ユージン・セブンスターク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユージン・セブンスターク
外国語表記 Eugene Sevenstark
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 梅原裕一郎
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 不明
出身 火星圏
所属 CGS→鉄華団
役職 鉄華団副団長
テンプレートを表示

ユージン・セブンスタークは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物。

概要[編集]

民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ参番組に所属する少年兵。

オルガが入隊するまではリーダーだった少年で、現在はオルガの二番手に甘んじながら虎視眈々とリーダーの座を狙っている。頭は悪くなく体力もあるが熱くなりやすい性格で思慮の浅いところがあり、カリスマ性はない。単に増長している訳ではなく、困難な任務もしっかりやり遂げるなど責任感は強く、鉄華団を結成してからはオルガが別行動中の指揮を執るなど名実ともに副団長となっていく。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。序章ワールド4から登場するNPC。

人間関係[編集]

鉄華団[編集]

オルガ・イツカ
団長。彼にリーダーの座を取られたため反発していたが、認めていく。
三日月・オーガス
オルガの幼馴染。オルガに喧嘩を売ろうとしたところを捻じ伏せられたりもした。
ビスケット・グリフォン
オルガの参謀。
昭弘・アルトランド
ヒューマンデブリ組のリーダー。
ノルバ・シノ
流星号と名付けた機体のパイロット。女好きの彼をくだらないと言っていたが、その手の店に連れていかれてからは意見を翻す。

CGS[編集]

マルバ・アーケイ
CGSの社長。
トド・ミルコネン
年少組の指導係。

クリュセ独立自治区[編集]

クーデリア・藍那・バーンスタイン
クリュセ首相の娘。

テイワズ[編集]

マクマード・バリストン
テイワズの代表。
名瀬・タービン
タービンズを率いるリーダー。

名台詞[編集]

「でもアレだな、社長もよ、口だけの社員サマより結局は俺らの力を認めてるってことなんじゃねぇの? で、これを切っ掛けによ、社員のヤツら出し抜いて俺らが一軍になって…」
第1話より。参番組にクーデリアの護衛を任せるという話を聞いた時の発言。しかし直後にオルガに反論されてしまい、思慮の浅さを露呈してしまう。
「言われなくてもやったらぁ!」
「てめぇのそういうとこは、ホント気に入らねぇなぁ!」
第5話より。イサリビから射出したアンカーをCGSモビルワーカーで辿り、艦の方向転換が完了したところでアンカーを撃ち込んだ部分を破壊する。思ったよりアンカーが深く食い込んでいたため第一射では抜けなかったが、切り離した燃料タンクを爆破することで任務をやり遂げる。

迷台詞[編集]

「ぐあぁぁぁぁ~…取れる…取れるって!」
第1話より。オルガに反論された事で反発するも隣に座っていた三日月に耳を引っ張られ涙目になってしまう。
「俺は…アレだからな、シノがどうしてもっつ-から…」
第9話より。シノにその手の店に連れていかれる際の言い訳。
「お、俺も大人になりましたんで…」
↑の翌日、テイワズと盃を交わす式典の直前、慣れない和服を着せてもらった際に。つまりはそういうなのだろう。

搭乗機体[編集]

CGSモビルワーカー(宇宙型)
CGSの小型戦闘車両の宙間仕様。
イサリビ
鉄華団の強襲装甲艦。オルガ不在時の艦長を務める他、阿頼耶識による操艦も行う。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]