金竜

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
金竜
読み きんりゅう
外国語表記 Kinryu
登場作品

マクロスシリーズ

声優 高橋広樹
デザイン 桂憲一郎
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 推定30代
所属組織 新地球統合軍バトル7
所属部隊 ダイヤモンドフォース
役職 隊長
軍階級 大尉
テンプレートを表示

金竜は『マクロス7』の登場人物。

概要[編集]

ダイヤモンドフォース隊長で、禿頭の有色人種。その禿頭に刺青を剃っている。

パイロットとして優秀な人物だがそれ故に戦場に乱入しを歌う熱気バサラのことを不快に思っている。

シビルスピリチアと精神的ショックを受けて療養生活へと入る。そこでガジェット・M・千葉の「サウンド療養」で病状が回復。惑星ラクスでの大気圏内戦闘中に、VF-11CFA サンダーボルトに無断で搭乗し、敵艦にFIRE BOMBERの「突撃ラブハート」を歌いながら突撃。敵艦を破壊し自身も散った。

バトル7のメインブリッジのオペレーターであるサリー・セイント・フォード美保美穂と同時に付き合っているらしく、2人が金龍を巡って喧嘩をする場面もなく、この三角関係はサリーと美穂共に了承済みであった。金龍の戦死時に2人は涙を流し悲しんでいる。2人は艦内でのアイドル的な存在であった為、女性関係に関してはマクロス史上最も幸福な男であろう。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
今回は戦死イベントがあるうえに、パイロットとして運用する期間は短い(小隊を組めない)為、原作どおりである。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
既に死亡しているが、宇宙ルート35話のルーク・アダモンイベントでガムリンが名前を口に出す。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
初登場作品。戦死するイベントは無く、ガムリンとドッカーのまま最後までダイヤモンドフォースを引っ張る。イベントとしては目立たない存在だが、日常パートでは目立つ存在。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

ダイヤモンドフォース隊長だけあってさすがに高い。Dでは格闘も高いため、ピンポイントバリアパンチが強い。

精神コマンド[編集]

D
ひらめき必中鉄壁熱血突撃自爆
まさにVF-11CFA サンダーボルトに乗ってくれと言わんばかりの精神コマンドとなっている、同機なら自爆しても元のVF-11に戻るだけなので修理費もかからない。
第3次α
集中気合鉄壁士気熱血必中
指揮官らしいともいえるが、絶対回避系のコマンドがないのが少々問題か。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

D
底力L6、シールド防御撃ち落とし援護攻撃L2、援護防御L2、指揮L2、コンボL3、カウンター
第3次α
援護攻撃L3、援護防御L3、連携攻撃

小隊長能力(隊長効果)[編集]

第3次α
小隊攻撃の攻撃力+20%
強くはあるが、同系統でもっと強力なフォッカーがいる。そもそも正式参入しないので、そこまで気にすることはないだろう。

人間関係[編集]

ガムリン木崎
ダイヤモンドフォース隊員。復帰を待ち望んでいたが、それを果たせなかった。
ドッカー
同じく隊員だが、プロトデビルン初遭遇で戦線を離脱。それっきり出会うことはなかった。
フィジカ・S・ファルクラム
ドッカーの補充要員として隊員となるが、途中で戦死する。
サリー・セイント・フォード
バトル7のブリッジ要員の一人。彼と付き合っており、常に顔写真を手にしている。
美保美穂
同じくバトル7のブリッジ要員の一人で、サリーと同時に付き合っており、彼が戦死したときはレーダー越しに抱きついて泣きついていた。
ミリア・ファリーナ・ジーナス
オリジナル展開として、市長特権によりダイヤモンドフォースを率いてしまう。
熱気バサラ
サウンド療養により彼の大ファンとなった。
レイ・ラブロック
かつて同じ隊にいたというが、原作では特に接点は無かった。

他作品との人間関係[編集]

マクロスシリーズ[編集]

ロイ・フォッカー
第3次αでは彼と出会うことはなかったが、伝説の存在として憧れていた。

ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
Dでは対等の立場なのだが、基本的には彼の命令権が重視されるようだ。
オリファー・イノエ
Dでは隊を率いる存在同士なのだが、戦死してしまう。

スーパー系[編集]

シュワルツ
Dでは階級が同じで、隊を率いる存在。
ユウキ・コスモ
第3次α序盤でギギルの奇襲を受け、恐慌状態を起こした彼を下がらせ、フォローに入る。

名台詞[編集]

「軍は我々に特別な金を注ぎ込んできた!バトルスーツ・特殊兵器・特殊訓練だけでは無い、食料から宿泊施設まで並みの兵隊とは異なった特別な金が掛かっているんだ!」
「いいか!ガムリン、ドッカー!功を焦って勝手な真似をし無駄に死んだら許しはしない。勲章はおろか涙一つ提供などしてやらん! ダイヤモンドフォースの名に恥じぬ働きをするのだ!」
第1話。エリートではあるが初出撃の二人に対して遠まわしにエースの自覚を持てということと、簡単には死ぬなと鼓舞する台詞。
なお、この台詞は小説版マクロスFにてガムリンがそっくりそのまま使っている。
「うわぁー! 女! 女が!!」
「可愛い…女が…飛んできた…」
第17話。シビルにスピリチアを奪われる際の一言。2行目は『第3次α』にてDVEとなる。
「戦艦一つやれなくて、何がダイヤモンドフォースだ! うおおおおおお……っ!!」
「お前にラブハァァァト!!」
第26話。快く思っていなかったバサラの歌を敵艦突撃時に歌いながら、上記の台詞を最後に残し戦死した。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「さすがは名機だ……使いこなして見せる!」
「こいつの力は最新型にも見劣りはしないぞ!」

「スピードはVF-17以上か……悪くない!」
「新型の力、見せてやるぞ!」

「この機動性と運動性……さすが最新型だ!」
「借り物の機体であっても使いこなして見せる!」
2つおきに、スカル小隊、エクスカリバー、YF-21に乗り換えた際の戦闘台詞の数々。実はこれらが使えるタイミングでは金竜は既に離脱しているため、没データとなっている。

搭乗機体[編集]

VF-17S ナイトメア
VF-11CFA サンダーボルト

SRWでの搭乗機体[編集]

VF-19S エクスカリバー

余談[編集]

  • 担当声優の高橋広樹氏のデビュー作である。細い声の役柄が多い同氏を知るユーザーが聞けば聞くほど驚く。