世界観

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

世界についての見方、統一的な把握といった意味を持つ言葉だが、創作業界では「創作物における世界の設定(世界設定)」という意味で使用される(本Wikiでも基本的にこちらの使い方)。

スーパーロボット大戦シリーズの作品の世界観[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ』ではガンダムシリーズの設定を世界観の基本にしている作品が多い。『第3次α』までは宇宙世紀、『J』以降はコズミック・イラの世界観を採用する傾向にある。主に『Ζガンダム』から『逆襲のシャア』、もしくは『SEED DESTINY』(『J』と『W』は『SEED』)の時期を背景としている作品が多いが、一年戦争をベースとする『GC(XO)』や『OE』、『蒼き流星SPTレイズナー』の第2部をベースとする『64』、複数の世界観の混合をメインとするZシリーズなど、シリーズ全体を見渡すと多様である。

共通する要素として、地球連邦政府地球連合のような「世界的な統一機構」、スペースコロニーへの移住などに見られる「宇宙への進出」、スーパーロボットを保有する研究所・民間組織が「極東地区(日本)に集中している」が挙げられる。

各作品の世界観[編集]

新規作成する際には/テンプレートを用いることを薦める。

王道シリーズ[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

携帯機シリーズ[編集]

Scramble Commanderシリーズ[編集]

単独作品[編集]

バンプレストオリジナル[編集]