メタス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
メタス
外国語表記 Methuss
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 永野護
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 MSA-005
全長
【MA時】
21.8 m
全高

26.0 m

【MA時】
6.2 m
本体重量 27.8 t
全備重量 52.4 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1,640 kw
スラスター推力

18,600 kg×3(背部)
10,600 kg×2(脚部外側)

総推力
77,000 kg
アポジモーター 12
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,300 m
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 エゥーゴ
主なパイロット ファ・ユイリィ
レコア・ロンド
テンプレートを表示

メタスは「ガンダムシリーズ」の登場メカ

概要[編集]

Ζプロジェクトによりアナハイム・エレクトロニクスで開発された初の可変モビルスーツ

機体概要[編集]

元々は可変機構の実験機として開発されていた。モビルアーマー形態に変形可能で、機動性が高い。

しかし、上半身と下半身を3本のアクチュエーターで接続しているだけであるために強度は低く、格闘戦はあまり得意ではない。また、武装も貧弱。

モビルアーマー形態[編集]

変形した形態。メタスはモビルアーマー形態での運用を基本としている。

高い運動性と速度を誇り、宇宙戦闘機としては十分な性能を発揮した。反面大気圏内での運用には適していない。

Ζガンダムに比べシンプルな変形機構が評価され、量産を考慮したΖIIリゼルはメタスの変形機構が参考にされている。

劇中での活躍[編集]

グリプス戦役中盤にアーガマの戦力として配備され、当初はレコア・ロンドが搭乗していた。レコアがエゥーゴを離反した後は補欠要員だったファ・ユイリィが専任パイロットとなり、ティターンズの高性能MS群に苦戦を強いられるが、その高い機動力を活かし、最後まで戦い抜いている。時々、撃破される事もあったが、パイロットは脱出しているため、生存率は意外と高い。

第1次ネオ・ジオン抗争の序盤でも運用されたが、ほとんど修理出来ていない状態で使用されており、最後はジュドー・アーシタΖガンダムを庇ってハンマ・ハンマの攻撃を受け、そのままシャングリラへと流されていった。

劇場版においては、1号機と新たに2号機である「メタス2」がアーガマに配備されている。1号機はΖガンダムやGディフェンサーと共に搬入され、レコアの乗機となった。また、TV版のゲルググの代わりに百式のメガ・バズーカ・ランチャーのエネルギー供給用の機体としても使用された。その後の戦闘でヤザンハンブラビに撃墜されている。2号機はファ・ユイリィが乗り込み、弾薬の補給や損傷機回収の為の支援機として運用されていた。

登場作品と操縦者[編集]

前半で貴重な飛行可能、かつ修理機能をもったユニット。基本はファの初期機体扱いで、彼女のSRW参戦回数の恩恵を存分に受けているユニットともいえ、仮にも原作前半主役機のガンダムMk-IIより登場回数が多く、初登場も先である

武装が貧弱なため戦力になる事は少ないが、乗り換え可能な修理ユニット、またはパイロットのレベル上げ用として最後までお世話になる事が多い。

修理装置は『機動戦士ガンダムΖΖ』における性能を再現した物だが、原作で弾薬の補給を行う支援機としての運用がされていたのに補給装置は『第2次Z再世篇』まで搭載されていなかった。

なお、MS形態のあまりに貧弱な上半身と下半身の接続方法故か、MA形態の方が装甲が厚い事が多い。

上述通り参戦回数は最多クラスに位置するものの、機能面のテコ入れはシリーズを通じてほとんど行われていない。補給装置の追加や、強化パーツ運用の面で補強される作品が僅かに現れる程度である。登場を重ねたプレイヤー側のユニットはやられメカ量産機でさえ強引気味に武装を追加される傾向があり、ある意味、旧シリーズ以来これほど仕様が変わり映えしないのは珍しい。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
ファ・ユイリィがパイロット。最初の内は貧弱な支援機的な性能に思えるが、高レベルになるにつれどんどん素早さが上がり、レベル50で素早さがカンストし、νガンダム以上の素早さとなる。よって、後半になると修理だけでなく、積極的に戦闘に参加させることもできる。自分自身の修理も可能なため、特に1対1の戦闘に滅法強く、レベルが十分で相手が単体であれば例え相手がヴァルシオンだろうとグランゾンだろうと、一応メタスだけで倒すことが出来る。ヴァルシオンはともかく、グランゾンをメタス単体で倒すにはとてつもない時間が掛かるだろうが…。
FC版の本作のみ後半より武装がアームビームガン→ビームサーベル(MS)/メガ粒子砲(MA)に変更される。原作で未所持のメガ粒子砲は射程はあるがビームサーベルより威力は低い。前半はアームビームガンの射程が1のみなので攻撃手段が乏しいが、後半は状況に応じて変形し、近距離,遠距離の攻撃を使い分けた戦法が可能になる。
PS版では『F』準拠の性能なため戦闘能力は低いが、修理でレベル上げが可能になった。
第2次スーパーロボット大戦G
システムの大幅変更により、上記のような活躍はできない。修理で経験値も入らないが、序盤では貴重な「飛行できるMS」であり、空が飛べず移動力も低いガンダムVガンダムガンイージより快適に移動できるので武器を改造すると意外に強い。序盤で山岳や森林の多いマップが出てきたら、アムロウッソをこちらに乗せてみるのも手。
第3次スーパーロボット大戦
文字通り生命線。他の修理役もそうだが、どれだけ鍛えるかによってゲームの難度が大幅に変わってしまうほどの重要ユニット。HP・装甲の改造は惜しまずに。
スーパーロボット大戦EX
リューネの章序盤でファが乗ってくる。リューネの章では唯一の修理役の為に重要性は高い。
第4次スーパーロボット大戦S
第1話(『S』では2話)からファの乗機として登場。強制廃棄はされず、任意で廃棄する事もできないので最後まで残る。
ただでさえ基本性能が控えめなうえに、序盤から出現するヘビーメタルに対してかなり不利な武装をしてるため戦力と数えるには厳しいが、序盤では貴重な飛行MSであり初期ユニットの中では破格の限界反応を持っているのでリ・ガズィ入手までは武器2つを少々改造してからアムロを乗せてみても面白い。
なお本作の敵ユニットは修理・補給能力を持つ機体を優先的に狙うルーチンが組まれており、その中で本機は貴重なリアル系であるため、改造しておくと囮役として最適なユニットになる。
素の攻撃力はMSでも最低クラスで、また反撃が選択できるようになったため修理装置の恩恵も減った。しかし移動力は極めて高く、アイテム回収に向いている他、ミデア救出マップではその機動力と修理能力で大活躍する。
スーパーロボット大戦F
今回から修理で経験値が入るようになったので、ガンダム系パイロットのレベル上げに使われる。『第4次』と異なり修理・補給ユニットが優先的に狙われる仕様はなくなった(HPの少ないユニットが優先される)ため、HPと装甲を中心に強化していくといいだろう。
ゴラオンの救援に機動力の高さを理由に1ステージだけジュドーが搭乗して強制出撃するステージがある。戦闘能力という点では若干不安なようでジュドー本人は不満気だったところをファに睨まれる。
スーパーロボット大戦F完結編
やはり修理要員として最後まで現役。『F』から通して、最初から最後まで活躍する唯一のユニットとなるだろう。
また孤立した味方やNPCの救助を行うシナリオが全編通して多いため、それらのマップはメタスがいるかどうかで難易度が天と地ほど変わる。特に最終決戦はメタスを出さないだけで縛りプレイの領域となる。
時には修理のために前線に出る必要もあるので、改造は決して怠らないようにしたい。もし無改造のままなら早急に資金を注ぎ込もう。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
登場はかなり前倒しされていて、ガンダムMk-II奪取前からアーガマに積まれている。それでも原作通り、最初はレコアが乗っている。序盤では貴重な飛行ユニットで移動力もあることから戦闘にも回せる。
MS形態の地形適応が全てB以下という冷遇機。MA形態との優位性がビームサーベル(+切り払い)位しかない。
スーパーロボット大戦α外伝
修理ユニットとしては悪くないが、修理だけでなく補給も可能なホワイトアークブルーガーの方が優秀。戦闘ユニットとしては、武器改造効率が良いため最終攻撃力はそこそこ、P属性射程5で飛行可能ではあるが、武器の対地性能と弾数に不安がある。パーツスロットも含めた移動能力では今作トップなのでアイテム回収をさせる手もある。
第2次スーパーロボット大戦α
コストが1で修理装置があり、変形によって空を飛べる為、小隊員機として優秀。
第3次スーパーロボット大戦α
『第2次α』と同じ。ちなみにオプションの「ガイダンスシナリオ」にも、アラドが操作するユニットの一体として登場する。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
修理装置を持つ為、被弾する事が前提であるスーパー系の小隊員に向いている。レコアとファの2機が入手できるが、レコア機は撃墜されて使用不可になる(改造費用は戻ってくる)。MS形態とMA形態でPLAの射程や地形適応が違うので注意。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
単機出撃制になりサブオーダーが導入されたため、資金稼ぎ要員育成機としてガンダム系で乗り回される。
MA形態が武装1つなのはお約束だが、それがP武器で射程3。最終的には自軍最低の最大射程ユニット(形態)となってしまう。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
基本は前作と同じだが、フル改造ボーナスにより、なんと補給装置が実装される。なお、OZでは何故か他の宇宙世紀及びSEED系ガンダム共々封印扱いになっていた。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
前作から引き続きカスタムボーナスで補給装置が実装。スーパー系サブに向いている。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第1話から使用可能。『時獄篇』と同様、カスタムボーナスで修理装置と補給装置を両立できるため強力なMSが多数入手できる今作でもサブユニットとして長く使っていける。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シナリオ「サイン・オブ・ゼータ」でファが乗ってくる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
第1話から使用可能。地上では高低差によって援護できるかどうかが変わるため、序盤では戦闘にもかりだされる。HPをパーツで上げておこう。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
地上にあるものとは別の機体が登場。序盤から使用できる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
当たれば確実に落ちるうえに、トリプル・ジムが本格参戦するので立場が危うい。
スーパーロボット大戦IMPACT
第1話から使用可能。修理、補給ユニットが優先して狙われる第3部からは修羅の道。弱小ユニットほど改造幅の大きい本作の仕様上攻撃力だけは人並みレベルにできるが、主武装となるビームガンの射程や装弾数が心もとない為使い勝手は悪い。
スーパーロボット大戦COMPACT3
第1話から使用可能。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
リアル系ルート第2話でファが乗ってくる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
フル改造ボーナスで「戦艦と同じ消費系パーツの使用方法が可能」となる。終盤の木連ルートではドン・ザウサーという強敵が待ち構えており、戦艦ユニットのナデシコ(Yユニット)はパーツスロットが2つしか無いため、フル改造ボーナス付のメタスに火星丼を4つ搭載すると非常に役立ってくれる。
スーパーロボット大戦R
過去の世界で登場。
スーパーロボット大戦D
宇宙ルート第4話から使用可能。中盤以降はホワイトアークの方が役立つ。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
第35話でファが乗ってくる。歴代でも最遅レベルの参戦。相変わらず宇宙世紀MSでは唯一の修理(と補給)持ちなのでレベル上げには使えるが、戦闘に参加させることはまず不可能。ファを使うなら、エース(またはグレートエース)になるまでは他の機体で撃墜数を稼ぐか、サブオーダーで撃墜数を稼ぐと良いだろう。十分な撃墜数を稼げたら、あとはメタスで修理・補給に専念すれば良い。
スーパーロボット大戦X
第29話で加入。加入時点で3段改造済みなのですぐにでも5段階まで改造しよう。今回も修理(と補給)持ちだが、補給の方はカスタムボーナスで追加される機体が多い上に両方持ちも対抗馬が3機も存在する為、それらと比べて参戦時期が遅い本機はやはり使われにくいが、ファの精神コマンドが相変わらず優秀なのと、レスキューユニットを装備させたい機体が少なくないことを考えると、そのままファを乗せて使うのも十分に有用である。
なお、同シナリオ終了後は条件を満たせば特殊な強化パーツである「エクストラアームズ」を得られる。武器攻撃力の低い(特に武器が一つしかないMA形態)本機との相性が極めて高いため、そのまま装備させても構わないだろう。
スーパーロボット大戦T
第11話より登場。本作では、修理と補給を1機でこなせるのは、本機を除くとゲシュペンストだけで、しかもあちらはサポート能力においてファが搭乗する本機に大きく劣るため、参戦の早さと合わせて、『V』や『X』と比べて支援機としての重要性が増したと言えるだろう。
ファの撃墜数の稼ぎにくさもサブオーダーの仕様変更により改善されたため、「ファを他の機体に乗せ換えて撃墜数を稼ぐ」という必要が薄れたのも、本機にとって追い風になっている。ファ以外のパイロット候補は、イーノあたりだろう。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
特定ルートを通るとメタス改に強化され、攻撃力が大幅に上がる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
ファが乗っている。
スーパーロボット大戦X-Ω
C・SSRアタッカー、Rシューターが登場。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
ファが乗り登場。本作には修理装置自体が存在せず、性能は低い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

アームビームガン
両腕に固定されている小型ビーム砲。砲身を180°回転させ、グリップを握って射撃する。MA形態時はグリップ無しで発射可能。
SRWではMS形態は移動後攻撃不可で射程が少し長く、MA形態はその逆の能力になっていることが多い。
ビームサーベル
MS形態で使用。脚部に6本マウントしている。ヒートホーク状のビームを形成する事も出来る。
何故、6本も持っているのかは不明。機体の強度を考えれば接近戦は不得手なはずなので、ますます不可解である。弾薬の補給を行う支援機として運用をされていた事を考えると、他のMSがビームサーベルを手放してしまった状況に陥った際に譲渡する…という、補給の一種として所持していたのかもしれない。
PSPのアクションゲーム「ガンダムバトルシリーズ」では6本まとめて放り投げるという必殺技がある。

オプション武装[編集]

ミサイル
腕部からグレネードランチャーのように発射されるミサイル。TV版第38話「レコアの気配」のみで使用しており、資料などでは無視される場合が多い。
SRWでも未実装。ゲーム『エゥーゴVSティターンズ(DX)』では採用されている。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
変形
MA形態へ変形する。移動力運動性装甲が全て上昇するので、基本的にMA形態で運用する事の方が遥かに多い。
修理装置
SRWにおける本機の存在意義とも言える能力。
小隊制の作品等ではHP回復と同じ効果も持つ。
補給装置
『第2次Z再世篇』以降カスタムボーナスとして追加された能力。その為、最初から持っているわけではない。
支援機としての使い勝手が飛躍的に上昇する。

移動タイプ[編集]

MS形態時。
MA形態時。飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

超合金Z
第2次G』で採用。
戦艦と同じ強化パーツの使用方法が可能。
A PORTABLE』で採用。
修理によるHP回復量が2倍になる
第2次Z破界篇』で採用。
特殊能力『補給装置』を得る
第2次Z再世篇』から『X』までの作品で採用。ようやく原作の再現をされた。
特殊能力『補給装置』を得る。装甲値+200。
T』で採用。

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第2次G』、『第3次』、『EX』にて採用。
「モビルスーツ戦~交戦」
第4次』、『F』、『α』など多くの作品でBGMとして採用。
「艦隊戦」
第2次α』、『第3次α』、『V』にて。
「水の星へ愛をこめて」
A』にて。

関連機体[編集]

メタス改
ハイメガキャノンを装備した武装強化型。
ガンキャノン・ディテクター
『Z-MSV』の機体であるが『UC』にて映像作品に出演。前者ではガンキャノンらしい赤系の、後者では青系のカラーリングとなっている。
名前はガンキャノンではあるが実際はメタスのフレームを流用しており、それを活かした簡易変形機能(姿勢を安定させた砲撃形態)を持つ。
Ζガンダム
開発に際しメタスで得たデータが反映されている。
ΖIIリゼル
メタスの変形機構を参考にしている。

余談[編集]

  • 企画段階ではハンブラビが「メタス」という名称になる予定であった。
  • ΖΖ』で退場してしまった理由として、「モノアイのMSは敵方」という了解が製作側に出来てしまった事がある。味方から敵方に移されてしまったリック・ディアスの後継機と同じ事情である。
  • コンパチヒーローシリーズ」の1つ『ロストヒーローズ』(PSP/3DS)でも、メタスは数多の歴代ガンダム達を差し置いて、女性人格でアシストサブ登場を果たしている。
    • バンプレスト作品におけるメタスの優遇は謎というより、もはや伝統なのかも知れない。
  • SDガンダムシリーズ」でもメタスは女性キャラとして登場することが多いが、『SDガンダム外伝』の僧侶メタスは珍しく男性人格[1]である。
    • またこの僧侶メタスは、顔が何故か本来のモノアイではなくジェガンに似たゴーグルアイになっている点でも異端な存在である。上記の「モノアイ=敵」という点を考慮して変更されたのだろうか。

脚注[編集]

  1. カードダスでは性別を示す描写はないが、OVAでは男性である菊池正美氏が声を当てている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]