ミケル・ニノリッチ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ミケル・ニノリッチ
外国語表記 Michel Ninorich
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 結城比呂(現・優希比呂)
デザイン 川元利浩
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 18歳
出身 サイド2
所属組織 地球連邦軍
所属部隊

コジマ大隊

軍階級 伍長
テンプレートを表示

ミケル・ニノリッチは『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の登場人物。

概要[編集]

第08MS小隊の一員。引っ込み思案な性格の持ち主ながらMSに乗りたがる事もある、よくいる「したがり」なキャラ。

本人の希望とは裏腹にエレドアの補佐役として74式ホバートラックのクルーを担当する事になる。その後、エレドアが怪我で不在になった時は一人でホバートラックを操縦する事もあった。

BBという遠距離恋愛の恋人がおり、彼女に手紙を送る事が戦争中の唯一の楽しみであったが、後にOVA『ラスト・リゾート』で振られている事が判明。その時はやけ酒を呷っていた。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
優希比呂氏は本作がスパロボ初参加。シロー、サンダースと共に加入。補給部隊からホバー・トラックを受け取るとそちらに乗り換える。
スーパーロボット大戦XO
陸戦型ガンダム合体攻撃に参加できるようになった。
スーパーロボット大戦Operation Extend
他の隊員ともども第1話サブミッション「アレックス打ち上げ」にて登場。自軍加入タイミングも他の隊員と同じで、第2話サブミッション「ザンジバル追撃」後。ホバートラックのメインパイロット。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

GCXO
ひらめき努力集中熱血幸運献身
OE
信頼閃き

特殊技能(特殊スキル)[編集]

GCXO
援護L3シールド防御
OE
底力:回避、ガードサポート

固有エースボーナス[編集]

OE
防御(ダメージ20%軽減)

人間関係[編集]

BB
恋人。劇中ではよく恋文を書いていた……が、最終的には振られてしまう(小説版では顛末は未描写)。容姿はメガネを掛けた美少女。新しい恋人と彼女の子らしき赤ん坊と共にウェディングドレスで写真に写っていることから、ミケルをかなり早い時期に振っていたとみられる。
シロー・アマダ
第08小隊の隊長。地上に降りる際同じシャトルに乗っていた。
テリー・サンダースJr.
第08小隊の隊員。シローと共にシャトルで同乗。それ以降はあまり話したことはなかったが、BD-BOXの映像特典ではホバートラックに同乗した際に距離を縮める。
カレン・ジョシュワ
第08小隊の隊員。カレン姐さんと呼ぶ。
エレドア・マシス
第08小隊の隊員。ホバートラックに同乗する。
キキ・ロジータ
ゲリラの娘。凸凹コンビ。『ラストリゾート』で一緒にシローを探す旅に出る。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
GCXO)』では、彼の脱走に便乗。
ランバ・ラル
『GC(XO)』ではアムロと共に脱走した時に彼の部隊と出くわし、見逃してもらったアムロやフラウ・ボゥと違ってエレドアと一緒に捕えられてしまう。
カミーユ・ビダン
『GC(XO)』では、遠距離恋愛している自分と違ってすぐそばにガールフレンドがいる事を羨ましがり、やっかみ半分で彼をからかった。

名台詞[編集]

「どうしてもっと優しくしてやれないんですか!? 女の気持ち、全然わかってないじゃないですか!! 恋したことないんですか!? 女の時計なんか、大事そうに持ってて!」
「く…… 片思いしかしたことない人なんですか!?」
作戦の際に小隊長のシローと口論になった際の台詞。アイナのことを考えていたシローにとっては考えさせられる致命的な台詞となった
「アハハハハッ! 隊長が ……キレたっ!」
再起動したEz-8が引きちぎった左腕でグフカスタムを殴りつける光景を見ながら。
「ああ~、B~~~B~~~~!!」
『ラストリゾート』でBBから送られてきた写真をキキに破り捨てられて。キキからは「ビービー、泣きなさんな」とバッサリ。

搭乗機体・関連機体[編集]

74式ホバートラック
第08MS小隊に配備されている戦闘用車両。管制やソナーによる索敵などを行う。

余談[編集]

  • 小説版では、キキの村の子供たちに勉強を教えた事を切っ掛けに戦争終結後は退役し、教師の道を志す。エピローグではミケルがシローに送った手紙を介して、08小隊の後日談が語られた。
  • BBと破局してしまうが、彼女に当てた手紙の内容は軍隊行動や08小隊についてかなり詳しく書かれており(口に出しながら書いているため視聴者も内容を知ることができる)、とても検閲を突破できるものではないものばかりであった。

資料リンク[編集]