翠の地球

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

翠の地球(Green Earth)とは、『第3次スーパーロボット大戦Z連獄篇』及び『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』の舞台のひとつ。

概要[編集]

新世時空震動によってUCWが中心となった多元世界。『天獄篇』の予告編では「ミドリの星」表記。

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇』のEDにてエタニティ・フラットが崩壊した際に現れた、もう一つの地球である。

基本的に世界観は『時獄篇』に参戦していなかった作品で構成されている。『天獄篇』に参戦していないシリーズ参戦作品も(並行世界の同一人物がいる者達一部の例外となる存在を除いて)自軍部隊とは別の所で戦っている設定であり、会話で度々触れられている。

海面の一部が翠(みどり)なのは『翠星のガルガンティア』のガルガンティア船団が「残されの海」ごと転移してきた際に、彼らの海にあったヒカリムシが拡散したため。

蒼の地球とは違い、サイデリアルにとってはさほど重要な拠点ではないらしく、ギルターからも僻地と呼ばれていた。

トップをねらえ2!』の原作再現の流れで、宇宙怪獣との決戦にてドゥーズミーユが起動され、エグゼリオ変動重力源にぶつけられそうになった

各地域の設定[編集]

日本
UCWのそれであり、『ザンボット』『ダイターン』など『Z』に登場した日本組がいる。
アメリア大陸
ここもUCWと変わらず、リリ嬢率いるレジスタンスがサイデリアルに対抗している。
中央大陸
サイデリアルとの激戦区。『天獄篇』で登場しない面々の一部もここで戦っている模様。
残されの海
UCWの未来の時間軸の一つから転移して来た世界の一部。太平洋の赤道付近一帯の海域のことで、はるか以前に散布されたナノマシン「ヒカリムシ」の作用により海面が翠に見えるのが特徴。他にクジライカという生物も生息している。『ガルガンティア』の原作再現の舞台となる。転移以前からこの名で呼ばれており、由来はわからなくなっているがストーリー後半で明らかになる。水中マップが大半なので移動に苦労するのが問題。
ガルガンティア船団
残されの海の住人達。

軍事体制・敵勢力[編集]

サイデリアル
星間連合である彼らの橋頭堡となっている。
海賊
ラケージ率いる一団が主力だが、後にガルガンティア船団に合流。
クーゲル船団
人類銀河同盟のクーゲル中佐に率いられた船団。壊滅後は首魁であったストライカーギャラクシー船団に合流。
レジスタンス
『連獄篇』から登場。各地でサイデリアルと戦っている。Z-BLUEに参加していない旧ZEUTHZEXISの面々が属している。セツコ・オハラたちスフィア・リアクターも当初はレジスタンスとして戦っていた。

関連用語[編集]

世界観/Zシリーズ
UCW
ADW
蒼の地球
多元世界