アイナ・サハリン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
アイナ・サハリン
外国語表記 Aina Sahalim
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 井上喜久子
種族 地球人
性別
年齢 20歳
所属 ジオン軍
デザイン 川元利浩
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国の名家サハリン家の娘。

アプサラス計画の責任者である兄ギニアス・サハリンの元でモビルアーマーアプサラスのテストパイロットをしていた。宇宙用高機動試験型ザクの宇宙での運用試験中に連邦軍と戦闘になり、その際に地球に着任途中だったシロー・アマダと運命的な出会いをする。

今まで兄の思うがままにされてきた彼女はシローと出会って、自分の意思で生きるようになる。アプサラス完成に執着する兄に疑問を抱き、シローと共に兄の乗るアプサラスIIIと戦うが、爆発に巻き込まれ、シローと共に火山に落下し、生死不明となる。

その後、OVA『ラスト・リゾート』でシローの子を身籠もっている事が判明する。

登場作品と役柄[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
シローで説得すると仲間になる。援護技能を持ち、精神コマンド祝福献身を必ず覚える、優秀なサポートキャラである。またノリスの説得にも関わる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第1部で仲間にしたデータを引き継ぐと登場する。
スーパーロボット大戦IMPACT
基本的にCOMPACT2と同じだが、声が入った。相変わらず優秀なサポート系精神コマンドを覚えるため、メタスなどに乗せて運用するとよい。ただしギニアスの逆恨みの対象になる点には注意。
鼓舞復活を覚えるのでバーニィと一緒にクィン・マンサに乗せ、ブルーガーと交互に自爆復活を繰り返せば、全機気力150スタートも可能。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
ジオン軍に所属。なんとノリスの形見のグフカスタムに乗る。仲間にする事も可能。乗機がグフだからか、初期ステータスは格闘レベルが高い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
シローからの説得は度々あるが、別に説得せずとも彼女自体は仲間に出来る。宇宙用高機動試験型ザクを伴っての仲間入りだが、条件を満たして自軍入りした場合に限り、アプサラスIIも一緒に持ち込んでくれる。サポート系の精神コマンドが充実しているので、Gファイターに乗せておくのがお勧め。ジャブローでギニアスと決する際には兄を止めようと強制出撃する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
リアル系では2度の説得で仲間に。しかし一度目は、自軍がEz-8 1機の中、2機のザクも含めたアプサラスとの一度の戦闘を経なければ説得が不可能であるため、よく考えて動かさなければならない(基本的に敵ターン中にアイナの攻撃を回避か防御で凌ぐのがやりやすい)。スーパー系では1度でいい。ファを上回る支援精神の持ち主でレアな復活を修得する。
スーパーロボット大戦GCXO
今回はニューヤークでのガルマ・ザビのパーティに出席するなどの出番もあり、ドレス姿を見ることができる。今回も説得で仲間になるが、サブシナリオに行かないといけないので最短でクリアを目指したりするとスルーすることに…… また、仲間にしても一年戦争の展開が終わるまではパイロット登録されず、20話で強制出撃するまで使えない。強制出撃の際は皮肉なことにジム・スナイパーに乗る。
スーパーロボット大戦Operation Extend
今回はシローとのロマンスが完全に割愛されており、名前のみの登場でありシリーズでは初となる自軍不参加。雪山に遭難しシローと力を合わせて生き抜いた後、戦争の在り方に疑問を持ち軍を抜けたとのこと。シローは「もう二度と会う事はないだろう」と考えていたが、EDでシローと連絡が取れて地球で再会することになった。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

パイロット能力としてはあまり高くなく、アプサラスの性能やシローとのパートナー補正があっても少々厳しいものがある。しかし優秀な精神コマンドを覚える為、終始一貫してサポート役に徹することとなるだろう。

精神コマンド[編集]

リンクバトラー
ひらめき集中激励熱血復活
64
集中ひらめき熱血激励復活
A
献身祝福集中激励復活
A PORTABLE
献身激励祝福集中激励
IMPACT
献身祝福集中鼓舞復活
GCXO
集中祝福激励熱血献身

特殊技能(特殊スキル)[編集]

A PORTABLE
ヒット&アウェイガンファイトL4
IMPACT
援護攻撃L2援護防御L2
GCXO
底力L6シールド防御援護L3

パイロットBGM[編集]

「嵐の中で輝いて」

人間関係[編集]

シロー・アマダ
窮地の中、敵同士の関係ながらも心を通い合わせる。
ギニアス・サハリン
実兄。初期は良好な関係だったが、徐々に暴走。
ノリス・パッカード
サハリン家に仕える軍人。アイナの親代わり的存在。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

シャア・アズナブル
SCでは部下たちを脱出させるため、彼の協力を得つつ自軍と戦うことになる。
ハヤト・コバヤシ
SCでは投降後、彼の口利きで自分と部下たちをシースに受け入れて貰えることになった。
ヒイロ・ユイ
SCでは、衛星軌道上から降下してくる無数のティターンズのMS軍との総力戦の前に、戦争に思想を持ち込まない彼がシローの思想を「甘ったるいセンチメンタリズム」だと呆れながらも、ぶっきらぼうな彼なりに信頼感を表わす彼とシローのやり取りに微笑ましさを感じていた。

その他版権作品[編集]

ジョウ・マヤケーン・ワカバ
作品では、彼らから乗機のアプサラスIIを「大福みたいなでっかいの」と評される事に。
チャム・ファウ
IMPACTでは、シローの部屋で二人でしていた「ある事」を覗き見していた彼女に、みんなの前でからかわれてしまう。
ブライ大帝
IMPACTでは、自分達が敵と必死になって戦った事を利用して、漁夫の利を得ようとする彼の汚い計算高さに怒りを覚えていた。

名台詞[編集]

「私、ギニアス兄さんの人形なんかじゃない!」
雪山で2人きりの中、彼女が今まで胸に秘めていた悩みをシローに打ち明ける印象的なシーン。しかし丸見えである。
なお余談ではあるが、「ラストリゾート」での彼女が臨月だと仮定すると、彼女が身ごもったのは丁度この時になる。
そう考えるとこのシーンがまた別の意味に見えてしまう…。
アイナ「例え敵味方に分かれて戦ってはいても、」
シロー「いい人間はいます。解り合えるんです!自分にはそれが」
アイナ「この愚劣な戦争での」
シロー「ただ一つの希望だと思えます!」
ギニアスにシローとの関係を聞かれ、涙ながらに語る台詞。諮問会で弁明するシローの台詞とシンクロしている。しかしギニアスには鼻で笑われ、連邦将官達には馬鹿にされてしまった。
「止めることなんか、出来ない…。もし…もしもノリスに何かあったら…私が殺したんだ…」
「その時は……一人では逝かせない…!」
アイナの願いを叶えるため、覚悟を決めて出撃するノリスの背中を見送りながら。普段の彼女からは想像できない、激しい感情が表情に表れている。
「見ていて下さい。これが…私の戦争です!」
病院船ケルゲレンで負傷兵達を脱出させることが、彼女が戦争の中で見出した己の使命であった。しかし……
「可哀想に…だからこんな鉄の子宮が必要だったのね…」
ギニアスと言い争う中、アイナは兄が生きる支えとしているアプサラスを母体の『子宮』と例えている。彼のトラウマの要因である「母親」が自分達に対して行った仕打ちを突きつけられたアイナは、誰にも心が許せなくなった彼の心の中を感じ取り、悲痛な想いを感じていたのかもしれない。
「いけない…そろそろゴッドフィンガーの時間じゃなくて?」
『Gジェネ』シリーズでゴッドガンダムに乗せ、同武器を使用した際の迷台詞。元ネタはギニアスに薬の時間を告げるものなのだが…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「シロー…だからちゃんと閉めようって…」
IMPACTでシローとの「秘め事」をチャムに覗かれていた事を知って、頬を染める。微笑ましいシーンではあるが、マーベルからは気の緩みようを窘められた。
「温泉、ですか…思い出しますね、シロー…」
IMPACTでナデシコに温泉が完備されている事を知り、雪山での一件に想いを馳せるが、話を振られたシローは傍にノリスが居た事もあって狼狽する。
「陸、海、空…ええと、あとは宇宙に…異次元?」
APORTABLE)』第17話「父をもとめて」or「ボルテスVに命を賭けて」で、ボルテスVゲッターロボのように5通りに変形・合体するのではないか?という会話を受けて。天然ボケが炸裂する微笑ましいワンシーンともいえる。

搭乗機体[編集]

宇宙用高機動試験型ザク
アプサラスII
アプサラスIII

スパロボでの搭乗機体[編集]

ジム・スナイパー
GCXO
グフカスタム
SC

商品情報[編集]

資料リンク[編集]