ブラックリベリオン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ブラックリベリオン(Black Revelion)とは、『コードギアス 反逆のルルーシュ』劇中で起こった事件。

概要[編集]

行政特区日本の記念式典で神聖ブリタニア帝国第3皇女ユーフェミア・リ・ブリタニアによって引き起こされた日本人虐殺をきっかけに起こった日本側の反乱。

皇暦2017年12月10日に行なわれた行政特区日本の記念式典でユーフェミアの要請に応じてゼロが現れ、彼女と会談を行なった後、突然の彼女の虐殺命令で会場は惨劇の舞台と化した。会場周辺のブリタニア軍は黒の騎士団によって壊滅し、ユーフェミアもゼロに射殺されたことで虐殺は終わったが、事態はこれだけにとどまらなかった。それまでユーフェミアは日本人の前に頻繁に姿を現し、彼女の人柄や思想に共感した彼らは彼女に希望を抱いて行政特区日本に参加したのだがこの虐殺はそれを根底から覆すものだった。希望は憎悪と怒りに変わり、ユーフェミアが死んでもそれは衰えるどころか一気に爆発したのである。

一方、ブリタニア側もエリア11総督のコーネリア・リ・ブリタニアは妹があのような惨劇を起こすはずがなく、ゼロや黒の騎士団がなんらかの手段で罠にかけたと信じ込んでいたため、ゼロを許そうとしていたユーフェミアを無残に殺した彼らを憎悪しており、士気は高かった。

戦闘は鹵獲した大量のサザーランドを主戦力とする黒の騎士団側が数の上で有利だったが、その兵員は現地で抱えた志願兵が中心だったため、規模は大きくともその実態は寄り合い所帯の軍勢に過ぎなかった。そのため、ブリタニア側の堅固な防衛網をなかなか突破出来ず、開戦当初から膠着状態に陥っていた。しかし、ゼロの策略によってトウキョウ租界の基盤を支える地下基礎が爆破され、総督府を除くほとんどの都市区画が展開していたブリタニア部隊ごと地盤沈下に沈むと、戦局は一気に黒の騎士団側優勢に傾いた。総督のコーネリアを負傷に追い込み、一時は総督府の目前まで攻め込んだものの、ここでもグラストンナイツを先頭に奮闘するブリタニア側の最終防衛ラインを突破できず、苦戦を強いられた。その最中、指導者であるゼロの突如の戦線離脱によって、その指揮能力とカリスマで何とか纏まりを得ていた黒の騎士団側は足並みを乱し、本国からの増援の合流で勢いを盛り返したブリタニア軍の反撃によって瞬く間に追い込まれ、藤堂・四聖剣らの身体を張った陣頭指揮も空しく総崩れとなって瓦解、ブリタニア側の完全勝利に終わった。

戦後、黒の騎士団とそれに協力していた勢力は一網打尽にされ、ゼロも処刑されたと公式に発表された。辛うじて残ったメンバーは潜伏や亡命を余儀なくされ、エリア11も新総督のカラレスによって厳しい圧政が敷かれることとなった。

なお、名称は『R2』の時代に付けられたものである。また、第一期総集編DVDの副題でもある。『R2』で黒の騎士団は再びトウキョウ租界に攻め入ったため、そちらを「第二次トウキョウ決戦」、ブラックリベリオンを「第一次トウキョウ決戦」と呼称することもある。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
プロローグにて再現。