多元世界

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

多元世界(Plural Worlds)とは、Zシリーズの舞台となる様々な並行世界が融合した世界の事。

超時空世紀オーガス』の相克界と同様に桂木桂が時空振動弾を作動させたことで、並行世界の様々な地球を含む、あらゆる次元の並行世界が融合した。

元ネタとなった『オーガス』の相克界(もしくは混乱時空世紀の世界)ではその混乱は地球上にしか及ばなかったが、『スーパーロボット大戦Z』では宇宙空間や他の星にも影響が及ぶ。また、宇宙は他の平行世界を映しているのか、闇ではなくオーロラがかかったようになっており、地球に他の星や未来の地球の一部を融合させたりと、空間・時間軸を超えて規模が大きくなっている。

第2次スーパーロボット大戦Z』では、その多元世界自体が大時空振動により複数誕生したとされており、『Z』と『第2次Z』とではそれぞれ違う多元世界が舞台となる。

その世界観については『世界観/Zシリーズ』もしくは相克界の記事を参照。

余談[編集]

  • 特撮番組『仮面ライダーディケイド』(2009年1月25日~2009年8月30日)のストーリー内容は「並行世界を彷徨い、戦う仮面ライダー」というものである。その作品における並行世界が一つの多元世界を構築する過程が『スーパーロボット大戦Z』と似ており、これについて寺田貴信プロデューサーが『熱血!必中!スパログ!』内で語っている。