エルピー・プル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルピー・プル
外国語表記 Elpeo Ple
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 本多知恵子
デザイン 北爪宏幸
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(スペースノイド
性別
生年月日 宇宙世紀0078年3月8日
年齢 10歳
没年月日 宇宙世紀0088年10月31日
身長 150 cm
体重 37 kg
血液型 O型
所属 ネオ・ジオンエゥーゴ
特技 モビルスーツの操縦
趣味 お風呂に入ること
好きな食べ物 チョコレートパフェ
テンプレートを表示

エルピー・プルは『機動戦士ガンダムΖΖ』の登場人物。

概要[編集]

10歳という若年ながらキュベレイMk-IIを操るネオ・ジオンニュータイプ戦士。

プルツーを初めとするクローン・ニュータイプ(プルクローン)の素体となった少女でもある。『ガンダムΖΖ』において人気の高いキャラクターの一人である(詳しくは#余談を参照)。

アクシズ内部に潜入していたジュドー・アーシタを慕い、捕虜扱いでアーガマに乗り込む。明るく天真爛漫な性格でジュドーらを振り回しつつもジュドーの妹分として納まるが、プルツーとの戦いで死亡。死亡後、霊体となってララァ・スンフォウ・ムラサメなどといったニュータイプと強化人間達と共にハマーンとの戦いにピンチとなったジュドーに力を貸す。

どのメディアでもファミリーネームである「プル」で呼ばれるのが一般的だが、ボンボン版だとファーストネームである「エルピー」で呼ばれる。

プルシリーズとの違い[編集]

よく勘違いされるが、強化人間であるプルシリーズと違い彼女は純粋なニュータイプであるとされる。作中やや気性の激しい点があることやクローン達が強化人間と言われること、グレミー・トトにパイロットとして養成されていたことが『機動戦士Ζガンダム』のニュータイプ研究所を想起させると言う点から来る誤解と思われるが、実際は気性の激しさは10歳という年齢を考えれば妥当であり、グレミーの養成機関に関してもニュータイプに限った養成機関という設定があるわけでもない。

クローンに関して『機動戦士ガンダムUC』にてプルトゥエルブことマリーダ・クルスが「遺伝子調整で先天的に強化されたタイプの強化人間」とあるが、プルシリーズが薬物に頼らなくとも良いことを考えると従来の人工ニュータイプと言うべき強化人間に対して、プルシリーズはあくまでプルの高いニュータイプ能力を下敷きにそれを出生の時点で人工的に早期覚醒させる処理を「強化」と呼んでいた可能性が高い。

登場作品と役柄[編集]

登場した際には自軍参入の条件が課せられる場合がほとんどで、作品によっては無条件で参入するケースも。プレイヤーの選択次第では戦死する場合もあるが、無条件で死が確定しているのは、直接登場しない『D』のみ。

大半の作品では戦闘用・サポート用をバランスよく折衷した使い勝手の良い精神コマンドを持ち、能力値もジュドー達トップエースのニュータイプに次いで高く、一軍でも通用するレベル。小隊制の作品では小隊長と小隊員を兼任できるバイプレイヤーとして活躍できる。

前述の通り、原作で死亡しているキャラの中では破格の待遇とも言える優遇を受けており、ファンにもスタッフにも愛されている事が窺える。また、プルツーと共に仲間になる機会が多く、彼女と非常に仲が良い描写はもちろん、プルツーとの合体攻撃が用意されていることもある。そういった点も含めて、スパロボならではの「if」(スパロボ補正)を最も色濃く体現しているキャラクターの1人と言えるだろう。なお、旧シリーズ及び『OE』では強化人間とされている。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初登場作品。DC所属。隠し要素でジュドーで説得可能。クィン・マンサの入手に関わる。ただし、シナリオ「月面の死闘」でプルツーに撃墜されると死亡してしまう。また、初対面のジュドーをおじさん呼ばわりし、ジュドーからの説得を受けている最中に邪魔をしてきたハマーン・カーンに対しては「オバさんはだまっててよ!」と発言する等、色々な意味で衝撃的なイベントもある。
第2次スーパーロボット大戦G
『第2次』に準拠。隠し要素で仲間に。プルツーが登場しないので、死亡する事は無くなった。
第3次スーパーロボット大戦
ジュドーがかまってくれないので……という、強引な…あるいは、子供らしいとも解釈出来る理由で再びDCに所属する。隠し要素でジュドーで説得可能。何故かアムロ・レイカミーユ・ビダンよりも回避の合計が10ポイント近く上であり、自軍の中では最も回避が高い。さらに幸運を覚えるのでレベルもガンガン上がり、元々高いステータスがレベル差で更に高くなる。欠点は地形適応が少し悪いことと、攻撃力が低めであることか。
スーパーロボット大戦EX
リューネの章で登場。アムロをおじちゃん呼ばわりするという『第2次』と似た場面も。マサキ遭遇ルートを通るとジュドーの居るマサキ隊に移ってしまうが、リューネがマサキ隊に移る時は大人しくしている。2回行動が早く、幸運・ひらめきが使える為にMSパイロットの中では使える方。
第4次スーパーロボット大戦
隠し要素リアル系のみ、ルート次第でプルツー共々敵として登場(洗脳はされていない)。説得で味方にできるが、数マップでしか使えない。なおニュータイプではなく強化人間の技能を持っている。
第4次スーパーロボット大戦S
脇役では珍しく声が入っている。
スーパーロボット大戦F完結編
マ・クベに人質にされる。貴重なファンネル搭載機をロンド・ベルに初めて持って来てくれるので極めて重要。人質の件で頼り無い印象を持つかも知れないが、リアル系幸運持ちの中でもとりわけ精神コマンドと能力値が優秀で、特に集中を持つ事からジュドーよりも使い易い。(無論、ジュドーも精神ポイント覚醒所持に加え些少ながら能力値で勝る為、優劣は一概に決められない。)アタッカーとして最後まで運用可能なポテンシャルはある。ニュータイプレベルが9まで到達する数少ない一人だが、さすがにアムロ等と比べて能力値は控えめ。
今作ではカミーユやジュドー等の台詞が新規収録されている中、彼女にはない。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
3部作全てで幸運を覚える。ハイメガキャノンがマップ兵器に変更された『第2次』、MSパイロットの幸運が大幅に削られた『第3次』共にΖΖガンダムに乗せて資金稼ぎに使うのがいいだろう。『EX』リューネの章にはマップ兵器持ちのMSがいないのが残念だが、それでも貴重な幸運要員であることに変わりは無い。説得せずに撃破すると『第2次』ではバイオセンサーを、『第3次』ではなんとハロを落とすが、乗機キュベレイMk-IIの存在やプルツー加入フラグにも関わってくるため仲間にした方が得だろう。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作通りの設定で登場。ジュドーで説得可能。
スーパーロボット大戦α外伝
第2話で仲間になる。今作以降は最初から味方で、台詞に新録が入った。NT系で援護を覚えるパイロットとしては比較的能力が高く、登場も早い。味方では覚醒が非隠しキャラでは最も早く覚える上に激励も覚え、SPも高くなる成長タイプなので使い道も多い。ただが無く特別技量が低いため、援護の無い主役系NTや他の援護要員を完全に食ってるわけでもない。
彼女とジュドーの会話が今回導入された「コンテナ」の解説になっている。プルツーの説得にも関わる他、カリスと共鳴し、自身の境遇と彼を重ねるシーンがある。
第2次スーパーロボット大戦α
精神コマンド、能力値共に小隊員としてはトップクラスのキャラクター。こそ持たないが、能力的には小隊長でも通用する。基本的には覚醒要員として強力なユニットの小隊員として使うプレイヤーが多いだろうが。また、これまで彼女とプルツー技量が低めに設定されていたが今作から平均より少し高い程度になった。なお、プルクローンの初登場時には戦闘不能になって強制離脱してしまうシナリオがある。ハマーン共闘ルートでは彼女とプルツーの撃墜数が量産型キュベレイの入手フラグに関わっている。
第3次スーパーロボット大戦α
前作と立ち位置、使い勝手は同様。プルツーとの撃墜数の合計がキュベレイクィン・マンサ量産型キュベレイの入手フラグに関わる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
初登場シナリオでは説得できない。後のシナリオ「サイレント・ヴォイス」にて、ジュドーで説得可能。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
条件を満たすと敵として登場する。本作ではパイロットとして使用出来ないが、救助した場合、第3部でパイロットとして登場する。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
第1部で彼女を救出したデータを引き継ぐと味方として登場する。ドーベン・ウルフに乗る。なんとプルツーと二択。ファンは泣いていい。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
プルツーより若干使い勝手が良いが、ドーベン・ウルフがどうにも……。出撃枠が足りない事も多いのだが。
スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACT2第2部』と違いプルツーと両立可能キュベレイMk-IIも手に入るなど、リメイク前に泣いたファンには嬉しい仕様。しかし援護攻撃ができなくなってしまった。特殊技能がんばり屋」を持っているので、極力気力を高めていけば常時努力状態も夢ではない。私服ではなく、何故かエゥーゴのノーマルスーツを着用している。
第1部で、条件を満たせば仲間になる。ニュータイプレベルが9まで上がり、能力値も高い優秀な部類に入る。ただ、援護防御はまず必要ないので、『回避率+』などで上書きした方がいいだろう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
本作ではジュドーの参戦が非常に遅いため、中盤の彼女の登場ステージにおいてジュドーではなくカミーユ・ビダンが説得条件に関わる。強力な強化パーツとの二択なので、撃墜される事もしばしば。祝福脱力激励を覚えるのでサポート役としても使える。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
基本的にGBA版と同じだが、殆どの説得キャラ撃墜のパーツがグレードダウンしている中、彼女を撃墜した時のパーツは何と勇者の印なため、ますます見放されてしまうことに…。
追加要素ではエースボーナスが特徴的で「プルツーへの援護攻撃時、ダメージ2倍」と、通常状態から強化される倍率としてはシリーズでもトップ。条件は厳しいが仲間にするなら活用しない手は無い。
スーパーロボット大戦R
中盤でコロニー落とし阻止ルートを選んだ場合、ジュドーで説得可能。説得の際、風呂とパフェの話を持ち出す。ちなみに原作でジュドーはプルのパフェを食べるというより飲んでいた。ネェル・アーガマの風呂が壊れていて駄々をこねていたが、岡めぐみのアイデアで五右衛門風呂に入った。精神コマンドは『A』と同じ。
スーパーロボット大戦D
原作終了のため故人だが名前は出てくる。また、ジュドーを乗せたΖガンダムHi-νガンダムで、ウェイブライダー突撃やフィン・ファンネルを使うと、プルツーと共に彼女の幻影が見える。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
原作終了後の時系列だが生存しており、中盤でプルツーと共に加入する。今回スパロボでは初となるマリーダとの共演を果たす。祝福脱力を持ち、戦闘もサポートもこなせるのが魅力だが、キュベレイMk-IIの火力はあまり高くないので、積極的に乗り換えを行いたい。乗機の候補はΞガンダムあたりか。カスタムボーナスにより、移動力の補強に強化パーツスロットを充てる必要性が無くなるので、SP関連の強化パーツなど、自由が効く。
スーパーロボット大戦X
プルツーとの戦いで行方不明となっていたが、ゾギリアに回収されていてハーンに精神制御されてしまう。マナの国ルート第16話で敵として登場するが、その後はすぐに仲間になる。
本作では久々にプルツーの説得イベントがある。プルツー自体は無条件で加入するが、グレミーのフラグに関わるため見落としてしまわないように。
祝福脱力を持ち、そこそこ高い能力値とNTLvのため、メタス等で育てるのも有用。後半は余ったサザビーなどを譲ってもいい。問題はむしろ加入直後の乗機で、セシリービギナ・ギナを取り合うことになるかも。2人とも育てたいなら、後々でミックマニィといったGレコ勢のパイロットに回せる(=ニュータイプ技能を必要としない)G-アルケイン フルドレスリ・ガズィあたりを改造しておくと、機体不足を解消できる。
スーパーロボット大戦T
原作同様にプルツーとの戦いで命を落としたものと思われていたが、条件を満たしていると、アナハイムのある部署にニュータイプのサンプルとして回収されていて、第35話宇宙ルートにて(地上ルートでは第36話クリアー後に)仲間入りする。
宇宙ルート第35話ではジュドーでプルツーを説得しないと、ポイントが一定数溜まっていても仲間にできないので注意されたし。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ジュドーに足りない集中を持ち、幸運も持っているので使い易い。
スーパーロボット大戦MX
原作で死んでいる人はとことん出てこない本作だが、生きている。プルツーと合体攻撃も可能。台詞も新規収録されている。合体攻撃の存在により、UCガンダム系でも屈指のダメージを叩き出せるキャラクターになっている。
スーパーロボット大戦GCXO
最初はジオン軍アクシズ部隊の兵士として登場するがはぐれてしまい、単独行動しているときにジュドーと共鳴して仲間になる。しかし恐竜帝国との決戦中という妙なタイミング。サリー・エーミルに大きく影響を与えている。なお、私服は『GC』では冬服だが、『XO』では夏服になっている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
プルツーと共に『第3次α』から8年振りの登場。担当声優の本多氏が故人の為、ライブラリー出演となった。今作では『第4次S』以来17年ぶりにニュータイプではなく強化人間で登録されている。この処置はメタ的に彼女もニュータイプにすると強化人間を持つ者がコネクト・フォースに参加しないためだと思われる。
ΖΖガンダム強奪チームの一員としてシャングリラに潜入し、単独行動中にジュドーと出会う。その後も度々ネオ・ジオンの兵士として現れ交戦することになる。その後、第5章クリア後のサブミッション「DG細胞の先鋒」において、「ネオ・ジオンが嫌になって抜けてきた」としてジュドーらの元にキュベレイMk-II共々現れる。そのままコネクト・フォースの預かりとなって自軍へ加入。なおネオ・ジオン側から彼女の処遇については特に要請はない。
機体スペックは低くないものの、今回は熱血を持たないため火力は低い。その代わりに特殊スキルエースボーナスによってSPを溜めやすいので、積極的に戦闘させてSPを溜めて祝福脱力、というサポート型の運用方法になるだろう。
プルツーも仲間になり2機1組なら…とも言われるが、『OE』は数多のガンダムシリーズヒロイン格の存在感が非常に乏しかったり、ララァ達のようにそもそも登場すらなかったりと、その扱いがかなり厳しい作品。その中で考えるとかなり優遇されたガンダム系女性キャラと言えるかも知れない。
スーパーロボット大戦X-Ω
キュベレイMk-IIのパイロット。サポートユニットとしても登場。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記
ジュドーの家に居候している。ジュドーがアムロ&シャアと共に宝探しをした後に、ジュドーの妹リィナが死神博士に誘拐される事件が発生。ΖΖガンダムが使えないジュドーの代わりにアムロと共に戦う。キュベレイMk-IIに搭乗する。後半、ジュドーの家を訪れると、全裸で走り回ってリィナに追いまわされている。
ΖΖガンダムのデータが入らなかったため、ハマーンのキュベレイの色を変えるだけで参戦できる彼女が仲間になるという経緯があったらしい。
リアルロボット戦線
ハマーン及びシャアルートの最終決戦で、ハマーンがマップ上に存在している状態で21ターン目を迎えればグレミーと共に登場。攻略本ではNPCと書かれているが実際は操作可能で、その後も離脱しない。

パイロットステータス[編集]

ジュドーカミーユなどには劣るものの、『ΖΖ』内では文句なくトップクラス。精神コマンドも恵まれている作品が多く、十分に一線を張れる総合能力を持つ。乗せる機体次第ではエースも狙える。

精神コマンド[編集]

ほぼ全ての作品で幸運or祝福が使える上、他のコマンドもバランス良く揃ってるのでメインでもサブパイロットとしても活躍できる。

第2次
根性激怒
第2次(PS版)
根性幸運努力気合熱血
第2次G
根性幸運熱血てかげん激怒
第3次
根性幸運気合熱血激怒
EX
加速ひらめき幸運熱血覚醒
第4次
根性熱血幸運てかげん激励
F完結編64
みがわり集中ひらめき熱血幸運
α
集中幸運熱血激励
α外伝
集中幸運ひらめき熱血覚醒激励
第2次α第3次αMX
集中ひらめき祝福熱血感応覚醒
IMPACT
集中幸運ひらめき応援脱力熱血
AA PORTABLE)、R
集中祝福熱血ひらめき脱力激励
リンクバトラー
ひらめき集中熱血みがわり幸運
GCXO
集中祝福ひらめき熱血脱力激励
OE
集中必中祝福脱力
X-Ω
閃き熱血
パイロットパーツ装備時
天然+、覚醒
VXT
閃き感応狙撃祝福脱力
リアルロボット戦線
神速、覚醒ひらめき熱血集中捨て身

特殊技能(特殊スキル)[編集]

プルツーとは対象的にニュータイプ援護防御を習得する事が多い。

第2次(PS版)第3次(PS版)
強化人間L5、シールド防御L4、切り払いL4
EX(PS版)
強化人間L8、シールド防御L8、切り払いL8
第4次S
強化人間切り払いL6
F完結編COMPACT64
ニュータイプL9、シールド防御L1、切り払いL3
α
ニュータイプL7、シールド防御L5、切り払いL9
第2次α第3次α
ニュータイプL8、切り払いL4、援護防御L2
IMPACT
ニュータイプL9、がんばり屋援護防御L2
A PORTABLE
ニュータイプL8、切り払いL5、援護攻撃L4
GC(XO)
ニュータイプL8、援護L3、シールド防御
OE
味方時
底力強化人間精神力闘争心
敵対時
底力強化人間二連撃闘争心
VX(味方時)
ニュータイプL8、サイズ差補正無視L2、援護防御L2
X(敵対時)
ニュータイプL8、サイズ差補正無視L2、援護攻撃L2、精神耐性ガードL2、闘争心L2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

クリティカル率+10%
第2次α』、『第3次α』で採用。

エースボーナス[編集]

プルツーへの援護攻撃時、ダメージ2倍
A PORTABLE』で採用。プルツー限定だが援護攻撃に「熱血」の効果が乗る。実際に使用しているわけではないので、『MX』での「熱血クリティカル」が狙える強力な効果。
精神(攻撃が命中するとSP+4 気力+1)
OE』で採用。
気力130以上で自軍フェイズの開始時、精神コマンド「集中」がかかる
V』、『X』で採用。と全く同じ。

サポートアビリティ [編集]

プルプルプルプルプルゥ~
SSR。HP2/3以下で攻撃力大アップ。

パイロットBGM[編集]

「アニメじゃない」
前期OP主題歌。『IMPACT』、『第2次α』・『第3次α』で採用。
「サイレント・ヴォイス」
後期OP主題歌。『第4次』、『F』、『64』などの旧シリーズではこちらがメイン。プル役の本多知恵子氏がヴォーカルを務めたカヴァーVer.も存在する。
「宇宙のジュドー」
MX』にて採用。

人間関係[編集]

ネオ・ジオン時代[編集]

プルツー
もう一人の自分。SRWでは双子の妹になっていることもある。実際は「もう一人」どころではなかったのだが。
ハマーン・カーン
劇中では「同じ国の摂政とパイロット」以外の接点は無い。しかし後期OPにて、「一人アップになったプルの身体から、ハマーンが分離する」映像が描かれ、この二人の関係について様々な憶測が飛び交った。
第2次』ではオバさん呼ばわりするシーンも。
グレミー・トト
上官。「ジュドーは敵」という刷り込みを施すが失敗。
プルクローン
プルのクローン。マリーダが「プルトゥエルブ」であるため、最低でも12人以上いる。部隊を率いていたプルツーと違って特に彼女らとの接点は無かった模様。
イリア・パゾム
原作で面識があったかは不明だが、『α』ではアクシズでリィナを人質にとった彼女のハンマ・ハンマを誤って撃墜してしまう。

エゥーゴカラバ[編集]

ジュドー・アーシタ
元々は敵だったが、その高いニュータイプ能力で共鳴しあう。大気圏突入時の戦闘で命を助けられてからは彼と行動を共にするようになった。
リィナ・アーシタ
ジュドーの「」である故に強い嫉妬心を抱く。それでもダカールではリィナを助けるが、「強化人間は危険」「プルは強化人間」と誤解していたリィナから攻撃され、喧嘩にまで至る。SRWではそこまで険悪な関係に至った事はなく、リィナを助けようとするジュドーに対して進んでフォローを行う事もある。
カミーユ・ビダン
原作では精神崩壊した状態の彼としか接触していないが、SRWでは兄貴分。単身で出撃し、窮地に陥った際に彼の思念の声により的確なアドバイスを受け導かれる。その声を「やさしい声」と評した。また、最終回で彼と共にジュドーに力を貸した。
ファ・ユイリィ
ダブリンでの戦闘で負傷した際に、彼女の手当てを受ける。『R』では、刷り込みを解くためにチョコパフェによる説得に加わる。
アムロ・レイ
小説版のみ競演。プル本人曰く「ジュドーと同じ匂いがして好き」(しかし、ジュドーにとって別段嬉しい言葉でもなかった)。『EX』や『第4次』などの旧シリーズではおじちゃん呼ばわりする(しかもSFC版『EX』はあろうことか1st時代のグラフィックだった)。
ビーチャ・オーレグモンド・アガケイーノ・アッバーブ
仲間。ただ、彼らを振り回す事が多い。
エル・ビアンノ
仲間。他の仲間とともにプルに振り回される事が多いが、男性陣と違って割と面倒を見ていた。
ルー・ルカ
仲間。他の仲間とともにプルに振り回される事が多い。

その他[編集]

ララァ・スン
最終回で、彼女と共にジュドーに力を貸した。『GCXO)』では、姉のように可愛がってくれる彼女に懐いていた。
フォウ・ムラサメ
最終回で、彼女と共にジュドーに力を貸した。SRW全般では、強化人間繋がりか絡みが非常に多い。
カツ・コバヤシサラ・ザビアロフ
最終回で、彼らと共にジュドーに力を貸した。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

マ・クベ
F完結編』では、プルツーと共に人質にされてしまう。
ロザミア・バダム
α外伝』では、彼女の乗るサイコガンダムMk-IIを見て強化人間が乗っている事を看破したり、ロザミィとして潜入してきた際にクワトロやフォウと共に不穏なものを感じたりしている。
カテジナ・ルース
『α外伝』では、ターンXの攻撃からウッソを庇って死亡した彼女に同情を寄せていた。
スベロア・ジンネマン
『V』ではマリーダ絡みで交流を持つ。
マリーダ・クルス
自分のクローンの一人。スパロボでは『V』で初共演し、やはりシナリオ上ではプルツーを入れて3人揃って登場することが多い。バンシィに搭乗して暴走する彼女を必死に止めようとする場面も。

アナザーガンダムシリーズ[編集]

ガロード・ラン
『α外伝』では、出会ってすぐに彼が気になる子がいる事を見破る事に。また、荷物の運搬中に彼のミスによってジュドーが怪我をしてしまった際、素直に謝らない彼に不快感を露にした。
ロアビィ・ロイ
『α外伝』では、フリーデンにある予備倉庫を娯楽室にしようとする時に、人使いの荒い彼の指示に嫌々ながらも従い手伝わされる羽目に。
トニヤ・マーム
R』中盤では、ネオ・ジオンによって洗脳をされた際に、彼女やファに加えちずるからチョコパフェ絡みの説得をされ正気を取り戻した。
カリス・ノーティラス
『α外伝』では彼と共鳴し、自身の境遇と彼を重ね、救出時にも尽力する。

リアル系[編集]

エルチ・カーゴ
『α外伝』では、未来世界に飛ばされ素性を隠した正体不明であるにも関わらず、彼女に気に入られスカウトされる。

スーパー系[編集]

兜甲児
『α外伝』では、ティファの描いた絵と同じ場所である海岸を探していた時に海で泳ぎたいと意気投合したり、ウッソをからかったりと和気藹々とした様子を見せた。
ズリル長官
IMPACT』では、母星を失った彼らの境遇に同情したようで、不毛な争いを止めるよう訴えるが一蹴されてしまう。
破嵐万丈
『α外伝』では、日本でジュドーと共に彼の元でイージス計画の手伝いをしていた。
コマンダー・ミレーヌ
『IMPACT』の序盤にて彼女に精神操作され、ガンドール隊を襲撃。
真田ケン太
第2次α』で友達になる。
天海護
『第2次α』で友達になる。
出雲銀河草薙北斗
MX』では彼らにネェル・アーガマを案内していた。
シ・タウ
『MX』では姉妹であるプルツーが生存している為か、後述にある通りに双子の姉妹である事に否定的であった彼女を非難していた。
忍部ヒミコ
X』では同年代の遊び相手。

バンプレストオリジナル[編集]

セレーナ・レシタール
第3次α』では中盤でスペクトラに敗北した彼女のところへプルツー達と一緒に見舞いに行ったり、銃弾を受けて意識不明になった際には他のメンバーと共にセレーナを心配していた。エルマの存在も含めて、プルが最も懐いたバンプレストオリジナルキャラクターだろう。
エルマ
『第3次α』ではエルマの顔にいたずら書きをしていた。しかも、その時のエルマの顔グラフィックもいたずら書きされた状態になっており、必見である。
マイ・コバヤシ
似たような境遇ゆえか仲が良く、『第3次α』では彼女を心配する場面もある。
サリー・エーミル
捕虜となっていた彼女と知り合い、親友に。サリーがガディソードに捕らわれてしまった際の救出作戦ではジュドーと共に先陣を切る。

名台詞[編集]

「プルプルプルプル~っ!」
プルというキャラクターを良くも悪くも象徴する台詞。しょっちゅう叫んでいそうな印象を持たれがちだが、実際に発言していた話数は数える程度。ただし佐藤元氏の漫画版SDガンダムでは毎回のように連呼しており、そちらの印象が強いという人も。
「胸がキュンキュンする…でもとっても気持ちがいい…! どうしたんだろう?」
初登場時、入浴中にジュドーの存在を感じて発した台詞。
「ジュドー・アーシタは…私の敵です!」
第23話、グレミーの元で催眠療法を受けジュドーを敵として認識。普段の天真爛漫な様子が消え去り、プルツーにも通ずる冷酷さを見せている。
「うわーん、怖いよー! 助けて、ジュドー!!」
同話、ジュドーからの「チョコパフェを食べよう」から始まる説得を受けて。最初こそジュドーを銃撃するも、何度も説得を受けた事により遂に催眠が解除され、大気圏突入と共にジュドーに助けを求めた。
「あのお姉ちゃん、可哀想…タグって人が死んで3年も1人だったんだよ…なのに、これからは、もっと、ずっと1人なんだよ…」
第26話より。同話に登場し、砂漠のオアシスの住民に除け者扱いされて不遇のまま死んでいったジオン兵の恋人の無念を晴らす為にゲルググガンダム・チームに挑みながらも敗北、これまでの生き甲斐も失い精神的にも打ちのめされた砂漠の民の女性マサイ・ンガバを見て、涙を流しながら述べたプルの言葉。
プルの天真爛漫な振る舞いを見ていると気付きにくいが、下記のセリフとあわせて彼女自身が元々孤独な境遇であった事が介間見える。
「私には親も兄弟もいないから、だからジュドーが欲しいんだよ!」
「なのに、リィナはいいよ。アンタは黙っててもジュドーに可愛がられて、アクシズにきたってグレミーに可愛がられて…私なんて毎日毎日、ヘンな機械を頭に被らされて!」
「ジュドーをちょうだい!ちょうだいよ!アンタは一杯幸せだったじゃない!」
第28話にて、ジュドーを独占したいあまり、胸の内にたまった思いを吐露しつつ、リィナとケンカをしはじめる。
「人はね、人間はね、自分を見るのが不愉快なのよ、でもね、どんなに不愉快でも、どんなに憎くっても自分自身を殺すことも、自分自身をやめることもできないのよ!」
「私はあなたよ! あなたは私!」
「あなたは、私の一層激しい所だけを持った人でしょ! 私は、エルピー・プル!」
「私よ、死ねえぇぇぇ!!」
第36話。ジュドーの盾となり、プルツーに攻撃した時の台詞。また、彼女の最期の台詞でもある。
「そのサラダ、私が作ったんだよ。おいしい?」
小説版にて、リィナが死んだと思い落ち込むジュドーを励まそうとして、プルがサラダを振る舞う場面がある。その後まもなくプルツーの襲撃が…… 著者が狙ったかどうかは不明だが、サラダは死亡フラグ定番メニューである。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

特殊戦闘台詞[編集]

「悪いガンダムは落ちちゃえっ!」
敵のガンダムと戦闘した時の特殊戦闘台詞。
「ヴェスバー! …なんか言いにくい…」
第2次α』でF91系の機体に搭乗し、V.S.B.Rを使用した際に発する特殊戦闘台詞。武器名を叫ぶSRWのお約束に、プルも四苦八苦の様子。
「ファンネル! …じゃなくてフィンファンネル!!」
言い間違えそうになっている。

旧シリーズ[編集]

「えーっ!? もうやめちゃうの!? もっとあそぼうよーっ!」
第3次』の中断メッセージの台詞。
「あっ!! カミーユ兄ちゃんだ! アムロおじさんも一緒だ!!」
EXリューネの章第10話「捕虜救出」より。アムロとカミーユの二人に助けられて。プルのこの言葉にアムロは「おじさんはやめてくれ」とやや渋い顔をしていた。
「ジュドー! あたし達の話、聞いてくれるの?」
「あのね、あたし達、シャングリラでミネバちゃんに会ったの。すごくかわいそうだったの。だから、ハマーンの所から、連れ出してあげたの」
「それで、ハマーンにくすぐられて…一生懸命逃げて来たんだよ…ううう…うわ~ん、ジュドー! 恐かったよぉ~」
「うん…ぐすっ…ホントだよ」
第4次S)』「月の裏側」より。あのハマーンがプルをどのようにくすぐったのか、興味がつきない所である。

αシリーズ[編集]

第2次α

「クワトロ大尉、こんな事するなんて嘘だよね!」
「そんなの勝手だよ! そんな事のために隕石を地球に落とすなんて…あたし…イヤだよ!」
第38話「星の屑、再び」に於けるシャアとの戦闘前会話より。「プルのような子供達に未来を残すために立った」と言うシャアを否定し、悲しんでいた。
「ハマーン…、あたし達の姉妹を戦いに使わないで!」
第49話「決断」より。αナンバーズと休戦したハマーンに対し、プルクローンが戦闘に参加していることを非難していた。

第3次α

「ねえ忍、いつものやってよ! 元気出るから!」
クォヴレールート第12話「ディーンの日」にて、星間連合と戦闘する際、ジュドーと同じ声の他作品キャラであるに対して言った台詞。
「待ってよ!まだお化粧、終わってないんだから!」
第28話「いつか星の海へ」より。エルマの顔に落書きした時の台詞。
「嫌だよ、ルネ! 護はあたし達の友達だよ!」
第36話「激突!勇者VS勇者!」にて。パピヨンレプリジンの護に殺された際、パピヨンの仇を討つ気でいたルネに対して言った台詞。この時点ではレプリジン(偽物)である事に気づいていなかったといえ、護が人を殺したことにショックを受けていた。
「セレーナ…助かるよね? ねえ、エルマ!」
セレーナ編第44話「マイホーム・マイフレンズ」より。セレーナが意識不明の重体になった時の台詞。

COMPACTシリーズ[編集]

「…うん…プルはプルで、プルツーはプルツーだもんね…」
「あたしはエルピー・プル。プルツーもジュドーが好きなんでしょ?」
「あはっ、やっぱり! じゃあ友達だね!」
IMPACT』第2部宇宙激震篇シーン5自由選択ステージ終了後のインターミッションに於けるプルツーと邂逅した際の遣り取り。当初、プルと同一視される事を拒絶していたプルツーも、プルの言葉に心動かされ、両者はお互いの存在を受け入れてゆく。
「叫び声だけで威嚇出来るもんね」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第シーン3C自由選択ステージ終了後のインターミッションより。妖魔帝国との最終決戦を前にしたメンツを指して、彼らの勝利を確信する。

単独作品[編集]

MXMX PORTABLE

「関係あるもん! 姉妹は助け合うから強いんだから! あたしとプルツーみたいにね!」
第14話「燃ゆる透水、凍る鬼火」におけるシ・アエンorシ・タウとの戦闘前台詞。彼女達が姉妹である事をプルツーが指摘した際にタウが「そんなことは戦いに関係ない」と突っぱねた為、それを聞いたプルは不快感を隠せなかった。原作ではプルツーに命を奪われたプルが、プルツーとの『姉妹の絆』を主張するというのは、まさにスパロボならの夢の展開である。

V

「年は上かも知れないけど、マリーダはあたしの妹…! お姉ちゃんの言う事は聞くものだよ」
ボーナスシナリオ「アクシズの三姉妹」より。姉の特権を利用してマリーダに無茶ぶりを降る。直後にジンネマンに怒られたのは言うまでもない。

搭乗機体[編集]

キュベレイMk-II
メイン搭乗機。しかし、ネオ・ジオン離反後はフレシキブル・バインダーを喪失し、エゥーゴの技術では修理も不可能だったため、最期のプルツーとの対峙まで使われなかった。しかし、SRWでは自軍参入後もデフォルトの乗機として使用されている。
ΖΖガンダム
第34話で搭乗。窮地に陥ったルーとビーチャを助けた。
コア・ベース
第33話で搭乗。整備中だったイーノを乗せたままバウと戦闘している。
ガンダムMk-II
第34話で搭乗。グレミーの気配を察知し、彼の居るサンドラを撃沈する為に整備中で左腕の無い当機で出撃した。

スパロボでの搭乗機体[編集]

クィン・マンサ
第2次スーパーロボット大戦
ドーベン・ウルフ
COMPACT2

余談[編集]

  • 名前の元ネタは80年代に存在した美少女漫画雑誌『レモンピープル』からという説がある(つまりL(レモン)ピー・プルという事である)。
  • 『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場するキャラクターの中でも、エルピー・プルの人気が高かった事が度々ムック本等で語られている。実際、80・90年代に発売されていたプラモデル『元祖SDガンダム』シリーズの説明書で解説役を務めていた事からも、その人気の高さが窺い知れるというものである。これらの事実から、彼女はいわゆる「萌えキャラ」の元祖の一人であるとも言える。
  • 本多知恵子氏の死去後のゲーム作品では、本多陽子氏が代役を務めている(プルツーも同様)。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]