イシュキック・コマンダー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
イシュキック・コマンダー
外国語表記 :Ishkick Commander
登場作品 超時空世紀オーガス
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 戦闘デバイス(慣性制御戦闘ガウォーク)
型式番号 MBG-21F-1
全高 8.0 m
重量 20.25 t
所属 チラム
主なパイロット ロベルト
ヘンリー・スタイガー
テンプレートを表示

イシュキック・コマンダーは『超時空世紀オーガス』の登場メカ

概要[編集]

イシュキックを指揮官用に改造したコマンダータイプ。

武装や探知システムが強化されており、機体中央の大口径ビーム砲が一般機と異なるシルエットとなっている。

全備重量の増加、活動可能時間の減少、操縦の難度化など欠点も多いが、腕に覚えのある指揮官の間では人気が高く、一線で運用され続けている。

イシュキック・コマンダーII[編集]

コマンダータイプを更に強化したもの。外観の違いは色が赤から黒になった程度。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
チラムの名有り中ボスとしてヘンリーらが乗ってくる。彼らがIIに乗り換えた後は一般兵の乗る機体も登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

キック
高機動を生かした打撃。

武装[編集]

ミサイル
機体両サイドから発射。
高出力ビーム砲
機体中央から発射するビーム。
Zでは全体攻撃
90ミリグレネード速射砲
機体下部から連射。
TRI攻撃。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「自由を求めて」

関連機体[編集]

イシュキック
原型。