シャイア・トーブ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャイア・トーブ
外国語表記 Shaya torb
登場作品 超時空世紀オーガス
声優 滝沢久美子
デザイン 美樹本晴彦
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 エマーン人(平行世界の地球人)
性別
所属 ファクトリー
役職 チーフ
テンプレートを表示

シャイア・トーブは『超時空世紀オーガス』の登場人物。

概要[編集]

エマーンの名家、トーブ家の長女。本来ならトーブ家の当主となるはずであったが双子の妹マニーシャ・トーブが跡を継いでおり、シャイアはグローマの艦長兼ファクトリーのチーフとなり世界中を渡り商売をしている。

性格は優柔不断で楽観主義であり、艦長としては些か頼りないが人望があり、同じエマーン人はもとより他種族の人間(ロボットを含む)からも信頼されている。また女性のエマーン人は妊娠期間を過ぎると女性的羞恥心が欠如する為、妊娠期間を過ぎたシャイアは桂木桂と一緒に風呂に入っても意に介さなくなっている。

ファクトリーのチーフになる前は両思いの男性がいたが、双子の妹マニーシャもその男性を愛しており、最終的にはトーブ家の次期当主の座も含めてシャイアが身を引く形となる。そのことでマニーシャに無責任と思われ姉妹の間に亀裂が生じてしまう。エマーンに帰国した時、特異点である桂を拘束・洗脳し意のままに操ろうとするマニーシャに反発し桂を救いだしファクトリーのメンバーとともにエマーンを脱出するという行動に出た為姉妹の関係が完全に切れてしまうが、シャイアがトーブ家を捨てた経緯をマニーシャが知り誤解が解消される。和解後はエマーンの代表として時空変換装置の開発を後押ししたり、チラムの総裁との交渉なども行うなど、桂とオルソン・D・ヴェルヌが大特異点に向かう手助けをした。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。担当声優の滝沢氏はスパロボ初参加。
当初はエマーンを優先していたため周囲を出し抜くこともあった。それを超えてからはアウトサイダー組のまとめ役の一人となり、終盤はエマーン代表兼チラム代表としてコペルニクス会談に臨むと、シナリオ上でも出番は多い。また、中盤アウトサイダー組が補給に困窮していた頃ミムジィ共々自腹を切るという、中々太っ腹なこともしていた。
能力面ではサポート寄りで乗艦グローマもあまり強いとは言えないが、幸運持ちな上に隊長能力も獲得資金増加系なので、資金稼ぎなら出番あり。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

Z
加速信頼幸運脱力かく乱

特殊スキル[編集]

Z
援護攻撃L3、Bセーブ指揮官L3

艦長効果[編集]

隣接する味方の獲得資金+20%
Z』で採用。本人にも効果あり。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「上手く言えませんけど、あれは人が人として生きるのを放棄しているものだと思います。自分の中の可能性を活かすのも、眠らせたままにしておくのも、その人の生き方であり、責任なのですから」
コペルニクス会談にて、デュランダルデスティニープランに対して。
「…私が妹のために身を引いたと、議長は思ってらっしゃるのでしょうね…でも、私はそれを不幸だなんて、一度も思った事はありません。だって、それは誰かが…自分の意志以外の何かが決めたのではなく私自身が決めた事ですから」
自身とマニーシャの件をちらつかせて尚も迫るデュランダルに対して。この言葉にデュランダルは何も言い返せず、黙り込むのであった。
「で、でも...まったくの平行線で結論は出ないようだけど…」
「既に言葉は出尽くした」と語るロジャーの発言を受けて。コペルニクス会談を的確に評した台詞といえる。

搭乗機体[編集]

グローマ
グローマ・ファクトリーの交易船。