2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ネオ・ジオン兵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ネオ・ジオン兵
外国語表記 Neo Zeon Soldier
登場作品

ガンダムシリーズ

種族 地球人
所属 ネオ・ジオン
役職 一般兵
テンプレートを表示

ネオ・ジオン兵は「ガンダムシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ハマーン・カーン率いるアクシズ系、シャア・アズナブル率いるネオ・ジオン系、フル・フロンタルが率いる袖付きが存在する。

一年戦争を戦い抜いた猛者、一年戦争後に入隊した若年、ジオン共和国軍出身など多勢に存在する。

なお、階級については触れられておらず、ごく一部の将官が当てられている模様。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
担当声優は拡森信吾(現・森しん)。ジオン兵より若干能力が高い。顔がジオン兵と殆ど変わらずややこしい。強化兵も登場。
第2次スーパーロボット大戦α
逆シャア版(担当声優:真殿光昭田中完島田敏)と『ΖΖ』版(担当声優:小杉十郎太)の二種類が登場。
ハマーン協定ルートで量産型キュベレイに乗った強化兵2名がハマーンの小隊員として登場(NPCで操作不能)。設定ではプルクローンとされるが、見た目は一般のネオ・ジオン兵と同一。
第3次スーパーロボット大戦α
担当声優は小杉十郎太。リアル系女ルートで敵として登場。連邦兵コーディネイター打倒のために援護する一幕があり、「人の心の光」が悪い方向に作用してしまっていた。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
Ζ』版、『逆シャア』版、『UC』版、フロンタル親衛隊の四種類が登場し、フロンタル親衛隊の顔グラフィックはセルジ少尉とキュアロン少尉がモデルになっている。
『逆シャア』版の兵士は終盤、原作と同じセリフとシャアが行ったことに間違いはあったが正しかったことを意味する最高の名台詞を吐いてくれる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
前作と同様に『Ζ』版、『逆シャア』版、『UC』版、フロンタル親衛隊の四種類が登場。フロンタル親衛隊版は中盤にてZ-BLUEメンバーに白兵戦で圧倒される受難に見舞われる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
ΖΖ』版は一般兵相応の強さ。隠しシナリオに登場する『逆シャア』版(担当声優:鳥海勝美)は切り払いをガンガン発動させ、異様にしぶとい。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
終盤アクシズに登場する「ジオン強化兵」のグラフィックが、ハマーン率いるネオ・ジオンでありながら『逆シャア』版のものになっている。ネオ・ジオンは全ての一般兵がジオン強化兵なので要注意。
スーパーロボット大戦R
『ΖΖ』版が登場。序盤は『逆シャア』のシナリオだが、グラフィックは過去の世界と同じく『ΖΖ』版のものである。
スーパーロボット大戦D
今回は味方として登場する。逆シャアのネオ・ジオンなのに、グラフィックは『R』の流用で『ΖΖ』版のもの。攻略本によっては敵対時のデータが記載されているが、基本的にシナリオ本編には敵として出てくることはない。
スーパーロボット大戦BX
『UC』版が登場。本編内の会話で『逆シャア』時代にはゼントラーディもネオ・ジオンに所属していた事が明らかになっている。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
担当声優は鳥海勝美氏。逆シャア版の兵士が登場。中盤以降、強化兵エリート兵に取って代わられる。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦Operation Extend
『ΖΖ』版が登場。
スーパーロボット大戦V
『UC』一般兵版とフロンタル親衛隊版が登場。
スーパーロボット大戦X
第1弾PVで『逆シャア』版が登場。しかし本編では交戦する機会がなく、「ガンダム宇宙勢力の敵兵士」としての出番はトワサンガ兵ジット団団員に取られてしまった。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

α
根性ド根性
第2次α第3次αV
根性集中

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α
シールド防御L2
第2次α第3次α
援護攻撃L1、援護防御L1
強化人間
援護攻撃L1、援護防御L1、強化人間L3
V
底力L2、援護攻撃L1、援護防御L1
シールド防御L1
内部データのみ。実際は習得する前に登場しなくなる。

エースボーナス[編集]

最終命中率+5%、最終回避率+5%。
V』、『X』で採用。

名台詞[編集]

「地球が駄目になるか、ならないかなんだ!」
「やってみる価値はありますぜ!」
逆襲のシャア』より。アクシズ落下を阻止するためにギラ・ドーガで押し返しに来た兵士がアムロに対して言い放った台詞。敵も味方も関係無く母星を守るために手を貸す名シーン。
「だったら、何故シャアのアクシズ落としに加担したんだ?」というツッコミは無粋である。なお、『第3次Z時獄篇』ではこの後にそれを補完する台詞を言っている(後述)。
「モビルスーツを立たせておくなんてな……」
「重力に魂を縛られた連中の発想だな、これは」
UC』において袖付きのメンバーがネェル・アーガマと一時共闘した際に、ネェル・アーガマ内部の格納庫にあるモビルスーツを見た際の一言。
宇宙が生活の場にして戦場であるジオンでは、「無重力の環境を生かしてモビルスーツをすぐに発進できるよう待機させておく」のが常識。それ故に出た発言である。
スペースノイドアースノイド常識および環境の違いを端的に表した一幕と言えよう。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「へ…自分のやってきた事を棚に上げてって言うのはナシですぜ、総帥」
「今なら俺達も、総帥のやろうとした事がわかります! だから…!」
第3次Z時獄篇』第57話「BEYOND THE TIME」に於ける上記の名台詞の続き。この時は全世界がクアンタムバーストフォールドウェーブシステム等で繋がっているため原作以上に熱い場面になっている。
第3次Z』最大級の見せ場と名台詞であると同時に大衆インテリの考えを理解したシーンである。こういう兵士や、祈りを捧げる人達が多くいる世界なのでシャアが人に絶望せず希望を持ち続けてるのも納得がいくのかもしれない。
「あ、相手が悪すぎた!」
『X』での撃墜時。初出は、PV1で、対戦相手はよりにもよってアムロが乗るHi-νガンダムであり、ユーザーもネオ・ジオン兵に同情したことであろう。
ネオ・ジオン兵」に関する事実
Has subobject
「Has subobject」は、Semantic MediaWikiによって提供される、通常の Wiki のページと同様のプロパティ値の割り当てを溜めることができ、コンテナの構造を示す定義済みのプロパティです。
ネオ・ジオン兵 +ネオ・ジオン兵 +ネオ・ジオン兵 +ネオ・ジオン兵 +ネオ・ジオン兵 + および ネオ・ジオン兵 +
外国語表記Neo Zeon Soldier +