ZEUTH

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ZEUTHとは、『Zシリーズ』に登場するプレイヤー部隊

概要[編集]

Ζ Emergncy Union of Terrestrial Human」(地球人類緊急救援連合)の略で「ゼウス」と呼ぶ。頭のΖはアルファベット最後の文字ということから「後がない=不退転」の意味を表している。

シベリアの地で集結した各構成勢力は、当面の目的が一致したことから協力関係を結ぶこととなり、「ZEUTH」という統一部隊としての呼称が付けられた(命名者は神北兵左衛門)。当初は協力関係を維持していたが、軍組織のエゥーゴザフトを中心とした一派(セツコルート。いわゆる「ザフト派」)と、フリーランスのゲッコーステイトバルチャーシビリアンエマーンの一派(ランドルート。いわゆる「アウトサイダー組」)の間には戦いに対し根本的な考え方の相違があり、スパロボの自軍部隊としては珍しく、中盤で二つの部隊に分裂する事になる。敵味方に分かれた、という点ではα外伝のロンド・ベル隊があるが、彼らはティターンズによってやむなくその選択をしている。その為、本当に真っ二つに分裂したのはシリーズでこの部隊が初となる(他者の思惑に乗せられた、という点では同じ)。

物別れでは決して無かったのだが、UNを利用した偽情報というカイメラの策謀に翻弄され、かつての仲間同士で本気で戦うことになる。結成間もなく、互いに腹の探り合いをしているような最中に分かれてしまったので、互いの信頼感の薄さを利用される羽目になった。

その後万丈オルソンらの行動により、誤解が解けて再結成。チラムオーブムーンレィス、ザフト、アクシズ(IFルートのみ)らの協力を得て、新地球連邦政府を掌握していたカイメラを打倒。最終段階として多元世界の修復を試みる。

多元戦争の終結より少し後、エグゼクター事件において再集結し、エグゼクターの中枢システムであったXAN-斬-の撃破に成功する。

更に少し後、何者かが起こした時空震動により、多くのメンバーがADWに転移し、ZEXISに参加することになる。

主な戦力・艦船[編集]

単純に船の数だけなら10隻と、歴代のプレイヤー部隊の中でも最多。なお、最終話ではキング・ビアル、フリーデン、アイアン・ギアー、グローマ、ソレイユが前半戦、アーガマ、ミネルバ、アークエンジェル、エターナル、月光号が後半戦での出撃となる。

キング・ビアル
民間協力者。
アイアン・ギアー
シビリアンの運び屋が母体。
アーガマ
エゥーゴが母体。
ミネルバ
ザフトが母体。
アークエンジェル
オーブ連合首長国が母体。
エターナル
クライン派が母体。
ソレイユ
ムーンレィスが母体。
フリーデン
反政府・バルチャーが母体。
月光号
ゲッコーステイトが母体。
グローマ
エマーンが母体。

主な母体[編集]

エゥーゴ / カラバ
アーガマ隊が参加。カラバからはアムロ・レイが参加。
アクシズ
IFルートの場合のみ、ハマーン・カーンが参加。
ミリシャ
グエン・サード・ラインフォードは途中、己の目的のために離脱。
ムーンレィス / ディアナ・カウンター
ディアナ・ソレルら主流派が参加。
フリーデン
ザフト
ミネルバ隊が参加するが後半にて一時離脱し、復帰は終盤となる。ルートによっては残留。
オーブ連合首長国
アークエンジェル隊が参加。
クライン派
光子力研究所 / 科学要塞研究所 / 宇宙科学研究所
早乙女研究所
ヤーパンの天井
ゲイナー・サンガゲイン・ビジョウおよびガウリ隊が参加。
キャリング一家(アイアン・ギアー隊)
エマーンのファクトリー
グローマ隊が参加。
チラム
オルソン・D・ヴェルヌアテナ・ヘンダーソンが参加。
ゲッコーステイト
主要メンバーは全員参加。
神ファミリー
トリニティシティ
ゴッドシグマのパイロット達が参加。
ブルーフィクサー
バルディオスのパイロット達が参加。
武装戦隊アースガルツ
グランナイツが参加。
DEAVA
アクエリオンのエレメント候補生達が参加。
グローリー・スター
メンバー2名の戦死により最終的にはセツコ・オハラ1人となる。
ビーター・サービス
カイメラ
レーベン・ゲネラールが参加するが当初から敵側のスパイであり、後半に永久離脱。
最終盤にツィーネ・エスピオが参加。
その他
破嵐万丈ロジャー・スミスらが該当。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
中盤戦での分岐ではアーガマ、ミネルバ、キング・ビアルがザフトら軍隊へ。アイアン・ギアー、グローマ、フリーデン、月光号がアウトサイダー組へと別れる。
後半戦宇宙ではアイアン・ギアーとフリーデンが居残りで、アークエンジェルがミネルバと入れ替わる形。その後、エターナルとソレイユが参入となる。最も長く運用するのがアーガマとアイアン・ギアー、最も短いのがソレイユ。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク
時空修復後、突如動き出したエグゼクターを止めるべく再結集する。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
物語中盤、プロジェクト・ウズメにより発生したカラミティ・バースの影響により、一部のメンバーが第2次Zの多元世界へと転移してしまう。この為、物語が折り返した所で続々と登場することになる。
多くのメンバーがZEXISと共闘を経て保護されるが、世界情勢を見極めないまま力を振るう事をためらうメンバーが多かった事に加え、部隊のまとめ役と言える人間がおらず、全く意見がまとまらなかった。前作の主人公部隊とは思えないほどに議論が迷走してグダグダになってしまう(そして、悪党が出てきた途端に一致団結する)「放浪のZEUTH」は色々な意味で必見である。最終的には迷いながらもアスランが手綱を取り、ZEXISと共闘する事になる。
本作の中盤以降からは(敵組織から「ZEUTH」と呼ばれるからなのか)こちらは部隊名の変更は出来ないが、ZEXISと共にプレイヤーの部隊名となる。出撃時の専用BGMについては、本編中では上記の「放浪のZEUTH」で流れるほか、ピアノアレンジバージョンである「READY ZEUTH」がデータインストール時に流れる。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
物語終盤にてアビスを通じて新たに一部のメンバーが転移し、合流する。今作では上記の「READY ZEUTH」が引き続きデータインストール時に流れるほか、なんと戦闘BGMに設定可能
第3次スーパーロボット大戦Z
哀しみのサクリファイが発生させた新世時空震動の影響により、一部のメンバーが時の牢獄に囚われつつある蒼の地球に引き込まれ、残り大半のメンバーが翠の地球に配置された。
時獄戦役において、蒼の地球のメンバーはZ-BLUEの一員として参加。時の牢獄の破壊を目指し、その手がかりとなるジェミニスを追って戦い続けていた。翠の地球のメンバーは、天獄戦争において一部がZ-BLUEの一員として参加。残りのメンバーは激戦区である中央大陸で、レジスタンスとしてサイデリアルと戦っていた。

人物[編集]

クワトロ・バジーナ
エゥーゴブレックス・フォーラ亡き後エゥーゴの代表兼ZEUTH代表。
神北兵左衛門
ZEUTHの意見調整役。ZEUTHの名付け親。ZEUTHの長老格として大きな存在感を持つ。
ディアナ・ソレル
ムーンレィス代表兼各国代表権を受理。
ブライト・ノア
アーガマ艦長。ZEUTHの軍司令官。最終的な作戦指揮権はやはり彼にある様だ。
タリア・グラディス
ミネルバ艦長。ザフト代表。
ジャミル・ニート
フリーデン艦長。
エルチ・カーゴ
アイアン・ギアー艦長。
シャイア・トーブ
グローマ艦長。
ホランド・ノヴァク
ゲッコーステイトリーダー。
マリュー・ラミアス
アークエンジェル艦長。
ラクス・クライン
エターナル指揮官。クライン派代表。
クライン・サンドマン
武装戦隊アースガルツ司令官。
ハマーン・カーン
アクシズ指導者。

戦死者[編集]

トビー・ワトソン
セツコルートにて結成直後の戦闘で戦死している。
スレイ
ハイネ・ヴェステンフルス

関連用語[編集]

コペルニクス会談
ディアナの案で地球人勢力の幹部を集めた会談。
013特命部隊
新地球連邦所属の軍人やシベ鉄など民間組織所属の者を寄せ集めて作られた部隊。
ZEXIS
第2次Zで次元振動に巻き込まれたZEUTHメンバーの大半が所属する事になった部隊。この部隊の指揮官クラスの人間は元の所属組織の関係もあって用心深く、また多元世界になってから20年の歳月が経ってある程度世界の社会構造が安定していたこともあり、深刻な不和を起こすことはほぼなかった。
Z-BLUE
第3次Zにおける、ZEUTHとZEXISのメンバーが再結集して結成された部隊。ただし、時獄戦役時点ではZEUTHからの参加者は少ない。

余談[編集]

  • スパロボの関連作品である『ヒーロー戦記』では、自勢力の名前がZEUTHと同音のZ.E.U.S.(ゼット・エクストラオーディナリー・ユナイテッド・スペース)である。