陸戦型ガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
陸戦型ガンダム
外国語表記 Gundam Ground Type
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用モビルスーツ
生産形態 量産試験機
型式番号 RX-79[G]
頭頂高 18.0 m
本体重量 52.8 t
全備重量 73.0 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1,350 kW
スラスター総推力 52,000 kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
センサー有効半径 5,900 m
開発 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
乗員人数 1名
主なパイロット シロー・アマダ
カレン・ジョシュワ
テリー・サンダースJr.
テンプレートを表示

陸戦型ガンダムは『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍が開発した量産型モビルスーツ

一年戦争真っ只中、地上戦でのモビルスーツの重要性を認識した連邦上層部によって、さしあたり地上戦での戦力を充実させるべくRX-78-2ガンダムの規格外パーツや不要とされた余剰パーツを流用して製造されており、その際に完全な陸戦用として運用するために宇宙用の装備を全て排除している。

このガンダムは極論で言えば「戦時の一時しのぎの急造品」かつ「余り物の寄せ集め」であり、その性能は極めてアンバランスである。この問題は各部性能を均一化するためのリミッターを設定する事で解消している。このリミッターは任意に解除可能であり、その状態を「MAXモード」と呼ぶが、機体への負担が大きいために使用可能時間は制限されている。

背部には予備の武装を格納できるウェポンラックやパラシュートパックを装備可能。ガンダムの最大の特長であったコア・ブロック・システムはオミットされており、コクピットも腹部から胸部へと配置が変更された。ハッチの位置もコクピット正面から上面へ変わっている。前述の通り急ごしらえの寄せ集め機体とはいえ、もともとが高性能機である本家ガンダムに使われるはずだった上質なパーツを流用しており、またジェネレーターや装甲材はガンダムとほぼ同等の性能の物が使用されているため、量産型と称している割にはかなり高性能な機体に仕上がっている。ただし、その性質上新規製造はおろか満足な修理さえ困難なほど機体のパーツが希少であり、損傷の激しい機体はEx-8やジムヘッドのように、別の機体のパーツを流用して補足・対応している。

本機は20機程が生産されたと言われるが、実際にはそれ以上存在すると思われる。詳しくは下記の余談を参照。

劇中ではシロー・アマダカレン・ジョシュワテリー・サンダースJr.ミケル・ニノリッチらが搭乗し、ジオン軍のモビルスーツ部隊と交戦している。後にシロー機とカレン機はそれぞれガンダムEz-8陸戦型ガンダム (ジムヘッド)へと改修されている。

本機と同じ生産ラインで開発された機体として陸戦型ジムがある。

登場作品と操縦者[編集]

前期主役機であるが、シローは最初から改修後のEz-8に乗っていることが多く参戦率は低め。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
初登場作品。カレン機は途中でジムヘッドに、シロー機はガンダムEz-8になり、以後はシロー・カレン・サンダース・ミケルのうちいずれか3人で合体攻撃が可能になる。小隊全員が援護持ちなので序盤のダメージソースになるが、武器が残弾性なので注意。また、インターミッションではサンダース機・カレン機(ジムヘッド)・シロー機(Ez-8)の順に並んでいるのでそちらも注意。
スーパーロボット大戦XO
ジムヘッドが機体名にも(ジムヘッド)と書き添えられている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第1話サブミッション「アレックス打ち上げ」にて第08MS小隊が登場するが、隊長は既にガンダムEz-8に乗っており、カレン機は戦闘前のイベントで頭部を破壊されて実際に使えるのはジム頭になってから。そのため、本作ではノーマルな陸戦型ガンダムはサンダース機のみとなる。
100mmマシンガン、ミサイルランチャーを携行している。ミサイルランチャーは投射型のMAP兵器。表示上の攻撃力はそれなりだが、気力制限がなく、対地の武器特殊能力が付いているので扱いやすい。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体装備[編集]

バルカン砲
左胸部に1門内蔵。装弾数は増加しているが、位置の関係で使いづらくなっている。
マルチランチャー
左胸部に1門内蔵した多目的発射装置。ネット弾や閃光弾を発射可能。
シールド
小型で取り回しに優れる。先端部は二股に分かれて鋭角化しており、2本の爪が突き出たような形状となっている。この先端部は打突武器としての使用の他に、シャベルのように地面を掘り起こして簡易的な塹壕を築いたり、地面に突き刺してシールドそのものを即席の防壁・固定台とするために使用されることもあった。腕部に装着され、通常は左腕に1枚装備。
GジェネレーションシリーズやSRWでは180mmキャノンを固定する際にも使用される。原作OPの再現と思われるが…以下余談に。
ビームサーベル
脚部に2本が格納されている。立ったままでは手が届かない為、取り出す際は脚を曲げる必要がある。ここら辺が『余り物の寄せ集め』である設定を分かりやすく表現している。
ただし、脚部内蔵式のため戦闘中でも脚部を破壊されない限り破損しにくく、また格納位置が低いため地上での整備がしやすいという長所もある。
ニースパイク
膝関節部をガードするニーアーマーの表面に付いた三本のスパイク。まともに使われた描写はない。SRWにも未採用。

選択装備[編集]

100mmマシンガン
本機の主兵装である機関銃。連邦軍で多く普及している。予備のマガジンは横腰部に装着されている。
180mmキャノン
長距離支援用の武装。分解してウェポンラックに収納可能。
ビームライフル
少数が生産されている。
SRWではEz-8のみ装備している。
ロケットランチャー
砲身が短く取り回しがよい。「バズーカ」と表記される事も。
ミサイルランチャー
6発のミサイルを発射する。誘導性能が高い。
GCXO)』では陸戦型ジムが装備していた。『OE』で着弾指定型のマップ兵器として採用。対地特性が付いており、地上にいる敵に威力が高い。
ガンダムハンマー
第06小隊に配備された機体が装備していた。
ネットガン
弾頭からネットを展開し、敵機を拘束する。
ウェポン・コンテナ
180mmキャノンやロケットランチャー、ミサイルランチャーなどを収納するコンテナ。バックパックに装備。
パラシュートパック
空挺用の装備。OPと本編でデザインが異なる。バックパックに装備。
Bコンテナ
漫画『機動戦士ガンダム第08MS小隊 U.C.0079+α』にて登場したコンテナ。100mmマシンガンのマガジンを大量に搭載している。弾が切れると装備されたアームで自動的にマガジンが交換されるようになっている。

合体攻撃[編集]

08小隊
ガンダムEz-8陸戦型ガンダム (ジムヘッド)との合体攻撃。Ez-8がビームライフル、カレン機がマシンガン、サンダース機がバズーカの一斉射撃の後、とどめにEz-8が180mmキャノンを撃つ。
パイロットはシロー・サンダース・カレン・ミケルのうちのいずれか3人。パイロットと機体は合わせる必要はなく、隊長のシローがいなくても問題ない。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。『GCXO)』では不採用。
盾装備/シールド防御(OE)
シールド防御を発動。
グループ (GR)
OE』で採用。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M
3
『OE』

機体BGM[編集]

「嵐の中で輝いて」
OPテーマ。

対決・名場面[編集]

アプサラスII
アッガイ

関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

陸戦型ガンダム (ジムヘッド)
頭部を破壊されたカレン・ジョシュワの陸戦型ガンダムを、パーツ不足により陸戦型ジムの頭部を代用して修復した機体。
ガンダムEz-8
大破した陸戦型ガンダムを、修理と同時に問題点の改良を行った改造機。
陸戦型ジム
本機と同じ生産ラインで作られた量産型。外見が酷似し、パーツも互換性がある。
ブルーディスティニー
『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』(SRW未参戦)に登場した機体。EXAMシステムの起動実験のために開発された試作機で、何れも本機をベースにEXAMシステムを頭部に搭載している。1号機のみ当初は陸戦型ジムで試験を行っていたため、頭部が陸ジムのものになっている。
スレイヴ・レイス
『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』(SRW未参戦)に登場した機体。陸戦型ガンダムをベースに、センサー・光学カメラ・通信システムなどを最新の物へと更新、ランドセルが高出力スラスターを搭載した物に変更、両肩にはジム・ストライカーに先駆けウェブラル・アーマーを装備している。
陸戦型ガンダムS型
『機動戦士ガンダム サンダーボルト』(SRW未参戦)に登場した機体。ペガサス級強襲揚陸艦スパルタンに配備されており、その艦名から『S型』と呼ばれ、他の機体と区別されている。地上戦に最適化されており、Ez-8のようなブレードアンテナを採用し、武器やシールドを保持できるサブアームもランドセル部に増設されている。この機体は設定上、従来の物とは違い「ガンダムタイプの頭部を持つジム」である。

関連機[編集]

ガンダム
ガンダムの余剰パーツを用いて製作された。
ジム
同じくガンダムから派生した量産型。ジムと陸戦型ガンダムはかつては設定上相容れないもの同士だったが、辻褄合わせで両方とも製造されたことになっている。

余談[編集]

  • この機体のデザイン画が発表された際には、ただ単に「RX-79 ガンダム」(初代はRX-78或いはRX-78-2)と紹介されており、各メディアで違う名前がつけられる事態となっていた。しばらくしてプラモデル「HG1/144 RX-79 ガンダム VS MS-06J ザクII」にて「陸戦型ガンダム」という名称が定着した。
    • ガンダムMk-IIIは名称がそのまま、各メディアで違うデザイン画が発表されており、その点で陸戦型ガンダムとは好対照である。
  • 本機は20機程が生産されたと言われるが、小説版『08小隊』ではコジマ大隊だけで04・06・08に配備されていることから9機は確定であり、それに『ガンダム戦記 Lost War Chronicles』で連邦側主人公(漫画版での名前はマット・ヒーリィ)が乗り、『クライマックスUC』で主人公のカムナ・タチバナが乗り、アーケードゲーム『スピリッツオブジオン~修羅の双星~』に3機出てきて、『ミッシングリンク』の連邦側主人公トラヴィス・カークランドも改造機であるスレイヴ・レイスに乗り、更にブルーディスティニー計画で3機使用されていることから実際には20機を超えていると思われる。
    • 言ってしまえば、一応ガンダム系列の機体で主人公機の箔はあり、だがしかしワンオフではないということで一年戦争の外伝的なゲームのストーリーの主要登場人物の搭乗機体にはうってつけの機体なのである。
      • ただし修羅の双星はパラレルで、これを事実とすると高機動型ザクR-2の生産数やフルアーマーガンダムの存在等々色々矛盾が出る(実際ガンダムエースで架空戦記として紹介されている)。
  • 180mmキャノンをシールドに乗せて射撃する演出(通称:輝き撃ち)の元ネタは原作OPとされているが、こちらは立ち姿のままシールドに載せているように見えるが、これは遠近法によって偶然そう見えているだけで、立ち姿のままシールドに乗せようとすると矛盾する。
    • このことから、基本的に180mmキャノンはシールドなしで発射可能だが、演出的にもシールドに乗せたほうが映えるためか、SRWなどではOPラストのかがんだ体制の状態でシールドに乗せている場合が多い。SDだとちょうど良いサイズなのである。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]