紅蓮弐式

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
紅蓮弐式
読み ぐれん にしき
外国語表記 GUREN Type-02
登場作品

コードギアスシリーズ

デザイン 中田栄治
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 日本製KMF(第7世代ナイトメアフレーム相当)
全長 4.51 m
重量 7.5 t
動力 コアルミナス
エネルギー エナジーフィラー
推進機関 高機走駆動輪(ランドスピナー)
開発者 ラクシャータ・チャウラー
所属 黒の騎士団
主なパイロット 紅月カレン
テンプレートを表示

紅蓮弐式は『コードギアスシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

インド軍区のサイバティックの権威、ラクシャータ・チャウラーが開発した日本で最初のナイトメアフレーム(KMF)。

ブリタニア軍の最新鋭KMFランスロットに匹敵する総合性能を誇っている。略して「紅蓮」と呼称されることもある。

朱色の人型で、鬼の爪を想起させる銀色の爪を持った右腕が印象的。これが紅蓮弐式の特殊装備「輻射波動機構」で、高出力のマイクロ波を掌から放射し、相手を加熱し機体と搭乗者両方にダメージを与える武器である(原理的には電子レンジと同じ)。また、人体を模範とした柔軟な稼動領域を有しており、軽快な運動性能を発揮する。参考になったKMFはブリタニア帝国の未採用となった「ガニメデ」と思われる。また、本機は非常に拡張性に富んだ構造をしており、常に最新技術を導入しブラッシュアップできるよう設計されている。

キョウト六家が開発したものが、黒の騎士団に引き渡された。黒の騎士団の指導者ゼロから、紅月カレンに託されて様々な戦場を駆け抜けていくこととなる。

紅蓮弐式甲壱型腕装備[編集]

『R2』で登場した姿。ブラックリベリオンの際にランスロット・エアキャヴァルリーにより右腕を損傷したため、応急処置として「甲壱型腕」を装備している。輻射波動機構は備えているものの、あくまでも応急処置の代替品であるためか性能は劣化している。また、爪が三本になったために格闘能力そのものも低下しており、全体的にパワーダウンが否めない。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。格闘戦に強い点は原作通りで、気力115で使用できる輻射波動機構も最初から持つ闘争心の恩恵で直ぐ使用可能。但し、カレン自身が回避系の精神コマンドを未所持なので、特殊効果を持つ相手には注意したい。なお、本作ではフロートユニットなしで宇宙で活動できる(ただし機体の適応はB)。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
通常タイプはプロローグ「ブラックリベリオン」でのみ使用可能。中東・クメンルートを通った場合は甲壱型腕を装備した姿で登場し、「百万のキセキ」で可翔式に強化される。甲壱型腕装備時はきっちり攻撃力が低下している。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
第2章7話サブミッション「黒の騎士団を名乗る女」にて初登場、そのまま参戦する。相変わらずカレンが避ける気のない精神構成な上「鉄壁」もない為、「輻射障壁」が防御時にしか発動しないことを含めかなり打たれ弱い。「輻射波動機構」は最強武器に珍しく「ヒット&アウェイ」特性を備える。必要気力110で攻撃力も高く、これを活用した運用をしたい。
Ver.1.02パッチにより武装が強化された。特に「対地」特性が追加された「グレネードランチャー」は地上ステージに置いて本機の生命線となり得る。
スーパーロボット大戦X-Ω
UCとSSRが存在する。タイプはどちらもシューター。SSRはアビリティとして輻射障壁とガード、底力を持ち、精神スキルで鉄壁と根性を覚えるためリアル系としてはかなりタフ。攻撃面は精神スキルの魂、必殺スキルの輻射波動機構によって一撃必殺のダメージを叩き出す。また、2015年12月のクリスマス限定ガシャではサンタコスのカレンがパイロットを務めるバージョンが登場。こちらはSSRのアタッカーで、輻射波動機構が放射型になっているため制圧力に長けるほか、ガードの代わりにWAVEごとにHPが回復する「聖夜の奇跡」を持つ。Ver.2.0アップデート後はファイタータイプ(SR・SSR。SSRはレアリティ覚醒可能)が追加。
フロートユニット非装備のKMF共通の欠点として陸以外の地形適応が劣悪なので、出撃前の地形の確認と強化パーツでの補強は必須。
2019年10月より「Sチップガシャ・ゴールド」でのみ入手可能な大器型SSRブラスターが追加。排出率は0.001%。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド3より参戦。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

グレネード弾
左腕に装備されている射撃武器。
OE』『DD』では「グレネードランチャー」表記。『OE』では「曲射」「対地」特性。『DD』ではR必殺技に採用。
呂号乙型特斬刀(ろごうおつがたとくざんとう)
左腕に装備されている十手あるいは釵(サイ)のような形状の短刀で、特殊鍛造合金製。ワイヤーで繋がれており、近接戦闘で威力を発揮する。
対空演出ではブーメランのように投げつけるが、実はノーマルと甲壱型腕で微妙にデモが違う。
『OE』では「押出」「ガードアーム」特性付き。『DD』ではSR必殺技に採用。
飛燕爪牙(ひえんそうが)
左胸部分に1基のみ装備されているスラッシュハーケン。
『OE』では「ヒット&アウェイ」「エスケープ」特性付き。『DD』では通常攻撃に使用。
輻射波動機構(ふくしゃはどうきこう)
右腕の鉤爪に装備された高周波のマイクロ波発生装置。まず、腕にカートリッジを装填した後に右腕で相手を捕捉する。そして、高出力のマイクロ波を放出させることにより相手を熱し爆発させる。また、輻射波動は相手に密着して捕らえるだけでなく、常に放射することで砲撃を受け止めることもできる。
また、輻射波動機構を装備している関係上、右腕が左腕よりもやや長く、リーチの長さを生かして鉤爪で斬りつけたり殴ったりと、格闘戦においても役立つ。
劇中ではこの装備でジェレミアが搭乗するサザーランドを撃破した場面が印象深い。詳しくは対決・名場面の欄を参照のこと。
『OE』では「ヒット&アウェイ」「ファイヤ」特性付き。『DD』ではSSR必殺技に採用。

必殺技[編集]

飛燕連撃(ひえんれんげき)
『DD』におけるSSR必殺技。
グレネードを2発撃ちこんだ後に空中から飛燕爪牙で強襲、ワイヤーを巻き取り一気に間合いを詰め右腕の鉤爪で切り裂いたあとに至近距離でのグレネードで追い討ちをする。
攻撃に使用する武器の割合から実弾属性のように見えるが斬撃属性なので注意。
爪(突進)
X-Ω』での必殺スキル。
輻射波動機構(放射)
X-Ω』での必殺スキル。

特殊能力[編集]

剣装備
呂号乙型特斬刀で切り払いを発動。
輻射波動
腕の輻射波動を正面に展開することでバリアを発生させる。気力110以上で発動し、ENを10消費し全属性の攻撃を1500軽減。
『OE』では「輻射障壁」表記。気力制限はないものの、防御時のみの発動となる。
DD
『DD』における必殺ユニットパーツ装備時のメインアビリティ。
アビリティ 効果 パーツ
R ガッツ I HPが25%減少する毎に、攻撃力が4%増加する。 グレネードランチャー
SR 逆襲 II HPが30%以下の時、攻撃力が7.5%増加し、反撃時に50%の確率で先制攻撃を行う。 呂号乙型特斬刀
SSR 輻射波動ダメージ 攻撃力が7.5%増加する。さらに必殺技命中時、2アクションの間、敵ユニットの防御力を15%減少させる。 輻射波動機構
紅蓮弐式起動式 攻撃力・照準値が5%増加する。さらに斬撃属性のブレイクゲージ減少量が50%増加する。 飛燕連撃

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

2/S

カスタムボーナス[編集]

『輻射波動機構』の攻撃力+500
第2次Z』で採用。唯でさえ高い攻撃力がさらに上がり、カレンのエースボーナス及び魂と併せて攻撃面では自軍最強の一角となる。

機体BGM[編集]

「Previews notice」
「Nightmare」
OE』で採用。

対決・名場面[編集]

サザーランド
ナリタ攻防戦にて強敵ジェレミアが搭乗するサザーランドを輻射波動機構で撃破した。なお、サザーランド撃破時にジェレミアは迷台詞「ぽぺ……」を残している。
第2次Z破界篇』においても、ジェレミアが乗るサザーランドを輻射波動機構でトドメを刺すと、原作どおりに言ってくれる。

関連機体[編集]

紅蓮壱式
インドで開発された試作KMF。外見は輻射波動機構が無い以外は弐式とほぼ同じ。設定上は初期から存在していたが、全貌が明かされたのは外伝『双貌のオズ』が初出。SRW未登場。
月下
紅蓮の量産型。といっても性能はほぼ変わらないほど高い。
紅蓮可翔式
飛翔滑走翼と新しい右腕を装備した形態。
紅蓮聖天八極式
ブリタニアに鹵獲された後、全面的な改造を施された姿。
紅蓮特式
劇場版『コードギアス 復活のルルーシュ』に登場。
ガニメデ
KMF開発競争で製作された試作機。採用は見送られたが、本機にはその技術が生かされている。
白炎
外伝『双貌のオズ』の主役機の一つ。紅蓮壱式をベースとした改良機で紅蓮の同型機に当たる。
紅蓮弐式改
NDS版『コードギアス 反逆のルルーシュ』に登場したゲームオリジナル機体。輻射波動機構を有線操作で飛ばすことが可能になっている。SRW未登場。

商品情報[編集]