チラム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

チラム(Chiram)とは、『超時空世紀オーガス』に登場する国家。

概要[編集 | ソースを編集]

北米大陸に位置する桂木桂たちのいた「地球」だった国家。「チラム」はラテン語で地球を意味する「テラ」が訛った物である。

かつては議会制を敷いていたが、現在は総裁を頂点とする完全軍事国家体制を敷いている。軍事国家であるだけに強大な軍隊を保持しているが、その兵員は一部を除いて極めて傲慢で乱暴。また、チラム軍人は額に三角形の階級章を付けるという特徴がある。

時空崩壊から現在に至るまで隣国の機械化国家・ムウの侵攻を受けており、戦況は劣勢。軍事国家となったのは、ムウとの戦争の故に常に国家総動員態勢を敷かざるを得ないため。そのせいか最も熱心に時空修復に取り組んでいる国家であり、現在は特異点を必要としない機械的な時空振動による時空修復「D計画」を推進している。

所属人物[編集 | ソースを編集]

ジェフリー・ホワイト
チラム総裁。
ウェズリィ
チラム軍中将。
オルソン・D・ヴェルヌ
チラム軍特務少将でもう一人の特異点。後に脱走して桂に合流する。
アテナ・ヘンダーソン
チラム軍少尉。の娘。
ロベルト
チラム軍大尉。
ヘンリー・スタイガー
チラム軍中尉。後にチラムがエマーンと和解後は、部下と共に軍を脱走してまで特異点の抹殺を目論んだ。
ティナ・ヘンダーソン
民間人。アテナの母だが、数年前に死亡している。桂のことは悪くは言っていなかったようである。
マイケル・ヘンダーソン
アテナの祖父。娘のティナと桂の交際を嫌っていた。SRW未登場。

保有戦力[編集 | ソースを編集]

イシュフォーン
イシュキック
イシュキック・コマンダー
イシュキック・コマンダーII
ナイキック
ナイキック (アテナ機)
ナイキック (オルソン機)
チラム攻撃空母

登場作品[編集 | ソースを編集]

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Z
時空崩壊前はコズミック・イラに存在する一国家であり、大西洋連邦と対立していた。大西洋連邦が北米他を支配していた関係上、北米ではなく南米(南アメリア)の国家ということになっている他は原作どおり。特異点である桂木桂を巡って敵対する。
後に新地球連邦の侵攻(ムウの代わり)によって戦力のほとんどを失った上、アサキム・ドーウィンの襲撃に遭って「D計画」は頓挫。一部の脱走兵を除いて和解することになる。

関連用語[編集 | ソースを編集]

エマーン
同じく相克界に存在する国家。
相克界
地上から150mの高さに存在する次元の歪みの層、もしくは時空振動弾の発動によって誕生した混乱時空世紀の世界そのものを指す。
特異点
チラムが躍起に奪取しようとするもの。つまりは桂木桂である。
ムウ
チラムと敵対する隣国。「全人類の抹殺」を国是とするロボットによる国家である。SRW未登場。