機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
機動戦士ガンダム
鉄血のオルフェンズ
外国語表記 MOBILE SUIT GUNDAM
IRON-BLOODED ORPHANS
原作 矢立肇
富野由悠季
監督 長井龍雪
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 伊藤悠(原案)
千葉道徳
メカニックデザイン 鷲尾直広
海老川兼武
形部一平
寺岡賢司
篠原保
音楽 横山克
制作 サンライズ
放送局 MBS・TBS系列
放送期間 2015年10月4日 - 2016年3月27日(第1期)
2016年10月2日 - 2017年4月2日(第2期)
話数 全50話
シリーズ ガンダムシリーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
テンプレートを表示

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』は、サンライズ制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

ガンダムシリーズの一作であり、過去に「厄祭戦」と呼ばれる大規模な戦乱が起きた世界を舞台に、テラフォーミング化された火星で暮らす少年兵や孤児達の物語を描く。「少年キャラクター達によるドラマ性の高いストーリー」と「戦いを通じて段階的に進化していくガンダム」が作品テーマとして掲げられている。分割2期構成で、2015年から2016年にかけて第1期が、2016年から2017年にかけて第2期が放映された。視聴者からの通称は『鉄血』『オルフェンズ』『鉄オル』など。なお、タイトルの『オルフェンズ』とは英語で「孤児」を意味する。

本作に登場する人型機動兵器(モビルスーツ)はこれまでのガンダム作品と比較してかなり強固に描かれており、武装もビーム兵器が主体ではなく、ほぼ全てに実体弾や実体剣、鈍器などが用いられている[1]。また、いわゆるヤクザやマフィアのような「任侠物」の要素も取り入れられており、暗殺や謀殺も多く描写されている。こういった作風の為、戦闘ではコックピットを潰されて圧死するパイロットの描写が度々あり[2]、ある人物の回想で義父から性的虐待を受けていた事後や性行為の暗喩、自殺などの場面があるなど、性や暴力に関し、全日帯の地上波アニメとしては少々過激とも思える表現が見られる[3]。作品の構想自体は『機動戦士ガンダムAGE』より以前に企画されていた事が長井監督により語られており、同時に本作のモチーフとなったものが幕末に活躍した新撰組であることも明かされている。そのため、シナリオ・登場人物・組織などに新撰組の要素が取り入れられている

公式外伝作品としては周辺のコロニーを舞台とした『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼(げっこう)』や、テレビシリーズ終了後に発表されたファーストシーズン・セカンドシーズン間の空白期間における金星圏での出来事を描くアプリゲーム『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』が存在する。

ストーリー[編集]

P.D.323年、かつての大戦から300年が経過した現在、治安維持組織ギャラルホルンの監視の下、地球は4つの経済圏に分割統治されていた。一方、地球から遠く離れた火星もギャラルホルン火星支部の監視下で地球の食い物とされ、貧困が蔓延していた。

ある日、火星の民間警備会社CGSは火星独立運動を主導する少女のクーデリア・藍那・バーンスタインを地球へ送り届けるという依頼を受ける。クーデリアをよく思わぬギャラルホルンはCGSに対して攻撃を開始。CGSの非正規少年兵で構成された参番組は正規兵である大人達に切り捨てられてしまう。この状況を打破すべく、リーダーであるオルガ・イツカは幼馴染の少年兵、三日月・オーガスにCGS基地の動力炉として使われていた厄祭戦時代のMSガンダム・バルバトスを起動させ、ギャラルホルンを退ける。

この後、のうのうと戻ってきた大人達を粛清した参番組はオルガ主導の下、CGSを再編。名を「決して散らない鉄の華」の鉄華団と改め、クーデリアの護衛を続行。地球への航海を始める。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

主要人物[編集]

三日月・オーガス
本作の主人公。寡黙な少年兵。オルガの幼馴染でもある。
オルガ・イツカ
本作のもう1人の主人公。CGS参番組のリーダーを経て、鉄華団の団長になる。
クーデリア・藍那・バーンスタイン
本作のヒロイン。火星のクリュセ独立自治区の首相の娘。
アトラ・ミクスタ
本作のもう1人のヒロイン。雑貨屋で働いていたが後に鉄華団の炊事係に。

鉄華団[編集]

ビスケット・グリフォン
オルガの参謀で鉄華団の頭脳役。
ユージン・セブンスターク
鉄華団のサブリーダー。
昭弘・アルトランド
ヒューマンデブリ組のリーダー。
ノルバ・シノ
流星号と名付けた機体のパイロット。
タカキ・ウノ
年少組の子供達のリーダー。
ライド・マッス
年少組の1人。
ヤマギ・ギルマトン
年少組の1人。
チャド・チャダーン
ヒューマンデブリの1人。
ダンテ・モグロ
ヒューマンデブリの1人。
ハッシュ・ミディ
第2期からの新団員の1人。
ザック・ロウ
第2期からの新団員の1人。
デイン・ウハイ
第2期からの新団員の1人。
デクスター・キュラスター
元CGSの経理係。
ナディ・雪之丞・カッサパ
元CGSの整備士。
メリビット・ステープルトン
テイワズからのアドバイザー。
ラディーチェ・リロト
テイワズからの監査役。

CGS[編集]

マルバ・アーケイ
CGSの社長。
ハエダ・グンネル
一軍の隊長。
ササイ・ヤンカス
一軍の兵士。
トド・ミルコネン
年少組の指導係。

クリュセ独立自治区[編集]

フミタン・アドモス
クーデリアの侍女。
クッキー・グリフォン、クラッカ・グリフォン
ビスケットの双子の妹達。
桜・プレッツェル
グリフォン兄妹達の祖母。
ノーマン・バーンスタイン
クリュセの首相。クーデリアの父。
ククビータ・ウーグ
アドモス商会の秘書兼事務員。

ギャラルホルン[編集]

マクギリス・ファリド
監査局に所属する特務三佐。
ガエリオ・ボードウィン
マクギリスの友人の特務三佐。
カルタ・イシュー
セブンスターズのイシュー家当主。
ラスタル・エリオン
セブンスターズのエリオン家当主。
イオク・クジャン
セブンスターズのクジャン家当主。
イズナリオ・ファリド
セブンスターズのファリド家当主。
ガルス・ボードウィン
セブンスターズのボードウィン家当主。
ネモ・バクラザン
セブンスターズのバクラザン家当主。
エレク・ファルク
セブンスターズのファルク家当主。
ヴィダール
仮面を付けたアリアンロッド艦隊の兵士。
ジュリエッタ・ジュリス
アリアンロッド艦隊のMSパイロット。
ヤマジン・トーカ
アリアンロッド艦隊の整備士。
コーラル・コンラッド
火星支部の支部長。
アイン・ダルトン
火星支部の新人MSパイロット。
クランク・ゼント
火星支部のMSパイロット。
オーリス・ステンジャ
火星支部のMSパイロット。
コーリス・ステンジャ
カルタの部下。オーリスの兄。
石動・カミーチェ
マクギリスの部下。
新江・プロト
火星支部の新支部長。
ライザ・エンザ
青年将校のリーダー。
アルミリア・ボードウィン
ガエリオの妹。
アグニカ・カイエル
過去の厄災戦時に活躍した英雄。
ギャラルホルン兵
ギャラルホルンの一般兵。

テイワズ[編集]

マクマード・バリストン
テイワズの代表。
ジャスレイ・ドノミコルス
テイワズのNo.2。
名瀬・タービン
タービンズを率いるリーダー。
アミダ・アルカ
名瀬の第一夫人。
ラフタ・フランクランド
タービンズのMSパイロット。
アジー・グルミン
タービンズのMSパイロット。
エーコ・タービン
ハンマーヘッドのクルー。

宇宙海賊[編集]

ブルック・カバヤン
ブルワーズの首領。
クダル・カデル
ブルワーズのMS部隊長。
昌弘・アルトランド
ブルワーズのMSパイロット。昭弘の弟。
アストン、デルマ
ブルワーズのMSパイロット達。
ブルワーズ兵
ブルワーズの一般兵。
サンドバル・ロイター
夜明けの地平線団の団長。

ドルトコロニー[編集]

サヴァラン・カヌーレ
ドルトカンパニーの社員。ビスケットの兄。
ナボナ・ミンゴ
労働組合の組合長。

アーブラウ[編集]

蒔苗東護ノ介(まかない とうごのすけ)
アーブラウの代表。
アンリ・フリュウ
次期代表を狙う女性議員。
ラスカー・アレジ
蒔苗派の議員。

その他[編集]

モンターク
仮面を付けたモンターク商会の代表。
ノブリス・ゴルドン
クーデリアのスポンサーの武器商人。
アリウム・ギョウジャン
テラ・リベリオニスの代表。
ガラン・モッサ
元ギャラルホルンの傭兵。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

鉄華団の兵器[編集]

ガンダム・バルバトス
本作の主役機。悪魔の名前を冠しているように、禍々しい生物的なデザインが特徴。
ガンダム・バルバトスルプス
バルバトスの改修機。
ガンダム・バルバトスルプスレクス
ルプスの更なる改修機。
ガンダム・グシオンリベイク
鹵獲したガンダム・グシオンを大幅改修した機体。
ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
グシオンリベイクの更なる改修機。
ガンダム・フラウロス
第2期にて新たに発掘されたガンダム・フレーム機。
グレイズ改
鹵獲したグレイズを改修した機体。
グレイズ改弐(流星号)
グレイズ改の更なる改修機。シノの趣味に合わせた派手な外観となっている。
獅電
団員達が乗るテイワズ系列の量産機。
獅電改(流星号)
獅電をシノ用に改修した機体。
雷電号
獅電改をライド用に改修した機体。
獅電オルガ機
オルガ専用機。団員からの呼称は「王様の椅子」。
ランドマン・ロディ
マン・ロディの地上用改修機。
イサリビ
鉄華団が押収した元CGSの強襲装甲艦。
ホタルビ
貨物船を改装した武装輸送船。
クタン参型
テイワズ製の輸送機。

ギャラルホルンの兵器[編集]

ガンダム・キマリス
セブンスターズのボードウィン家所有のガンダム・フレーム機。
ガンダム・キマリストルーパー
地上戦用に換装されたキマリス。
グレイズ
ギャラルホルンの主力量産機。
グレイズ(地上戦仕様)
グレイズの地球配備機。
グレイズリッター
地球外縁軌道統制統合艦隊配備機。
グレイズシルト
アリアンロッド艦隊配備機。
シュヴァルベ・グレイズ
グレイズのエース仕様カスタム機。
グレイズ・アイン
阿頼耶識システムを搭載したグレイズ。
レギンレイズ
グレイズの次世代機にあたる新型機。
レギンレイズ・ジュリア
レギンレイズのカスタム機。
ゲイレール
グレイズの前世代機。
ゲイレール・シャルフリヒター
ゲイレールの姉妹機。
フレック・グレイズ
グレイズの輸出用簡易モデル。
ガンダム・バエル
アグニカ・カイエルのガンダム・フレーム機。
ハーフビーク級戦艦
ギャラルホルン宇宙艦隊の主力戦艦。
スレイプニル
ボードウィン家の専用艦。
ヴァナディース
地球外縁軌道統制統合艦隊の旗艦。
スキップジャック級戦艦
アリアンロッド艦隊の旗艦。

テイワズの兵器[編集]

百里
テイワズが開発した高機動型MS。
百錬
テイワズの主力量産機。
漏影
素性を隠すために擬装された百錬の改修機。
辟邪
新たに開発された新型機。
ハンマーヘッド
タービンズの母艦。
黄金のジャスレイ号
ジャスレイ専用艦。

宇宙海賊の兵器[編集]

ガンダム・グシオン
ブルワーズのガンダム・フレーム機。
マン・ロディ
ブルワーズの量産機。
ユーゴー
夜明けの地平線団や傭兵が運用する機体。
ガルム・ロディ
夜明けの地平線団の量産機。

その他の兵器[編集]

スピナ・ロディ
武装も搭載可能な汎用作業機。
ジルダ
SAUやオセアニア連邦の量産機。
グリムゲルデ
モンターク専用機。
ヘルムヴィーゲ・リンカー
グリムゲルデの改装機。
ハシュマル
大型のモビルアーマー。
プルーマ
ハシュマルの護衛を行う無人機。
モビルワーカー
様々な組織で運用されている戦闘用車両。

用語[編集]

P.D.(Post Disaster / ポスト・ディザスター)
本作の世界の。本編開始時の年代はP.D.323年、第2期ではP.D.325年。
厄祭戦
約300年前に起きた大規模な大戦。ギャラルホルンの創設者である英雄アグニカ・カイエルらの活躍によって終結したとされている。
「厄災戦」と誤表記される事が多いが本作内での正規表記は「厄祭戦」である。注意したい。
CGS(クリュセ・ガード・セキュリティ)
火星のアーブラウ領クリュセ独立自治区を根城とする民間警備会社。一軍や参番組を部隊に持つ。ギャラルホルン襲撃時にオルガ達によって乗っ取られ、社長のマルバ・アーケイ達は追い出された。
鉄華団(てっかだん)
オルガ達がCGSに対するクーデターを起こして設立した組織。名前は「決して散ることのない鉄の華」という意味で、オルガが名付けた。元CGSの社員やテイワズから派遣された人員も所属している。
クリュセ独立自治区
火星に存在する都市で、地球の4大勢力のアーブラウの支配下にある。現在ではクリュセ首相の娘であるクーデリアを筆頭とした独立運動が盛んとなっている。
4大勢力
ギャラルホルンの監視の下、現在の地球を分割統治している4つの国家組織。「アーブラウ」、「SAU(STRATEGIC ALLIANCE UNION)」、「アフリカンユニオン」、「オセアニア連邦」から成る。
ギャラルホルン
アグニカ・カイエルと彼の同志たる7つの名家「セブンスターズ」によって設立された治安維持組織。しかし、現在では腐敗し当初の理念は失われている。本部は地球の移動式メガフロート「ヴィーンゴールヴ」。アリアンロッド艦隊と地球外縁軌道統制統合艦隊の2つの艦隊を持つなど強大な軍事力を有し、地球圏のみならず火星にも影響力を持つ。
テイワズ
木星や小惑星帯を拠点とする巨大企業体。実態はヤクザやマフィアに近い。独自のモビルスーツ開発技術があり、地球圏にも影響力を持つため、ギャラルホルンもあまり手を出すことができない。下部組織に「タービンズ」や「JPTトラスト」を置く。
宇宙海賊
惑星間などの航路に出没する宇宙海賊。作中では「ブルワーズ」や「夜明けの地平線団」などが登場する。単なる海賊と言っても、多数のMSや艦船を所有し、時にはガンダム・フレーム機ですら持つため、その戦力を侮ることはできない。
MSのフレーム
作中に登場するMSは全て厄祭戦時に原型が作られた「フレーム」を元にしており、その上に装甲を纏っている。互換性があるものも多く、ガンダムタイプにあたる「ガンダム・フレーム」や、ギャラルホルンの「グレイズ・フレーム」、テイワズの「テイワズ・フレーム」などがある。
モビルアーマー
厄祭戦の元凶と言われる無人機動兵器。「人間を殺すこと」に特化した兵器であり、行動パターンも人口密集地やモビルスーツの攻撃を優先している。
エイハブ・リアクター
本作の世界を支えるエネルギー機関。相転移炉の一種。MSの動力源でもあり、一機で街全体を賄う程の出力を持つ。ギャラルホルンによって技術は独占されている。
ナノラミネートアーマー
エイハブ・リアクターによって発生するエイハブ・ウェーブによって衝撃吸収作用などを齎す特殊装甲。MSや艦艇の表面などに使われており、実弾やビーム兵器に対して高い防御力を発揮する。本作のMSにビーム兵器が搭載されていないのはこれがあるためである。
阿頼耶識アラヤシキシステム
厄祭戦時代に運用されていた有機デバイスシステム。ナノマシンを投与してパイロットと機体を有機的に接合して操作性を向上させる。しかし、施術には大きな苦痛が伴い適合に失敗すると半身不随など重篤な後遺症が残るうえ、最悪の場合死に至る。手術を受けた者の首筋にはピアスと呼ばれるインプラントが突き出ており、これをコックピットのデバイスと接続する。なお、「阿頼耶識」とは仏教用語である。
ヒューマンデブリ
デブリ(ゴミ)同然の安価で人身売買される少年少女達。元々は浮浪児や孤児であり、組織に買われた場合、所有物として扱われる。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「Raise your flag」(第1話 - 第13話)
歌:MAN WITH A MISSION
第1クールOP。
「Survivor」(第14話 - 第25話)
歌:BLUE ENCOUNT
第2クールOP。
「RAGE OF DUST」(第26話 - 第38話)
歌:SPYAIR
第3クールOP。
「Fighter」(第39話 - 第50話)
歌:KANA-BOON
第4クールOP。
エンディングテーマ
「オルフェンズの涙」(第2話 - 第13話、第21話)
歌:MISIA
第1クールED。
「STEEL-鉄血の絆-」(第14話 - 第18話、第20話、第22話 - 第25話)
歌:TRUE
第2クールED。
「少年の果て」(第27話 - 第38話)
歌:GRANRODEO
第3クールED。
「フリージア」(第39話 - 第50話)
歌:Uru
第4クールED。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。ワールド4の主軸作品であり『蒼き流星SPTレイズナー』『革命機ヴァルヴレイヴ』との絡みが多い。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1期
第1話 鉄と血と ガンダム・バルバトス(第1形態)
CGSモビルワーカー
グレイズ
ギャラルホルンモビルワーカー
『DD』
第2話 バルバトス 『DD』
第3話 散華 『DD』
第4話 命の値段
第5話 赤い空の向こう ガンダム・バルバトス(第2形態)
グレイズ改
イサリビ
シュヴァルベ・グレイズ
第6話 彼等について
第7話 いさなとり ガンダム・バルバトス(第3形態)
百里
百錬
ハンマーヘッド
第8話 寄り添うかたち
第9話
第10話 明日からの手紙 ガンダム・バルバトス(第4形態)
クタン参型
マン・ロディ
第11話 ヒューマン・デブリ ガンダム・グシオン 『DD』
第12話 暗礁
第13話 葬送
第14話 希望を運ぶ船 ユニオンモビルワーカー
第15話 足跡のゆくえ
第16話 フミタン・アドモス ガンダム・グシオンリベイク
グレイズ改二(流星号)
第17話 クーデリアの決意 ガンダム・キマリス
第18話
第19話 願いの重力 ガンダム・バルバトス(第5形態)
漏影
グレイズリッター
第20話 相棒
第21話 還るべき場所へ ガンダム・バルバトス(第5形態地上戦仕様)
グレイズ(地上戦仕様)
第22話 まだ還れない
第23話 最後の嘘 ガンダム・バルバトス(第6形態)
第24話 未来の報酬
第25話 鉄華団
第2期
第26話 新しい血 ガンダム・バルバトスルプス
獅電
獅電改(流星号)
ガルム・ロディ
 
第27話 嫉心の渦中で
第28話 夜明け前の戦い ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
ホタルビ
レギンレイズ
ユーゴー
 
第29話 出世の引き金 ガンダム・フラウロス   
第30話 アーブラウ防衛軍発足式典    
第31話 無音の戦争 ランドマン・ロディ
フレック・グレイズ
ゲイレール
ゲイレール・シャルフリヒター
ジルダ
 
第32話 友よ
第33話 火星の王 獅電オルガ機  
第34話 ヴィダール立つ
第35話 目覚めし厄災 グレイズシルト
ハシュマル 
 
第36話 穢れた翼 ヘルムヴィーゲ・リンカー
プルーマ 
 
第37話 クリュセ防衛戦
第38話 天使を狩る者
第39話 助言
第40話 燃える太陽に照らされて レギンレイズ・ジュリア   
第41話 人として当たり前の
第42話 落とし前 ガンダム・バルバトスルプスレクス 
第43話 たどりついた真意
第44話 魂を手にした男
第45話 これが最後なら
第46話 誰が為
第47話 生け贄
第48話 約束
第49話 マクギリス・ファリド
第50話 彼等の居場所

余談[編集]

  • 設定等に『機動戦士ガンダム00』とは対照的・対比的となる部分が散見されている。
    • 一番わかりやすい例はガンダムの名に天使の名前を冠しオーバーテクノロジーを導入している『00』とは異なり、『鉄血』のガンダムは悪魔の名前を冠しロストテクノロジーで作られている。
  • 本作の主人公である三日月・オーガスをはじめ鉄華団メンバーの多くが身元不明の孤児達である故か、キャラクターの大半に明確な年齢が設定されていない。
  • 製作者曰く、映画『仁義なき戦い』シリーズの元になった広島抗争がモチーフになっているとの事。
  • 制作局であるMBSテレビの番組改編に伴い2017年3月期をもって「日5枠」が廃止[4]されたため、本作第2期が同アニメ枠の最終作となった。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. これは長井監督の意向も多分に含まれている。
  2. 一方で「撃墜された機体が爆発を起こす」というロボットアニメにおける定番の演出はあまり行われない
  3. 尤も、2000年代以降のMBS制作アニメは全体的にそういった傾向が強く、特に本作の放送枠であった「日5」の前身である「土6」においてはBPOに多くの苦情が寄せられる事も珍しくない程であった。
  4. その後のMBS制作の全国ネットアニメ枠は土曜早朝へ移行、TBS制作の全国ネットアニメ枠と統合し「アニメサタデー630」となったがそちらも2019年6月をもって廃枠となりMBS全国枠は金曜深夜の「スーパーアニメイズム」へと移行された。

資料リンク[編集]