デビルマン (原作漫画版)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
デビルマン
(原作漫画版)
外国語表記 DEVIL MAN
著者 永井豪
掲載誌 週刊少年マガジン
出版社 講談社
小学館[1]
レーベル 講談社コミックス
ビッグコミックススペシャル[2]
発表期間 1972年25号 - 1973年27号
話数 全53話
巻数 全5巻+新デビルマン全1巻
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
テンプレートを表示

デビルマン』は、永井豪作の漫画作品。

概要[編集]

永井豪氏の『魔王ダンテ』をテレビ向けに改編した変身ヒーローものとして企画され、TVアニメ版と同時に展開、『週刊少年マガジン』にて連載された作品。

原典となった『魔王ダンテ』の原作者である永井豪が描いた漫画版という事で「原作漫画版」と呼ばれる事は多く、SRWでも「原作漫画版」名義になっているが、アニメ・漫画ともにそれぞれがオリジナルストーリーであり、どちらがどちらの原作というわけではない(『マジンガーZ』や『ゲッターロボ』と同じケース)。

企画通り変身ヒーローものとしての趣が強かったアニメ版に比べると、漫画版は『魔王ダンテ』を上回るほどのバイオレンスな描写、救いのない展開の連続と非常に永井豪テイストの強い作品で、本作に影響を受けたという漫画家・クリエイター・著名人も多く輩出している日本漫画界史上に残る伝説的な名作である。

作中に、主要人物が殆ど登場しない回も存在している。

永井豪氏の自伝的フィクション漫画『激マン!』で執筆当時の状況やセルフリメイクが描かれている。

なお、TVアニメ版はコンパチヒーローシリーズに出演している。

ちなみに、連載開始は1972年6月と『マジンガーZ』(漫画版は1972年10月、TVアニメ版は同年12月)より早く、2019年現在参戦作の中で最古参の作品となった。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

不動明 / デビルマン
本作の主人公。デーモン族の勇者「アモン」と合体した事でデビルマンとなった青年。臆病な性格だったがデビルマンとなってからは勇猛果敢かつ好戦的な性格へと変貌する。
飛鳥了
明の親友であり、実質的なもう一人の主人公。考古学者であった父の研究によりデーモンの存在を知り、明にデーモンの存在を教え、共にデビルマンになろうとする。
牧村美樹
ヒロイン。明のガールフレンドであり明が戦う最大の動機。デビルマンになった明を受け入れ、混沌としていく世情の中でも気丈に振る舞う。

人間たち[編集]

牧村夫妻
美樹と健作の両親。明を実子のように接している。
牧村健作
美樹の弟。愛称は「タレちゃん」。
ミーコ
知らずのうちにデビルマンとなってしまった不良少女。
サッちゃん
明が引っ越す前に近所に住んでいた少女。
ススム
健作の友達である少年。名前は永井氏のホラー読み切り『ススムちゃん大ショック』より。
雷沼教授
ノーベル生物学賞を受賞した教授。彼の誤った研究と発表が悪魔特捜隊を設立させてしまう。本作屈指の悪魔の心を持った人間の代表格。

デーモン[編集]

テキスク
最初に明と了に襲い掛かったデーモンの一人。
シレーヌ
頭に巨大な羽根を持つ女性のデーモン。
ゲルマー
水を操る能力を持つデーモン。
アグウェル
シレーヌの部下のデーモン。
カイム
シレーヌを愛するデーモン。
イーダー
人間社会に潜伏し、人を襲っていたデーモン。
ジンメン
亀のような姿のデーモン。その甲羅には食べた人間の顔が浮かぶ。本作におけるトラウマ要素の一つ。
サイコジェニー
巨大な顔を持ち精神攻撃を得意とするデーモン。
魔将軍ザン
百の魔将軍の一人。
悪魔王ゼノン
デーモン族の王。
大魔神サタン
デーモン族を滅ぼそうとした創造神に反旗を翻しデーモン族を守った、デーモン族にとっての

用語[編集]

デーモン
太古の昔、地球を支配していた悪魔の一族。他の生物との合体能力を有し、自らを強力な肉体に作り変えて弱肉強食の争いを行っていた。
氷河期の到来によって氷の中に閉じ込められていたが、復活してしまう。
デビルマン
デーモンに合体されながらも自我を保っている悪魔の体と人の心を併せ持つ人間の事。当初は明一人だけだったが、物語後半にデーモン族が無差別合体作戦を行った事により一定確率で生まれるようになった。無論、合体後に人間の自我が消えてしまった場合はデーモンとなる。
悪魔特捜隊
デーモンの存在が一般に知られるようになった際、日本政府が結成した特殊警察隊。中世の「魔女狩り」よろしく冤罪からの拷問など何でもありである

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
初参戦作品。キャスティングはOVA版に準拠している。
アンドロイドといった「ロボットアニメなのか?」という作品群の参戦が増えた中現れた、もう言い訳のしようが無くロボットが出てこない作品。しかも、シレーヌのように全裸の女性が何人も登場するので、どのように表現するのか注目されている[3]。とはいえ、スパロボの元ネタとして知られる『マジンガーZ vs デビルマン』をはじめ、『CBキャラ 永井豪ワールド』等の派生作品ではロボットとのが多く描かれてはいる。
また、悪魔の名前を冠しているガンダムが登場する作品と共演する。

関連作品[編集]

バトルドッジボールII
TVアニメ版での参戦だが、デザインは漫画版となっている。

余談[編集]

  • コミックスへの収録や文庫版など改訂版が出るたびに作画に加筆修正を繰り返している事でも有名。そのため版によっては連載時の絵柄と改訂版時の絵柄が混在したものが見られている。
    • 番外編である『新デビルマン』を本編ストーリーに組み込んでいるものも見られている。
  • 原作は『激マン!』によると、当初はより過激な描写を取り入れる予定だったが編集部など周囲の人物から度々ストップがかかり、作者も渋々ながら自重するようになったという経緯が描かれている。
  • 本作の後、世界は再構成され、『バイオレンスジャック』や『デビルマンレディー(原作漫画版)』に繋がる事になる。
  • 本作発表後、原作漫画版世界観とストーリーを映像化した作品も多く出ている。
    • 1987年には本作の序盤を映像化したOVAが発売され、1990年には続編『妖鳥シレーヌ編』が発売。最終巻の発表も予定されていたが、実際には発売されず打ち切りとなった。しかし、後に完結編としてドラマCD『デビルマン伝説』が発売された。
    • 2004年に実写映画化された『デビルマン』が公開されたが、ストーリーの改悪と不整合、主演俳優の演技の拙さ、不自然な描写の多さ、特撮やアクションと演出の質の低さ、当人達ですら意味不明なエキストラの起用諸々の問題点から激しい批判を浴びてしまう。
      • 実写映画版は現在でも尚、実写化の反面教師として語り草になっており、実写化作品の駄作や迷作を評価する目安として「デビルマン基準」と呼称される事から、その悪評価ぶりが伺い知れる。
    • 2018年には、永井豪画業50周年記念として『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』や『Cutie Honey Universe』と共にWebアニメ『DEVILMAN crybaby』が制作、公開された。スマートフォン、SNS、動画配信やフリースタイルラップなどといった現代に合わせた時代背景やエピソードの時系列等が一部改変されているが、基本的には原作漫画版を再現している。

脚注[編集]

  1. 画業50周年愛蔵版コミックス及び連載当時の状態を復刻再現した『デビルマン-THE FIRST-』のみ。
  2. 画業50周年愛蔵版コミックスのみ。
  3. サタンに至っては、とある身体特徴を原作のまま描写するのは完全にアウトである。

商品情報[編集]