人巴武蔵
所謂「初代ゲッターチーム」。熱血漢のリーダー、クールなリアリスト、ムードメーカーの巨漢という布陣で構成された基本形だが、TV版『ゲッターロボ號』以降は必ずしも当て嵌まらない法則である。SRWに於いては高確率で武蔵が途中退場、或いは生存しても後輩の弁慶に後釜を譲ってしまう為、無条件で最後まで3号機パイロットとして使える『第2次第2次G)』の存在は貴重。『第3次』の序盤では、このメンツでプロトゲッターロボにも搭乗する。
流竜馬神隼人車弁慶
武蔵の戦死により再編成された「新生ゲッターチーム」。SRWでは圧倒的にこの布陣が多く、最もユーザーに馴染みの有るメンツであろう。最大のトピックはやはり、平成の世に誕生した真ゲッターロボに、昭和ゲッターチームの彼らが搭乗する事である。また、『第3次α』では戦闘アニメの演出上とは言え、遂にゲッターエンペラーとの共演まで果たすという快挙を達成している。
巴武蔵神隼人車弁慶
第2次α』スーパー系ルート序盤で見られる、SRWオリジナルの特別編成。久々にゲッターGを駆る武蔵の勇姿が拝めるかと思いきや、ゼンガー、クスハ両ルートともゲッターライガーにガッチリ固定され変形不可能。以後、武蔵の愛機は竜馬と交代する形でブラックゲッターに……。
流竜馬(原作漫画版)、神隼人(原作漫画版)、車弁慶(原作漫画版)
漫画版『ゲッターロボG』から『真ゲッターロボ』中盤にかけてのゲッターチーム。現時点では『』のみの登場。グラフィックは故・石川賢氏の描き下ろしで、攻略本などの関連書籍には設定画も掲載されている。本編では隼人のみ序盤から出番が多いものの、チームとして本格的に活躍するのは後半以降。ルートによっては最終話の数話手前まで竜馬&弁慶が登場しないので、シナリオ的な扱いは最悪。声はTV版キャストが担当。余談だが石川氏による学年誌版では、恐竜帝国との最終決戦はこのメンバーで行われた。
流竜馬 (OVA)神隼人 (OVA)車弁慶 (OVA)
携帯機の『D』で参戦を果たすも、それ以外では原作OVAを考慮して非戦闘キャラとしての役割を担う事もあり、作品によって立ち位置にブレがあるのは否めない。『第2次Z再世篇』以降のSRWシリーズでは、この先輩チームとの後輩チームの二組編成が基本になっている。
流竜馬 (OVA)神隼人 (OVA)巴武蔵 (OVA)
携帯機の『D』では武蔵がスポット参戦という扱いでプロローグで使える(ただし3人とも単独でゲッターに乗っている)。『第2次Z破界篇』『T』ではメインで運用可能。
流竜馬 (OVA)神隼人 (OVA)武蔵坊弁慶
新ゲッターロボ』におけるゲッターチーム。同作では「巴武蔵」及び「車弁慶」が存在せず(あるいは2人が統合されて)「武蔵坊弁慶」となっている。
クールなリーダー、熱血漢の女性キャラ、巨漢という珍しい組み合わせ。しかし組み合わせ以上に號と渓はその出自自体が異端とも言える。
早乙女博士 (OVA)コーウェンスティンガー
異色の科学者トリオ。もっとも乗ってるのがメタルビースト・ドラゴンで3人ともインベーダーなので、ちゃんと操縦しているのか疑問ではあるが。
一文字號橘翔大道剴
所謂「ネオゲッターチーム」。OVA『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』準拠の設定ゆえ、原作漫画版ともTV版ともキャラは異なる。
一文字號(原作漫画版)、橘翔(原作漫画版)、大道剴(原作漫画版)
漫画版『ゲッターロボ號』に於けるゲッターチーム。SRW以外でのゲームメディアではPSソフト『ゲッターロボ大決戦!』に登場済み。
紅丸バン子、緑川タケヲ、白夜行ツツノ
ゲッターロボ牌』に於けるゲッターチーム。

関連用語[編集]

ゲッターロボ (兵器)
ゲットマシン
早乙女研究所
新早乙女研究所