VF-19 エクスカリバー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
VF-19 エクスカリバー
外国語表記 VF-19 Excalibur
登場作品

マクロスシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
(F型)
分類 全領域可変戦闘機
バルキリー
生産形態 量産機
型式番号 VF-19F
全長 18.62 m
全高 3.94 m
全幅 14.87 m
空虚重量 8,550 kg
動力 熱核反応炉
エンジン
主機
新星インダストリー/P&W/ロイス FF2550F 熱核タービン×2
副機
高機動バーニア・スラスター P&W・HMM-7
最高速度
高度10,000m
M5.1
高度30,000m以上
M21
開発 新星インダストリー社
所属 新地球統合軍
乗員人数 1名
テンプレートを表示
スペック
(S型)
分類 全領域可変戦闘機
バルキリー
生産形態 量産機
型式番号 VF-19S
全長 18.62 m
全高 3.94 m
全幅 14.87 m
空虚重量 8,620 kg
動力 熱核反応炉
エンジン
主機
新星インダストリー/P&W/ロイス FF2550J 熱核タービン×2
副機
高機動バーニア・スラスター P&W・HMM-7
最高速度
高度10,000m
M5.1
高度30,000m以上
M21
開発 新星インダストリー社
所属 新地球統合軍
乗員人数 1名
主なパイロット ドッカー
テンプレートを表示

VF-19 エクスカリバーは『マクロス7』の登場メカ

この項目では主に「VF-19F エクスカリバー」「VF-19S エクスカリバー」について説明する。

概要[編集]

AVF計画を経て全領域戦闘機・YF-19を正式採用した新地球統合軍の主力VF。

YF-19(及び初期生産のA型)は乗り手を無視した急加速や俊敏さを高める為の低い安定性などの性能が問題であったが、制式採用機であるVF-19のC型以降はそれらを抑え、安定性と巡航速度を向上させ、一般兵士用に性能を落ち着かせている。

それでも並の兵士には扱い辛い代物であったために主力機体として普及することは叶わず、ゴースト技術の発達もあって限界性能に劣るものの操縦性の高いVF-171 ナイトメアプラスが採用されるに至った。 ただしその高い機動性から一定の需要は有り、統合軍の一部部隊やS.M.Sで使用され続けている。 ちなみに制作上の事情として、YF-19系列の主役然としたデザインがヒロイック過ぎるため、量産機が担う脇役(とりわけやられ役)に向かないという理由があって普及しなかった設定にされたようである。

劇中ではF型とS型が登場。特にこのタイプを指して「ブレイザーバルキリー」とも呼ばれる。エメラルドフォースの隊員用に青い機体が配備された。

バリエーション[編集]

VF-19A
初期型。形状的にもYF-19とほぼ同じであり、同等の性能を発揮するが、扱えるパイロットや生産数は極端に少なく特務部隊を中心に使用される。
VF-19C
A型をベースに問題点の改善が施された一般兵士用。操縦性や安定性は増したものの、一般兵には過剰な俊敏さや反応性も低下させているため、A型を操縦できるようなエースからは不評が出た。
VF-19F
本格的な生産モデルで、宇宙戦を重視した仕様。一般兵士用。C型と同じく安定性を重視した設計で、VF-19系の中では一般機として最も扱い易い調整がされている。カナード翼は廃止され、前進翼の根元が大型化しデルタ翼に近い形状になった。
オペレーション・スターゲイザーにてオルティックとマシューズが同時に撃墜され、直ぐに2機が新米を乗せてたが活躍することなく2機とも撃墜。
エメラルドフォースのカラーリングは青地に白。
VF-19S
指揮官用。F型をベースに改良を施し、頭部に4連装のレーザー機銃が追加され、センサーやエンジン類などが向上している。
加療から復帰したドッカーがテストパイロットとして搭乗し、そのまま本機で編成されたエメラルドフォースの隊長機として、VF-17 ナイトメアで編成されたダイヤモンドフォースと意地の張り合いを行っていた。最終回でガビルに撃墜される。
エメラルドフォースのカラーリングは青地に黄色。
VF-19改 ファイアーバルキリー
マクロス7船団によって特別に生産された機体。パイロットは熱気バサラ。外観はA型に近いが細部については異なる点も多く(一説には設定上欠番となっているB型からD型のどれかが原型機と言われてる)、操縦システムは全くの別物となっている。
VF-19P
マクロスダイナマイト7』に登場する民間パトロールに配備された機体。肩部に小型の時空共振型スピーカーユニットを備える。操縦システム自体は通常のVF-19のそれだが、バサラは本機を普通のギターで演奏しながら操縦するという離れ業を見せた。
VF-19E
最終型。
VF-19E アイシャ機
マクロス30 銀河を繋ぐ歌声に登場。アイシャ・ブランシェットの専用機で、カラーリングはピンク。S.M.Sウロボロス支社長の特権を使い、自分好みにカスタマイズされている。
VF-19EF カリバーン
VF-19Eのモンキーモデル。
VF-19ADVANCE
通称「イサムスペシャル」。その名の通りイサム・ダイソン専用機としてVF-19EFをカスタマイズした機体。エンジン等をイサム曰く「カリカリにいじった」そうで、YF-19のピーキーな特性を再現した他、各種リミッターは全てイサムの手で外され、AIもYF-19のものが使われている。外見もYF-19に似せた塗装がされている。
劇場版 マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜』に登場した時はVF-25用スーパーパックをベースにYF-19用ファストパックの要素を組み合わせた専用装備、「アドバンスドパック」を追加。バトロイド形態では腰部の前進翼に大型ブースターがつくためかなりの横幅になる。機体バランスは最悪ではあるが、イサムの腕と相まって最新鋭のVF-27 ルシファーを撃墜している。
上記の通りほんの僅かの登場で、劇中ではファイター形態のみしか登場していない。

オプションパック[編集]

スーパーパック
機動性と火力を増強するマクロス伝統の追加装備。マクロス7にてVF-19SとVF-19Fが装備。
スターゲイザー作戦とサウンドバスター作戦の合計5話しか登場しない(その内バトロイド形態に変形するのは47話以降のみ)。
ビームキャノンで火力を増強するVF-17と違い、マイクロミサイルを大量に搭載しているのが特徴。機動力も大幅に強化されていた。
SRW未登場で他のマクロスを題材にしたゲームでも使用できない珍しい装備。

登場作品と操縦者[編集]

SRWではドッカーの他にもガムリン木崎金竜フィジカ・S・ファルクラムが搭乗する場合がある。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
隠し機体扱い。F型が2機、S型が1機手に入る。
やはりエメラルドフォースが結成されないので、F型はドッカー機とフィジカ機、もしくは輝機と柿崎機になる。S型はガムリン、もしくはフォッカーが乗る事になる。ドッカーも乗せられないことはないが、合体攻撃が使えなくなる事に注意。
性能はVF-1より少し上でピンポイントバリアもあるが、武装の数が少なく合体攻撃の性能が大きく劣るため使われる機会は少ない。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
UX同様、マクロス・クォーターの「全艦一斉攻撃」で登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
初登場。F型が2機、S型が1機手に入る。
金竜が生存する上にエメラルドフォースが結成されないため、ガムリン機とドッカー機として登場。VF-17 ナイトメアと比較すると、コンボ武器が追加されたものの肝心の射撃武器が少なく使い辛い。S型は金竜機として登場。原作に拘る人でない限りドッカーは乗る事がないだろう。
スーパーロボット大戦UXスーパーロボット大戦BX
VF-19ADVANCEがマクロスキャノン一斉射撃の演出で登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

マウラーREB-30G 対空レーザー砲
頭部に装備したレーザー砲。可変機構の都合上、ファイター・ガウォーク形態では前方に撃てない。F型では頭部に1門、S型では側面に追加で4門装備。
SRWでは一斉射撃時に使用。
マウラーREB-23 半固定レーザー機銃
両主翼付け根、バトロイド時における両腰部に装備されたレーザー砲。
マイクロミサイル
脚部に内蔵。スーパーパック併用で装弾数を増加できる。
シールド
左腕に装着。ピンポイントバリアとの併用により防御能力を向上させる事が可能。
ハワードGU-15 ガトリングガンポッド
中口径のメインウェポン。
ピンポイントバリア
一部分のみカバーするバリア。エンジン出力の70%を使うため、バトロイド形態でしか使用できない。
イサムのVF-19ADVはこの安全リミッターまで解除してあるため、エンジン出力をカットすることでファイター形態での使用を可能としている(そのせいで墜落しかかったが)。

オプション装備[編集]

翼下パイロンに各種ミサイルを装備可能。

反応弾(D) / 大型対艦反応弾(第3次α)
バルキリーが装備するなかでは最強の兵器。プロトデビルン戦で封印を解除。
スピリチア吸収光線銃
鹵獲したAz-130A パンツァーゾルンから取り外されたスピリチア吸収装置を追加ガンポッドとして加工したもの。
VF-17と共に配備され、一丁でグラビルの動きを封じたりと対プロトデビルン用兵器として絶大な効果を上げた。
47話でスーパーパックに通常ガンポッドと同時に装備し、所謂フル装備で出撃しているのだが、こちらもSRWでは再現されていない。

必殺技[編集]

ピンポイントバリアパンチ
ピンポイントバリアは3つ発生し、攻防で威力を発揮する。
SRWシリーズではブレイザーバルキリーの代名詞のような扱いやすい武装になっているが、マクロス7本編では1回も使用していない。
一斉射撃
ガンポッドと頭部レーザー砲一斉射撃後に、マイクロミサイルを叩き込む。

合体攻撃[編集]

Dフォーメションアタック(D) / エメラルドフォースアタック(第3次α)
3機によるフォーメーション攻撃。
  • D:全形態で使用可だが、3機が同一形態である必要がある。P属性、射程1~5、気力120でVF-19Sに金竜が搭乗条件。
  • 第3次α:ファイター時限定。ファイターでミサイルを連射し、ガウォーク・バトロイドに変形しながらガンポッドの集中砲火。P属性・射程1~3・全体攻撃・サイズ補正無視・気力115でVF-19Sにガムリン木崎もしくはロイ・フォッカーの搭乗が条件。

特殊能力[編集]

盾装備、銃装備
シールド防御撃ち落としを発動。
変形
ファイター、ガウォーク、バトロイドの3形態に変形。第3次α以降の作品ではガウォーク形態はなし。
ピンポイントバリア

移動タイプ[編集]

ファイター時。飛行可能。
ホバー
ガウォーク時。
/
バトロイド時。Dでは飛行不可。

サイズ[編集]

S

関連機体[編集]

YF-19
試作機。
VF-11 サンダーボルト
VF-22S シュツルムボーゲルII

商品情報[編集]