鉄華団

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

鉄華団(てっかだん)とは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』にて登場する組織。

概要[編集]

火星の民間軍事会社「クリュセ・ガード・セキュリティ」(以下「CGS」)を前身とする民兵組織。名付け親は団長であるオルガ・イツカであり、「決して散らない鉄の華」として命名した。CGSの非正規部隊である年少者を中心に構成された「参番組」を母体としており、実質的には「参番組がCGSを乗っ取った」と言える。そのためメンバーも参番組出身の少年兵(年齢によって「年長組」「年少組」「幼年組」の三者に区分される)が大半を占めている。元CGSの社員やテイワズから派遣された者など、人員に全く大人がいない訳では無いが、彼らは子供達に好意的で裏から支えるのみに留めたり、内情を余り知らず強く意見を言えなかったりと、主導権は少年兵達が握っている。

クーデリア・藍那・バーンスタインの「地球まで送り届けて欲しい」という依頼を引き受け、タービンズとの戦闘を経てテイワズの傘下に入るなど人脈やコネを作っていき、治安維持組織のギャラルホルン宇宙海賊と敵対しつつも着々と戦力や評判を上げていく。

一方で、「あくまでも団員達の暮らしを豊かにする事」が最上位目的となっている組織のため、世間一般に与えている影響には負の側面も抱えている。特に作中ではギャラルホルンと対峙した事によって無関係の民間人に被害を与えかねない場面も見られ、ヒューマンデブリの有用性を世間に印象付けた結果として治安悪化に繋がるなど問題点も多い。また、メンバー全員の共通項として「自分たちと境遇の異なる外部の人間や大人の意見には反発しがち」という固定観念があり[1]、この歪みは後々に大きく尾を引く事になる[2]

所属人物[編集]

三日月・オーガス
主人公。鉄華団の斬り込み隊長。
アトラ・ミクスタ
三日月の幼馴染。炊事係として入団。
オルガ・イツカ
鉄華団の団長。団員達を導く。
ビスケット・グリフォン
オルガの参謀。鉄華団の頭脳役。
ユージン・セブンスターク
鉄華団のサブリーダー。
昭弘・アルトランド
ヒューマンデブリ組のリーダー。
ノルバ・シノ
流星号と名付けた機体のパイロット。
タカキ・ウノ
年少組の子供達のリーダー。
ライド・マッス
年少組の1人。
ヤマギ・ギルマトン
年少組の一人。
チャド・チャダーン
ヒューマンデブリの一人。
ダンテ・モグロ
ヒューマンデブリの一人。
アストン・アルトランド
元ブルワーズのヒューマンデブリ。
デルマ・アルトランド
元ブルワーズのヒューマンデブリ。
ハッシュ・ミディ
第2期からの新団員の一人。
ザック・ロウ
第2期からの新団員の一人。
デイン・ウハイ
第2期からの新団員の一人。
デクスター・キュラスター
元CGSの経理係。
ナディ・雪之丞・カッサパ
元CGSの整備士。
トド・ミルコネン
元CGS参番組の教育係。オルクス商会への密告を働いた為、裏切り者として放逐される。
メリビット・ステープルトン
テイワズからのアドバイザー。
ラディーチェ・リロト
テイワズからの監査役。

運用兵器 [編集]

MS・MW[編集]

ギャラルホルンやブルワーズなど敵対組織から武装や機体を鹵獲して使用している事が多い。

ガンダム・バルバトス
三日月の愛機であるガンダム・フレームMS。
ガンダム・バルバトスルプス
第2期から登場。バルバトスをオーバーホールした機体。
ガンダム・バルバトスルプスレクス
ルプスをさらに改修した機体。
ガンダム・グシオンリベイク
鹵獲したガンダム・グシオンを汎用仕様へと改修した機体。
ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
第2期から登場。グシオンリベイクをオーバーホールした機体。
ガンダム・フラウロス
第2期から登場。新たに掘り起こされたガンダム・フレームである砲撃戦用の機体。
グレイズ改
鹵獲したグレイズを改修した機体。元々は転売予定だった。
グレイズ改二(流星号)
グレイズ改をさらに改修した機体。カラーリングはパイロットであるシノの趣味によりマゼンタ一色となっている。
獅電
第2期から登場。テイワズから購入している量産型MS。
獅電改(流星号)
ノルバ・シノ用に獅電をカスタマイズした機体。
雷電号
流星号をライド・マッス用にさらに改装した機体。
獅電オルガ機
鉄華団の象徴として改装した機体。通称「王様の椅子」。
ランドマン・ロディ
鹵獲したマン・ロディを地上戦用に改修した機体。ヒューマンデブリ出身者が主に使用。
鉄華団モビルワーカー
元CGSモビルワーカー。CGS時代に使われていた旧式機をそのまま鉄華団で使用している。装備は貧弱だが、第1期終盤では武器を60mm砲へと換装した白一色の機体(後述)も登場。
鉄華団モビルワーカー(指揮官機)
元CGSモビルワーカーの指揮官仕様。主にオルガが搭乗する。
鉄華団モビルワーカー(宇宙型)
元CGSモビルワーカーの宇宙仕様。
鉄華団モビルワーカー(新型)
第1期終盤に登場した新型機。阿頼耶識は未対応だが「丸腰よりはマシ」とオルガの判断で導入される。
鉄華団新モビルワーカー
第2期にて新入団員用に導入されたモビルワーカー。
クタン参型
テイワズ製の輸送機。

艦船 [編集]

イサリビ
旗艦である強襲装甲艦。元はCGSの艦船「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」。
ホタルビ
第2期から登場。貨物船を改造した武装輸送船。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。ワールド4にて当初はCGS参番組として登場し、原作同様の経緯で結成される。
第1章では合流した他の部隊に対して警戒心を解かないなど、組織の負の一面も描写されている。

関連組織[編集]

モンターク商会
仮面の男モンターク」が経営する商会。利害の一致により鉄華団を支援する。
テイワズ
木星圏に本拠を構える巨大複合企業体。下部組織の一つであるタービンズと交戦した事が切欠で迎え入れられる。資金源として鹵獲した機体を売り払っており、外伝『月鋼』では実際にテイワズへ転売されたグレイズを買い取り改造した機体が登場している。

協力者[編集]

クーデリア・藍那・バーンスタイン
アーブラウとの交渉のため、自身の護衛任務を依頼したお嬢様。彼女を地球に送り届ける事が、鉄華団の最初の仕事だった。その後も親交は続いている。
マクマード・バリストン
テイワズの代表。鉄華団がテイワズの傘下に入ることを認める。とはいえ、組織の長という立場から完全な味方という訳でもない。
名瀬・タービン
タービンズのリーダー。鉄華団がテイワズ傘下となってからは、オルガや団員達を支援し、世話を焼くようになる。
ラフタ・フランクランドアジー・グルミンエーコ・タービン
タービンズのメンバー。鉄華団がテイワズ傘下となってからは、自分達の身分を隠しつつ、彼らに同行・共闘する。
蒔苗東護ノ介
アーブラウの元代表。自身が再び代表になるためにエドモントンへの護送を依頼した件から鉄華団と繋がりを持つ。

スパロボでの協力者[編集]

ディド
序章でワールド4を選択した場合、転移先の火星で人間体の状態で保護された様子でCGS入りしていた。その後そのまま鉄華団に入る事となる。
大門恵留神足麻依子
ワールド4に転移した彼女達とはディドの存在もあって協力し合う。
新生ジオール
ワールド4にて補給に立ち寄ったモジュール77で起きた咲森学園の独立宣言を受けて、クライアントであるクーデリアがしばらく滞在する事を決める。その間は護衛を引き受ける事になる。当初はあまり乗り気ではなくクーデリアを説得するつもりだったが、後に互いにテイワズの庇護下に入る。
「特定の組織に属していた子供達による(大人は少数かつ主導権を持たない)主役組織」という大きな共通点を持つが、片や平和で豊かな暮らしを送っていた学生、片や劣悪な環境に生きる少年兵と、その生い立ちは対照的。

関連用語 [編集]

阿頼耶識
多くの少年兵達に施された、旧式の非人道的な有機デバイスシステム。

余談 [編集]

  • 名前が鉄火丼やテッカマンに似ている事でしばしばネタにされる。
  • 組織モチーフは新撰組である。

脚注[編集]

  1. 例として鉄華団の方針にメリビットが異議を唱えたこともあったが、相手にされなかった。
  2. もっとも主な交戦相手であるギャラルホルンも似たようなものなのだが。

資料リンク[編集]