2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ブラックゲッター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ブラックゲッター
外国語表記 Black Getter
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 改造型戦闘用ゲッターロボ
全長 38m
重量 245 t
動力 ゲッター炉心
エネルギー ゲッター線
装甲材質 ゲッター合金
原型機 ゲッター1
パイロット 流竜馬
テンプレートを表示

ブラックゲッターは『真ゲッターロボ 世界最後の日』の登場メカ

概要[編集]

月面に飛ばされた流竜馬が放置されていたゲッター1を改修した機体。分離合体機能を外した分ゲッター1よりも能力は高く、パイロットの腕もあってか格闘武装の使用頻度が高い。ある意味では『世界最後の日』での竜馬のイメージを投影したゲッター1と言うべきかもしれない。

ブラックゲッターの名の由来は、月から地球へ降り立つ際に大気圏突入時の高熱により塗装や装甲が黒く焦げた事から。そのため本来は竜馬がつけた別の名前があった可能性もある。見た目は悪役そのものであり、顔を覆った無骨なフェイスガードに良く動く赤い瞳と、他のゲッターロボよりも凶悪な印象を与える。

パワーだけならゲッタードラゴンを超えているが、真ドラゴンと戦いの際、真ドラゴンにエネルギーを吸い尽くされて、海に落ちた。その後、回収された事が確認されているが、既に竜馬達は真ゲッターに乗り換えていたため、ガニメデを破壊する際に地球に置き去りにされた。

余談だが、このブラックゲッターを筆頭にOVA版のゲッターの基本は肉弾戦にあり、制作スタッフは「ビームを使うよりも、拳や足で殴ったり蹴ったりする事がロボアニメだ」と述べている。実際、原作漫画のゲッターの戦いも肉弾戦が主で、飛び道具はあまり使ってはいなかった。

後の『新ゲッターロボ』のゲッター1も肉弾戦を得意とし、このゲッターの戦い方が引き継がれている。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

αシリーズでは機体のみのゲスト参戦で、『ゲッターロボ』が出典となっている。

第2次スーパーロボット大戦α
スパロボ初参戦。前作(『α外伝』)までのゲッターロボを改造した機体というオリジナル設定。
スーパー系主人公では竜馬が乗って登場するが、基本的には武蔵の乗機。小隊攻撃のゲッタービームが何気に使いやすい。大雪山おろしはイベントのみで使用。スーパー系で武蔵が生き残ると、3人乗りになって竜馬達も乗れるようになる。
ゲッタードラゴンより運動性が高く、ゲッターストラングルの攻撃力が結構高く、シャインスパークに迫るほどである。真ゲッター入手まではゲッターチームのつなぎとしてはこちらに乗せてもいい。
第3次スーパーロボット大戦α
中盤、隠し要素の条件を満たせば3人乗りの状態で入手。しかし、ルートによっては第1話から真ゲッターが使える上に、ゲッターGしか使えない時期に入手できないのが痛い。小隊編成コストの問題で、ゲッターチームを小隊員として使いたい時くらいしか出番が無い。
しかも条件が早乙女ミチルの撃墜数絡みなので、入手にも一苦労する。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
中盤に竜馬が搭乗して参戦する。竜馬が真ゲッターに乗り換えた後も3人乗りとして機体自体は残るが、搭乗できるのが竜馬・隼人弁慶のみであるため、活用するなら高性能な真ゲッターを捨てることになってしまうのが悩みどころ。
とはいえ、竜馬のエースボーナスとカスタムボーナスで数値以上の攻撃力を出し、気力EN消費は少なく、強化パーツも三つ装備可能で柔軟性はあるので使い勝手は悪くない。戦闘アニメーションの出来が中々良く、動きは硬いがカメラワークやスロー、止め絵を使った見せ方が非常に巧く、機体や竜馬のカットインの使い方の良さと合わせ外連味のあるスーパーロボットらしい魅力と迫力に溢れている。それを見るために手を入れるのもまた一興か。
なお、武器構成は前作のゲッター1と似通っているが、マシンガンがなくなったためか、何故かゲッタービームが移動後使用不可の射程5になった(他にもブーメランおよびトマホークは射程が1伸び、スパイラルゲッタービームは逆に1減った)。
ちなみに本作のブラックゲッターは竜馬がタイムスリップしてから僅か1週間以内で廃棄されたゲッターを修復して完成させたらしい。なお、このゲッターは陰月にあるゲッターロボの墓場にあった物である。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
再び一人乗りに改装し竜馬が搭乗して序盤から参戦する。今回も強力なカスタムボーナスは健在かつ全体攻撃の使い勝手が良い。今回、改造は真ゲッターに引き継がれるので安心して改造して良い。
真ゲッター参戦後も本機も残るので、引き続き竜馬を本機に乗せても終盤まで息切れせずに活躍できる。今作では真ゲッター1の陸の地形適応がAなので、本機の段階で竜馬のの地形適応を上げていれば乗り換えても無駄にならない。…最大の問題は初登場時にボン太くんと組まされるせいで強制的に陸Bで戦うハメになる事だが(これを防ぐにはバンダイチャンネルコラボキャンペーンかエンターブレイン刊の攻略本付属のDLCコードを使うか、周回プレイを繰り返してフライトモジュールかアサルトブースターを引き継ぎ、あらかじめボン太くんにパーツが引き継がれるアーバレストに装備させるしかない)。
なお、今回も真ゲッター参戦後にロジャーカレンの訴えでAGの手によって3人乗りに改装される。ちなみにこの2人はお約束とも言うべきか、最低の烙印を押される……。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
プロローグでは真ゲッターが登場しているが、竜馬はこの機体で本編参入する。参入は蒼の地球ルート。改造は真ゲッターに引き継ぐ。
何の説明も無く当機も残り、中盤で竜馬が暴走した際に敵として登場する。やはり性能は相応に変化しており、特に燃費と命中補正が凄まじい事になっている。幸いボス級の敵は他に登場しない為精神コマンドをフル活用して早急に落としてしまおう。
演出的に名称に無理があったのか、ゲッタースパイクブレードが「ブラックゲッターストライク」に変更されている。他は殆ど変化なし。
シナリオが進む毎に真ゲッターとの火力差が開く(単機最大攻撃力だけでも1100も開く)一方である為、愛が無ければ真ゲッター加入後はそのまま倉庫番の可能性が高い。
バグが仕様かは不明だが、真ゲッター参入後にゲッターチームを乗せると3人のエースボーナスが全部適用される。しかし、特別硬いとも速いとも言えず分身も無いブラックゲッターに適応されても旨みが薄いのが難点。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
前半にNPCの竜馬がスポット参戦した後、まずは竜馬機として仲間に。すぐに隼人もゲッターチームに復帰し、その後3人乗り状態で乗り換えられるようになる。
高い攻撃力を持ち真ドラゴン再入手まで使っていけるが、変形オープンゲットができない。何故か原作で共闘している真ゲッターロボとは無いのに、ゲッター1との合体攻撃が存在する。威力はまずまずだが、真ゲッターロボを捨ててまで使うかは微妙。ブラックゲッターは基礎攻撃力が高い為、合体攻撃の攻撃力があまり元の武器と変わらない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
またもや竜馬を乗せて第5話から参戦。
性能・武装・戦闘演出は『第3次Z』と変化なしだが、移動力は5に落とされており「短射程の癖に移動力が無い」と言う悩ましい事になってしまっている。
また燃費が異常に悪く、EN回復も備えていない為ガス欠の頻度も高い。序盤は補給装置持ちすらいないのでプロペラントタンクの常備は必須。
余談だが今回はゲッターロボのいない世界で組み立てられている。さらに、今回は製作地で合流するため一度も大気圏突入してないのに黒い。新作の度に明らかに規模がおかしくなってきている。
またスクラップの状態から修復、改造を行っているためZシリーズと異なり1~2年かかっている(真田志郎の聴取で今の年代を問われた竜馬が「0082か、0083だろ」と答えている)。
真ゲッターに乗り換えると武器の攻撃力が全て+200される。
スーパーロボット大戦DD
公式サイトで確認。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ゲッターレザー
腕部のカッター。
ゲッターロボ名義で使用。戦闘演出がどう考えても殴っているように見える。P武器で気力上げには重宝する。
ゲッタービーム
腹部からゲッター線を照射する。
αシリーズではPLA武器。『D』ではブラックゲッター単独での最強武器。
ゲッタートマホーク
肩に収納されている小振りの斧。
『D』ではコンボ対応武器。『第2次Z再世篇』ではニューヨークでのメタルビースト戦での動きの再現。
ゲッターロボ名義では武装に入っていないが、ゲッターストラングルの時に使う。

オプション装備[編集]

ゲッターマシンガン
ゲッター1の改修機のため装備しているのだが、劇中未使用。後述のように、『第3次Z』のゲッタースパイクブレード(ブラックゲッターストライク)で使用している。

[編集]

トマホークブーメラン
ゲッタートマホークを投げ付けて攻撃する技。
ゲッター1と同じ動作である。『第2次Z再世篇』ではニューヨークでの登場時に見せたカットインが入る。
スパイラルゲッタービーム
広げたマントの隙間からゲッタービームを拡散して放つ。
ゲッタースパイクブレード/ブラックゲッターストライク(第3次Z天獄篇、V)
ブラックゲッターを象徴する武装。スパイクが付いた拳で敵を殴りつつ、ブレードで敵を切り刻む。
基本的にゲッターレザーはあまり必要性の無い武器だが、ブラックゲッターは主力武器の一つである。『第2次Z再世篇』では必殺武器扱いで、トドメにゲッタービームでなぎ払う。初登場時に見せたオウムガイ型メタルビースト惨殺シーンがカットインで再現されている
第3次Z時獄篇』では演出が変わり、トマホークブーメランの乱れ打ちからスパイクが付いた拳で敵を殴りつつブレードで敵を切り刻み、止めにゲッターマシンガンで〆る物に変化した。
演出的にあまりスパイクで殴るシーンが無かった為なのか、『第3次Z天獄篇』や『V』では上記の通り名称が変更されている。
ゲッターストラングル
αシリーズで使用。敵を殴って蹴ってトマホークで斬ってゲッタービーム。内容的には『D』のスパイクブレードに蹴りとトマホークとビームが入った感じ(こちらの方が先なので、これらを抜かしたのが『D』のスパイクブレードになるが)。
大雪山おろし
αシリーズで使用。武蔵が乗っているので普段から使えても良さそうなものだが、機体に負荷がかかる為か、イベントのみの使用に留まっている。

合体攻撃[編集]

D』のみ。どちらもゲッター1と行う。

ダブルゲッタートマホーク
ゲッター1と一緒にトマホークで敵を切る。
ダブルゲッタービーム
二体のゲッターがゲッタービームを放つ。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
EN回復(小)
D』のみ。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M
第2次Z』以外
L
『第2次Z』

カスタムボーナス[編集]

「武器の地形適応が全て『S』になる」
第2次Z再世篇』、『第3次Z』、『V』でのボーナス。竜馬のエースボーナスと相まって、全体的な攻撃力の底上げに一役買ってくれる。
第3次Z時獄篇』、『V』では序盤から参戦するため早めに改造しておくことでSRポイントを獲得しやすくなる。

機体BGM[編集]

「HEATS」
第2期OPテーマ。
「ゲッターロボ」
αシリーズではTV版OPテーマ。

対決・名場面[編集]

死闘!! 血に染まる氷原!
北極に住む大勢の住人を生きたまま取り込むインベーダーは、更にゲッター線収集装置を取り込む事でオウムガイ型メタルビーストとなった。辛うじてらが救った少女レアンヌの兄フレッドもその体内に取り込まれていた。
「やめて! 兄さんを殺さないで!!」と懇願するレアンヌの姿、そして「俺を…殺してくれ…!」と呻き苦しむフレッドの言葉もあって、渓は何とか取り込まれた住人を救出できないかと戸惑い、その意志を受けたも攻撃に踏み切れず、結果的に真ゲッター1はピンチに陥ってしまう。
その時、上空からメタルビースト目掛けてトマホークが投げつけられ、無数のビームを浴びせながらブラックゲッターが降り立つ。メタルビーストは装甲を展開し取り込まれた人々を盾にするものの、ブラックゲッターは取り込まれた人々ごとスパイクで容赦なくメタルビーストを叩き潰していき、最後にはゲッタービームでメタルビーストの残骸を寄生された住民の亡骸もろとも消滅させるのだった。
どうにもならなかったと分かっていながらも、納得の出来ない渓は、真ゲッターから降りてブラックゲッターに「何か手があったかもしれないだろ!」と叫ぶが、ブラックゲッターは意に返さないかの様に飛び去って行った。
殺すしか手段がなかったとはいえ、極悪非道と見られても仕方ない描写であったので良くも悪くも今作の竜馬の人間性や作風の違いを表すシーンとして有名。…とはいえ流石にやり過ぎと判断したのか、『新ゲッターロボ』における竜馬はと化した人間に対して助けられないことを後悔したり戸惑ったりする等の反省部分が見られる。
なお、このブラックゲッター初登場時における展開は石川賢作品からではなく、同じダイナミックプロの永井豪作品である『デビルマン』のジンメン編を思わせるものとなっている。

余談[編集]

  • PSゲーム『ゲッターロボ大決戦!』にも同名のゲッターが登場するが、デザインは黒を基調にしている以外は全く異なり、研究所の余剰パーツで組み上げた急造の一人乗り専用の機体という設定になっている。顔と下半身は真ゲッター1、胴体はゲッタードラゴン(このため同作の真ゲッター1と異なり頭部からゲッタービームを発射している)、ゲッター號の左腕とキャノン、右腕がドリルとなり、OVA版と同じマスクを付けている。
    • 性能面は急造の寄せ集めにしては強く、基本性能は真ゲッター並の高性能機。ただし分離能力が無く、ほぼゲッター1系のパーツで構成されているにも関わらず飛行能力が無いため機動力に欠ける。またこのゲームでは3人乗りのロボはパイロットステータスにボーナスを受けるが、この機体は一人乗りのため真ゲッターには総合的な強さで劣る。
    • 同作アンソロジーでは敷島博士が主人公(男女ともに登場)に使うパーツを的当てで決めさせる作品が存在する。
    • 実は、これはOVA版での没になった設定とデザインである。何故、ゲームに採用したのかは不明だが、真・ゲッター1も『世界最後の日』デザインになる裏技がある(方法も『世界最後の日』の設定にちなんだもの)ため、密やかなコラボとも取れる。

商品情報[編集]