2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

マクロス7船団

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

マクロス7船団(Macross 7 Fleet)とは、『マクロス7』に登場する船団。

概要[編集]

第37次超長距離移民船団の略称。

艦隊旗艦「新マクロス級 バトル7」と、連結したシティブロック「シティ7」を中心に、各娯楽施設・工場プラントなどの居住艦で構成されている。それらを護衛艦隊が護衛しており、その戦力は1個大隊に匹敵する。

旗艦艦長兼船団長はマクシミリアン・ジーナス、市長兼代理船団長はミリア・ファリーナ・ジーナス

エース部隊はダイヤモンドフォースとエメラルドフォース。

各施設[編集]

各施設は専用の空母と連結している。

バトル7
新マクロス級ステルス空母。変形して強攻型となる。その際はシティ7と連結ブロックを外す必要がある。約35万人が居住する。また、未登録の施設「アクショ」と接舷している(熱気バサラが住んでいるのがこの施設)。
シティ7
全長約6,210m。市民が住む中心ブロック。表面は太陽光を取り入れる透明ブロックで構成されているが、緊急時には防御シェルを格納する。
リビエラ
全長約6,300m、直径3,600mの円錐型の海洋ブロック。娯楽施設や海洋技術を行う。
ハリウッド
全長約3,500mの映画・集客施設。
アインシュタイン
全長約3,000mの科学実験施設。
サニーフラワー
全長約4,850mの農業用施設。
スリースター
全長1,500mの工業化学施設。

主力兵器[編集]

VF-17 ナイトメア
ダイヤモンドフォースの主力機。
VF-19 エクスカリバー
エメラルドフォースの主力機。
VF-11 サンダーボルト
Cタイプの主力量産機。

関連人物[編集]

マクシミリアン・ジーナス
ミリア・ファリーナ・ジーナス
エキセドル・フォルモ

登場作品[編集]

スーパーロボット大戦D
地球圏の危機に、船団単独で地球圏へと帰還した。設定からすればいささか強引である(基本的に地球圏の危機に対しては干渉しないのが移民船団)。
それにフォールドを使用して外宇宙へと航行している船団が、僅かな時間で戻って来られる点も疑問が残る。
第3次スーパーロボット大戦α
メガロード船団の一部として、未着工のマクロス7船団がバロータ軍の攻撃で散り散りとなり、さらにアポカリュプシスアカシックレコードの時空間作用により35年以上もある星域に閉じ込められた。その後脱出したが、バッフ・クランの攻撃によりマクロス7船団はさらに散り散りとなり、最終的にαナンバーズへ合流。プラントブルーコスモスなど権限のない地球圏の勢力から保護するため、地球安全評議会の政略より本来の外宇宙軍(イカロス基地)へと編入される。

関連項目[編集]

ブルー・スウェア
Dでの所属部隊。
αナンバーズ
第3次αでの所属部隊。