サイド3

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

機動戦士ガンダム』に登場するスペースコロニー群。「ムンゾ」とも呼称される。地球から見ての向こう側のポイントであるL2宙域に位置している。

同作の敵勢力であるジオン公国の本拠地である。一年戦争終結時にほぼ無傷で[1]終戦を迎えており、ジオン共和国へと立ち戻るのだが、地球連邦政府からの風当たりは悪く、地球連邦軍には無条件で協力するよう強要されたりと、無傷とはいえ各コロニーからの批判はその後も根強かったという。

U.C.0100年、ジオン共和国の自治権は地球連邦政府に返還され、ジオンの名の付くサイド3の政体は全て消亡。その後のサイド3を語る資料は一層少なくなる。

U.C.0153年のザンスカール戦争期には、一般市民にとっては「ジオンの本拠だった」という過去すら心情としては遠い歴史認識に留まり、群発する戦乱からも離れた平和な片田舎となっていた模様。

U.C.0169年の宇宙戦国時代が激化した時代では「ザビ・ジオン」や「ハイ・ジオン」といった4つのジオン系勢力に分裂しており、サイド3内部で内乱状態に陥っている。特にズム・シティーを支配している「ザビ・ジオン」はガルマ・ザビ3世を名乗る総統が独裁者として君臨し、事実上連邦から独立しているが、資源やエネルギーの大部分は軍事用に回されており、国民は恐怖統制で支配され、貧しい生活を強要されている。

それからさらに時代が進み、地球連邦崩壊による宇宙統一体制消滅後のU.C.0218年においては、旧地球連邦政府と親地球派サイドが設立したとして連邦制国家セツルメント国家議会に参加する事となる。 かつてスペースノイドによる地球からの独立を掲げた『ジオンの本拠』たるサイド3が、かつての地球連邦の後身組織側に着くというのは非常に皮肉な結末である。

登場作品[編集]

SRWではスウィートウォーターの所在地としても登場する。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
直接舞台にはならないが、エンジェル・ハイロゥのサイコ・ウェーブによって住人2億人が幼児退行現象を起こし、全滅するに至った。その後のαシリーズでスウィートウォーターを除くとサイド3に言及される場面はないが、ある意味当然である。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
直接舞台にはならないが、オードリーが「たこ焼きはムンゾに限ります」と評する場面がある。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
時系列が『ΖΖ』終盤となっているため、既にハマーンに返還されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
ネオ・ジオンの本拠地で地球圏に帰還したマクロス7船団もこの宙域に駐留する。またギシン星間帝国本星に向かう際は、1バンチに降ろしたはずの子供たちが艦に密航していたという場面がある。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
説明書のストーリー紹介に名前が載っているのみ。
スーパーロボット大戦64
アクシズ軍が制圧を行うが、その最中で地球制圧に向かったグレミーが反乱を起こしてしまう。

脚注[編集]

  1. ただし、一年戦争末期にシーマ・ガラハウの出身地でもあるサイド3の3バンチコロニー「マハル」が、ジオン公国軍によって(住民を強制疎開された上で)大量破壊兵器「ソーラ・レイ」へと改造される憂き目に遭っている。