ハンマ・ハンマ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ハンマ・ハンマ
外国語表記 Hamma-Hamma
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 出渕裕
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 AMX-103
頭頂高 21.5 m
本体重量 40.3 t
全備重量 79.4 t
スラスター推力

18,300 kg×2(背部)
13,200 kg×10
11,200 kg×8

総推力
258,200 kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 14,200 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット マシュマー・セロ
テンプレートを表示

ハンマ・ハンマとは『機動戦士ガンダムΖΖ』の登場メカ

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発した試作型モビルスーツ

一般兵でもオールレンジ攻撃が可能な有線式サイコミュ・システムを搭載するはずであったが、完成させる事が出来なかったため、量産化は見送られる事となった。

全身にスラスターを内蔵しており、高機動力を誇る。反面、武装の威力が低く、その欠点を補うためのオプション装備として、ジェネレーター内蔵のメガ粒子砲付きシールドを開発した。

エンドラに搭載されており、マシュマー・セロが乗り込んでジュドー・アーシタΖガンダムと戦った。数度の敗退の後、ついにΖの頭部を破壊して戦闘不能に追い込むが、直後に現れたΖΖガンダムの圧倒的な性能の前に敗北、撤退した。エンドラの艦長であった時のマシュマーが最後に乗り込んだMSでもある。また、Ζガンダムの頭を吹き飛ばした事でΖザクの誕生に一役買う事となった。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
初登場作品。MSの中では普通の性能だが、顔つきパイロットがよく乗っている。シールドを装備。
スーパーロボット大戦F
DCの戦力として登場。最終話手前からマシュマーが搭乗し、場合によってはイリア・パゾム機も最終話に出現。HPが高め。
スーパーロボット大戦F完結編
『第4次』に比べて大幅に強化されており、バウドライセンといったネオジオン系MSに比べてかなり強い。中盤あたりまではマシュマーがよく乗っている。中盤以降は強化兵が乗っており、命中と回避が高めなのでやや気をつけよう。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
マシュマーが乗ってくる。ゴットンイリアニーランスが乗ることもある。F~F完の能力と比べるとマイルドで戦いやすい。
スーパーロボット大戦α外伝
ムーンレィス兵が使用する。カラオケモードでも登場している。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
ネオ・ジオン兵らが乗る。また、場合によっては1機入手できる。…が、こちらよりもサザビーの方が優秀なので、基本的には選ばれる事はない。
スーパーロボット大戦COMPACT2
第2部の中盤から登場し始め、基本的に一般兵が乗る。たまにイリアが乗っていたりして、それはそれで厄介。場合によってはグレミー機も登場。
スーパーロボット大戦IMPACT
第2部1話でマシュマーが乗る。登場は1度だけ。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ネオ・ジオン兵が乗っている。
スーパーロボット大戦R
マシュマーが最初に搭乗する他、ネオ・ジオン兵も乗る。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
マシュマーが最初に搭乗する他、アクシズ軍との最終決戦時にはアクシズ兵が乗っている。

関連作品[編集]

SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ザコ敵。ZZガンダムを差し置いて出演。カラーリングは白と紫になっている。
空中を上下に浮遊している。頭は踏むことができ、足場代わりに利用できる。耐久力が高い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

3連装ビーム砲
両腕部に内蔵されている武装で、ワイヤーで50mまで伸ばす事が可能。ただ、一般兵にはオールレンジ攻撃動作は不可能であり、まだ試作段階の武器である。
シールド
火力不足の欠点を補う為に開発された、メガ粒子砲と機雷内蔵の専用の実体盾。ジェネレーターを内蔵し、かなり分厚く造られているため、防御力も高い。左腕に装着。
メガ粒子砲
シールドに内蔵された3連装のメガ粒子砲。
機雷
シールドに内蔵されている。
ビームサーベル
シールドの裏側に2本マウントされている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「サイレント・ヴォイス」
第4次』のマップ「月の裏側」にて、第三勢力(黄軍)としてゲストと戦闘した際に流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

対決・名場面[編集]

ΖガンダムΖΖガンダム
戦功を焦るマシュマーが新たに新型シールドを装備してΖガンダムを攻め立て、Ζガンダムの頭部を破壊して擱座(かくざ)。ジュドーを危機に陥れる。だが、ラビアンローズからルーの新型の戦闘機とジュドーのコアファイターがドッキングしてΖΖガンダムの初登場。その圧倒的なパワーで逆にマシュマーを手こずらせ、最後はΖΖガンダムのダブルビームライフルにハンマ・ハンマのシールドを左腕ごと破壊されて撤退する。
対ガンダム[グリンブルスティ]
小説作品「ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者 審判のメイス」での最終決戦。その火力や有線式クロー・アームを駆使してパイロットであるハンスの執念もあってガンダムを終始苦しめるが、グリンブルスティの捨て身とも言える攻撃によって致命傷を負わされ、彗星に叩き付けられ沈黙した。

関連機体[編集]

ジオング
本機の有線式ビーム砲はこの機体の物を基にしている。
キュベレイ
元々はこの機体の後継機として開発されていた。
量産型ハンマ・ハンマ
本機の量産案のひとつ。右腕を通常の腕にして一般兵にも操縦しやすくする設計案だったが、原型機より火力が下がってしまったことと、準サイコミュシステムの根本的な未完成により見送られた。「Gジェネシリーズ」に登場。
ローゼン・ズール
機動戦士ガンダムUC』に登場。ギラ・ズールをベースにしているが武装を含めた機体構造が当機を参考にされている。また、準サイコミュシステムも完成された形で搭載されておりある意味ではハンマ・ハンマの完成形と言える。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]