トニヤ・マーム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トニヤ・マーム
外国語表記 Toniya Malme
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 三石琴乃
デザイン 西村誠芳
初登場SRW スーパーロボット大戦α外伝
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 17歳
身長 164cm
体重 45kg
髪色 プラチナゴールド
瞳の色 コバルトブルー
所属 フリーデン
役職 通信士
テンプレートを表示

トニヤ・マームは『機動新世紀ガンダムX』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

フリーデンの通信士。

オペレーター仲間のサラ・タイレルとは対照的に、陽気で自由奔放な性格。イケメンには目が無い。

フリーデンを追うMS乗りのエニル・エルと出会い、お互いの生き方に共感し友人となった。

最終決戦の前にウィッツ・スーからプロポーズされ、戦いが終わった後はそれに答える形で、ウィッツと共に彼の故郷へと赴いた。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初登場作品。未来の世界の住人として登場。DVEまである。フリーデン精神コマンド要員。サポート精神が優秀で、彼女の祝福が初期から使えるのが、フリーデンの強みの一つ。担当声優の三石琴乃氏は当作品でスパロボ初参加。

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Z
フリーデンのサブパイロット。音声が新規収録されており、声優ネタマリュー・ラミアスの台詞を発して、サラから「こんな時にふざけない!」と怒られたり、中断メッセージではジャミルの「月が出ているか」という問答を曲解するなどお茶目な面が多い。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦R
非戦闘キャラ。途中でフリーデンが使えなくなるので、その後はネェル・アーガマラー・カイラムのブリッジ要員になっているようだ。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
シナリオNPC。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

α外伝
根性偵察祝福熱血かく乱激励
Z
偵察幸運応援

人間関係[編集 | ソースを編集]

ジャミル・ニート
上司。
ウィッツ・スー
いい雰囲気になり、最終決戦前に彼に婚約指輪を渡される。最終回では彼の故郷に行く。
ときた洸一の『がんばれ!ドモンくん』ではデートに誘われるが1コマで断り、彼を撃沈させた。
エニル・エル
休暇中のショッピング中に出会って意気投合し、友人になる。
サラ・タイレル
同僚。
シンゴ・モリ
同僚。トニヤの(色)ボケにツッコミを入れる常識人。
ティファ・アディール
妹分として可愛がっている。
ガロード・ラン
ジャミルに確保されたのを見て興味を示し、シンゴから呆れられた。
シャギア・フロスト
初登場の際に即座に興味を示したが、実はスパイだった。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

ガンダムシリーズ[編集 | ソースを編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集 | ソースを編集]

アムロ・レイ
声優ネタ繋がりか、彼に好印象を持っている事が多い。
ブライト・ノア
R』中盤でエゥーゴと合流した際、上司のジャミルが彼に指揮権を譲り、以降は彼の指揮する艦で通信士をやっていく。
エルピー・プル
『R』では、ネオ・ジオンによって強力な刷り込みをされた彼女を正気に戻すために、ファちずると共にチョコパフェ絡みの説得を行った。

アナザーガンダムシリーズ[編集 | ソースを編集]

アレンビー・ビアズリー
声優ネタか、彼女のノーベルガンダムに興味を示す。

ガンダムSEEDシリーズ[編集 | ソースを編集]

マリュー・ラミアス
中の人が同じ人。『Z』では直接は絡まないが、彼女のセルフパロを披露する。

リアル系[編集 | ソースを編集]

アーサー・ランク
α外伝』では、絶世の美形である彼に心奪われ、他の女性陣と共に押しかけた。

スーパー系[編集 | ソースを編集]

一文字號
『R』では、上海で後に仲間となる彼が出場する闇プロレスをウィッツと共に見に行った。また、4人抜きをしたチャンピオンの彼の強靭な強さ目の当たりにした時は舌を巻いていた。

名台詞 [編集 | ソースを編集]

「あのバカ市長! まだ戦争してるつもりなわけ!?」
第13話「愚かな僕を撃て」より。ノモア市長のニュータイプ偏重主義を痛烈に批判する。
「じゃーあ、オイル塗ってくれる? なんちてー!」
第17話「あなた自身で、確かめて」より。水着姿に興味を示さなかったガロードを揶揄うが、さすがにサラから突っ込まれた。
「女の過去は、言わなきゃ『無い』のと一緒よ。よくいるじゃない、『過去にはこだわらないよ』なーんて言う男が。そう言ってる段階で既にこだわってんだろォ、って突っ込み入れたくなるもの!」
第20話「…また会えたわね」より。夜のバーで、婚約者にMS乗りの過去を隠すことに負い目を感じるエニルから相談を受け、ノリツッコミも交えて明るく答える。こういうところがトニヤの面倒見の良さである。
「今の時代って、幸せ掴むのも不幸せになるのも、全部自分自身のせいだと思うのよ…」
あたしは、自分で思ったように生きる! 自分で選んだ道を歩くの。失敗しても人のせいにできないけど、でも成功したら全部一人占め! 誰かに寄っ掛かって生きるのは、まだ先にしようかって思ってる。ずっとこのままってのも、困るけど」
同じく第20話より。破滅した世界で、力強く生きる胸の内をエニルに語る。
「でもさ、男のランキングで一番好きなのは…♡」
第26話「何も喋るな」より。朝食中、「男はどうしてあんなに話が長いのか」というしょうもない話題に触れた一行の前で、セクシーポーズを決める。案の定、キッドシンゴは釣られたが、ドクターはノーリアクション。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集 | ソースを編集]

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

Z

「総員、第一戦闘配備! なんちゃって!」
『Z』におけるフリーデンの戦闘台詞の1つ。上述したセルフパロの1つでもあるが、直後にサラに「ふざけないで!」とたしなめられてしまう。

ZSPD

(う~…言いだしっぺのアタシが最初にリタイヤする訳にはいかないもんね…)
ビーター・サービス業務日誌第1話「食べたくて合体」より、「ダイエット作戦」に悪戦苦闘中の一コマ。当該作戦の発起人である手前、迂闊に弱音を吐けないのが辛いところである。
ちなみに相方のサラは普段から摂生を心掛けているようで、トニヤ達の悲惨な状況を傍から見物していた。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

R

「それよりも、あたしはノーベルガンダムのデザインの方が気になるんだけど…」
第11話「私の愛馬は凶暴です」のシナリオエンドデモより。今回の戦闘で援軍に駆けつけたアレンビーのノーベルガンダムを見て呟いた台詞。
言うまでもなく声優ネタであり、『F完結編』で同じように興味を示したミサトといい、社会化現象を引き起こした三石琴乃氏の出世作『美少女戦士セーラームーン』が元のルーツであるから、切っても切れない関係なのかもしれない。
「そりゃあ、ニュータイプのパイロットって言うんだから、アムロやキャプテンみたいに恰好いい人よ」
第16話フォートセバーンルート「私の最高傑作です」シナリオデモより。カミーユを救出に向かう最中、勝平からカミーユの人物像について訊ねられた事に対する返答。
トニヤ自身、実際にカミーユと対面したわけではないのだが、彼女の頭の中では「ニュータイプの男性とは格好いいもの」というイメージが強いようである。尤も、このやり取りを傍らで聞いていた彼の幼馴染のファは、トニヤの想像とカミーユの実態のギャップに困惑していた。
「はいはい、あたしたちは消えましょう」
第17話フォートセバーンルート「俺の声が聞こえるか!」のシナリオエンドデモより。カミーユを救出し、ファと再会し抱き合う彼を見て他のメンバーともにブリッジから退去した台詞。
一見お節介焼きに見えても、男女の仲や立ち回りにも長けていて野暮なことはなしと言わんばかりに二人を気遣うなど、自由奔放なだけではない彼女の感性の鋭さと心優しい一面がきちんと原作通りに再現されている。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

フリーデン

資料リンク[編集 | ソースを編集]