2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

バトル7

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
バトル7
外国語表記 Battle 7
登場作品

マクロスシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
分類マクロス級7番艦
超大型可変万能ステルス宇宙攻撃空母
型式番号 バトル7
全長

1,510 m

【強攻型】
1,177 m
総重量 7,770,000 t
所属 新地球統合軍マクロス7船団
主な搭乗員
【艦長】
マクシミリアン・ジーナス
【参謀】
エキセドル・フォルモ
【オペレーター】
サリー・セイント・フォード
美保美穂
【船医】
ガジェット・M・千葉
テンプレートを表示

バトル7は『マクロス7』の登場メカ

概要[編集]

AD2030年に進宙が開始された新マクロス級の7番艦、移民艦シティ7と付属する戦闘艦バトル7で構成されており、第37次移民船団の旗艦兼母艦である。単独でも武装を施しているが、普段は護衛艦とバルキリー小隊に任せている。

ブリッジ後部にトップエース部隊「ダイヤモンドフォースVF-17)」「エメラルドフォース(VF-19)」の射出口が備えられている。戦闘隊形時にはシティ7とバトル7を切り離してトランスフォーメーションで強攻型へと変形する。

強攻型[編集]

バトル7がシティ7を切り離し、トランスフォーメーションしてより戦闘に適した人型へ変形した形態。

この形態で持ち得られるのが「マクロスキャノン」で、右肩に備えられたガンシップが右腕へと持ち替えられて、艦内のエネルギーが右腕からガンシップへと供給されてマクロスキャノンが発射される。ガンシップ単独でもキャノンは使用可能だが、エネルギー不足になるため使用はしない。

ゲペルニッチ作戦によりガンシップをサウンドバスターへと改装した。しかし、サウンドバスターによる作戦は失敗。ゲペルニッチの衝撃波を直撃を受けて大破。その後続編『マクロスダイナマイト7』では修理を行っている。

腕があるので、格闘戦も可能だが、護衛戦力が充実しているので格闘戦まで行う事態にはならない。

正式名称は「ザ・ビッグM」。

余談だがアニメ本編ではトランスフォーメーションするが18話とかなり遅く、マクロスを期待していた視聴者を実に4ヶ月も待たせた罪作りな機体である。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
今回は移動力も強攻型と同じになり、地上の地形適応も強攻型より下がる(代わりに海の地形適応が上がるが、水中戦がほとんど発生しないので無意味)。メリットとしては運動性が少しだけ上がるくらい。
強攻型はほぼ全ての面で空母形態より性能が上なので、常時この形態でいて問題は無い。サイズ2Lの上に運動性の初期値が40しかないのに、マックスの高い能力のおかげで驚くほどよく回避する。やはりマックスは終盤数段実力の劣るエキセドルに艦長を任せてバルキリー乗りになってしまうのが難点。
地上ルート第21話「エモーション・ハイ」では原作でのマクロスの代わりにシャロンに乗っ取られる事になるが、敵として戦う事はない。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
中盤のマクロス・クォータールートでマップアイコンのみ登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
最大で5人乗りの自軍母艦として登場。サリー美保のサポート係は言うに及ばず、残り3人の精神コマンドの組み合わせが絶妙である。エキセドル気合で気力を確保し、マックス覚醒を活用して移動後に千葉掛けのマクロスキャノンをぶっ放していれば、エースなんてあっと言う間である。終盤にマックスが艦を降りてバルキリーに乗った際、「お願いだから艦に戻ってくれ!」と思ったプレイヤーも居たはず。
戦闘では強攻型の方が圧倒的に強い。空母型が勝っているのは移動力と地上での地形適応くらいである。
宇宙以外での地形適応がBと低いが、S-アダプターを付けると逆に得した気分になれる。
「禁断惑星のシビル」の前半マップで、一時的にエキセドルと千葉が離脱しマップ途中で再度復帰するイベントがあるが、その際にこの形態でなければ正しく復帰できない(本来ならイベント後エキセドルと千葉の精神コマンドが使用できるようになるが、強攻型だと使用できない)バグがあるので要注意。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

対空パルスレーザー砲
全方位に発射するレーザー砲。
第3次α』では被弾個所が赤熱化する演出になっている。
小型自己誘導ミサイル
船体各部から発射される小型ミサイル。
対艦大型ミサイルランチャー
艦前部から発射する大型ミサイル。
大型対艦反応弾
艦橋下部から発射される、一種の核ミサイル。
D』では後半のルート分岐次第で追加される。『第3次α』では全体攻撃
収束ビーム砲
両肩下部からビーム砲を斉射。
マクロスキャノン
右肩のガンシップを銃のように保持して射撃する本艦の主砲。
バトル7最強兵器だが、無改造では最大2発が限度。ENを改造してソーラーパネルを付けてやると気兼ねなく撃てるようになる。当然通常攻撃とマップ兵器版がある。『第3次α』では全体攻撃
アニメ本編では中盤以降プロトデビルンに対して弾かれたり効かなかったりと散々な描写が多いがSRWではそんなことは全くない。本編の鬱憤を晴らすようにドンドン使っていこう。
サウンドバスター
マクロスキャノンを改装した兵器。簡単に言えば巨大なサウンドビーム発射装置で、ミレーヌサウンドエナジーが6万チバソングまで達したため使用。ゲペルニッチには効果は大きかったが、ガンシップが圧力に耐え切れず2発で損傷した。

特殊能力[編集]

搭載
ピンポイントバリア
変形

移動タイプ[編集]

空母型。飛行可能。
強攻型。飛行可能。

サイズ[編集]

3L(LL)

関連機体[編集]

バトル・フロンティアバトル・ギャラクシー
マクロスF』に登場する新マクロス級。バトル7より大型になっている。