企業

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

営利を目的として一定の計画に従って経済活動を行う経済主体。ロボットアニメ作品においては、零細企業から宇宙規模の超大企業まで設定は様々。

スパロボシリーズに登場した企業[編集]

版権作品[編集]

スーパー系[編集]

新住日重工
日本有数の軍事産業。科学要塞研究所の所員を買収してグレートマジンガーの設計図を入手し、各国に量産型グレートを売り捌く事で日本の貿易を活性化させようと目論む。
ドクーガ・コンツェルン
表向きは企業グループであるが、その正体は世界を裏で操る悪の秘密結社である。
竹尾ゼネラルカンパニー
「宇宙のなんでも屋」という企業方針の下、あらゆる業務を受け持っている零細企業。社長は小学6年生の少年・竹尾ワッ太
オーメ財団
バッフ・クランの社会における財界。私設軍を組織しており、巨大加粒子砲「ガンド・ロワ」等の強力な兵器を所持している。代表はギンドロ・ジンム
アカマツ工業
「あったら面白いけど、まず作ったりしない発明品」を製作する有限会社。社長の方針により、株式会社化しないようだ。社長は阿嘉松滋
パラダイム社
パラダイムシティを支配する大企業。街のあらゆる企業や自営業はパラダイム社の傘下にある。現社長(2代目)はアレックス・ローズウォーター
ヨシフラ・ヤカモト工業
日系企業。ベック・ザ・グレートRX3の製造元(ジェイソン・ベックは設計担当)である。
国際電脳
世界の半数以上のコンピュータ・シェアを誇る大企業だが、実態は鉄甲龍の隠れ蓑である。
バーベム財団
TERRAを財政面および技術面で支援する財団。ただし、真の目的は別の所にあるようだが…。総帥はエルンスト・フォン・バーベム
株式会社21世紀警備保障
ヘテロダインへの対策を主にする民間警備会社。本編主人公である赤木駿介は、この企業の広報2課に所属するサラリーマンである。
JUDAコーポレーション
大手医療機器メーカー。…というのは表向きであり、実態は加藤機関に対抗するべく作り出された組織。社長の石神邦生以下、マキナファクター達が特務室所属となっている。
キリヤマ重工
航空産業を中心に事業展開している企業。迅雷も開発している。現社長(5代目)は桐山英治
GAIL
巨大複合企業。オウストラル島に眠る超古代テクノロジー独占の為に暗躍する。創設者はロイ・バルボア(現:会長)で、彼の孫ロッドがオウストラル島新支社長に就任した。
旋風寺コンツェルン
燃料枯渇により飛行機などが使えなくなった作中世界において、鉄道事業によって大きな財をなした企業。地球を巨悪から守るための勇者特急隊計画を秘密裏に推進しており、現在の社長である旋風寺舞人勇者特急隊の隊長も兼任している。

リアル系[編集]

ヤシマグループ
ガンダムシリーズに登場するヤシマ家の企業グループ。総裁はミライ・ヤシマの父親。ヤシマ重工を中心に工業関連の企業を数多く傘下に収めており、陸戦型ガンダムの100ミリマシンガンなどの実弾武器を開発したとされる。地球の政財界とも繋がりが深い。
アナハイム・エレクトロニクス
宇宙世紀ガンダムシリーズにおいてモビルスーツを開発している巨大コングロマリッド(複合企業)。アナハイム社とも言う。本社は月面都市フォン・ブラウン市に所在している。
アナハイム・エレクトロニクスが支援するエゥーゴの他、ティターンズネオ・ジオンといった軍事組織にもモビルスーツを引き渡しているため、「死の商人」と揶揄されることがある。
ルオ商会
ホンコン・シティに拠点を構える大企業。アナハイム・エレクトロニクスと同様にエゥーゴを支援する。当主はルオ・ウーミンで、ステファニー・ルオがエゥーゴとの橋渡し役を務めている。
ブッホ・コンツェルン
スペースデブリ回収業を営むブッホ・ジャンク社を前身とする新興の複合企業。
軍事組織クロスボーン・バンガードを抱えており、宇宙世紀0123年に地球連邦軍を相手にコスモ・バビロニア建国戦争を仕掛けた。
ブラックロー運送
新生クロスボーン・バンガードの表の顔である民間企業であり、MSを用いて運送業と廃棄物処理を主に行う。
ロームフェラ財団
欧州の貴族が建てた財団。OZを支援する組織である。デルマイユが代表を務めるが、トレーズを支持する者も存在する。
モルゲンレーテ
オーブ連合首長国が有する国営企業。ストライクをはじめとする5機のG兵器およびアストレイシリーズを開発している。
アクタイオン・インダストリー
「アクタイオン・プロジェクト」の中心となったC.E.世界における民間企業。ハイペリオンガンダム等を開発している。
PMCトラスト
AEUに所属するモラリア共和国にある民間軍事会社。数多くの傭兵を抱えており、元「KPSA」の指導者アリー・アル・サーシェスもその中の一人である。
ビスト財団
サイアム・ビストが創設した財団。財団が秘匿する「ラプラスの箱」を背景にして、宇宙世紀の世界に強大な影響力を持っている。現在の当主(2代目)はカーディアス・ビスト
娘々
マクロスシリーズに登場する大手中華料理店。
元々は南アタリア島物語途中でマクロス内部に移転する)の個人商店だったが、後年に銀河規模の一大チェーン店へと大発展を遂げている。
アマン商会
アマンダラ・カマンダラが率いる商業企業。表向きはペンタゴナ随一の民間企業だが、裏はポセイダル軍全体通しても武器供給してる会社。
ゼネラル・ギャラクシー
マクロスシリーズに登場する企業。YF-21VF-27 ルシファーといった独自色の強いバルキリーを開発する。
ネルガル重工
アジア最大の企業グループ「ネルガルグループ」の中心となる企業。火星開発への関与が大きく、連合宇宙軍に対しては絶大な発言力を持つ。会長はアカツキ・ナガレ
シベリア鉄道公社
シベリア一帯の鉄道路線を運営・管理する鉄道公社。略称は「シベ鉄」。ドームポリスの政治・経済に対する影響力は強く、実質的にシベリアを支配している。総裁はキッズ・ムント
篠原重工
レイバー製造の大手企業。社長は篠原一馬で、警視庁警備部特科車両二課に勤務する遊馬は彼の息子である。
シャフト・エンタープライズ
「つまようじからスペースシャトルまで」をキャッチコピーとする巨大多国籍企業。レイバー製造も手掛ける。一方で、非合法活動を行っているようである。
シンボル
海外に拠点を置くコングロマリット。劇中既に米国の経済活動に深く食い込んでおり、その影響力は絶大。

バンプレストオリジナル[編集]

OGシリーズ[編集]

マオ・インダストリー
ゲシュペンストヒュッケバイン等、軍用パーソナルトルーパーの開発・生産を手がける企業。現社長は創業者ティン・マオの娘であるリン・マオ
軍需企業としては一定の分別を持った会社であり、連邦軍の敵対勢力に自社製品を使われることはあれど、自ら売り込むような真似はしない。ミツコからはその点をあれこれと揶揄されているが、リンはまるで意に介していない様子。
イスルギ重工
造船及び、リオンシリーズを筆頭とするアーマードモジュールの生産委託等を請け負う企業。社長はレンジ・イスルギ。レンジがDC戦争にて死亡後、娘のミツコが社長を引き継いだ。
ミツコの方針で上述のAE社と同様に異星人や反体制勢力にも商品を売り込んでいるため、死の商人と揶揄される事も少なくない。
ウォン重工業
宇宙プラントの建造などを手掛ける工業機械専門の企業で、イスルギ重工に買収されてからはゲシュタルトシリーズを製造。バルトール事件において社長以下、主要社員の殆どが死亡した上に拠点も破壊され、消滅した。
ダニエル・インストゥルメンツ社
兵器開発企業。主に実弾兵器・実体兵器の開発・生産を手掛け、パーソナルトルーパーやアーマードモジュール用のユニバーサル・コネクター対応兵装も製造している。
L&Eコーポレーション
修羅の乱の後にラウル・グレーデンらが立ち上げた小規模企業。一応ラウルが社長となっているが、実質的には妹のフィオナが仕切っている。
ゴライクンル
ゾヴォーク全体における兵器開発元。ゴモウドッカ・ゴライクンルは企業トップの一人。

魔装機神シリーズ[編集]

パーゼミュート社(マルテナ社)
マルテナ社の魔装機開発部門および傭兵部門が独立した会社。マルテナ社時代に入手したゼルヴォイドのデータを基に独自の魔装機を開発し、反アンティラス隊という傭兵部隊を組織している。
ゼンシュウ重工
ダイオンなどの製造元で知られている。
ベルロード社
スヴェンドシリーズの製造元で知られ、エリアル王国では上述のゼンシュウ重工と双璧を成す。
ドルバイン社
バゴニアで魔装機の製造を請け負う会社。
イルゼノン社
リジェリオールの製造元で、アルメラ共和国の国防に大きく関わる会社。一般企業ながら多数のパイロットを抱えた民間軍事会社の側面もあるようで、イルゼノン社兵として『COE』終盤でかなりの人数が出てくる。

その他[編集]

フレモント・インダストリー
アサルト・ドラグーンの製造元。
Z&R社
ヴァルキュリアシリーズの製造元。
ヴァルストークファミリー
戦艦ヴァルストークを拠点に活動するトレイラー(運び屋)の一団。艦長はブレスフィールド・アーディガン
ビーター・サービス
シエロ・ビーターが経営する修理屋。現在はシエロが行方不明なので、彼の弟子ランドと彼の娘メールが修理稼業を営んでいる。
アクシオン財団
カルロス・アクシオン・Jr.を当主に戴く財団。兵器開発を行っているが、国際テロリスト集団WLFとの関連も噂される。
前身はカルロス・アクシオンが社長を務めた株式会社アクシオン。
DEMコーポレーション
様々な並行世界で商業活動を営む企業。社員は次元商人を自称する。
実は最初から存在しない幽霊会社だったことが天獄戦争終盤に明らかとなる。
最上重工
東京に本社を置く重工メーカー。機動兵器群「マルチウォーカー」の開発を行う。社長は赤月瑞雲
OGシリーズでは「モガミ重工」の名義で登場。本社位置が北海道の札幌に変更されている。
アシュアリー・クロイツェル
『J』では月面に本社を置く軍事企業。カルヴィナはここでテストパイロットをしていた。フューリーに起動兵器開発および新兵の訓練に利用され、冒頭にて証拠隠滅の為に襲撃を受けて壊滅する。
OGシリーズでは各地に展開する重機メーカーで、月面の会社は新規参入を目論む軍事部門を請け負った支社であり、ドイツ支社も登場する。劇中より約20年前は新興企業だったが、エ=セルダたち「同化計画」を考えるフューリー達が接触して影ながら支援して来たことにより急成長と遂げていた。
S&Y食品
『SC2nd』に登場する企業。しかしその実態はネメシスシリーズを開発する為の隠れ蓑だった。
GreAT
食品や日用品の製造・販売を行っている世界的大企業。地球全土に流通しているGreAT製の機械部品には、ある仕掛けが施されているらしいが…。創設者はルド・グロリア
コネクト
『Operation Extend』における地球圏最大の民間貿易会社。ゲートによって繋がる外宇宙や異世界をも対象とし、様々な交易をしている。他文明と地球の交流が円滑にいくための交渉事や軍事面での協力も行っており、自軍部隊のコネクトフォースもこの会社の一部門とされている。貿易対象の規模に比例し、非常に多数の部門が存在する。
VTXユニオン
『T』に登場する巨大複合企業。社員であるヒロスケ・アマサキと現社長のダイマ・ゴードウィンは地球連邦軍のパイロット出身。
UND
『T』の敵勢力である銀河規模の民間軍事会社。OGシリーズでいうゴライクンルに近い。