脱力

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

指定した敵ユニット1体の気力を-10する精神コマンド。要気力武装や能力に制限をかける他、攻撃力と防御力の実効値を下げる効果もある。主に狙う事になるのは2点。敵の分身ガードを解除する事と、敵のマップ兵器の使用の阻止。消費SPが約40~50程度のため連発には向かず、覚えるのも主に中盤以降である為、終盤の堅くて特殊能力特殊技能の多いボスに攻撃を集中する直前に一気に使い切るのが定石。その他、HPが一定値を切ると撤退する敵を確実に仕留める為にも使用する。削ったところで三桁~二桁残ってしまったときは正真正銘泣きを見るハメになるので、こういったコマンドは装甲ダウンと含めて侮ってはいけないだろう。

また、敵のマップ兵器使用を阻止する事も、意義が大きい。特にプレイヤーフェイズで倒し損じた場合、敵のマップ兵器により壊滅的な損害を被る為、出来れば脱力使いは動かさない方が安全。小隊を導入しているスパロボの場合は、小隊全員を脱力使いで占めるのが最も脱力を効率良く使えるが、戦闘をこなせるユニットを1機は入れておかないと、戦闘能力が低下する。

登場作品[編集]

消費SP50の作品[編集]

スーパーロボット大戦F / スーパーロボット大戦F完結編
本作から「指定した敵1体の気力低下」効果になった。ゲスト3将軍のような強敵撃破には必須とも言える精神。
スーパーロボット大戦α
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
スーパーロボット大戦IMPACT
スーパーロボット大戦K
リアルロボット戦線

消費SP40の作品[編集]

無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
2ターンの間、敵1体のATKとDEFを-5%。修得者は小牟のみ。

消費SP30の作品[編集]

第4次スーパーロボット大戦
初登場。効果は後のNEOのものに近く、使用者の周囲3マスの機体(敵味方問わず)の気力を10下げる。味方への被害を抑えるためには単騎で突出する必要があり、有効活用できるのは地中に潜ることで敵に狙われなくなるミオ・サスガボスくらいで、実用性は低い。
新スーパーロボット大戦
効果は第4次のものと同一。剛日吉ならボルテスVの能力と精神要員の多さで単機突出も可能だが、彼は幸運の方が重要である。ヌケムチャヤマガタケらも習得するが、いずれも能力や足の遅さに不安が残る。
無限のフロンティアEXCEED
敵のE.GAUGE -50%。相変わらず修得者は小牟のみ。

消費SPがパイロット個別の作品[編集]

OGシリーズ
αシリーズ
第2次α』以降。
Zシリーズ
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
「レーダー範囲内の全ての敵の必殺技発動可能状態をキャンセルする」効果がある。本作では、必殺技が発動すると対象ユニットは必ず被弾してしまう為、発動を阻害する「脱力」の意義は大きい。
スーパーロボット大戦V
ファクトリーにて入手可能の強化パーツ「バイタルダウン」の解放条件「マップ中でいずれかの敵パイロットの気力を90以下にする」になっている為、手早く条件を満たすなら、使えるパイロットが加入次第、使用すべきである。
また「フルパック購入プレゼントV」の獲得ボーナスにも「バイタルダウン」があるため、装着させて1ターン目の初手で使うことで第2話で条件を開放させることが出来る。

効果及び消費SPが変動する作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
Lv1~3のレベル制で、レベルが上がると気力減退量と効果範囲が大きくなるが、消費SPも増える(Lv1で消費SP10、気力-20、効果範囲3。最高のLv3で消費SP20、気力-40、効果範囲5)。しかし、それでも他の作品に比べると消費SPも低めで減退量がかなり多いため、とんでもなく低コスト・高効率になっている。
…が、その分本作では脱力使いが全編通じてたったの3人しかいないため、使いどころを考えさせられる点は他作品と同じである。
スーパーロボット大戦Operation Extend
さすがにNEOで強すぎたためか、レベルごとの消費SPが2倍に増加。が、所持者も2倍に増えたため今回も猛威を振るうこととなった。
…が一番いて欲しいときには1人しかいない。

主な使用者[編集]

主にギャグ要員や空気の読めないキャラが覚えるが、往々にしてそんなキャラは戦闘が苦手。それはそれで困るのだが、それよりも問題なのは戦闘向けのキャラが覚える場合。SPを戦闘用の精神コマンドに充てるか、脱力用と割り切ってザコ戦で地道に経験値を稼ぐか思案のしどころである。

スーパー系[編集]

ボス
自爆と並び、原作およびスパロボにおける有名なギャグ要員である彼を代表するコマンド。Zでは消費SP30と低コスト。作品によっては、子分のヌケが覚える。
ジャック・キング
そのヘンテコな外人訛りからか『A』や『IMPACT』で習得。OVA版では覚えない。
レミー島田
「脱力の女王」とも言えるキャラクター。消費SPが極めて少ない傾向にあり、使いやすい。惜しむらくは、サブパイロットである為に養成でSPアップ等を覚えられない事。
木下藤八郎
竹尾ゼネラルカンパニーの賑やかし担当でシャトルのサブパイロット。第2次Zは修理補給によるレベル上げが従来作と比べ容易なため、LV99まで上げての脱力連発戦法が強力。
綾波レイ
新世紀エヴァンゲリオンEVA零号機パイロット。使徒A.T.フィールドの解除には無くてはならない存在。綾波はギャグ要員のキャラでも空気の読めないキャラでもないが、常に淡々と無機質な話し方をする為、そういった点で『脱力』なのかもしれない。
R・ドロシー・ウェインライト
彼女のアンドロイドゆえの奇矯な言動によって。まさか、中の人(矢島晶子氏)他作品で演じる某幼稚園児の適用ではない筈である。
エィナ
超重神グラヴィオンのドジっ娘メイド。後半エィナツヴァイになるが、精神コマンドは変わらない。消費SPは40。
ダ・サイダー
『ラムネ&40』代表。原作でもNEOでもくだらないダジャレを連発してメンバーを脱力させていたので当たり前といえば当たり前か。ただし、彼は戦闘能力も高く、熱血とどちらを使うかで迷うところでもある。
アララ・ココア
『ラムネ&40』もう一人の脱力要員。その天然発言でメンバーをコケさせていたので、これも当然といえば当然か。
オセッカイザー
NEOの3大脱力要員の1人。その笑い声は原作でも達を脱力させていた。
イクサー3
彼女が習得するのは、やはり原作での衝撃的な「くすくす」が原因だろうか。
ドクター・ウェスト
見るだけで疲れてしまい、あのテンションを目の当たりにすると神経すら疲弊してしまうこと請け合い。当然のラインナップである。
クルル曹長
超マイペースなマッドサイエンティスト。ケロン人スキルによりSPが貯まりやすいのも強み。

リアル系[編集]

ベル・アール
聖戦士ダンバインのフェラリオ。UX以前はフェラリオで唯一の脱力持ち。基本的に他の精神コマンドは無視してよいが、集中(メインパイロットが集中を持っていない場合)や幸運を覚える場合は吟味する必要有。なお、『第4次』では何故かニー・ギブンも習得する。
ミスマル・ユリカ
ナデシコの正艦長。早期に登場するためボス攻略で役立つ事が多いが、本人の精神コマンドが支援系なのが問題。能力そのものは悪くないので、の効果内容やサブパイロットによって脱力をどれだけ使えるかが変わってくる。
マキ・イズミ
エステ3人娘の一人。ダジャレ好きな性格ゆえか、LV1で習得することが多い。
フェイ・イェン
第3次αでは電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラムから参戦のVR“フェイ・イェン・ザ・ナイト”の中身(あるいは本人)、Kでは電脳戦機バーチャロン マーズフェイ・イェン with VH 「ビビッドハート」のパイロット。脱力で文字通り相手を「メロメロに」してしまう。
ついでに、UXに登場する彼女もまた脱力を習得する。
ヒューズ・ガウリ
「ヤーパンニンポー、骨抜きの術!」…といったところか。
C.C.
気まぐれな言動と行動で周囲(と言うかルルーシュ)を振り回していたためか所持。祝福など他にも有用なコマンドを持つが、木下同様補給でLV99まで上げればSPには事欠かなくなる。

ガンダムシリーズ[編集]

ハロ
ウッソのサブパイロット時に覚えることが多い。なお、脱力を使った際のエフェクトとして採用されている作品もある。
ラクス・クライン
SEED及びDESTINYの歌姫。SEED時は序盤の彼女を再現した精神コマンドと言えるだろうが、DESTINY時では彼女の持つハロの方が脱力系と言える。他にも優秀なサポートコマンドを持つため、敢えて脱力を使わせるかは用兵次第である。
雷装張飛ガンダム
劉備軍のムードメーカーゆえであろう。
ベルナルド・モンシア
第2次αから習得。オヤジギャグをとばすという点が評価された(?)のであろう。
ナトーラ・エイナス
BXにおいて。間違いなく序盤の頓珍漢な言動からだろう。戦闘に必要な精神コマンドはエイラフリットが受け持ってるのでいっそ脱力に特化するのも手か?
オットー・ミタス
初登場の第3次Zから毎回習得する。ただ消費SPが高いため使いにくい部分がある。

無限のフロンティアシリーズ[編集]

小牟
ネタの宝庫であるためか、まぁ所持は当然といえば当然といえる。パロディフォックスの面目躍如である。
特殊技能の効果を除くと、シリーズを通じて唯一の脱力持ち。こういうところも誰かさんとそっくりである…。

バンプレストオリジナル[編集]

ミオ・サスガ
大地の魔装機神ザムジードの操者。ファミリアがレツゴー三匹なカモノハシだったり、各所でボケたりするので妥当な線か。
第2次OGで彼女やサフィーネが登場したことで、ようやくエクセレンの負担が緩和されるようになった。
エクセレン・ブロウニング
OGシリーズではOG外伝まで唯一の脱力を持つパイロット(しかも最初から習得済み)。主戦力なので脱力を使いすぎるとなどに回すSPが不足してくるので困りもの。
なお、GBA版OG2では脱力自体が不採用の為所持しない。エクセレンをボス戦では援護攻撃要員として直接戦闘に参加させないと割り切るならば、ザコ戦でSPを節約すれば使う機会もある。
セツコ・オハラ
誕生日によって変動するが、何故か妙に脱力の習得率が高い。むしろ、もう一人の主人公の方が似合いそうなものではあるのだが、彼女も天然ボケなので、ある意味では似合う。
ゼブリーズ・フルシュワ
C調な彼らしく、どの作品でも一貫して習得しているが、実際に使用できるのは第2次OGのスポット参戦時のみ。しかしOGシリーズは脱力持ちが貴重であるため、十分ありがたい。しかも使い道がほぼ一点に絞られるため、恩恵率は従来以上。
クロウ・ブルースト
デフォルトの誕生日で設定した場合に習得する。作中でも二枚目半な性格を存分に発揮するので、習得するのは妥当というべきか。
エスター・エルハス
クロウの影響を受けてか、彼女も覚える。

同じ効果を含む要素[編集]

HILBERT EFFECT(ヒルベルトエフェクト)
KOS-MOSの特殊技。敵全体に「足かせ」と「脱力」の効果。
DMJ集
第3次Z天獄篇のDトレーダー取り扱い強化パーツ。マップ上の敵ユニット全てに「脱力」の効果(PS版αでの戦慄に効果が近いか)。
「DMJ」はAGの得意技(?)・「ディメンションジョーク」の略…であるが、当のAGは意外にも脱力を所持していない。
バイタルダウン
Vのファクトリー取り扱い強化パーツ。上述のDMJ集と同様にマップ上の敵ユニット全てに「脱力」の効果。
ジム・カスタム
A PORTABLEのフル改造ボーナスで、「攻撃を当てた敵の気力を10下げる」効果を得られる。実質的な「脱力」の効果といえる。